686. 1です ◆duJq3nZ.QQ 2011/06/03(金) 01:32:57.14 ID:XzJe4YOJ0
→A:悩んでいることを二人に話してみようかな……。
    二人に打ち明ける。


唯「姫ちゃん、いちごちゃん……あのね」

姫子「……いいよ、無理しなくて。私達も唯と一緒に行けるの嬉しいし……ただ、ちょっと変だって思っただけ」

いちご「……でも、気になることがあるんだったら……」

姫子「もう、いちご」

唯「ううん、そんな風に心配してくれて嬉しいんだよ……私が気を使わせちゃってるんだし」

姫子「そんなことないよ?」

いちご「変に気は使ってない……でも、唯が寂しそうだから……気がかり」

姫子「……それを、気を使っているっていうんじゃないの?」

いちご「……あっ」

唯「……ふふふっ」

姫子いちご「……!!」

姫子「ふふっ」

いちご「……ふふ」


それを合図に、しばらく3人は笑いあった。
これまでの空気とは一変して、それはそれは和やかだった。
一通り落ち着いたところで、唯がおそるおそる口を開いた。


唯「……あの、ね」

姫子「唯、えっと、無理しなくても」

唯「ううん、二人に聞いてほしいんだ……ちょこっと甘えさせてほしいな」

いちご「……唯が甘えてくるのはしょっちゅうだから気にしてない」

唯「へへっ、そっかあ、じゃあ……」


*選択肢*

A:「朝もみたように、りっちゃんと険悪な感じになっちゃって……」
    結構深刻だけど、話せば少しは楽になるかな……?

B:「澪ちゃんと最近気まずいんだ……」
    澪ちゃんとも実はあまりうまくいっていないし……。

C:「ムギちゃんにも打ち明けたんだけど……」
    班決めでがっかりさせちゃったかも、どうしよう……。

D:「和ちゃん、悲しそうな顔してた……」
    大切な幼馴染にまで迷惑かけちゃった……だめだなぁ、私。


690. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) 2011/06/03(金) 01:38:01.08 ID:d9m/8qo9o
この件は早く解決した方がいい気がするし、いちごの反応に期待してA
693. 1です ◆duJq3nZ.QQ 2011/06/03(金) 02:14:26.70 ID:XzJe4YOJ0
→A:「朝もみたように、りっちゃんと険悪な感じになっちゃって……」
    結構深刻だけど、話せば少しは楽になるかな……?


