・・・

紬「食べすぎちゃった・・・」

律「まだまだぁ・・・、最後のケーキがあるぜぇ・・・」

澪「私はパス。ここまでにしておくよ」

紬「むむむ、1個は食べきれないかも・・・」

梓「じゃあ半分こしましょうよ。私も少し食べたいですし」

紬「本当?じゃあ食べましょう!」

梓「味は任せますよ」

紬「じゃあ次回ってきたのにするわね」

紬「・・・なかなか来ない」

律「・・・むぅ」

梓「さすがにケーキを注文するのは気が引けますしね・・・」

紬「あっ、来た!」

子供「パパー、ケーキ食べるー」

親「いいぞぉ、ほれ」

子供「わーい!」

紬「あっ・・・」

律「あるある・・・」

紬「今度こそ来たわ!」コトッ

梓「はい!」

律「1個しか流れてこなかったかぁ」

紬「みんなで分けましょう。ねっ」

律「あぁ、そうするか」

紬「はい、あずにゃん」スッ

梓「も、もう。こんな場所で・・・」パクッ

紬「りっちゃんもどうぞぉ」スッ

律「私はいいよ・・・。恥ずかしいし」

澪「」ジーッ

律「(・・・後が怖いし)」

紬「そう・・・。じゃあ適当にどうぞ」

律「おう。どれどれ」パクッ

律「・・・ふむ。まぁまぁだな」

紬「澪ちゃんもどう?」

澪「・・・じゃあ一口だけ」スッ

紬「うんうん。今日はいっぱい楽しめたわぁ」

梓「ですね。また来ましょうね」

紬「今度は唯ちゃん達とね!」

梓「はい!」

律「ふぃ・・・。お腹いっぱいだぁ」ポンポン

澪「・・・うん。ちょっと食べすぎちゃったかな」

律「回転寿司ってついつい食べ過ぎちゃうんだよなぁ」

梓「わかります・・・」

紬「澪ちゃん、よかったの?デザート一口だけで」

澪「いいんだ。この後部屋でも食べるし」

紬「・・・澪ちゃん、そんなに甘いものばかり食べてると・・・」

澪「はっはっは、その点は大丈夫だよ。なっ、律」ポン

律「」

梓「じゃあそろそろお会計にしましょうか」

律「・・・そうするか」スッ

紬「またボタン!?」

律「うむ。お会計の時はこのボタンで店員さんを呼ぶんだぞー」

紬「お、押してもいい!?」キラキラ

律「お、おう。どうぞ」

紬「フンス!」ポチッ

ポーン

店員「お待たせしました。お会計でよろしいですか?」

梓「はい。お願いします」

・・・

店員「ありがとうございましたー」

ガーッ

紬「ふふっ、割引券もらっちゃったね」

梓「また今度使いましょう」

律「大トロも食べれたし満足満足」ホクホク

澪「回転寿司にしてはネタがよかったな」

テクテク

紬「澪ちゃん達、明日はなにするの?」

澪「明日かぁ、部屋でまったりゴロゴロかな」

律「」

紬「まったりいいわねぇ。私達も明日はゴロゴロしようか」

梓「はい。たまにはいいですね」

律「わ、私達はどこか出掛けないか!?今日十分ゴロゴロしたし!」

澪「なんだ、外がいいのか?」

律「なんでそうなる・・・」

紬「明日はゴロゴロ~♪」

梓「今日のうちに洗濯とかしてよかったですね」

澪「梓はいいのか?宿題とか、試験勉強とか」

梓「私は常日頃からちゃんと勉強してますから」

律「・・・おい、なんでこっち見るんだよ」

梓「なので一夜漬けとか憧れますよ」

律「中野ー!」ギリギリ

梓「きゃーっ」

紬「ふふふっ」

