澪「いつも紙鍵盤で練習してるから・・・かな」

慶子「うそー・・・」

潮「えー・・・」

梓「指の配置とかあるんですよ」

信代「すご・・・」

澪「違う単語でやってみてむぎ。みてて信代」

信代「・・・うん?」

紬「・・・」トントントン

信代「あめ・・・?」

梓「そうです」

信代「あぁ、なんとなくだけど分かったよ」

潮慶子「「 えぇー!! 」」

冬「???」

澪「それで、冬は本を読んだりするの?」

冬「は、はい。私、小さい頃から体が弱いので、本や雑誌を読むようになって・・・」

潮「体弱いのに運動部に入ってるの?」

冬「はい・・・。それで迷惑をたくさん・・・かけて・・・」

潮「・・・まずった?」

慶子「まずったねぇ」

澪「迷惑って?」

信代(踏み込んだか・・・)

紬「・・・」

冬「記録を取ることしかできなくて・・・
  体力を使う作業は他の子に任せっきりになるんです」

梓「・・・」

冬「たまにしか部活に参加できなくて・・・」

信代「・・・」

澪「・・・」

紬「・・・」

梓「楽しくないの?」

冬「そ、それは・・・」

梓「楽しくないのなら辞めてもいいと思う。合う合わないは絶対あることだから」

澪「そうだな」

冬「・・・っ」

潮「言い方キツイよ?」

梓「・・・」

澪「・・・」

紬「・・・」トントントトン

梓「ッ!?」

澪「ッ!?」

紬「・・・」トントントトン

冬「・・・」

梓「み、澪先輩・・・」

澪「・・・っ」

信代「なんだって?」

梓「ひ、姫子先輩と一緒にいる冬は楽しそうだって言ってます」

冬「!」

澪「誰かが言ったの?迷惑だって」

冬「いえ・・・。みんな手伝ってくれますから・・・」

澪「それで楽しめないのなら辞めるべきだ」

冬「楽しいです!」

澪「うん」

冬「あ・・・」

紬「・・・」ニコニコ

さわ子「むぎちゃんおかわり」

澪「ヒアッ!」

梓「びっくりするじゃないですか」

さわ子「タイミングつかんでいたのよ」

潮「驚かせるタイミングですか?」

さわ子「声をかけるタイミングよ。やるならもっと演出してみせるわよ」

潮「どんな演出しますか」キラキラ

信代「潮少しひっこんでてくれ」

潮「えー」ブー

紬「・・・」スッ

さわ子「ありがと」

慶子「さわ子先生も座ってはどうですか?」

さわ子「そうね。あっちは騒がしいからこっちでのんびりさせてもらうわ」

澪「」

冬「秋山先輩・・・?」

梓「フリーズしているだけだから大丈夫」

紬「・・・」コクリ

さわ子「・・・」モグモグ

冬「・・・」

梓「はい、信代先輩がつくってきたおはぎ」

冬「あ、ありがとう中野さん」

さわ子「・・・」ズズーッ

梓「お礼は食べてから信代先輩に」

信代「食べて食べて」

冬「は、はい」パクッ

信代「・・・」

冬「・・・」モグモグ

潮「どう?」

冬「おいしぃ~」パァァ

潮慶子「「 かわいい~ 」」ホンワカ

冬「え、と・・・中島先輩ですよね?」

信代「中島信代ね」

冬「おいしかったです信代先輩!」

信代「ありがと。いいリアクションだったからこっちも嬉しかった」

潮「いいリアクション?」

信代「純のリアクションが普通でさ~」

紬「・・・」モグモグ

さわ子「そうねぇ・・・」

梓「?」

さわ子「姫ちゃーん」

夏「呼んでますよ」

姫子「誰が?」

風子「さわちゃん先生が」

姫子「どうしたんだろ、ちょっと行ってくるね」

英子「行ってらっしゃい」

夏(玄関で見送ってくれるお母さんだ・・・)

夏香「おいしいねこのおはぎ」

純「素のリアクションしてしまいましたよ」




冬「え!?」

さわ子「いいから、やりなさい」

冬「で、でも・・・絶対怒られます」

さわ子「怒られなさいよ」ニヤリ

冬「そ、そんな・・・」

紬「・・・?」

梓「私は呼べない・・・」

姫子「どうしたんですか?」

さわ子「冬ちゃんから話があるそうよ」

冬「・・・」

姫子「なに?」

冬「あ、あの・・・、いちもありがとうございましゅ」

潮(噛んだ・・・)