姫子「あー、やっぱりかあ……それで、いつものメンバーと班一緒になりたくなかったの?」

唯「……それだけじゃないけど……でも、ずっと悩んでて」

いちご「……ずっと?」

唯「四月から……」

姫子「そんなに前から!?  ……軽音部の皆、いつも変わらないから、今回のは突発的に起こったことだと思ったんだけど」

いちご「でも確かに……割と前から二人がうるさくなくなった」

唯「ご、ごめん……」

いちご「いつも何かと二人で騒がしいのに」

唯「ご、ごめんなさいぃ……」

いちご「……だから、最近なんか物足りない」

唯「……いちごちゃん」

いちご「4月に何かあったの?  ……聞くだけならできる」

唯「……うん」


唯は、4月の律とのやりとりをかいつまんで話した。
二人は神妙そうに頷きながらも、さわ子のように理由を推察することはできなかったようだ。


694. 1です ◆duJq3nZ.QQ 2011/06/03(金) 02:14:56.69 ID:XzJe4YOJ0

姫子「それから、今朝につながる、っていうこと?」

唯「……うん」

いちご「……分かる気もするし、分からない気もする……」

姫子「いちご、あんまり混乱させちゃダメだよ」

唯「……色んな人に相談してるんだけど……私、それでも分かんなくて」

姫子「……唯」

唯「私が何か、りっちゃんの気に食わないことをしたのかな……たぶんそうだよね、じゃなかったらあそこまで……」

姫子「唯、そんなことないよ」

唯「なのに、私何でりっちゃんがあんな態度なのか、全然分からないよ……」

いちご「…………」

唯「今朝も、売り言葉に買い言葉でっ……うっ、あうっ、ふえっ、ど、どうしようっ……ふ、ふえええんっ、うぅっ」


唯の声に震えが混じったかと思うと、唯はぽろぽろと涙をこぼした。
やがて言葉ではなく、泣き声だけが聞こえてくる。
苦しそうに目元を抑えて、唯はしばらく泣いていた。


姫子「……唯、大丈夫だから、ね?」


姫子はずっと唯の背中をさすってやっていた。


いちご「……うん、大丈夫、大丈夫だから」


いちごもなだめるように声をかける。
少ししてようやく落ち着いた唯の肩をぽんぽんと叩き、姫子が微笑みながら顔を覗き込んだ。


姫子「大丈夫だよ、大丈夫!  ……修学旅行のことは、また相談しようよ。今日は、家に帰って休んだ方がいいよ」

いちご「……うん、元気出して」

695. 1です ◆duJq3nZ.QQ 2011/06/03(金) 02:15:33.65 ID:XzJe4YOJ0

その言葉に弱弱しく頷き、唯は荷物をまとめて教室を出て行った。
その背中を見送りながら、姫子はぽつりと言う。


姫子「……まさか、唯があんな風に泣くなんてね……」

いちご「律、ひとでなし」

姫子「そこまで言わなくても……でも、本当にどうしたんだろう」


しばらく首をかしげていたが、やはり分からない。
姫子が、不意に確認するように言った。


姫子「……で、分かっているよね?」

いちご「……修学旅行は、素直になるチャンス」

姫子「そうだよね。私達が一肌脱ぐしかないよ!」

いちご「……唯のスマイルアゲイン計画始動」

姫子「……いちごのネーミングセンスって、独特だよね」


教室で、二人の乙女が、何かを企むような顔でこっそりと話しあっていた。

696. 1です ◆duJq3nZ.QQ 2011/06/03(金) 02:16:03.22 ID:XzJe4YOJ0

教室から出て、唯は一人帰路につく。
吹きつける風が少し冷たいような気がする。


唯「……目元にあたって、痛いや」


唯は妹の憂を心配させまいと、目を擦り、涙の痕跡を消そうとしていた。
家のドアの前にたどり着き、唯は鬱々とした気分を振り切るように、勢いよくドアノブをひねった。


唯「ただいまー!」

憂「おかえり、おねえちゃん!!」


憂が小走りで玄関までやってくる。
いつもと変わらぬ光景に安らぎを感じていると、唯はあることに気がついた。


*選択肢*

A:「憂?  この紙は何?」
      玄関の下駄箱の上に置いてある。書きおき?  なんだろう?

B:「憂!  なんか毛がたくさんついてるよ!」
      憂の服が、毛だらけだ!  茶色くて短い毛。むむむ?

C:「ん?  足もとになんか当たるなあ……えーっとこれは……」
    そのまま靴を脱ごうとしたんだけど……なんだろう?


703. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/06/03(金) 13:39:15.35 ID:vILlqBAK0

このまま行くとりっちゃんはどうなるのだろう?
707. 1です ◆duJq3nZ.QQ 2011/06/04(土) 00:53:07.68 ID:Lyv9uVcw0
→A:「憂?  この紙は何?」
      玄関の下駄箱の上に置いてある。書きおき?  なんだろう?


憂「ああ、それはね、さっき純ちゃんが置いて行ったんだ」

唯「あっ!  純ちゃんが?」


ふと今朝の子猫のことを思い出し、身を乗り出すようにして聞く唯。


憂「純ちゃんとうちまで一緒に帰ってきてね、純ちゃんに子猫引き渡して……」

唯「あ、子猫、大丈夫だった?  おなかすかせていたりとか……」

憂「うん、おりこうさんで、ゲージの中でぐっすり寝てたよ」

唯「そっか!  よかったよかった」


切ない気分の後のせいか、そんな些細なことが唯にはとても嬉しく感じた。


憂「で、おねえちゃんにお礼言いたいからってしばらく待ってたんだけど……少し前に帰っちゃって」

唯「(姫ちゃんやいちごちゃんとお話ししていたときかな?)」

憂「帰る前に、純ちゃんがそれを書いていったんだよ」

唯「そっかあ〜。気つかわなくてもいいのにね。どれどれ?」


唯は楽しそうに紙を開き、中の文章を目で追った。


708. 1です ◆duJq3nZ.QQ 2011/06/04(土) 00:53:52.23 ID:Lyv9uVcw0

”唯先輩へ”

”ごめんなさい!”

”今日は猫のためにも早く家に帰らなきゃって思って……先に帰らせてもらいました”

”唯先輩、今朝は本当にありがとうございました!  助かりましたよ〜”

”唯先輩もたまには頼りになるんですね笑  驚きました!”

”引き取る前に唯先輩と子猫とで遊びたいなー、って思っていたので残念です”

”もしよかったら、今度暇な時にでもうちに見に来て下さいねー”

”ではこんなところで!  また明日!”

”P.S  よかったら、子猫の名付け親になってくれますか?  ユニークな答え、期待してます!”

”鈴木純でした!”


唯「……純ちゃんも律儀だねえ〜メールでもいいのに」

憂「う、うん」

唯「憂?」

憂「そ、それだけお姉ちゃんが助けてくれたのが嬉しかったんじゃない?」

唯「えへへ〜そうかなあ?」

憂「そうだよ……きっと」


憂の煮え切らないような返事に首を傾げながらも、唯は純からの手紙を大事そうに折りたたみ、階段を上がっていった。


唯「(……純ちゃん、いい子だなー)」

唯「(少なくとも、純ちゃんや憂は……私のこと不快に思っていたりしないよね?)」

唯「(…………)」

唯「(そういえばあの子猫、可愛かったなー。茶色いふわふわの毛で……まるで純ちゃんみたい)」

唯「(!  閃いた!  子猫の名前、『純ちゃん2号』にしよう!)」

唯「(うふふ、今度教えてあげようっと。どんな反応するかなー?)」


※純との距離が少し縮まったような気がしました。


709. 1です ◆duJq3nZ.QQ 2011/06/04(土) 00:54:47.28 ID:Lyv9uVcw0

唯「今日は……本当にいろいろなことがあったなー」

唯「体は疲れていないけど、いろいろ心が大変だっだなあ……」

  

唯「さて、今日はどうしようかな?  うーん……」




*定期選択肢*

A:勉強する

B:運動する

C:ギターの練習

D:ショッピングしつつ、おしゃれの研究

E:家事スキルを磨く

F:ご飯を食べて、今日一日はおしまい!



710. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/06/04(土) 00:59:06.27 ID:k2qFtil40
C


16
最終更新:2011年06月21日 05:20