純「なんか、こう…エロいよね」

憂「ちょ、ちょっと…純ちゃ…」アセッ

梓「確かに…顔は唯先輩と似てるけど…憂は雰囲気がえっちぃよね」

憂「えっ」

純「そうそう、唯先輩は無邪気って感じなんだけど、憂は…ねぇ?」

梓「うんうん」

憂「えっ…えっ…」

純「おっぱいおっきいし」

梓「誘ってるよね」

憂「~~~っ!」カァッ

梓「そうそう、憂のこの顔…」

純「そそるよね~」

憂「わ…私…え、えっちくないもん…っ!」

純「…」

梓「…」

純・梓「ハハハ」

純「でさ、この前憂ん家泊まったじゃん?」

梓「うん」

憂「ま、待ってよ!二人とも私の話を…」

純「ん?何?今いいとこなんだからさ」

憂「う、うん…ごめん…」シュン

純「でさ、泊まったじゃん?お風呂上がりのちょっと髪が湿った憂がね、もうね」

梓「えっちぃよね」

純「ねー」

梓「パジャマの胸元ちょっと開けてたりさ」

純「えっちぃね」

梓「ねー」

憂「~~~っ!」カアァッ

純「料理上手なのもいいよね」

梓「ポイント高いね」

純「料理と言えばさ、エプロンじゃん」

純「…憂は裸エプロン似合いそうだよね」

憂「!」

梓「あはは、純、ヘンタイっぽいよ…まぁ否定はしないけどさ」

梓「憂は頼み込んだらやってくれそう」

純「あははっ、確かに、断り切れなくて~…ってヤツ?」

憂「し、しないよっ!」

梓「やってよ、憂」

憂「や、やだよぉ…ししないよ…」

純「私からもお願いっ!ね?」

憂「あぅ…うぅ…///」

梓「ほら」

純「あっはっは」

梓「あ、そうだ!プール行った時の水着がね」

純「白ビキニ!」

梓「そう、それそれ」

梓「やっぱさ、体のライン出るとね…えっちぃよね、憂は」

純「ね、肉付きが丁度いい感じに…エロい」

憂「そんなこと…っ!」

梓「見た?男の人の憂を見る目…あれはね、えっちぃこと考えてる目だったね」

憂「!」

純「舐め回すように見てたもんね」

憂「なっ、舐めっ…///」カァッ

梓「まぁ私もだけどね」

純「やっぱ?私も私も!」

憂「~~~っ!」カァッ

憂(…なんで…梓ちゃんも…純ちゃんも…おかしいよ…///)

純「水着と言えばさ…スクール水着だけど、梓は見たこと無いっしょ?」

梓「スクール水着…?」

純「ふふん、中学一緒だから私は拝んだことあるんだけどね~」

純「今思えばあの時から憂はエロかったね、うん」

憂「!」

梓「ふむふむ」

純「あのぴっちりした水着にさ、大きめの胸とお尻がね、うん…エロかった」

梓「見たいなぁ…ね、憂、今度着て見せてよ」

憂「!やっ……は…恥ずかしいよ…///」

純「私も久々に見たいかも!」

憂「!だっ、だめだよ…たぶん…もう小さくて着れないよ…」

純「うわ…小さいサイズのスクール水着とか…」

梓「余計にえっちぃよね」

純・梓「ねー」

憂「あぅぅ…///」

純「あとさ、憂って体柔らかそうだよね」

梓「あ、わかる、全体的にね」

純「やっぱりさ、引き締まった体よりさ、憂みたいに柔らかそうな体の方が…」

梓「えっちぃよね」

梓・純「ねー」

憂「…っ!」

純「手、貸して」

憂「あ…うん…」スッ

純「ぷにぷに」プニッ

憂「んっ…」

梓「あ、私もやろ…ぷにぷに」プニッ

憂「ちょ、ちょっと…二人とも…」

梓「やわっこい」プニプニ

梓・純「ねー」プニプニプニプニ

憂「や…んっ…」ピクンッ

純「あはっ、梓、聞いた?今の声」ニヤニヤ

梓「聞いた聞いた」ニヤニヤ

憂「っ!」

純「『んっ』だって、ホント、エロい娘だよ」

梓「ねー」

梓「きっと敏感なんだよ」

純「うわ…なにそれエロい…」

梓・純「ねー」

憂「~~~っ!!!」

梓「えいっ」ツンッ

憂「ひゃうっ」ビクッ

梓「やっぱり」ニヤニヤ

純「エロ…」

憂「~っ!~~~っ!!」

憂(うぅ…恥ずかしいよぉ…///)

梓「さっき水着の話したけどさ」

純「うんうん」

梓「憂の場合制服もえっちぃよね」

憂「なっ…」

純「さっすが梓、分かってるね」

梓・純「…」ジーッ

憂「あぅ…///」モジッ

梓「スカートから見える太ももが特に…」

純「ね、見えそうで見えなかったりするのがまた…ここだけの話だけど、私階段上る時憂より後ろ歩くんだよね、見えそうだから」

憂「えっ…」

梓「うわぁ…まぁ私も消しゴム拾うふりして憂の机の下覗き込む時あるよ、見えそうだし」

憂「えっ…えっ…う、嘘…」

梓「あっ、消しゴム落ちちゃった」コロン

憂「っ!」バッ

梓「…」

梓「見られると思った?」

憂「えっ…」

梓「憂のえっち」

憂「!」

梓・純「ねー」

憂「~っ!」

憂(わけわかんないよぉ…///)

