律「起きたんなら返せよ!」

エリ「まだ寒いんだよ~」フルフル

律「そのうち体温あがるだろ?」

エリ「それまで貸してよ」

律「なんでだよ!」

信代「うるさいぞ律」

律「ぐっ」

紬「・・・」

潮「早く座ろうよ」

梓「そうですよ」

律「しょうがないな」

スタスタ

エリ「はい、紬さん」

紬「?」

アカネ「どうして紬さんに渡すの?」

エリ「どんな反応するか面白そうでしょ?」

アカネ「・・・うん」

梓「・・・」

紬「・・・」ガサゴソ

三花「こうやって楽しんでいるんだね」



・・・・・




姫子「せっかくだから他の子とも話したら?」

律「姫子と夏ー、こんなとこにいないでさっさとシートの所へ移動するぞー」

夏香「どうしたの?」

夏「い、いえ・・・」

夏香「・・・?」

夏「ご、ごめんなさい。立花先輩・・・」

姫子「夏が来たいって言ったんだから気にしてないけど
   友達を増やすチャンスと思って、ね?」

夏「は、はい。いつも気にかけてくれてありがとうございます!」ペコリ

姫子「そんな真面目にならなくても・・・」

夏香「さっきと印象が違うんだけど・・・?」

姫子「この子は」

律「はやく来いって!みんな揃わないと始まらないんだよっ!」

夏香「はーい」

夏「ご、ごめんなさい」

姫子「・・・」

テッテッテ




澪「来たか」

唯「来た来た~」

夏「おー来た来たー!」

純「どうして馴染んでいるのさ夏は」

夏「ん?楽しいよ、唯先輩と澪先輩といるの」

憂「えへへ」

和「嬉しいのね」

夏「姫子せんぱーい!こっち空いてますよー」

唯「ダメだよ夏ちゃん。姫ちゃん先輩だよ」

夏「怒られますよ」

唯「大丈夫、守ってあげるから」ドン

和「そんな事言っていいの?」

夏「それじゃあ・・・」ゴクリ

唯「あれ、むぎちゃんたちあっちで何をしてるんだろ?ちょっと行ってくるよ」

憂「お、お姉ちゃん!」

テッテッテ

夏「姫ちゃんせんぱーい!」

姫子「夏・・・」ゴゴゴ

夏香「あれっ!?二人!?」

姫子「・・・」

スタスタ

「夏ってば・・・」オロオロ

夏香「どういう事!?」




姫子「誰の許可を得てそう呼んでいるのかな・・・」ゴゴゴ

夏「あわわ・・・唯先輩たすけっいない!」

姫子「・・・」

夏「違うんです!私が言ったのは事実ですけど違うんです!!」

姫子「・・・」ガシッ

夏「っ!」

姫子「・・・」グリグリ

夏「いたたいっ!」

さわ子「騒がしいわね月夜の晩なのに」

「もぅ・・・」

夏香「キミは・・・誰?」

憂「夏ちゃんと双子の冬ちゃんです」

冬「斉藤冬です・・・」

純「冬も来ていたんだ」

冬「う、うん・・・初めまして・・・」

夏香「そうだったんだ・・・。私と同じ季節・・・」

律「あー、さっき夏って呼んでごめんなー」

冬「気にしていませんから・・・」

律「だよなっ!」

澪「おいっ!」




・・・・・・




唯「どうしたの~?」

紬「・・・」

梓「お茶の用意を・・・」

風子「もう少しで終わるから」

唯「そっか。運ぶの手伝うよ!」

紬「・・・」スッ

唯「お任せください!」

テッテッテ

梓「行きましょう。むぎせんぱい、ふぅ先輩」

紬「・・・」コクリ

風子「うん」

三花「・・・」



・・・・・・




姫子「もう呼ばないよね?」

夏「はいっ!」

姫子「よし」

夏「いつつ・・・」

さわ子「そんなに嫌なの?」

姫子「唯と風子だけで充分ですから」

さわ子「・・・」ニヤリ

