和「・・・」

澪「・・・」

唯「・・・」

梓「・・・」

姫子「・・・」

美冬「・・・うーん」

夏「これは・・・面白い展開ですよ!」

エリ「・・・」

アカネ「えぇと・・・うちの点数は・・・」

和「・・・」

唯「和ちゃん」

和「なに?」

唯「学園祭みんなで頑張ろうね」

和「・・・」

姫子(どうして今・・・?)

梓「?」

夏「?」

和「そうね。これで終わりなんて寂しいわね」

唯「うん・・・。この先になにがあるのか知りたいよ」

澪「・・・そうだな」

夏「???」

梓「・・・ですね」

ちか「ど、どういう事?」

和「途中下車で答えを見つける事は難しいわ」

スタスタ

エリ「・・・」

アカネ「和さんがスペアを取って並ぶんだ・・・」

姫子「和が言っている事の意味が分からないんだけど・・・」

梓「夏の旅で出会った人がいて、答えを見つけられないまま途中下車しそうだったんです」

夏「・・・」

姫子「・・・」

梓「でも、むぎせんぱいが手を引っ張って・・・。まだ答えは見つかっていないと
  答えを見つける事ができれば、途中下車・・・旅を中断する事にはならないと教えてくれたんです」

姫子「その先を・・・?」

梓「はい、見つけることがきました。乗り続けたからです」

ちか「・・・ボウリングとなんの関係が?」

唯「和ちゃんが燃えると思ったんだよ!」フンス!

エリ「あのクールな和さんが?」

澪「ふふっ・・・DVDでも言っていたな」

唯「クールでホットなテンションはいつもハイだよっ!」

エリアカネちか「「「 分からない・・・ 」」」

姫子「DVDねぇ・・・」

澪「」ギクッ

テッテッテ

和「・・・っ」シュッ

ゴロゴロ

和「・・・ふぅ」クルッ

スタスタ

いちご「!」

潮「このパターンはもしかして!?」

春子「いちごの時と同じ!」

冬「スペアですスペアです!!」

律「テンション上がりすぎだっ」

和「・・・後は」

ガコーン!

和「任せるわ」ストッ

姫子「・・・座ると同時に・・・全部倒れた・・・・・・」

夏「はぁー・・・」

唯「やったね、和ちゃん」スッ

和「唯が焚き付けたからね」

パァン

紬「・・・!」

律「やるなっ!」

風子「和さんすごーい!」

英子「かっこよかった」

和「そこまでじゃないわよ」

潮「和がはしゃぐ所みたかったなぁ」

夏冬「「 クールな人なんですねぇ・・・ 」」

唯「はもった!」

澪「初めてだな」

冬「あ・・・」

夏「・・・」

姫子「どうして燃えたの?」

和「こうやって遊ぶのは数えられるだけになるわ・・・」

姫子「あぁ、そっか・・・そうだね・・・」



律「よーし、最後は私が」

春子「作戦会議だ、全員集れー」

紬「・・・」コクコク

冬「まだ終わっていないんですか?」

いちご「・・・10フレーム目はストライク、スペアが出た時3投目が追加される」

冬「おまけですね」

いちご「・・・ちょっと違う」

三花「ストライク取った人が投げる?」

憂「冬ちゃん、いちごさん、英子さんの三人ですね」

春子「それが定石だけど」

潮「このスコアすごいなぁ・・・」

紬「・・・」コクリ

憂「130対131・・・」

風子「ここまで来たら負けたくないよね」

英子「うん。和さんが盛り上げてくれたし、最後は勝ちたいよね」

紬「・・・」チョンチョン

律「あぁ・・・大丈夫。スルーされても・・・大丈夫」

いちご「・・・最後は誰が投げる?」

純「・・・」




アカネ「誰が投げる?」

エリ「うちのチームがストライク出したのアカネだけなんだね」

梓「スペアが多いですからそれで補っていたんですね」

唯「あっちは誰が投げるんだろ?」

和「むぎ、かしら?」

夏「梓・・・頼んだよ」ポン

梓「いやっ!」

澪「拒否するのはやいなぁ」

ちか「らちがあかないなぁ」

純「・・・決まったようです」

澪「どうだった?」

純「それがですね・・・」ヒソヒソ


和「スパイね・・・」

美冬「いいのかな・・・」

澪「そうか・・・姫子ちょっといい?」

姫子「・・・?」

澪「・・・」ヒソヒソ

姫子「・・・分かった」

唯「誰が投げるの~?」

姫子「梓ちゃん、嫌なんだよね?」

梓「?・・・相手がむぎせんぱいなら・・・嫌です」

純「きっぱりと」

姫子「じゃあ夏で」

夏「よぉーし!」

澪「やる気だ」

アカネ「頑張ってね!」

エリ「ファイトォー!」

夏「最後に全部倒して拍手・・・喝采を・・・って・・・・・・」



紬「・・・」コクリ

冬「は、はい・・・」ガタガタ

律「震えているけど大丈夫か?」

冬「む、むし・・・はいっ」ガタガタ

潮「え?」

風子「虫がどうしたの?」

英子「武者震い?」

冬「はい・・・っ・・・」ガタガタ

いちご「・・・大丈夫」

憂「楽しんでくれればそれでいいんだよ?」

冬「う、うんっ」ガタガタ

春子「だめだこりゃ」

三花「かわいいなぁ」ホノボノ

紬「・・・」

ギュ

冬「?」

紬「・・・」スラスラ

冬「全・・・部・・・た・・・お・・・し・・・た・・・ら・・・ケ・・・-キ・・・?」

律「ティータイムご招待?」

紬「・・・」フンス!

