梓「そ……んなところ触っちゃ……」ピクピク

紬「いいじゃない」サワサワ

梓「私達女の子同士なんですよぉ」

紬「でも梓ちゃんの体はもっとしてって言ってるわよ」

梓「だってこんな事されたらぁ……んんっ」ピクピク

紬「梓ちゃんは乳首が弱いのね。可愛いわ」クリクリ

梓「そ、それ……だめぇ」ビクッ

紬「ふふ、なにがダメなのかしら?」

梓「気持ち良くなっちゃうからぁ……ダメなのぉ」ビクビク

紬「なんで気持ち良くなっちゃダメなの?」

梓「女の子同士で……気持ち良くなっちゃダメなのぉ」

紬「どうして?」

梓「……え?」

紬「どうして女の子同士で気持ち良くなっちゃダメなの?」

梓「なん……でだろ……わかりま……せん」

紬「なら気持ち良くなったっていいじゃない」

梓「で、でもぉ」

紬「梓ちゃんは私のこと嫌い?」

梓「卑怯ですよぉ……私がムギ先輩のこと好きなの知ってる癖にぃ」

紬「あら、そうだったのね」



紬「うれしい…梓ちゃんはてっきり、唯ちゃんのことが好きなんだと思ってたの」

梓「唯先輩は…キライじゃないですけど…」

梓「私が好きなのは…ずっと…」スッ…

紬「…っあ…!」

梓「ずーっと…ずうーっと…」ギュッ…

紬「…ん…ぁんっ…」ギュッ…

梓「ムギ先輩ひとすじ…ですっ…」ギュウ…ッ…

紬「あらあら…ふふっ」ナデナデ

紬(梓ちゃん…私だけのモノにしたいっ…)

紬「…っ…ん…」…チュ…

梓「んぅ…!?」

紬「…ん…ふっ…」…クチュ…チュプ…

梓「…んんっ…んん~…!…」…クチュルッ…

紬「…んっ…はぁ…っ…」…チュパッ…

梓「ん…ぁっ…!…はぁっ…はぁっ…」トロンッ…

梓「…もうっ…先輩っ…はぁ…はぁ…」ドキドキ…

紬「んふふ…♪」

紬「もしかして…ファーストキスだったかなぁ~?」

梓「…もっ…もぅっ…!知りませんっ…」カアァ…

紬「次はどこを味見しちゃおうかしら…♪」…スッ…

梓「…あ…!…っ…」ドキッ…

紬「…んっ…」…チュ…

梓「ひいゃあぁ!?」…ビクンッ!

梓「…むっ…ムギ先輩っ…ダメっ…首…ダメっ…」…ヒクヒク…

紬「…ん…?…ふふ、ここも弱いんだあ~?」ニヤッ

梓「…あ…」

紬「…うふふ…」…スッ…

…れろンッ…

梓「…っひゃあぁ~!」ビクビクンッ…!

…レロ…つつぅ~…

梓「…はっ…ひっ…!」ブルルッ…

紬(んふ…反応が可愛すぎ…♪)

紬「あは…梓ちゃんの乳首…さっきより勃ってるわね?」

梓「…んっ…やぁ…」カアァ…ッ…

梓「…せ…先輩のせいですよ…?」

紬「あらあら…私のせいなの~?」…キュッ…!

梓「やはぁ!?」ビクゥンッ…!

梓「…あっ…あぅ…つまんじゃっ…!」…ビク…ビク…

紬「…ふふ…だって~…」

紬「こんなに可愛い先っぽなんだもん…っ…」

…れろッ…

梓「ふあぁ!?」ビクンッ…!

…レロッ…レロッ…チュル…ッ…

梓「…あぁっ…あはぁぁ…!」…ブルッ…ブルルッ…

梓「…せっ…せん…ぱ…」…フルフル…

紬「…んふふ…そんな目しちゃって~…」

…むチュウッ…!

梓「…あヒィィ!?」ビックンッ…!

…んぐっ…んぐっ…ちゅぱ…

梓「…んあぁ…!…すっ…吸っちゃ…あはあぁぁ!」…ビックン…!…ビックンッ…!

紬「…っん…はァ…」…チュパッ…

紬「うふふ、梓ちゃんのオッパイ…ひとりじめ♪」

梓「…んぁ…っはぁ…はぁ…」ヒク…ヒク…

梓「…むっ…ムギ先輩のいじわるぅ~…はぁ…はぁ…」ボォ~…

紬「ん…蕩けた顔、すごくエッチよ…梓ちゃん…♪」

梓「…やぁ…見ないでぇ…」…カア~…

紬「ええ~?…私、梓ちゃんのもっとエッチな顔がみたいなぁ~?」ニパッ

梓「…こっ…これ以上はムリですよぉ~…」モジ…

紬「大丈夫だから…ねっ…?」

紬「…ぱんつ…脱がせてあげる…♪」…スッ…

梓「…そっ…そんなぁ~…あっ…!」…ドキッ…

…するっ…スルスル…

梓「…やぁ…っ…」…ドキドキ…

…シュル…パサッ…

紬「…あらあら…♪」マジマジ

梓「むっ…ムギ先輩…そんな近くで見ないで下さい~…」カアァ…

紬「うぶ毛みたいのがちょっと生えてるだけなんだあ~…♪」ジロジロ

梓「…はっ…恥ずかしすぎますぅ…」ハァ…ハァ…

紬「もっと足…広げて?」ニパァ

梓「…っ…!」ドキンッ…

梓「…は…はぃ…っ…」オズオズ…

…グイッ…

紬「うふ…いい子ね♪」

梓「…はぁ…っ…」

梓(わ…私っ…)ハァ…ハァ…

梓(ムギ先輩の目の前で…こんなことっ…)ゾクッ…

紬「あらあら…ワレメがヒクついてるわよ、梓ちゃん…♪」

梓「…いやぁぁ…っ…」カアアァ…ッ…!

