次の日!

紬「…はっ!」ガバッ

和梓「スゥスゥ」

紬「…みんな寝てる」

紬「起こさないようにソーッと…」

カチャ

小犬「ワン!」

紬「シーッ」

紬「静かに遊びましょうか」

紬「ふふっ、かわいい」ナデナデ

小犬「ハッハッハッ」フリフリ

紬「この人懐っこいところ、唯ちゃんにそっくりね」

紬「…お手」スッ

小犬「?」

紬「やっぱり無理かぁ」

小犬「」ポンッ

紬「!」

バタン

紬「み、みんな!」

梓「…はひ?」ムニャ

和「…なに?」ムクッ

憂「ムギ先輩?」

唯「スゥスゥ」

紬「あっ…、ごめんなさい」
梓「どうかしたんですか?」
紬「こっ、小犬が!」

和「あの子がどうしたの!?」ガバッ


バタン

小犬「ワン!」フリフリ

和「…」

紬「さっき一緒に遊んでたらお手したのよ!」

梓「…」

和「いきなり大声出すから心配したじゃない…」ホッ

梓「今のはムギちゃんが悪いです」

紬「ご、ごめんなさい…」シュン

憂「お手っ」スッ

小犬「ハッハッハッ」

和「…しないじゃない」

紬「そ、そんな。私にやらせて」

紬「お手」スッ

小犬「」ペロペロ

梓「…」

紬「さ、さっきはしたの!本当よ!」

和「さて、朝ご飯にしましょうか」


紬「うぅ…」

梓「私は信じますよ」ナデナデ
紬「あずにゃぁん…」ダキッ

憂「お姉ちゃんもそろそろ起こさなきゃ」

和「ご飯できてからでいいわよ。手伝ってくれる?」

憂「うん!」

紬「お手っ」

小犬「」フリフリ


――――

唯「さすが和ちゃん。おいしいよー」モグモグ

和「どういたしまして」

紬「お散歩のコースは決まってるの?」

和「あの子の気の向くままね」

梓「自由そうな子ですからねぇ…」チラッ

唯「なに?」

梓「いえ、なんでもないです」

紬梓唯憂「ごちそうさま」

和「はい、お粗末様」

唯「片付けは任せて!」

和「そう?ならお願いするわ」

憂「私もやるよ」

紬「私達はのんびりしてましょうか」

梓「はいです」

和「じゃあ次は私と遊ぼうか」

小犬「ワン!」


唯「終わったよー」

和「ありがとう。じゃあ行きましょうか」

紬「いよいよね!」

梓「わくわくしてきました!」

和「リード付けて」カチャ

和「よし、行くわよ」

唯「おー!」


テクテク

梓「ちょっと肌寒いですね」
紬「そうねぇ」

小犬「ハッハッハッ」グイッ

和「今日はこっちに行くの?」

唯「和ちゃん、そろそろ交代を…」ソワソワ

和「もう、歩きはじめたばかりじゃない」

憂「私にもやらせてね」

紬「いつも何分くらいお散歩するの?」

和「そうねぇ、だいたい2、30分かしら」

唯「なら1人5分だね!」

梓「全員でだと短いですねぇ」

紬「30分かぁ。大変そうだけど楽しそうね」

和「自分の運動にもなるしね。一石二鳥よ」

憂「もう少しで5分なるよ」

和「もう?次は誰かしら?

