・・・

憂「ここ。この中でニーサマが待っていますよ」

憂「ニーサマ~」

ガチャリ

ゴゴゴゴゴゴゴ…

(....U..)「ご苦労だったね。僕の可愛い憂」

(....U..)「そしてようこそ。愚かなライダー諸君に少女たちよ」

(....U..)⊃麦 グビグビグビ…ポイ、カランカラン


(^U^)「歓迎しましょう!」


憂「いらっしゃ~い」

梓「……」

唯「あずにゃん!」

律「あ、あいつっ……!」

(0M0;)「ヨセ!マダウゴクナ…」

(0w0#)「キサマガニーサマカ! ヨクモアヅサチャンヲ、ハヂメヲ…!」

( ^U^)「ジョーカーについては奴が勝手に暴走しただけですよ」

( ^U^)「そうなるように多少手伝いはしましたがね」

(0w0#)「キサマァッ!!」

( ^U^)「第一、奴を早く封印することができたんだ。よかったじゃないですか」

紬「そんなことより梓ちゃんを早く返して!!」

澪「そうだ! なんで梓を……!」

(^U^ )「おや、役立たずの巨乳っ娘じゃないか! まったく、お前のせいで俺の計画は狂ってしまったんだよ?」

澪「は……?」

(^U^)「お仕置きが必要だね」パチンッ

アルビローチs「ワラワラワラワラワラワラ……」カサカサ

「!?」

アルビローチs「」カサカサ

律「な、なんだよこいつら!」

唯「でっかいゴキちゃん!」

律「そういうことじゃないっ」

(0H0;)「アンデッドナノカ!?」

(0M0;)「クッ」

(^U^)「取り引きをしようじゃないか! ケンジャキカズマ!」

(^U^)「お前が持っているスペードキングのカードをこちらに渡せ」

(0w0;)「ナンダト」

(^U^)「そうすれば、そいつらには何もさせないし、この娘を返してやろう」

梓「……」

唯「け、ケンジャキくん……」

(0w0;)「ウェー……」

(;0H0)「デモソレヲワタシタラキングフォームニ…」

(^U^)「早くしろ」

(;0M0)「ドウスル、ケンジャキ」

律「そのカード渡して梓が返ってくるなら……」

(0M0;)「ダガ、キングノカードデヤツガモシナニカヲスルツモリナラ…」

(...U...) ゴゴゴゴゴ

(0w0;;)

(;;0w0)「オレハ……」

唯「ケンジャキくん!!」

(;0w0)「ウェ!?」

唯「ヒーローは、仮面ライダーは……悪い奴には屈しないんだよ!」

唯「だ、だから迷っちゃダメっ、ケンジャキくんが選ぶことはきっと正しいから……!」

(..0w0)「ユイチャン…」

( 0w0)

(0w0) バッ

(^U^)「ん!」

( 0w0)<ヘシンッ! ターンアップ

(0w0)「フンッ!」ブンッ

アルビローチs「!?」ドッ

( 0w0)「オレハモウマヨワナイ! ダディャーナザン、ムツキ!」

( 0M0)「ケンジャキ…アア!」( 0H0)「ケンジャキサン!」

( 0M0)0H0)<ヘシンッ! ターン・オープンアップ

唯「あずにゃんは力づくで取り戻すよ!」

澪「ゆ、唯っ」

(#^U^)「貴様ら……ただで済むと思うなよ!!」

アルビローチs「カサコサカサコソカサコソ」バッ

(#0w0)#0M0)#0H0)<ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッッッッッッ!!!

律「何なんだよこのゴキブリっ! 全然数減んないじゃんっ」

紬「あっちからも、こっちからもきてる!!」

(;0H0)「ハァハァ…コレジャアキリガナイ…!」

(#^U^)「ふん、愚かな奴らめ。憂! 奴らを倒し、キングのカードを手に入れろ!」

(#^U^)「俺はフォーティーン召喚の準備をしている!」ガシッ

梓「……」

澪「ああ、梓が!」

(0w0#)「マデ!」

憂「……ケンジャキくん、行かせないよ!」シュッ

唯「う、憂!」

憂「変身っ」オープンアップ

ラルク(憂)「えーい!」ズドドドドド…


ウェッ!?>(0w0;)⊂(0M0#)<ドケ、ケンジャキッ!! 


( ;;0M)・、;'.「グヘェッウェ…!」ズガガガ…!


(;;0w0)<ダディャーナザン!!

唯「師匠!? 憂、やめてっ」

ラルク(憂)「ライダーを倒し、キングのカード手に入れる……」ブツブツ

唯「憂ぃっ!!」

バキッ、グシャッ

(;;;0M0)「ッグゥゥゥ…!」ガクッ

(0H0;)「タチバナサン! アノヒトマダカラダガ…!」

アルビローチs「ワラワラワラワラ」

澪・紬「きゃー!!」

(;0w0)「ク、クソッ!ジャマダ!」

ラルク(憂)「……てぇーいっ!!」マイティ


(;;0M)


ズドオオオオンッ!

(;;0w0)<ダディャーナザァァァンッッッ!!!


