・・・・・・



律「オクラホマミキサー・・・どこから持ってきたんだよ・・・」

さわ子「学校からよ?」

和「あったんですね・・・」

信代「風子・・・キャラが違うよな・・・」

さわ子「変わったというべきか、元が表面化しただけなのか。
    どちらにせよ、あのふぅちゃんは悪くないわ」

春子「そうですね・・・。しかし、紬と風子は分かるけど・・・」

律「だよなぁ・・・。梓と憂ちゃんはノるだろうとは思っていたけど」

いちご「・・・うん」

信代「いやぁ・・・目の前の光景が信じられないよわたしは」

和「そうね・・・」

玉恵「・・・どうしよう」


・・・・・・


ちゃっちゃっちゃん♪

澪「よろしく」

姫子「よろしく♪」

澪「ふんふんふん~♪」

姫子「~♪」

澪「楽しそうだよね」

姫子「楽しいよ」

澪「うん・・・。それは嬉しい」

姫子「みんなが楽しんでいると嬉しい?」

澪「うん」

姫子「あ、間違えた」

澪「ご、ごめん」

姫子「あはは、中学校の体育祭以来だよ」

澪「私は初めて・・・かな」

姫子「へぇ~」

澪「今日は私たちの他にいないみたいだから、踊れるんだけどな」

姫子「台風様々だね~♪」

澪「うん」

ちゃっちゃっちゃん♪

姫子「ありがとうございました」ペコリ

澪「ありがとうございました」ペコリ

姫子「おっと、純ちゃんか」

純「よろしくお願します」

姫子「よろしく♪」

純「うわっ、風子先輩より楽しそう!」

姫子「楽しいよ♪」

ちゃーらら~らら~らら~♪

純「傍から見たら恥ずかしい光景ですよ、これ」

姫子「大丈夫、大丈夫。テントはそんなにないんだし」

純「そう・・・ですけどぉ」

姫子「今は今しかない。ってさっき教えてくれたよ」

純「・・・」

姫子「だから楽しもうよ」

純「後で枕に顔を埋めて足をジタバタしませんかね?」

姫子「後の事は後で考えよう♪」

純(テンション高いな~)

ちゃっちゃっちゃん♪

姫子「ありがとうございました」ペコリ

純「ありがとうございました」ペコリ

姫子「次は、むぎだね」

紬「・・・」ペコリ

姫子「よろしく♪」ペコリ

ちゃーらら~らら~らら~♪

紬「・・・」

姫子「・・・」

紬「・・・」

姫子「・・・」

紬「・・・」

姫子「・・・」

紬「・・・」

姫子「・・・」

ちゃらっちゃちゃっちゃ♪

紬「・・・」ペコリ

姫子(すっごい楽しい)ペコリ

風子「姫ちゃんだ」

姫子「風子にまで浸透しちゃったか」

風子「よろしく♪」

姫子「よろしく♪」

ちゃーらら~らら~らら~♪

風子「キャンプに来てよかった」

姫子「うん」

風子「玉恵さんに出会えた」

姫子「・・・」

風子「相馬さんに出会えた」

姫子「・・・」

風子「こんな自分に出会えた」

姫子「うん」

風子「旅ってこういう事なんだろうね」

姫子「うん」

風子「あの二人って凄いよね」

姫子「梓ちゃんとむぎ?」

風子「あ、むぎって呼んでる」

姫子「今のうちに呼んでおこうと思ってさ」

風子「わ、私も呼ぶ!」

姫子「その列にいたら踊れないじゃん」

風子「それじゃ、私と列入れ替わろう~♪」

姫子「そうしよう~♪」

ちゃらっちゃちゃっちゃ♪

梓「なるほど。よろしくです」ペコリ

姫子「よろしく♪」

ちゃーらら~らら~らら~♪

梓「楽しそうですね」

姫子「楽しいよ~♪」

梓「よかったです」

姫子「澪と同じ事言ってる」

梓「そうですか?」

姫子「うん。みんなが楽しいと嬉しいってね」

梓「そうですか・・・」

姫子「梓ちゃんとむぎはすごいね」

梓「なにがですか?」

姫子「互いを高めあってる・・・って感じかな」

梓「・・・違います。むぎせんぱいが引っ張ってくれるから、そこにいるだけです」

姫子「・・・」

梓「私は少しも凄くはないんです」

姫子(ちゃんとついていってるじゃん。充分すごいよ)

