未知子「なんだか、とんでもない雰囲気になって・・・」

梓「あ、大丈夫ですよ。律先輩以外の5人でプールに行っただけですから
  その後に映画館に行って感動したとか、そのレベルの内容なので
  そんなに重たい話でもないです。未知子先輩はどうしたんですか?」

律「まくしたてんなー。なんだそんな事かー」アハハ

澪「顔で笑って心で泣いて」

未知子「・・・えぇと」

律「5人って憂ちゃん?」

唯「純ちゃんだよ」

律「なんだよ!・・・なんだよっ!」

紬「・・・」スッ

さわ子「ありがと・・・。今日はケーキなのね」

未知子「大きいケーキですね」

紬「・・・」コクリ

律「なんで誘ってくれなかったんだよー・・・」

澪「誘ったぞ。面倒だからパスって言ったの律なんだけど」

律「・・・それっていつの話?」

梓「旅から帰って、一週間後辺りですね」

律「あ、あれは・・・勉強する為に図書館に行くって・・・」

澪「言ってない。勉強漬けだったから息抜きしようって言ったんだ」

紬「・・・」アセアセ

律「・・・」

さわ子「一件落着ね。それで、どうしたの?」

未知子「輪が日に日に大きくなっているように感じて・・・」

唯「大きな輪だね!」

梓「・・・」

未知子「それを姫子さんに聞いたら、部室に行けば分かるって・・・」

唯「それで、分かったの!?」

未知子「まだ・・・」

澪「・・・そういう事だったのか」

紬「・・・」ツンツン

律「・・・」

梓「反応ありませんね」

コンコン

ガチャ

憂「こんにちはー」

唯「あ、うい~」

さわ子「今日は千客万来ね」

冬「こ、こんにちは・・・」

梓「冬も来たんだ」

紬「・・・」ニコニコ

憂「紬さんのお誘いで一緒に来ました」

冬「あ、あの・・・」

未知子「?」

さわ子「どうぞ、座って」

澪「冬はお昼どこで食べたんだ・・・?」

冬「憂と・・・一緒に・・・」カァァ

憂「・・・」ニコニコ

唯「いいね~、えへへ」

梓(それで中庭に夏が来たんだ・・・変な感じがする・・・)