唯「はいはーい!」

紬「やりたーい!」

梓「私もです」

憂「私もー」

和「はいはい、じゃんけんでもして決めなさい」

梓「うっ、じゃんけん…」

唯「ふっふっふっ、あずにゃんは最後かなー」ニヤニヤ

梓「は、早くじゃんけんしますよ!」

唯「一回勝負だよ!」

紬「うん!」

唯「じゃんけん、ぽん!」バッ

唯「あいこでしょ!」

憂「!」

憂「やった!勝った」

和「じゃあはい。力強いから放さないでね」

憂「う、うん」

小犬「」クンクン

小犬「」グイッ

憂「わわっ」ヨロッ

唯「3番手決めるよー!」

紬「うん!」

梓「」ゴクリ

唯「じゃーんけーん、ぽん!」

紬「やった!勝った!」

唯「ぬあーっ!」

小犬「」クンクン、ウロウロ、シャガミ、チョロチョロ

唯「おしっこしてるねぇ」

紬「片足上げないのね」

和「それはオスよ。メスはしゃがんでするの」

紬「へぇ」

梓「確かに足上げるイメージが強いですね」

和「そろそろ時間ね」

憂「うん、楽しかった」

憂「ムギ先輩、どうぞ」

紬「う、うん」

紬「」ソーッ

憂「そこまで強くないです。大丈夫ですよ」

紬「…うん」

小犬「」テクテク

紬「」テクテク

唯「さぁ、一騎打ちだよ!あずにゃん!」

梓「返り討ちにしてやるです!」

唯「じゃーんけーん、ぽん!」

梓「!」

梓「や、やった!勝った」ピョンピョン

唯「」ガクッ


紬「やったわね!あずにゃん!」

梓「やってやったです!」

唯「あずにゃんに負けただなんて…」

憂「そういう日もあるよ。元気だして」

唯「うぅ…」

和「そこまで弱いの?」

梓「自慢じゃないですがいままでで勝った回数は両手で数えられます」

和「…」

紬「あれ?ワンちゃんが」

小犬「」ウロウロ

小犬「」ポトッ、ザザザッ

紬「わっ、わっ、わっ、どうすれば」オロオロ

和「ちゃんと片付けるのも飼い主の義務よ」ヒョイ、ポイ

唯「うわーっ、なんかかっこいい」

和「どこがよ…」

和「もう少ししたら戻りましょうか」

紬「じゃあはい、次どうぞ」
梓「は、はい」

和「放しちゃダメよ」

梓「はい!」グッ

小犬「」グイッ

梓「わっ」

小犬「ハッハッハッ」グイイッ

梓「こ、今度はこっち?」

梓「次はあっちー」

梓「ひえぇー」

紬「あずにゃんが遊ばれてる…」

和「かつての唯と梓ちゃんね」

小犬「ワン!」フリフリ

梓「ハァハァ」グッタリ

紬「い、いい運動だったわね」

憂「う、うん」

梓「唯先輩…、パス…」

唯「おっ、もういいの?」

梓「ちょっと、休憩します…」

唯「おーし、いっくぞー!」
小犬「ワン!」

小犬「」トコトコ

唯「フフフーン♪」テクテク

紬「・・・大人しいわね」

和「はしゃぎすぎて疲れたのかしら?」

憂「落ち着いた?」

梓「う、うん。散歩がこんなにハードだったなんて・・・」

紬「あっ、前からもワンちゃんが」

和「・・・唯、しっかり握って」

唯「ほえ?」

和「あの子、警戒してるのか他の犬見ると吠えるのよ」

犬「ワンワン!」

紬「おー」

モブ子「こらっ。吠えないの」

犬「・・・」

モブ子「おはようございます」ペコッ

和「おはようございます」ペコッ

テクテク

梓「おっきい犬でしたねぇ」

唯「怖くなかったかい?」ナデナデ

小犬「」フリフリ


唯「とうちゃーく!」

和「はい、足出して」フキフキ

紬「そっか、室内犬だもんね」

梓「よく見たらちゃんと洗い場もありますね」

和「おまたせ。戻りましょう」

ウィーン、チーン

和「ただいま」ガチャ

唯憂紬梓「ただいまぁ」

和「みんなありがとう。この子もよろこんでるわ」

小犬「ワン!」フリフリ

紬「好きでついていっただけよ」

梓「そうです。お礼を言うのはこっちですよ。貴重な体験でした」

和「ふふっ。みんな喉渇いたでしょう、ちょっとのんびりしましょうか」

梓「助かります」

唯「おっちゃお茶ー」

紬「次は私が手伝うわ。憂ちゃんも休んでて」

憂「そうですか。ありがとうございます」

梓「ふぅ、お散歩も大変だね」

憂「梓ちゃん、ほとんど走ってたもんね」

・・・

唯「落ち着くねぇ・・・」

和「このあとどうする?よかったらお昼も食べて行って」

唯「お昼ー」

紬「そこまでいたら悪いし、そろそろ帰ろうと思うの」

梓「はい。今回はお世話になりました」ペコリ

和「そうなの?気にしなくていいのに」

紬「ごめんね。お買い物もしなきゃいけないし」

和「そう、いつでも遊びに来てね。歓迎するわ」

紬「絶対に行くわね!」

梓「はいです!」

小犬「ハッハッハッ」フリフリ

紬「また来るからねぇ」ナデナデ

梓「またね」ナデナデ

和「じゃあ帰り道、気を付けてね」

紬「うん。和ちゃんも身体に気を付けてね」

梓「今度はうちにも来てください」

和「ふふっ、わかったわ。じゃあね」

小犬「ワン!」

紬梓「おじゃましました」バタン

和「あなた達はどうする?」

唯「もうちょっといるよ。お昼は私が作ったげる!」

憂「私ももう少し和ちゃんといたいかな」

和「・・・ありがとう」

唯「ふっふっふ。和ちゃんは寂しがり屋さんだからねぇ」ニヤニヤ

和「憂のお昼ご飯、楽しみだわ」

唯「の、和ちゃん!私が作るんだよ!」

和「あれ?まだいたんだ」

唯「和ちゃ~ん・・・」ダキッ

和「ふふっ」

和「楽しみにしてるわよ」ナデナデ

唯「任せて!」フンス

和「・・・その前に材料あったかしら?」

憂「あっ・・・」

唯「冷蔵庫からっぽだよー」カバッ

和「・・・10時になったらスーパーに行きましょうか」

憂「そうだね。お姉ちゃん、何作るの?」

唯「特に決めてないけど・・・。和ちゃん、何食べたい?」

和「唯が作ってくれるならなんでもいいわ」

唯「むむぅ・・・」

唯「そんなこと言うとカップラーメンにしちゃうよ!」

和「・・・それは料理って言わないわ」

唯「・・・」ジーッ

和「はいはい。・・・そうねぇ、お蕎麦がいいかしら?」

唯「おっ、いいねぇ」

憂「今日もちょっと寒いもんね。あったまりそう!」

和「後は唯が決めて。それならいいでしょ?」

唯「うーん、月見そばはこの前食べたし。他のにしようかな」

憂「早く10時にならないかなぁ」ワクワク


9
最終更新:2011年07月24日 00:49