唯「見てー、うい」

 そう言ってお姉ちゃんが取り出したのは、色とりどりの小ビンだった。

憂「なあに、これ?」

 淡いピンクや黒のインクみたいなものが入って、

 キラキラとしたラメにかざられたいくつかのビン。

唯「お化粧品。買ってきちゃった」

憂「お化粧……」

唯「私ももう高校生だからさ、やってみたいんだ」

 お姉ちゃんはにこにこして言う。

 そう、お姉ちゃんは明日から高校生。

 お化粧くらい興味が出てもおかしくない。

憂「うん、いいんじゃないかな?」

 小ビンを手に取りながら言ってみる。

 私の中学だとお化粧は校則で禁止されているから、

 お化粧をするとちょっと悪い子みたいに思えてしまう。

 でも、お姉ちゃんはもう高校生なんだよね。

唯「え、うん」

憂「うん?」

唯「だから、お化粧の仕方教えてほしいなぁって」

憂「えっ?」


――――

 お姉ちゃんはどうやらお化粧の仕方がわからないみたい。

 お姉ちゃんの周りにお化粧をする人はいなかったと思うから、仕方ないよね。

憂「じゃあ、目とじて」

 私もお化粧のしかたはよく分からないけれど、

 一人でやるよりは安全だと思ったから、お姉ちゃんを手伝うことにした。

唯「んー」

 最初に開けたのは、まつ毛を長く見せるマスカラ。

 これぐらいはコマーシャルとかにもよく出るし、さすがに知っている。

 目を閉じたお姉ちゃんの目元に、小さな柄付きたわしみたいなブラシを横に当てる。

憂「いくよ……」

 ゆっくり上に持ち上げるように、ブラシを運ぶと。

唯「……あれ?」

憂「なんかちょっと変だね……」

 初めてやったせいかもしれないけれど、

 CMみたいに綺麗にならない。

唯「なんかまぶたが重たい……」

憂「失敗しちゃったのかな……」

 メイク落としシートを目に当てて綺麗にしてから、もう一度。

唯「目開けてやってみる?」

 ブラシを当てようとしたところで、お姉ちゃんが言った。

憂「え……危なくない?」

唯「でもこんなイメージでしょ?」

憂「……そうだなぁ」

 少し悩んだけれど、お姉ちゃんを綺麗にしてあげたかったから。

憂「……じゃあ、やってみる?」

唯「うん、お願い」

 お姉ちゃんは強張った顔で目を開けると、

 私をじっと見つめた。

憂「ごくり……」

 私も緊張して、唾を飲んだ。

 お姉ちゃんの瞳を決して傷つけないように、指先が震えないように。

唯「さあ来い、憂……」

 お姉ちゃんの息が揺れた。

 ちょっと変な気持ちになったりもしながら、再度目元にブラシを近づけた。

 お姉ちゃんがまばたきしたあと、まぶたにブラシをあてる。

 そして先ほどと同じように、手前に曲線を描きながら撫で上げる。

唯「……どう?」

憂「……どうだろう」

 私はよくわからなくて、とりあえず鏡を取りだした。

唯「あ、こんな感じでしょ」

 鏡を覗きこんで、お姉ちゃんは言う。

 こんな感じなのだろうか。

 なんだか、お姉ちゃんらしくない。

唯「憂、もう片目もお願い」

憂「う、うん」

 言われるまま、だけどやっぱり緊張しながら、

 左のまつ毛にもマスカラを塗った。

唯「はふぅ」

 それが終わると、お姉ちゃんは力が抜けたように溜め息を吐いた。

唯「どう? お姉ちゃんキレイ?」

憂「……」

 いつもよりまつ毛の長いお姉ちゃんは、その分きれいに見えた。

唯「憂?」

憂「う、うん。キレイだよ」

唯「んふふー」

 お姉ちゃんは満足げに微笑む。

憂「っ……」

唯「じゃ、次はこれね」

 胸をきゅんとときめかせた私に気付かずに、

 お姉ちゃんは次のお化粧グッズのフタを開く。

憂「それは?」

 淡いピンク色のジェルみたいなものが入った小ビンで、

 私はなんだか分からなかった。

唯「これはなんだっけ……グロスっていうんだよ」

憂「グロス?」

唯「うん、口紅みたいなやつだって」

憂「ふーん……」

 口紅にはとても見えないけれど、とにかくくちびるに塗るということだろう。

唯「じゃ憂、塗って」

憂「え?」

唯「ん」

 お姉ちゃんは目を閉じて、くちびるを突き出す。

 いつもと違うお姉ちゃんの顔。

憂「……自分でできるでしょ?」

唯「でも初めてだから、憂にやってほしいんだよ」

憂「……もう」

唯「はい、お願い」

 お姉ちゃんにグロスを手渡された。

憂「これどうやって使うの?」

唯「指にちょびっとつけて、くちびるに塗るらしいんだけど……」

憂「なるほど……」

 蓋を置いて、ビンの口に指を差し込む。

 指先についたジェル状の感触。

憂「あ、付けすぎたかな?」

唯「んー」

 お姉ちゃんは私の指の上で山盛りになったグロスを見て、顔をしかめた。

唯「あ、じゃあこれちょっとちょうだい」

