唯「はぁ…はぁ……」

律「やった!」

梓「体中痛いです……」


唯達6人はガーディアンの力を借りてフォーンを倒し

精も根も尽き果てていた……

憂「あれ?お姉ちゃん!あれなんだろう?」

唯「指輪……かな?」

澪「そういや和が手下に魔界への鍵を預けたとか何とか」

紬「もしかしてこの指輪がそうなんじゃないかしら!」

律「でもこれをどう使うんだぁ~?」

唯「とりあえず拾っておこう~」

その時、また魔神皇の声が唯達の頭に響く……


第2章 ~梓の場合~


―――どうやらフォーンを退けたようね―――

―――へぇ、ガーディアンを憑依…か……やるじゃない―――

澪「まど・魔神皇……お前一体何のつもりだ!」

律「澪……」

―――学校を異次元に移転させた今、
    学校とあなた達は私の手の中にあるわ―――

―――わかる?ひざまづいて命乞いでもしたら考えてあげなく

律「ふざけるな!」

唯「和ちゃん……もうやめよ?こんなの」

憂「和さん!目を覚ましてください!」

―――ホントあなた達はしょうがないわね……音楽室―――

―――指輪をはめて音楽室の扉を開けてみなさい―――

―――運が良ければ……いずれ私の元へ来れるかも―――

―――生きていれば、の話だけどね……フフフ―――



―――教室

律「もお~だめだ!ちょっと休もうぜ!」

紬「そうね……あんなに動いたのは何年ぶりかしら」

唯「ア~イ~ス~」

唯は教室の床に大の字に寝転がる

5人もそれに続く

憂「もう……お姉ちゃんしっかりしてよ~」

ヒヤッ

唯の頬を心地よい冷気が触れる

唯「憂~アイス持ってたんなら早く言っt」

唯「ゆゆゆゆゆ雪ダルマーーーー!?」

全員「はぁ!?」

?「ひどいなぁ、さっき君を守って一緒に戦ったんだホー」

唯(そっか!この雪ダルマが私の……)

唯「ごめんね!いきなり出てきたからびっくりしてつい……
  あの、君のお名前は?」

?「名前?そんなこと考えたことなかったホー
  あっ!でもカロンのじいちゃんは僕のこと
  [ヒーホー]ってたまに呼ぶホー!」

唯「ヒーホー君かぁ!なんか可愛いね!」

梓(弱そうだなぁ……唯先輩のガーディアン)

梓(私のは剣も持ってるし…えと……)

……スサノオだ……

……我の名はスナノオ…覚えておくがいい……

梓「は、はい!スサノオさん!」

律「おっ!梓のガーディアンはスサノオ!っていうのかあ~」

梓「き・聞いてたんですか……」

律「梓のガーディアンは頼り甲斐ありそうだなぁ!」

梓「私のガーディアンですから当然です!」

律「おっ言うねぇ~」

澪「わ・私のヴァルキリーだって!」

憂「わあ~澪さんのガーディアンは女の人なんですね~!私もです!」

紬「私もなの~」

律「ムギのガーディアンはじょ、上品そうだな」

律「ええ、キクリヒメさん!なんでも良家の生まれらしくて」

律「る・類は友を呼ぶ……」

澪「憂ちゃんのは…天使!……凄い」

憂「ウリエルさんって言うらしいです!」

律「もお~憂ちゃんはずるいなぁいいとこばっかり~」

憂「そそ、そんなことないです!ほら!お姉ちゃんのだって……」

唯「アハハハすごいすご~い!ねーねーヒーホー君もっと雪出してよ~」

ヒーホー「つ・疲れたホ~……」

唯「そんな疲れた体には!はい!コレをあげよう!」

ヒーホー君「?」

唯「飴ちゃん!一緒に食べよ~?」パクッ

ヒーホー君「初めて食べるホ~」パクッ

唯&ヒーホー「う・うまい!」

憂「……」

律「ハハ……唯らしいや」

澪「だな」

梓(バカみたい…私の方がカッコ良くて強そうなのに)

憂「梓ちゃん?」

梓「ハっ!ゴ・ゴメン、ボーっとしてた!」

憂(梓ちゃんの顔、一瞬怖かった……?)

澪「よし!そろそろ行くか!」

律「どこにぃー?」

澪「もうっ!忘れたのか?[音楽室]!」

律「おぉ~そうでしたそうでした~!」

律「よし!みんな音楽室へ行こうぜぃ!」


―――音楽室前

紬「指輪を持って扉を開けるのよね?」
ガサゴソ
澪「あぁ、確かそう言ってたな」
ガサゴソ
憂「お姉ちゃん、さっき拾ったゆ……」

………

全員「失くしたぁぁぁ!?」

紬「唯ちゃん!思い出して!さっき教室で寝転がって……」

唯「うぅ~絶対失くしちゃいけないと思ってぇ~……」

唯「えーっと……」くしゃっ

頭を抱える唯

律「おい……唯」

澪「唯……その右手の人差し指に付けてるのは何だ?」

唯「え?……あっ!!え、えへへ~」

全員「………」

唯「ま・まことに申し訳ございませんでした~!」


唯「あ・開けるよ!?ギー太……きっとどこかにいるよね!?」

梓(日頃練習どころかメンテナンスもろくにしてないくせに)

梓(私の方がいっぱい練習して……唯先輩より上手い自信あるのに)

梓(あ、あれ?なんで私こんなこと…)

梓(さっきからなんかおかしい……まるで自分の考えじゃないみたいに)

……本心だよ……

梓(え?)