慶子(噛んだね)

冬「姫・・・ちゃん先輩」

姫子「・・・」

さわ子「・・・」

紬「・・・」

シーン

冬「・・・」ソワソワ

澪「?」

梓「ブフッ」

姫子「梓ちゃん・・・」グリグリ

梓「こっちですか!いたたた!」

冬「ふふっ」

姫子「!」

紬「・・・」ニコニコ

梓「うぅ・・・」

さわ子「・・・」モグモグ

紬「・・・」チョンチョン

澪「ん?」

紬「・・・」トントントトン

澪「ッ!?」

梓「ッ!?」

姫子「?」

紬「・・・」ニコニコ

信代「なんだって?」

澪「あ、梓・・・」

梓「おいしいですよ、このおはぎ」モグモグ

澪「逃げた・・・」

姫子「なんて言ったの澪?」

澪「ひ、姫ちゃんもここに座ってって・・・」

姫子「むぎまで・・・」

冬「クスクス」

姫子「・・・」ビシッ

冬「いたっ」

姫子「後輩にそう呼ばれるのは不自然だから嫌だったんだよ?」

さわ子「分かるわぁ」モグモグ

冬「ご、ごめんなさ」

姫子「でも、冬が苗字以外で人を呼ぶの初めて聞いたから・・・許可する」

冬「え・・・」

姫子「・・・なんてね」

冬「あ・・・」

紬「・・・」ニコニコ

梓「・・・」

姫子「風子たちも呼んでくるよ」

夏「私もそう呼んでいいですか?姫ちゃ」

ビシッ

夏「あいた!どうして!?」

姫子「どうしても、ダメ」

純「はいはい、ここ座りますよー」

梓「うん・・・」

英子「ここの輪に入っていい?」

潮「もちろん」

風子「みてみてこの彼岸花」

澪「ヒァッ!」

三花「ススキと彼岸花・・・いい味だしてるよね」

さわ子「どこからもってきたのよ」


・・・・・・


律「誰も月みてねえ・・・」

唯「月よりだんごだよりっちゃん!」モグモグ

和「今日は星のゆらぎもあるわね」

憂「ゆらぎ?」

和「瞬きとも言うわね」

エリ「キラ~キラ~光る~♪」

唯「お空の星よ~♪

律「あ、むぎから聞いたんだけどさ」

唯「ん?」

律「キラキラ星作曲したのモーツァルトじゃないそうだ」

唯「うん」

律「知っていたんか」

いちご「もういい時間だと思う」

春子「いや、公園の消灯が九時だからそれまでダメだ」

アカネ「あと30分以上あるよ?」

いちご「帰る頃・・・になる・・・」

三花「でも大丈夫なの?」

春子「さっき看板をチェックしてきたから平気」

三花「そうじゃなくて、回収の事を言ってるんだけど」

アカネ「明日の朝回収すればいいんじゃないかな」

春子「大丈夫大丈夫。そこらへんは信代チームに任せてあるから
   私たちは実行チームって事で頑張ろう」

いちご「うん」

三花「分かった」

アカネ「うん・・・」

律「なんの話だ?」

いちご「・・・なんでもない」

春子「憂ちゃんおいしいよ」モグモグ

憂「ありがとうございます。お姉ちゃんと頑張った甲斐がありました」ニコニコ

エリ「唯ちゃんも作ったんだ」モグモグ

唯「ちょっとだけだよ~」

和「・・・」

律「キャンプの時よりは凄くないな」

和「公園の灯りもあるし、街灯も影響しているからよ」

律「・・・そっか。あまり気にしてみていなかったから気づかなかったな」

和「時間も関係しているのかしら」

律「キャンプの時は深夜だったな」

和「えぇ。残照とは違うけど、それに近い状況ね。太陽の影響が低い時間帯よ」

律「闇の時間帯か」

和「・・・」

律「怖いな。真っ暗だと相手を確認できないし、自分もそこにいるのか分からない」

和「だから音楽を奏でて自分を励ましていたのね」

律「あぁ、独りを意識してしまうからな」

唯「どうしたの?」

和「太陽は凄いわねって話をしていたのよ」

律「うん、太陽すげー!」

唯「月があるから太陽も認められるんだよ」

和「あら・・・」

律「はいはい」

姫子「・・・」

唯「・・・」

和「どうしたのよ唯?」

律「思い出したんだろ、あの子を」

唯「えへへ」