律「・・・」

冬「あ、あの・・・律先輩・・・?」

律「・・・」

冬「め、迷惑でしたか・・・?」

律「・・・」

冬「・・・」オロオロ

未知子「律さんどうしたの・・・?」

澪「大丈夫。魂が抜けただけだから」

さわ子「それ、一大事」ズズーッ

紬「・・・」スッ

憂「ありがとうございます」

冬「あ、ありがとうございましゅ」

紬「・・・」ニコニコ

澪「しょうがない、私の分をあげる」スッ

律「・・・」

梓「私の分もどうぞ」スッ

唯「みんな甘やかしすぎだよ~」スッ

紬「・・・」スッ

未知子(やってみよう・・・)スッ

さわ子「私は食べ終わったからお皿だけあげるわ」スッ

冬「お供え物みたいですね。戻ってくるんでしょうか」スッ

憂「澪さんが言うからには間違いないと思うよ」スッ

律「・・・」

澪「・・・」ポンポン

律「・・・ん?・・・なんだこれ?」

さわ子「みんなの気持ちよ」

律「一つだけ空の皿があるんだけど・・・それも気持ちなのか?」

さわ子「そう・・・なのかもしれないわね」

律「さわちゃんか・・・」

さわ子「・・・それだけあれば十分でしょ」

律「こんなに食べられねえよ。気持ちだけいただく」スッ

紬「・・・」コクリ

梓「本当にいいんですか?」

律「どれだけ欲張りなんだよ私は」スッ

冬「・・・」

律「あれ、冬と憂ちゃんも来てたんだ・・・」

未知子「・・・」

憂冬「「 お邪魔しています 」」

唯「あれ、私と澪ちゃんの分が返却されておりませんが」

律「お二人の分はありがたく頂戴いたしますわ」

澪「はいはい」

唯「・・・ちぇ」

梓「姫子先輩は来ないの?」

冬「バイトがあるそうです」

梓「・・・」

冬「バイトがあるんだって!」

梓「バイトかぁ・・・」

澪「敬語を直す練習なのかな・・・」

紬「・・・」ニコニコ

未知子「・・・姫子さんが言いたい事分かったかもしれない」

さわ子「そう。よかったわね」

未知子「?」

さわ子「その輪の中に入ったのよあなたも」

未知子「・・・」

憂「風子さんも来ると仰っていませんでしたか?」

紬「・・・」コクリ

梓「メール送ってみます」

ピッピッピッピ

pipipipipi

風子「・・・」ピッ

『今部室でティータイムしていますよ。時間があれば来てください』

風子「あ、残念・・・」

英子「どうしたの?」

風子「梓ちゃんからティータイムのお誘い。・・・ごめんねっと」ピッピッピ

夏香「仲いいね」

風子「そうかな・・・?」

夏香「ふぅって呼んでもらってるし・・・」

風子「キャンプがきっかけでね、それからかな」

pipipipipi

風子「おっと」ピッ

英子「キャンプ楽しかったみたいだよ」

夏香「・・・ふーん」

『そうですか、それは残念ですね。冬と未知子先輩も一緒なんですよ』

風子「な・・・なっ!?」

夏香「変な声出して・・・どうしたの?」

風子「未知子さんと冬ちゃんも一緒なんだって・・・!」

英子「それはとっても残念だね」

夏香「斉藤冬・・・か・・・」

風子「あぁー・・・興味引かれる組み合わせなのにー・・・」



―――――夜・梓の部屋


『輪が日に日に大きくなっているように感じて・・・』

私もそう感じた

あの旅でも、むぎせんぱいの周りに人が集まっていた

みんなで一緒に飲む紅茶がおいしくて、楽しくて、そこにしかない時間が流れていた

だからむぎせんぱいの後を追いかけて行った

たくさんの景色を見せてくれるから

その景色が私をとても大きくしてくれた

それなのにワタシは―――


学園祭は1週間後




9月19日

「ふぁ~」

夏香「おはよう、姉さん」

姉「おはよ~」

ガチャ

トクトクトク

姉「・・・」ゴクゴク

夏香「・・・」

姉「・・・ふぃ~・・・朝の牛乳は格別だね」

夏香「パンでいい?」

姉「よろしく」

夏香「・・・うん」

姉「ダイニングまで持ってきてくれると私は幸せ~」

夏香「はいはい・・・」

夏香「・・・どうぞ」

姉「サンキュ」

夏香「・・・」

姉「・・・どうして林檎があるの・・・?」

夏香「・・・体にいいと思って」

姉「・・・サンキュ」

夏香「・・・」

姉「やった!今日の運勢一位だって!仕事運絶好調!今日休みなんだけど!」

夏香「・・・出かけないの?」

姉「・・・どうせ1人もんですよ」

夏香「あれ?別れたの?」

姉「ケンカしてんの!」

夏香「・・・」

姉「あ、嫌なニュース・・・チャンネル変えちゃえ」ピッ

夏香「あのさぁ・・・」

姉「・・・なに?今日は妙に関わってくるね」

夏香「・・・あの双子ってどうなったの?」

姉「・・・ん?」

夏香「ちょっと間があった・・・。なにかあったの?その双子」

姉「・・・。無事退院したって言ったでしょ」

夏香「中学に上がって退院したのが最後?」

姉「どうしたのよ~。患者さんのプライバシーに入り込んじゃダメなの」

夏香「月見会に参加したって言ったでしょ?」

姉「うん、それが?」

夏香「多分・・・その双子と出会った」

姉「・・・」

夏香「『私と同じ季節』で『一つ下』、『双子』・・・『姉妹』」

姉「・・・ふーん」

夏香「・・・」

姉「その双子は仲が良かった?」

夏香「・・・聞いていた話とは違っていた」

姉「じゃあ別人だよ」

夏香「そうだよね・・・」

姉「なつは本当に林檎剥くの下手だよね」

夏香「・・・」

姉「もぐもぐ」

夏香「・・・今日もいい天気だね」

姉「今日予定あったんじゃないの?」

夏香「キャンセルした」

姉「・・・ふーん・・・・・・英子ちゃんたちの誘いを断るなんて珍しい」

夏香「・・・」

姉「風子ちゃんにも会いたいから連れておいでよ」

夏香「・・・うん・・・変わってないよ風子は」

姉「なつは変わっちゃったけどね」

夏香「・・・」

姉「よし、今日もDVD鑑賞しますか」

ウィーン ガチャ

姉「てーんてーんてーん、ててててんてんててーん♪」

夏香「またそれ?この主人公何度人生を修正させられるの・・・」

姉「何を言ってるの、輝いていた主人公の時間を閉じ込めたのがこの作品じゃないの」

夏香「・・・はいはい」

姉「それぞれの時間を体験する事で主人公は成長していくんだよ」ウンチク

夏香(・・・しまった)