梓(今、何か聞こえたような……)キョロキョロ

憂「……」

唯「行くよ!せーの!」ガチャッ

唯「うわ!?わわわわ」

律「唯!危ない!!」

澪「落ち…ちょっ律!引っ張るn」

紬「す・吸い込まれる!」

全員「うわああああああああああ」

……
………

梓「…う……」

梓「はっ!皆さん大丈…」

梓(私一人……)

―――魔界へようこそ―――

梓「魔神皇!?」

梓「みんなはどこです!?」

―――この魔界はいくつかの階層に分かれてるわ―――

―――他の者たちには私がふさわしいと思った場所に堕ちてもらった―――

―――みんなに会いたいのなら、奥に進むことね―――

―――せいぜい私を楽しませて頂戴……フフフ―――

梓「待って下さい!」

梓(一人で……?や、やってやるです!)


―――傲慢界


……

梓(はぁ…はぁ……あ、悪魔が段違いに強い!)

梓(いや、唯先輩達がいないから悪魔が強く感じるのかな……)

……唯先輩より私の方が強いじゃん……

梓(え?そ、そうだよね!)

梓(……ここが最深部の扉……)

梓(よし!行くぞ!)

ギイイィィィ・・・

律「お~梓!遅かったじゃないか~!」

唯「あずにゃーん!早くこっちにおいでよ~!」

梓「り・律先輩!?唯先輩!?みなさんも!!
  それにここは……音楽室!!」

梓「みなさん魔界に堕ちたんじゃ……」

澪「魔界??」

律「おい~梓寝ぼけてんのかぁ~?」

澪「らしくないな梓」

唯「まぁまぁあずにゃんこっちに座りなよ~」

梓「あ、はい……」

紬「みなさんお茶入れたわよ~♪」

梓(ゆ・夢……??)

梓(いや、でも確かに今まで悪魔と戦って……)

唯「あずにゃん食べないの~?このケーキ美味しいよ~!」

梓「は、はい……頂きます」

梓(きっと夢だったんだ……)

梓「美味しいです!」

澪「さて!お茶も飲んだことだし練習するぞ!」


……

律「いやぁ~やっぱ梓のギターは上手いな!」

澪「リズムキープのセンスも抜群だしな」

梓「そ・そうですか?あ・ありがとうございます!」

律「もうリードギターは梓でいいんじゃないか?」

紬「そうね!私もそう思うわ!」

梓「私がリードギター!?それじゃ唯先輩が……」

唯「あずにゃん!ギターソロは頼んだよ~!」

梓(私がギターソロ!いいのかな……でも私は唯先輩より
  上手い……よね)

梓(私の音楽センスを表現するチャンスだし!)

梓「はい!わかりました!じゃあ私がリードギターやります!」

澪「よーし!梓をリードギターにしてさっきの曲をもう一回やろう!」

梓「はい!」

ジャジャッジャジャッジャーーン

梓(なんか違う……)

唯「あずにゃん完璧~!もう私のギターなんて必要ない位だねぇ~」

梓「唯先輩!?」

梓(違う!こんなの唯先輩じゃない!!)

……あずにゃん……

……い…よ……

梓「唯先輩の声!?」

梓(やっぱりちがう!こんなのわたしがいたい
  放課後ティータイムじゃない!)

梓(私が間違ってた……)


梓「先輩達……誰ですか?」

唯「どうしたのあずにゃん~?」

澪「さっきからなんかおかしいぞ?」

梓「おかしいのは先輩達です!先輩達は私の知ってるみなさんじゃない!」

……そうだ、梓…惑わされるな!……

梓「スサノオさん!?じゃあ、やっぱり……」

唯「ちっもう少しだったのに……」

梓「!?」

唯「邪念を刷り込みガーディアンを引き離したつもりだったんだがな」

唯「永久に幻の中で生き続ければいいものを……破られては仕方あるまい」

音楽室の景色は消え去り

湿った岩肌の部屋が目の前に広がる

「我が名はヴィネ、貴様にはここで死んでもらおう」

梓(唯先輩!みなさん!待ってて下さいね!カムバック……私!)

……

………

梓「はぁ……はぁ……」

……よくやった…梓……

梓「はぁ……はぁ…スサノオさんのおかげです……!」

……助けてやれなくてすまなかった……

……悪しき心を持つ者には憑依できぬのだ……

……謙虚さを……忘れてはならぬぞ……


梓「謙虚さ……か」

梓「あれ?奥に何かある……」

梓「こ……これって!!」

梓(みなさん……今、行きます!)


第二章 ~梓の場合~ 完



4
最終更新:2011年06月26日 02:27