梓「まぁスカートの中見えそうだけどさ、鉄壁だよね」

純「そうだね、何故か鉄壁だね」

梓「…」

純「…」

梓「見たい」

純「ねー」

憂「だっ、だめだよっ!」サッ

梓「隠されると余計にね」

純「ねー」

憂「だ、だめだってば…///」

梓「…嫌なら仕方ないか」

純「そだねー…」

憂「…」ホッ

梓「純さぁ、今憂どんな下着履いてると思う?」

憂「!」

純「あー…意外と際どいのとか…紐みたいなヤツだったり…憂エロいもん」

憂「ちょっ…!」

梓「何も履いてなかったりして」

憂「!!」

純「うわー…エロい…ってか…ヘンタイだね、憂」ジトッ

憂「ち、ちがうよっ…!」

梓「だって見せてくれないもん、ねー」

純「ねー」

憂「ちが…う…よぉ…」

純「スキありっ」ピラッ

憂「っ!?」

純「ほぅ…ぴんくか」

憂「なっ…なっ…」

梓「あ、私も」ピラッ

憂「っ!?~っ!?」

純「ちゃんと履いてたねー」

梓「ねー」

純「でもやっぱエロいねー」

梓「ねー」

憂「…っく…ふぇ…」ジワッ

憂「ひど…い…よ…っく…」ポロ

純「あっ…えっ…」アセッ

梓「あーあ…純が憂泣かせたー」

純「あ、梓っ!」

憂「ひっく…うぇ…」

梓「憂…」ギューッ

憂「あずさ…ちゃん…?」

梓「ごめんね、純が変なことして…もう大丈夫だよ、ね?」ナデナデ

憂「うん…うん…」ギュッ

梓「…」ニヤッ

純「!」

純「このっ…」

梓「ちょっと!憂が怖がるからっ!」

梓「ねー、よしよーし」ナデナデ

憂「…」ギュッ

純「くっ…」

梓「憂はあったかいね」ギュッ

憂「…っ!」ドキッ

梓「いいにおいする」クンカクンカ

憂「やっ…ぁ…」カァッ

純「ず、ずるいずるい!梓ばっか!」

純「私もやるっ!」ギューッ

憂「じゅ、純ちゃっ…」ビクゥッ

純「ぎゅーっ」ギュッ

梓「ぎゅーっ」ギューッ

憂「あっ…ぁ…」ドキドキ

純「ホントだ、いいにおいする」クン

憂「…///」

純「えっちぃにおいだね」ギューッ

梓「ねー」ギューッ

憂「~~~っ!!」


憂「も…もういい…かな…?」ドキドキ

純「まだ」ギューッ

梓「ねー」ギュッ

憂「…///」

純「梓…ちょっと邪魔」ギューッ

梓「純こそ、暑苦しい」ギュッ

純「むっ」ギューッ

梓「憂が純に汚されるー」ギュッ

純「な、なんだとぉっ!」

憂「け、ケンカしちゃダメだよ…仲良く…しようよ…」

純「ん、憂が言うなら」ギューッ

梓「ねー」ギューッ

憂「…///」

純「憂抱きながら寝たい」ギューッ

梓「ねー、今度泊まりに行こっか」ギューッ

純「いいね、それ…ね、いいよね?」ギューッ

憂「い、いい…と思う…///」ドキドキ

純「あー…でもエロいことしそう」ギューッ

憂「えっ!?」

梓「仕方ないよ、憂だもん」ギューッ

憂「そっ…それは…だめ…だよ…?」ドキドキ

純「実は期待してたり」ギューッ

梓「ムッツリだもんね、憂は」ギューッ

純・梓「ねー」ギューッ

憂「ち、ちがっ…うよ…ほ、ホントに…だめ…だから…」ドキドキ

純「でも仕方ないよね、エロい憂が悪い」ギューッ

憂「~~~っ!」バッ

憂「も、もう終わりっ!」

純「あ…」

梓「あーぁ…純が憂怒らせたからだよ…」

純「むぅ…」

憂「お、怒っては…ないよ…?」アセッ

純「やさしーなぁ…憂は…誰かと違って」チラッ

梓「むっ」

憂「け、ケンカは…」アセアセ

梓「しないよ、子どもじゃないもん…誰かと違って」チラッ

純「くっ…」

憂「あぅ…」オロオロ

純「だいたいさぁ…梓には唯先輩がいるじゃん」

純「だから私は憂をもらってくよ」

憂「!?」

梓「はぁ…わかってないなぁ…純は…」

梓「確かに唯先輩にぎゅってされるとポカポカするよ…?けどね、ムラムラするのは憂なんだよ」

憂「!?」

純「要するに憂はエロい、と…」

梓「エロ可愛い」

憂「また…っ!」

憂(もう…この話はっ…)

憂「~~~っ!わたっ…私っ、先に帰るね!」ダッ

純「…逃げたね」

梓「ねー」


―――――――――

ガチャッ

憂「ただいま…」フラッ

憂(まだお姉ちゃん帰ってないけど…)

憂「はぁ…」

憂「…」ドキドキ

憂「…私…えっちなのかな…」ドキドキ

憂「ううん、そんなことない!」フルフル

憂「ない…よ…ね…」

憂「…」


2
最終更新:2011年06月20日 23:39