姫子「・・・っ」ゾクッ

夏「どう・・・したんですか?姫子先輩?」

姫子「な、なんだか寒気が・・・」

冬「?」

唯「おまたせ~」

和「無責任なこと言ったらダメよ唯」

唯「うん?」

紬「・・・」

梓「・・・」

風子「お待たせ~」

三花「お待たせ」

律「むぎ達も来たか。よし・・・やっと全員・・・集ってない!」

澪「人数が多いと大変だな」

律「なんで私の上着着てんのむぎ?」

紬「・・・」チョンチョン

梓「?」

紬「・・・」コクリ

梓「なんとなくだそうです」

紬「・・・」コクリ

律「まぁ、いいけど」

三花「・・・意外とすんなりなんだ」

さわ子「りっちゃん、はじめましょう」

和「信代たちがいませんけど」

律「どこほっつき歩いてんだか・・・ったく」

いちご「・・・」コソコソ

憂「どうしたんですか?」

いちご「ううん、なんでもない」

憂「?」

純「来ましたよ」

律「こら!集団行動を乱すなよ!」

さわ子「修学旅行の時のりっちゃんに聞かせたいわねぇ」

信代「ごめんごめん」

潮「すまぬすまぬ」

エリ「まだ始まってないよね?」

澪「うん」

アカネ「よかった」

慶子「あ、一人増えてる」

英子「本当だ」

紬「・・・」コクリ

姫子「紹介するよ。今日で正式に引退したけど、うちの部のマネージャーを務める」

冬「斉藤冬です・・・。よろしくお願します」ペコリ

紬「・・・」ニコニコ

唯「よろしく~」

澪「よろしくな」

律「よろしゅう」

梓「喋るのは初めてだよね。よろしく」

冬「・・・はい、よろしくお願します」

梓「あれ・・・?・・・斉藤・・・ふ・・・ゆ・・・?」

紬「?」

梓「どこかで・・・」

夏「・・・」

純「私も初めまして」

冬「よ、よろしくお願します」

憂「私は何度か・・・」

夏「姉をよろしくお願します」

姫子「・・・」

澪「髪が少し長いのが冬なんだな・・・。・・・うん」

律「好きな食べ物は?」

冬「え・・・と・・・。梨です」

唯「ないのか~」

和「・・・」

さわ子「・・・」

潮「ノーじゃないよペアだよ」

唯「あぁ、果物のことなんだね」

慶子「分かったんだ・・・」

澪「趣味は?」

冬「クッキー作りです」

姫子夏「「 ! 」」

純「じゃあ今度作ってきてもらおうかな」

夏「そんな事よりさぁ!月見観測会始めようよ!」

律「なんだよ、冬の話くらい聞いてもいいだろー」

さわ子「月見観測会っておかしいわよ」

紬「?」

姫子「少し前に、冬がクッキー作って持ってきたんだけどね」ヒソヒソ

紬「・・・」コクコク

姫子「食べちゃダメなレベルだから、それで夏はあわてているんだよ」ヒソヒソ

紬「・・・」コクリ

梓「・・・」

律「細かいことは後で本人に聞くとして、だ!」

冬「・・・」

澪「・・・」

律「梓!」

梓「はい?」

唯「開催のお言葉をどうぞ」

梓「えっ!?またですか!?」

夏「またって?」

姫子「キャンプでも音頭を取ったのが梓ちゃん」

潮「ほー」

アカネ「へぇ・・・」

エリ「置いていかれたトラウマが・・・」

春子「まぁまぁ」

三花「結構な傷だよね」

さわ子「なんでもいいのよ」

梓「・・・・・・はい」

紬「・・・」

梓「えー・・・と、冬以外のここにいるみなさんは学園祭の出し物を一緒に制作することになります」

冬「・・・」

夏「・・・」

梓「明日から着実に学園祭に向けての作業が始まります」

潮「・・・」

慶子「・・・」

梓「その前に、今は少しだけ遊んでおきたいと思います」