 その半分ぐらいをお姉ちゃんは指先でかすめとった。

唯「はい憂、くちびるンーッてして」

憂「……んー」

 自分が何をしてるのか、だんだん分からなくなってきた。

 お姉ちゃんの指が、私のくちびるに触れる。

憂「っ……」

 思わず体が後ずさりしそうになった。

 くちびるを触るぐらい、お姉ちゃんにはいつもやってること。

 お姉ちゃんだって、時々わたしのくちびるを拭く。

 なのに、こんなことで。

唯「憂、どうかした?」

憂「な、なんでもないけどっ」

 あぶなく、床にグロスをなびってしまうところだった。

 さっきから私はおかしなことばかり考えている。

 お姉ちゃんの前でこんなふうじゃだめだ。

唯「はい、じっとしててね。ちゃんと塗ってあげるから」

 お姉ちゃんは左手で私を小さな子みたいによしよしと撫でると、

 右手でくちびるをすりすり擦る。

唯「おー、きれいだよ憂」

憂「んっ……」

 心地よくて、目を閉じる。

 くちびるに触れるお姉ちゃんの指の感触に集中できる。

憂「はぁ……」

 お姉ちゃんの指がくちびるを這いまわる。

 しゃぶりつかずにいられるのは奇跡みたいなものだ。

 ただ、そのかわりに。

憂「お、おねえちゃん……」

唯「んー?」

憂「わ、わたしも……ぬってあげるっ」

 震える指をお姉ちゃんに向ける。

 マスカラを塗るときは抑えられた震えがもう止められない。

唯「んむんむ、お願いね」

 お姉ちゃんは無邪気にくちびるを向けてきた。

 そのままキスしてしまってもよかったかもしれない。

 どうせ、そのうち抑えきれなくなるのは同じなのだから。

憂「おねえちゃん、すっごく綺麗……」

唯「えへへ。憂もキレイだよ!」

 お姉ちゃんのくちびるに触れた。

 グロスに濡れた指先で押し込むように、その感触をたしかめて。

 艶のあるグロスを厚ぼったく塗り広げていく。

唯「んは、くすぐった……」

 お姉ちゃんも、きっと理由は違うだろうけれど、体を震わせた。

 お姉ちゃんのくちびるがぷるぷると桜色に光る。

 すぐにでもそこにむしゃぶりつきたいのを、私はなんとか抑えた。

 まだお姉ちゃんが私のくちびるを撫でていたから。

 そうされているうちは、まだ私はお姉ちゃんに愛されていられるから。

唯「んむ、ん」

 お姉ちゃんが何か言いたげにくちびるをもごつかせた。

唯「これぐらいで、いいよね」

 お姉ちゃんはもうグロスを塗るのに満足してしまったみたいだ。

 私のほうは、よくわからない。

 とにかく目に映るお姉ちゃんはきれいで、愛しくて、

 なんだか悪い感情を際限なく呼び起こしてきて、わたしをおかしくしてくる。

唯「うい? ……ねぇ、憂」

 お姉ちゃんが呼んでいるのはわかったけれど、私は返事をしなかった。

 それとも返事ができなかったのか、どっちでもいいけれど。

憂「知ってる? お姉ちゃん」

 私は離れようとしたお姉ちゃんの手を掴んで、

 その指に頬をすりつけるようにしながら言った。

憂「お化粧ってね……人を変えるんだよ」

唯「う、うい……」

 お姉ちゃんは少し戸惑った。

 私のしようとすることをもう分かっているのかもしれない。

 だけど、強く抵抗しようとはしなかった。

憂「お姉ちゃん。キスするよ?」

 掴んだ手が、びくりと跳ねた。

唯「そ……」

憂「うん……?」

 わたしは、できる限りやさしく微笑んでみた。

 でもきっと、強張って怖い顔をしていたと思う。

唯「んっと……ど、どうして」

憂「お姉ちゃんが好きだから」

 嘘だ。

 お姉ちゃんのことを、まじめに恋愛対象に置いたことは一度もない。

 わたしは、今の私がただ、お姉ちゃんを可愛いと思ってるから、キスしたいだけ。

憂「ずっと好きだったんだよ? こんなふうに、くちびる……」

 お姉ちゃんのくちびるをそっと押す。

 ふわふわしてて、気持ちよかった。

憂「さわりあいっこしてたら、我慢できなくなるの、しょうがないじゃん」

 子供みたいにだだをこねて、自分を正当化する。

唯「う、うん……ごめん」

 お姉ちゃんもわけがわからなくなってるんだろう。

 わたしの言い分を素直に受け取った。

憂「じゃあ、キス……」

唯「……うん、いいよ」

 おそるおそるという感じでお姉ちゃんが頷く。

唯「あ、あのさっ」

憂「……なに?」

唯「これって、カウントするの?」

 あわてたふうに、お姉ちゃんは言った。

 潤んだ瞳で私を見つめて、自分が何を言っているかもよくわからないんだろう。

 私は嘘をついた。

 お姉ちゃんは、そんな私の嘘を踏みにじった。

 わたしとお姉ちゃんの、最低比べは……

 ――私が勝たなきゃいけなかった。


2
最終更新:2011年06月24日 21:35