(...M) シュー…

ラルク(憂)「あと二体……」

唯「う、あ、ああ……」

律「ウソだろ……」

ドーン、ドカバキッ、ブンブンッ

(...M)

唯「ダディ師匠! 師匠! ダディさぁんっ!」ユサユサ

(...;0M)「ユイ、カ…ダイジョウブ、ダイジョウブダ…ダガ」

(...;0M)「オレハモウウゴケナイ…ク、クソ…」

唯「……」

唯「よ、よし!」

唯「ちょっと借りるよ、師匠!」

(..;0M)「オ、オイ…! ソレハオレノバックルダゾッ!? ……オマエマサカ!」

唯「ちょっと、大事な妹のために仮面ライダーしてくるよ……!」キッ


ラルク(憂)「えいっ、えいっ!」ドカドカ

アルビローチs「ガサゴソガサゴソ」ドカドカ

(0w0;;)(;;0H0)「クッ…」

澪「ま、まずいよ……」

紬「憂ちゃん正気に戻って! お願い!」

ラルク(憂)「ライダー倒して、キング手に入れ……」ブツブツ

澪「何もわからないんだ……命令されたことしか……」

律「絶体絶命って状態だろ、これじゃあ……」

ラルク(憂)「……」

唯「う、憂っ!」

ラルク(憂)「……?」

唯「憂っ! お姉ちゃんが憂のこと助けてあげるから!」シュ

Σ(0w0;)「ユ、ユイチャン!?」

唯「へん…しんっ!!」ターンアップ

ラルク(憂)「!」

ギャレン(唯)「……わ、わぁ……ほんとに変身できちゃった」

律「うそぉ……」

(0w0#)「ウェイッ!」ズバシャッ

アルビローチs「!?」

(0w0#)「ムツキ! コイツラハオレガナントカスルカラ、オマエハサキニイッテアズサチャンヲタノム!」

(;0H0)「ケ、ケンジャキサン! …ワカリマシタ!!」

タタタタ…

ラルク(憂)「……ライダー倒して! キング!」バッ

ギャレン(唯)「ひ、久々の姉妹ケンカだね! とぉー!」バッ

紬「唯ちゃん……が、がんばって、負けないで!」

(..;0M)(オレノオシエタコトヲヨクオモイダシテタタカウンダ、ユイ…!)


バッ

アルビローチ「カサコソ!」

澪「きゃああああ!?」

律「澪っ!」

(#0w0)⊃<ウェイッ バキィッ

アルビローチ「~…」シュー

(0w0;)「ダイジョウブカ、ミオヂャン!」ユサユサ

澪「う、うう……なんとか……」

…ス

澪「それより唯が」

(0w0;)「アア、オレガスグニタスケニイク! ダカラキミタチハドコカニ…」

紬「ね、ねぇ……!!」

紬「唯ちゃん一人だけを頑張らせるだなんて、私できない!」

澪「ムギ?」

紬「私たちは私たちでできることをしよう?」

律「なるほどなるほど……つまり、梓救出だな!」

澪「でも、梓と一緒にいるあの志村って人……得体が知r」

律「バカ! ここで怖じ気ついてたら梓に顔向けないんだよ!」

紬「それに先輩ですから! 私たち! 梓ちゃんのっ」

澪「あ……ああっ、そうだな! 2人の言うとおりだよ」

澪「行こう!」

タタタ…

(0w0#)<ワーウウェイッ! ズドーン

ギャレン(唯)・ラルク(憂)「わああぁぁーーーーっ!!」

ボカスカボカスカ


(..;0M)「……」

(0M0;)「……」

(0M0)「……」

(0M0)


ゴ ゴゴ ゴゴ ゴ ゴ


梓「……」

(...^U)「お前は俺のために生贄となるんだよ。中野梓」

(...U)「もうすぐだ……フォーティーン……!」

(;0H0)「アヅサチャン!」

(^U^)「む……何だ、お前か」

(#0H0)「ナンダッテナンダヨ!? オレガキタラワルイノカ!」

(^U^)「ふん、この女を助けに来たというわけか。わざわざご苦労だな」

(^U^)「こんな、自分たちとは関係のない世界のため、人間のために。わざわざ」

(;0H0)「オマエ…ヤハリナニカシッテイルナ」

(^U^)「勿論さ。なんだって、お前たちをこの世界へ召喚し、カードからアンデッドを開放したのはこの俺だからな」

(;0H0)「ヤッパリ…オマエハ、オマエハイッタイナニモノナンダ! ドウシテコンナコトヲシテイル!?」

(^U^)「それは……ん?」

タタタタ…

律「はぁ、はぁ……あ、梓っ!」

紬「梓ちゃん! 助けに来たわ!」

Σ(0H0;)「キミタチ! ドウシテココニ!」

律「決まってんだろー! 梓を助けに来たんだよ」

紬「私たち、見てるだけだなんて嫌だから……!」

(^U^)「素晴らしい友情だな。感動的だ」

(^U^)「だが無意味だ」パチンッ


ハラパン ハラパン


律・紬「ぐふっ……!?」ガクッ

Σ(0H0;;)「ハァ!?」

(^U^)「よしよしよしよし、いい子だ。やっぱりお前はできる子だね」



澪「……」



(^U^)「澪ちゃん」


澪「ニーサマ。ご命令の通り、スペードキングのカードを手に入れてきました」ス

(^U^)「やー、ご苦労さま。いい演技だったよ」

(;;0H0)「バカナ、ケンジャキサンニヨッテカノジョノセンノウハトケタハズジャ…」

律「み、澪ぉ……どういう、こと……だ……っ」

紬「う、ううっ……」

澪「……」

(^U^)「洗脳が解けた? 誰が何の核心を持ってそう決めつけたのかな?」

(^U^)「バックルを壊す程度で正気に戻れるとでも思っていたのか?」

(^U^)「HAHAHA! これだから低能な人間は困る!」

(...^U)「さぁ、全てのキングは揃った! あとはフォーティーンを召喚するだけ」

(^U^)「の前に」

ハラパン

澪「っ!?」バタリ

(^U^)「まずはここにいる邪魔者どもを排除しよう!」オープンアップ

三(#0H0)<オ、オマエェェェェェッッッ!!!


8
最終更新:2011年06月23日 01:11