ちゃらっちゃちゃっちゃ♪

梓「ありがとうございました」ペコリ

姫子「今日はありがと」

梓「?」

姫子「憂ちゃん、よろしく♪」

憂「よろしくおねがいします」ペコリ

ちゃーらら~らら~らら~♪

姫子「上手だね、振り付け」

憂「ふふ、実は練習していたんです」

姫子「えっ!?うそっ!?」

憂「うそです」キッパリ

姫子「驚かせないでよ」

憂「ごめんなさい」クスクス

姫子「いいけどね♪」

憂「楽しそうですね」

姫子「みんなに言われるけど、そんな風に見える?」

憂「体中が弾んでます」

姫子「心から楽しんでいるんだろうね。・・・そっか、なんか新鮮」

憂「いいですよね、こういう感じ♪」

姫子「うん♪」

ちゃらっちゃちゃっちゃ♪

憂「ありがとうございました」ペコリ

姫子「ありがとうございました」ペコリ

唯「あ、姫ちゃんだ」

姫子「よろしく、唯♪」


・・・・・・


玉恵「どうしよう・・・一人余るよ」

律「じゃ、、先に行ってるからな」

さわ子「待ちなさいよ、誰か残りなさいよ」

信代「それは嫌です!」

春子「うん、嫌だ!」

いちご「・・・」スィー

玉恵「しょうがないな・・・。ジャンケンといきますか」

律「しゃあねえな」

玉恵「よーし、じゃーんけん」

律「ほいっ!」

グー

グー

玉恵「引き分け」

律「勝負は簡単にはいかねえか」

玉恵「あれ、どうして一対一になってるの?」

律「あれ・・・?おいてかれた!」

玉恵「・・・」スタコラサッ

律「待てい!」

ガシッ

玉恵「独りぼっちは嫌だもん!」

律「私だって嫌だよ!」

玉恵「まってよ・・・。ここに二人いるってことは」

律「あっちは誰かあぶれるな」

玉恵「あ、澪ちゃんがあぶれた」

律「あははっ、うろたえてる!」

玉恵「幼なじみなんでしょ~、そんな言い方はひどいよリッチャン」

タッタッタ

玉恵「・・・置いていかれた・・・ひどいよ・・・リッチャン・・・」ズドーン



―――――深夜

律「う・・・ん・・・」モゾモゾ

紬「」スヤスヤ

澪「」スヤスヤ

梓「」スヤスヤ

風子「」スヤスヤ

憂「」スヤスヤ

律「・・・」ボケー

シャー

律「・・・」モゾモゾ

シャー

スタスタ

和「・・・りつ?」



―――・・・



律「ふぁ・・・」

和「・・・」

律「どわぁ!」

和「お手洗い?」

律「う、うん・・・」ドキドキ

和「夢遊病かと思ったわよ」

律「心配かけてすいません」ドキドキ

和「いいわ。戻りましょう」

律「そだな・・・ふぁ・・・」

和「・・・ふぁ」

プィープゥー

律「・・・なにか聞こえた?」

和「聞こえたわね・・・。なにかしら」

・・・

律「あれ?」

和「・・・よくある話よ」

律「話を終わらそうとするなよ、逆に怖いから」

和「見て律・・・」

律「ん?・・・空・・・おぉ!」

和「澄んでいてキレイ・・・」

律「あぁ・・・」

和「二人で見るなんてもったいないわね」

律「起こすか」ウシシ

プーピィーププー

和「・・・」

律「あっちだ・・・」

轍「・・・」ピィープー

ガサガサッ

轍「ッ!?」ビクッ

律「・・・ソーマ?」

和「・・・どうしたんですか?」

轍「び、びっくりした・・・」

律「驚かせて悪かった。音がしたからつられて来たんだけど」

和「ハーモニカ・・・ですね?」

轍「うん・・・久しぶりに吹いてみたくなってね。どうしたのこんな時間に」

律「・・・空がきれいだったからさ」キリ

和「・・・」

轍「確かに・・・。これは滅多に見れない星の数だ」

律「そうなのか?」

轍「今日は安定していて、星のゆらぎもないみたいだ」

和「・・・」

轍「沖縄ではあまり吹かなかったんだけど、北海道の話を聞いていたら懐かしくなって」

律「ふーん」

和「どうしてハーモニカを?」

律「かっこつけたいからだろ?」

轍「違うよ・・・。今は星と月明りがあるからいいけど、曇っていたら夜は闇なんだよ」