紬「じゃあ私達はこっちだから」

澪「あぁ、今日は誘ってくれてありがとうな」

律「いつでも誘ってくれ。昼夜問わないから(真顔)」

梓「はい。ではおやすみなさい」

澪「じゃあな」フリフリ

テクテク

紬「今日は本当に楽しかったわね」

梓「ですね。・・・けど、ちょっとお金使いすぎちゃいましたね」

紬「節約生活ね!私、テレビ見て憧れてたの!」キラキラ

梓「いえ、あそこまではしなくていいですけど」

梓「でも無駄使いは減らしましょうね」

紬「うん!」

紬梓「ただいまぁ」ガチャ

紬「では早速・・・」ガチャ

梓「私の部屋になにかありますか?」

紬「うん。一緒にいれば電気代の節約になると思うの!」

梓「そ、そうですか」

紬「ふふふっ」ゴロン

梓「すぐ横になると牛さんになりますよー」

紬「だってー」ゴロゴロ

梓「もう。まぁ、今日は結構歩きましたからね」

紬「お散歩楽しかったわね!」

梓「ですね。でも着替えたらどうです?シワになっちゃいますよ」

紬「・・・うん」スクッ

パタン

梓「ムギちゃんって本当子供っぽいところあるなぁ」

梓「・・・そこがかわいいんだけど」

紬「ただいま!」ゴロゴロ

紬「そうだ。お風呂にしましょう」

梓「もうですか?別にいいですけど」

紬「・・・それでね。・・・その、週末だし、久しぶりに」カアァ

梓「!」

梓「え、えと・・・。・・・はい」///

紬「・・・じゃあ、準備してくるね」

梓「は、はい」ドキドキ

梓「・・・なんでだろ?」

梓「ムギちゃんとはその・・・、結構してるのに・・・」

梓「・・・やっぱ慣れないなぁ」

梓「でも、この気持ちは忘れたくないかな」ドキドキ

紬「お待たせ、入ろっか」

梓「あ、はい!」

ガラッ、シャーッ

梓「・・・」

紬「・・・」

梓「さ、先に入ってますね」チャプン

紬「う、うん」

紬「湯加減どう?」

梓「あっ、ちょうどいいですよ」

紬「よかった。じゃあ私も」

梓「どうぞ」ススッ

紬「ありがとう」チャプン

梓「・・・」

紬「・・・」

紬梓「・・・あのっ」

紬「・・・クスッ」

梓「・・・プッ」

紬梓「あははははっ」

梓「・・・ふぅ、なんですか?」

紬「うん。なんか妙に意識してるのが面白くて」

梓「そりゃあ、その・・・。これからするって言われたら・・・」ゴニョゴニョ

梓「ムギちゃんだって思いっきり意識してたじゃないですか。私の胸ばっかりチラチラ見て」

紬「そ、そんなことしてないっ!」カアァ

梓「ふふっ、冗談ですよ」

紬「もう!」プイッ

梓「すみません。さっ、背中流してあげますよ」

紬「・・・もう」

梓「でも、ちょっと意識してる時間も楽しかったです」コシコシ

梓「こう、・・・なんて言えばいいのかわからないですけど」

梓「こういうのも幸せの一つなのかなぁ・・・って」

紬「・・・うん。私も思ってた」

梓「・・・」

梓「・・・ムギちゃん。今日は、私がしていいですか?」

紬「えっ?」

梓「最近、ムギちゃんにしてもらってばっかりだから・・・。今度は・・・」カアァ

紬「えっと、・・・お、お願いします」///

紬「で、でも。交代で私も・・・ね」

梓「はい」///

紬「時間はあるから・・・、たくさんしようね」ニコッ

梓「」ドキッ!