英子「・・・」

三花「・・・」

夏香「・・・」

梓「・・・せ・・・ん・・・」

エリ「・・・」

アカネ「・・・」

さわ子「・・・」

梓「先輩方には・・・」

和「・・・」

いちご「・・・」

姫子「・・・」

梓「さい・・・ご・・・の・・・」

信代「・・・」

春子「・・・」

風子「・・・」

梓「最後の学園祭となりますから!めいっぱい楽しみましょう!」

唯「うん!」

律「おー!」

澪「うん」

梓「準備期間も楽しみたいです!」

憂「うん」

純「よく言った」

梓「・・・」


紬「・・・」


そして

むぎせんぱいは

月を―空を

眺める


姫子「・・・」

夏「梓ってあんな事言うんだ?」

純「言うよ。ビックリした?」

夏「う、うん」

冬「・・・」

英子「おいしいね、憂ちゃんが作ってきただんご」

夏香「もぐもぐ」コクリ

風子「このすすきどうかな」

夏「いいですよね、風情があって」

風子「・・・」

英子「嬉しそうだね」

夏香「このお茶もおいしい~」

純「そうなんですよ!だんごと合ってて2倍にも3倍にもおいしさが増します!」

夏「あはははっ大げさだよ純」

純「食べてみてよ」

夏「もぐもぐ」

純「紬先輩が淹れたお茶をどうぞ」

夏「・・・」ゴクゴク

夏香「どうなの?」

夏「・・・常識が覆されたよ。まさに奇蹟!」

純「私より大げさじゃん」

冬「・・・」

姫子「体の調子悪い?」

冬「いえ、大丈夫です」

姫子「・・・」

冬「・・・」

姫子「本当に?」

冬「は、はい」

姫子「それなら、ちょっと来て」

冬「・・・?」

姫子「むぎ、冬も一緒にいいかな?」

紬「・・・」ポンポン

冬「?」

梓「隣に座っていいですよって事だと思います」

冬「そ、それでは」スト

姫子「冬をよろしくね」

スタスタ

冬「あ、あれ?立花先輩?」

澪「置いていかれたな」

紬「・・・」スッ

冬「あ、ありがとうございます」

信代「なんだか硬いね」モグモグ

潮「知らない人の中に放り込まれたんだからしょうがないよ」モグモグ

慶子「うんうん」モグモグ

冬「・・・」モジモジ

潮慶子*1

信代「・・・」モグモグ

澪「・・・」モグモグ

紬「・・・」ニコニコ

冬「・・・」

潮「話題を振ってみてよ」ヒソヒソ

慶子「おっけ」ヒソヒソ

梓「・・・」ズズーッ

慶子「冬ちゃんは好きなアイドルとかいる?」

冬「アイドル・・・」

慶子「夏に人気が急上昇したあの子とかさ」

信代「あぁ、あの子は唯が」

澪「の、信代!」

信代「ん?」

澪「それはオフレコでお願いだ」ヒソヒソ

信代「どうして?」ヒソヒソ

澪「い、色々と事情があるんだ」

信代「・・・」

澪「・・・」

信代「分かった」

澪「・・・」ホッ

潮「唯がどうしたの?」

慶子「?」

信代「唯がファンなんだって」

慶子「ふーん・・・。で、どうかな冬ちゃん」

冬「ごめんなさい・・・。その手の話はちょっと疎いんです私」

紬「・・・」

梓「・・・」

慶子「テレビとか見ない?」

冬「はい・・・」

慶子「そっか・・・」

冬「・・・」

潮「・・・」

シーン

紬「・・・」トントントトン

信代「?」

澪「・・・本?」

梓「本は読むかって事ですか?」

紬「・・・」コクリ

潮「その回答ちょっと待ってね冬ちゃん」

冬「?」

信代「どうして分かった!?」

紬「・・・」ニコニコ


44
最終更新:2011年10月03日 23:29

*1  か、かわいい・・・