姉「悪役とはいえ自分で掴み取った人生をも変えてしまう主人公を批判する意見もあってね」ウンヌン

夏香(どこかでかけようかなぁ・・・)

姉「そういう見方もあるだろうけど、悪役の罪を無かった事にしたことでそれはチャラになるんだよ」クドクド

夏香「・・・」

pipipipipi

夏香「・・・」ピッ

『澪さんが澪さんじゃない!』

夏香「今からでも間に合うかな・・・」

姉「様々な視点から推察できるこの作品の凄さを・・・聞いてる?」

夏香「聞いてたよ・・・。出かけてくるね」

姉「行ってらっしゃーい」フリフリ

夏香「・・・姉さんも遊園地に行く?ストレス解消になるよ」



―――――遊園地・澪班


澪「さぁ、次はどれに乗ろう!」キラキラ

夏「あれはどうですか!?」

澪「いいな!行こう!!」キラキラ

夏「了解です!」ビシッ

タッタッタ

純「むむむ・・・負けないっ!」

タッタッタ

律「私たちは休むか。少し落ち着こう」

風子「・・・そうだね、あのテンションには・・・ついていけない」

英子「・・・うん」

律「合流したらさ、向こうのチームに入るといいよ。こっちはずっとあんな調子だぜ」

風子「私はついていけるよう頑張るよ」

英子「私は移るよ・・・」

律「賢明だ。まだまだ物足りないはずだからなー」




―――――遊園地・紬班


紬「・・・」ニコニコ

冬「高ーい!」

梓「高い所平気なんだ?」

冬「そうみたい。うわぁー」

紬「・・・?」

梓「ひょっとして・・・遊園地初めて来た・・・?」

冬「うん、観覧車も初めて!」

唯「おぉー海が見えるようい!」

憂「本当だ・・・こうやって見たらすぐそこなのにね」

和「電車で1時間揺られないと辿り着けないのにね」

唯「そうだ、明日は海に行こうっと」

憂「今決めたの?」

唯「うん・・・どこへ行っても変わらないと思うから」

和「・・・そう」

紬「・・・」

冬「あっ、見てください!風船が!」

梓「昇っていく・・・」

紬「・・・」スッ

憂「白い月・・・」

唯「秋空に 儚く映る 白い月」

冬「おぉー・・・深いです・・・」

梓「そのままだよ・・・」

唯「あの風船誰の手からこぼれちゃったんだろ・・・」

和「小さい子かしらね・・・。きぬいぐるみの人が渡していたのをみたわ」

憂「・・・あ」

紬「・・・!」




唯「姫ちゃーん!」

紬「・・・」

タッタッタ

姫子「どう?楽しんでる?」

冬「はい!楽しいです!」

姫子「よかった」

和「バイトお疲れ様」

姫子「ありがと。午前中にシフト入っててよかったよ。みんなお昼ごはん食べたの?」

唯「まだだよ~」

憂「澪さん達と合流してお昼にしましょう」

和「そうね・・・。あっちの様子も気になるわ」

姫子「二手に別れてるんだ。様子も気になるって・・・?」

梓「澪先輩のテンションに何人ついていっているかです」

紬「・・・」コクリ

姫子「・・・」ゴクリ

冬「さっきの風船姫ちゃ・・・子先輩が飛ばしたんですか?」

姫子「言いにくいなら無理に言わなくていいって・・・。そうだよ、気付くかなって」

唯「あの月まで飛んで昇って行ったよ」

憂「吸い寄せられるようだったね」

紬「・・・」


白い月をみて何を想っているんだろう・・・。私と同じ景色なんだろうか


紬「・・・?」


あ、表情を盗み見ているのに気付かれた


梓「白い月を見る事ってあまりないですよね。雲と同じ色だから気付きにくいです」

紬「・・・」ニコ


61
最終更新:2011年10月04日 23:15