梓「・・・ムギちゃん」

紬「なに?」クルッ

梓「」チュッ

紬「あ、あずにゃ・・・、んっ・・・」

梓「・・・ぷはぁ。もう、ここでしていいですか?」

梓「我慢、できないです・・・」

紬「・・・うん」///

紬「んっ・・・、あず・・・、んちゅっ」チュッ

梓「んんっ・・・、ムギひゃ・・・、んくっ」チュル

梓「はぁ・・・、んっ」ムニュッ

紬「あっ、あずにゃ・・・、はげしっ」

梓「んっ」グイッ、ドサッ

紬「(あずにゃんに押し倒されちゃった・・・)」ポーッ

梓「・・・ふぅ。・・・次は」ムニッ

紬「んっ」ピクッ

梓「ムギちゃんの胸、おいしい・・・」チゥチゥ

紬「・・・赤ちゃん、みたい。んっ・・・」

梓「赤ちゃんは、こんなことしないです」クリクリ

紬「あっ・・・」ピクッ

梓「大きくて羨ましいです」キュッ

紬「はぁ・・・、んんっ・・・」

梓「そういえばまだ前は洗ってなかったですね」アワアワ

梓「しっかり洗ってあげます」スッ

紬「んっ・・・」

梓「スベスベで気持ちいいですよ」

紬「なんか・・・変な感じ・・・」

梓「ヌルヌルです」

梓「ここもちゃんと」ムニムニ

紬「んっ・・・」

梓「念入りに」コリコリ

紬「んうっ・・・、はあっ」ピクッ

梓「ふふっ、かわいいです」チュッ

紬「んっ、ちゅっ・・・」

梓「はぁっ、んっ」ピチャッ

梓「・・・ふぅ、流しますね」

紬「うん・・・」

梓「・・・すみません。勢いで押し倒しちゃって」シャーッ

紬「いいの。・・・私も、ドキドキしちゃったし」

梓「」///

梓「続きはベットでいいですか?ちょっとのぼせそうで・・・」

紬「うん。あずにゃんの好きなところで」

梓「・・・はい」

紬「・・・」ブオーッ

梓「・・・」ゴクゴク

紬「髪、乾かすわね」

梓「・・・はい」

紬「サラサラで羨ましい」

梓「私はムギちゃんみたいなフワフワがいいです」

紬「・・・はい、できたわ。・・・じゃあ」

梓「続き、しましょうか」

紬「・・・うん」


ちょっと前!

唯「えへへー、和ちゃんとお鍋だー」

和「断ってよかったの?夕食の誘いだったんでしょ?」

唯「うん。でも、今日は和ちゃんと一緒にいるって約束したし」

唯「それに、一人じゃ食べきれないでしょ?」ガサッ

和「・・・そうだけど」

憂「私達とご飯じゃヤダ?」

和「・・・その質問はズルイわよ」

憂「ふふっ」

唯「また誘うって言ってたし。その時は一緒に行こうね」

和「わかったわ。じゃあ今日はお鍋ね」

唯「やっとマシュマロ豆乳鍋が食べれるよぅ」

和「それはないから」

憂「今日は寄せ鍋だからねっ」

唯「えへへっ、わかってるよー」

和「たまに本気だから怖いのよね・・・」

憂「でもよかったの?カニまで買っちゃって」

和「いいのよ、そういう気分なの。最後は雑炊にしましょう」

唯「和ちゃん、太っ腹ー」

和「いつも質素だからね。たまには奮発しなきゃ」

憂「がんばっておいしく作るからね!」

和「ふふっ、お願いね」

唯「奮発ついでにアイスも高いのを!」

和「却下」

唯「ええぇー・・・」ズーン

和「この前来た時に買った箱のがまだあるからそれ食べちゃいなさい」

唯「まだあったんだ・・・」

憂「もしかして取っておいてくれたの?」

和「え、えぇ。どうせ近いうちにまた来ると思ってね」

和「(・・・今思い出したわ)」

唯「まぁいっか。早く帰ろう!」

憂「うん!暗くなると寒くなるからね」

和「(唯もまだちょっとぬけてるところはあるけど)

和「(料理や掃除もできるようになって、ちゃんと成長してるのね)」

和「(・・・これも憂のおかげね)」

憂「なに?和ちゃん」

和「なんでもないわよ」ニコッ


11
最終更新:2011年07月24日 00:51