紬「うふふ…もう…エッチなお汁でお尻まで濡らしちゃってえ…」

梓「…っ…言わないでぇ…言わないで先輩っ…」ゾク…ゾクッ…

梓(私…悦んでるの…?ムギ先輩に見られて…)ハァ…ハァ…

梓(…カラダが…カラダが悦んじゃってる…?)トクン…トクン…

紬(んふ…梓ちゃん…心まで私のモノになってもらうからね…?)

紬「…梓ちゃん…拡げて見せて?」

梓「…っえ…?」キョトン

紬「梓ちゃんの可愛いワレメの奥まで見たいなあ~…♪」ニパァ

梓「……!」ドキンッ…

梓「…は…ぃ♪」…スッ…

…クニュ…くぱぁ…っ…

紬「…ぁん…すっごくイヤらしい…梓ちゃん…♪」…ドキドキ…

梓「…はぁ…はぁ…」

梓「…見てぇ…先輩っ…もっと見てぇ…♪」…ゾクゾクッ…

梓(…全部っ…見られてるの…♪…ムギ先輩に見られてるのぉ…♪)

紬「うふふ…梓ちゃん、味見して欲しい~?」ニヤッ

梓「…ふぇっ…?」ドキドキ…

梓「しっ…して欲しいですっ…」モジモジ…

紬「ん~…ちゃーんとドコを味見して欲しいか言わないと、してあげないわよ?」

梓「そっ…そんなぁ…」ウルッ…

紬「んふふ…♪」ワクワク

梓「…お…っ…お…おま…」カアァ~…

紬「味見しなくていーんだあ…?」ワクワク

梓「…っ…!」

梓「…おっ…おまんこ!…私のっ…エッチな梓のおまんこっ…味見して下さいっ…!」

紬「あは…よく言えたわね、梓ちゃん…」…スッ…

梓「…あぁ…あぁ…っ…せんぱぁい…っ…」ドキドキ…

…れろぉ~…っ…

梓「いひゃあぁ…っ!?」ビクビクッ…!

…ピチャ…ピチャ…じゅるっ…

梓「…んぁひっ…!…はひぃ…!…んんぅ~っ…!」…ビクンッ…ビクンッ…

紬「んふ…はぁ…っ…梓ちゃんのエッチなお汁…美味し♪」ニコッ…

梓「…らめっ…もうっ…らめぇっ…!」ヒクッ…ヒクンッ…

紬「うふ…目に涙ためちゃって…可愛いんだから~…」

梓「…あはぁ…せんぱっ…せんぱい…」ウルウル…

紬「まだイっちゃダメよ~…?」

梓「…はっ…はひ…」ガク…ガク…

紬「うふふ…いい子ね~…」

…くにゅ…っ…

梓「んひぃぃ!?」ビビクンッ…!

梓「…ら…めっ…クリ…らめっ…!」…ガクガク…

紬「えへへ~…こんなにプックリ膨らんでるわよ~?」

…きゅむっ…

梓「うひぃぃぃ!!?」…ビックゥ…!

紬「あは…勃起してる~♪…おチンチンみたいね、うふふ」ニコニコ

…キュッ…キュッ…!

梓「…んぁへ!…あへェェェ…!?」…ブルブル…ガクガク…

紬「ほら、ほら…♪梓ちゃんのおチンチンをシコシコしちゃうぞ~♪」

…ムキュ、ムキュ…

梓「…あへッ…!…はへェェ…!」…ガクガク…

梓「…あっ…あずしゃのっ…あずしゃのおチンポぉぉ!…はヒっ!」ビクン…ヒクンッ…!

紬「…あらあら、梓ちゃんたら…はしたない言葉使いね♪」

…きゅ…きゅっ…シコシコ…

梓「…あひいぃぃ…!…シコシコしゃれてるのぉぉ…!」…ビクッ…ビクッ…!

梓「…あずしゃの…クリチンポっ!…シコシコしゃれてるのぉぉ…!…あへェェ…♪」…ガクガク…

紬「んふふ~…ねぇ、イきたい?イかせて欲しい~?」ニコニコ

梓「…はひっ…はひっ…」…ブルッ…ブルブルッ…

梓「…イきたいれすっ…おまんこイかせてほしいれすっ…!」…ガクガク…

紬「うふ…じゃあイっていいわよ、梓ちゃん…」

紬「可愛いくてエッチなアクメ顔、見せてね…?」

…くにゅ…グニィッ…!

梓「…ん…ぐぅっ…!?」…ビグッ…!

紬「…えいっ…♪」

…グリグリッ…!

梓「…んおおぉ…っっ!!」…ビグッ…ビグッ…!

…プシャッ…シャアアァァ~…ッ…!

紬「…!…あらあら…♪」

梓「…ひっ…いひっ…」…ピクッ…ピクッ…

…ジョロッ…ジョロロッ…

紬「あらあらあら…♪いっぱいお漏らししちゃって~…うふふ」ドキドキ…

梓「…はひっ…はひっ…せんぱぁい…」ヒクンッ…ヒクンッ…

梓「…ゴメンなさいぃ…お漏らししてゴメンなさいぃ…」プルプル…

紬「ふふ…部室でお漏らしなんて許せないわね、梓ちゃんたら」

紬「お仕置き…しなきゃね♪」

梓「…はぁ…はぁ…お…仕置き…」ドクンッ…

梓(…どうなっちゃうんだろ…私…♪)


2
最終更新:2011年06月18日 23:39