律「・・・」

轍「自然に囲まれた闇の中を一人でいる。それって結構不安になるんだ。焚き火があってもね」

和「そうですね・・・」

轍「そういう時はよく吹いていた。自分を励ます為に」

律「・・・一人でキャンプって・・・結構シビアなんだな」

轍「それがいいんだけどね。さて、テントに戻りますか」

和「そうね」

律「あのさぁ」

轍「ん?」

律「ニライカナイ・・・だっけ?どうしてその話をしたんだ?」

轍「話の流れってのもあるんだけど、自分が探していた場所だったからかな」

和「・・・」

律「よく分かんねえ」

轍「そうだよね。キミ達の歳ではあまり惹かれる話でもないよね」

和「いい事ばかりじゃない場所ですよね」

轍「うん。毎日こんな星空だと、つまらないでしょ」

律「そうか?キレイなものを見て心が潤うならそれが一番だろ」

轍「うん。そうだ。・・・だけど、俺には闇の中でコレを吹く時間も欲しいんだよ」

和「・・・寂しいから吹くのに・・・ですか?」

轍「うん。渇いていた方がモノを鋭く捉えられるからね」

律「そういうもんなのか・・・」

和「・・・」

轍「さ、戻ろう・・・」

律「眠いや・・・ふぁ~」

轍「ふぁ・・・」

和「律のあくびはうつるわよね」

轍「俺が去ってからどうなったの?」

律「フォークダンス踊った」

轍「ブフッ」

和「正しいリアクションよね」

律「いやいや、和も踊ってただろ」

和「そうだったかしら?」

律「過去を改竄すんなよ」

轍「そっ、それで・・・?」

和「踊り終わった後に、梓とむぎの旅の話を聞いたわ」

律「一緒にいたのに視点がまるっきり違うから面白かったぜ」

轍「へぇ・・・」

律「残念だったな」ウシシ

轍「そうだね」

律「そうでもないって声だな」

轍「はは」

和「聞かないでもいいってことですか?」

轍「あの二人の・・・いやキミ達の絆を垣間見れただけで満足したんだよ・・・俺は」

律「・・・」

轍「それ以上踏み込んでいいとも思わなかったからね」

和「そうですか・・・」

轍「・・・玉恵もフォークダンスを?」

律「あぁ、姫子と楽しそうに踊ってた」

轍「玉恵のヤツ・・・」ヤレヤレ

和「玉恵さんと出会えてよかったですよ」

律「うん、楽しかったぜー」

轍「そっか・・・。キミ達と一緒にいて楽しそうだったのは分かるけどね」

律「あのさ、さっきから気になってるんだけど」

轍「?」

律「キミ達ってなんだよ?」

轍「俺キミの名前知らないよ?」

律「自己紹介してなかったっけ?」

轍「聞いてないね」

和「あら・・・」

律「ま、今さらだな」ウシシ

轍「今さらだよね」

和「それでいいのね」

律「今日は長い一日だったなー」




9月12日


チュンチュン

憂「ふんふふん~♪」トントントン

いちご「・・・昨日のオクラホマミキサー?」

憂「そうです」

いちご「・・・楽しかったね」

憂「Oui」

いちご(・・・フランス語で返事?)

憂「~♪」トントントン

グツグツグツ

いちご「・・・もういいかな」

憂「すいません、手伝ってもらって」

いちご「一人で準備するの大変でしょ。気にしないで」

憂「ありがとうございます」

いちご「・・・うん」

轍「うおっ、はやいな!」

憂「あ、おはようございます」

いちご「・・・」コクリ

轍「まだ朝の6時だよ・・・?」

憂「相馬さんも早いですよ」

轍「俺はこれから帰るから・・・早めの仕度を・・・」

いちご「東京へ?」

轍「うん。・・・そこの火一つ貸してくれるかな?」

憂「あ、ごめんなさい。共同なのに」

轍「昨日のお礼に一品提供させてもらおうかな、と」

いちご「・・・一品?」

憂「?」

轍「朝食のメニューは?」

憂「サンドイッチとコーンポタージュ。おにぎりと味噌汁です」

いちご「・・・あと果物をいくつか」

轍「豪勢だな・・・羨ましい。・・・少なめに作ってみるかな」


33
最終更新:2011年10月03日 23:06