風子「あ、私も参加する!」

英子「・・・」

冬「ふふっ」

夏「・・・冬じゃないですか」

姫子「むぎが投げるなんて言ってないよ」

夏「・・・謀りましたね」

姫子「夏と冬が投げる事に問題があるの?」

夏「・・・私が避けているの知っているくせに」

梓「・・・」ムッ

姫子「踏み込むって宣言したじゃん」

夏「・・・」

姫子「勝ちたいから、頑張ってね」

夏「・・・」

律「決まったかー?」

姫子「うん」

律「夏が投げんのか・・・」

夏「・・・はい」

冬「・・・」

律「あ!」ピコン

澪「どうした?」

律「同時に投げようぜ!」

夏「!」

唯「いいね!」

紬「・・・」コクリ

憂「結果が同時に分かりますからね」

律「じゃ、スタンバーイ!」

澪「部活じゃないんだぞ」



和「スパルタね」

姫子「時間が無いからね」

和「どういう事?」

姫子「学園祭までには修復してほしい・・・
   それからは、私・・・私たちと接する機会がなくなるから」

和「・・・そうね」

姫子「時間が解決してくれるのかもしれないけど、みんなと今を残したい・・・」

和「えぇ」

律「位置について!」

澪「短距離走じゃないんだぞ」

冬「・・・」グッ

夏「・・・」グッ

紬「・・・」パンッ

冬「・・・」

フラフラ

夏「・・・」

スタスタ


唯「おぉ・・・鏡を見ているようだよ」

憂「シンクロしてるね」


夏「・・・っ」シュッ

冬「・・・っ」ポイ

ドスン

ゴロゴロゴロゴロ


純「両方いい感じ!」

梓「・・・」


ガコーン

夏「・・・っ!」

グラグラ

エリ「9本倒した!」

アカネ「もう一本倒れそう!」

唯「みんなで息を吹きかければなんとか」

梓「ならないですよ」



ガコン

冬「・・・っ!」

ガラガラガラ

紬「・・・!」

律「倒れろ!全部倒れろ!!」

風子「倒れて!」

英子「・・・」

ガラガラ

いちご「・・・あ」

冬「倒れた!」

夏「倒れなかった・・・」

唯「惜しい~!!」

澪「惜しかったな」

梓「・・・」

和「点数は?」

姫子「140対140で引き分け」

ちか「あれが倒れたら勝ちだったのにぃー!」

唯「勝負にたらばがにはないんだよ」キリリ

梓「たらればですよ」

唯「鱈レバー?」

梓「もういいです」

美冬「食べ物ばっかり・・・」

エリ「引き分けかぁ~」

アカネ「スッキリしないね」

夏「・・・勝てない」

姫子「チーム戦していたんだから」

夏「あの光景を見てもですか・・・?」



紬「・・・」スッ

冬「やりましたー!」

パァン

律「すっげえ!才能あるんじゃねえのか!?」スッ

冬「無いですよ~!」

パァン

憂「初めてなのに、この記録はすごいよ~」スッ

冬「ありがとう~!」

パァン

風子「・・・」ナデナデ

冬「あれ、ハイタッチ・・・」

英子「偉い偉い」ナデナデ

冬「あの・・・っ・・・」

春子「偉い偉い!」バシバシッ

冬「いっ・・・った・・・!」

風子「叩くの禁止!」

春子「あ、ごめんごめん」ナデナデ

冬「あ・・・あのぉ・・・」

潮「まぁまぁ」

いちご「・・・すごい」

三花「うんうん」ナデナデ

冬「ぅ・・・」

紬「・・・」ニコニコ



姫子「・・・」

夏「私は・・・冬に・・・勝てない・・・」

梓「勝つ意味ってなに?」

澪「あ、梓・・・」

夏「別にぃ・・・」

梓「・・・」

純(誰かさんに似てるなぁ・・・)

姫子「今ケンカしたらダメ」

夏「しませんよ」

梓「・・・」

和「・・・」

紬「?」

律「どしたー?」

澪「なんでもないよ」

春子「引き分けで終わりは面白くないよな!」

紬「・・・」コクコク

律「だな!」

エリ「なになに?」

風子「白黒つけようって話」

英子「もう1ゲームするには時間がないよね」

律「うわっ、もうこんな時間かよ!」

三花「外暗くなってきたね」

いちご「・・・どうするの?」

和「とりあえず、片付けしましょ」

美冬「支払いを賭けて勝負しているんだけど・・・」

和「そう・・・。どうして美冬だけ私服なの?」

美冬「一度帰って来たから」

和「そうなんだ、じゃあ私お手洗い行くね」

スタスタ

美冬「・・・どうでもいいのかな」

冬「・・・ふぅ」

憂「疲れちゃった?」

冬「え・・・うん。ちょっとだけ」

憂「私も座っちゃおう」ストッ

冬「・・・」ボケー

憂「大丈夫?」

冬「うん・・・」

憂「・・・」

冬「はしゃぎ過ぎちゃったみたい・・・」

憂「そっかぁ」ニコニコ

冬「昨日の夜会っただけなのに・・・」

憂「?」

冬「話をしてそんなに時間経っていないのに・・・一緒にいてくれるんだね・・・」

憂「時間なんて関係ないと思う」

冬「・・・」

憂「出会って1分の人とでも友達になれるよ」

冬「・・・そうなの?」

憂「うん。私はそれをお姉ちゃんと一緒に見てきたから」

冬「・・・?」

憂「夏に旅をしたんだよ」

冬「・・・」

憂「・・・」

冬「・・・いいなぁ。羨ましいです」

憂「あ・・・」

冬「気にしないでください・・・。私はこれから旅を始めればいいんですから」

憂「・・・うん」

冬「その為にも体力をつけなきゃいけませんよね」

憂(敬語に・・・戻っちゃった・・・)


55
最終更新:2011年10月04日 22:59