和「そう・・・」

姫子「太陽と月・・・ね」

律「どうした?」

姫子「なんでもない・・・。むぎがみんなで輪になって話しようってさ」

唯「大きな輪だね!」

律「はいはい」

唯「もぉー」ブー

和「どうしたのよ」

姫子「あの二人。夏と冬なんだけど、どっちが太陽だと思う?」

和「・・・第一印象では夏ね」

姫子「うん。私も最初はそう思った」

和「・・・そう」

姫子「夏は来たいって言ったから連れてきたんだけど、冬を誘ったのは私」

和「・・・」

姫子「・・・」

和「私たちも行きましょ」

姫子「ありがと、聞かないでくれて」

和「まだ、時間はあるわ」

姫子「うん」




・・・・・・




純「どうして来たのさ」モグモグ

夏「だって、楽しそうだから」モグモグ

憂「・・・」モグモグ

純「知らない先輩が多い中を?」モグモグ

夏「あ・・・、邪魔だった?」

純「そうは言っていなーい。ただ・・・『楽しそうだから』ではすんなり納得できなくて」

夏「・・・鋭いですなぁ」

純「最近私の近くによく分からない子がいまして、なんとなく論理的に考えてしまうのです」

夏「ははぁ。難しい事を仰る」

純「以後私の事は哲学者鈴木純と」

憂「純ちゃん」

純「あ・・・、鋭いって事は他に理由があるんでしょ?」

夏「んー・・・。姫子先輩が最近丸くなったと思ってさ」

憂「とげとげしていたの?」

夏「してはいなかったけど、話しかけやすくなった」

純「ほぉ・・・」

夏「色々話しかけてはいたんだけど、それなりの会話しかしてこなかったんだよ
  だけど、最近は姫子先輩の周りの話も聞けるようになってさ
  それも楽しそうに話すから・・・。気になるでしょ?」

憂「うん」

夏「一昨日私たちのクラスにも来たから余計気になって」

純「私たちは慣れたけど、そうだよねー。そういう事する人に見えないよな」ウンウン

夏「それで無理を言って付いてきた・・・んだけど・・・」

純「なるほどなるほど。そういう事だったのか」

夏「・・・」

風子「みてこのすすき」

冬「詩情あふれる場所になりますね」

風子「・・・」

英子「本当に嬉しそうだね」

澪「詩情か・・・」

唯「天高く うま肥ゆる 秋ですよ」

和「それは諺よ。無理やり五・七・五にしなくていいの」

唯「難しいね」

律「みおの出番だな」

澪「・・・」

春子「秋か・・・。秋と言ったらなんだ」

紬「・・・」トントントン

梓「さんまだそうです」

紬「・・・」コクリ

潮「秋刀魚・・・。七輪で焼いたらおいしそうだね」

唯「・・・」ジュルリ

信代「果物もおいしいよな。柿とかりんご、ぶどう、栗、梨」

冬「食べたとき口の中で香りが広がっていいですよね~」ウットリ

春子「梨の話してるな」

澪「・・・」

律「あれ、本当に考えていたんだ?」

澪「・・・うん」

風子「聞かせて欲しいな」

澪「・・・」

紬「・・・」

澪「つきを観て そらを見て かぜがそよいで すすきがゆれて
  あなたはなにを想う 
  かぜになびくすすきをみて あなたはなにを想う
  そらに浮かぶつきを観て あなたはなにを想う」

紬「・・・」

風子「・・・」ウットリ

慶子「・・・」テレテレ

信代「どうして慶子が照れる?」

慶子「くすぐったい」

エリ「・・・」

アカネ「・・・」

澪「むぎ・・・」

紬「?」

唯「?」

梓「・・・」

澪「あなたはなにを想う」

紬「・・・」

律「・・・」

姫子「・・・」

紬「・・・」トントトン

澪(ここに居る・・・)

紬「・・・」トントントトン

律(それだけが・・・)

紬「・・・」トントントン

姫子(嬉しい・・・)

紬「・・・」トントントトン

唯(ここが・・・)

紬「・・・」トントントントン

梓「私の・・・『最高の場所』」

紬「・・・」ニコ


45
最終更新:2011年10月03日 23:33