澪「別れ際、冬の顔がそう言ってた」

姫子「・・・そっか・・・・・・」

律「話したら見えてくることもある。話さないといつまでもそのままだ」

姫子「・・・律って・・・たまに的を射るよね」

律「・・・そんなんじゃねえよ・・・みんなで笑っていたいだけだ」

澪「・・・」

律「だけだよーん・・・」

澪「見て姫子、流れ星」

姫子「・・・?」

澪「ごめん、飛行機だった」

律「こらっ!」

澪「照れ隠しをすると余計恥ずかしかったりするんだぞ」

律「・・・」

姫子「敵わないなぁ・・・ってさ」

澪律「「 え? 」」

姫子「今の二人のやりとり、むぎと梓、唯と和と憂と純」

澪「???」

姫子「救護室でさ、律が冬を叱ったでしょ?」

律「あ、あれは・・・冬が自分を大切にしないから・・・」

姫子「うん・・・、だけどそれを私は読み取れなかった・・・」

澪「・・・」

姫子「冬が心のうちを話してくれていた時・・・むぎは何かを伝えたがっていた
   言葉が・・・っ・・・話せなくて・・・悔しそう・・・だった・・・」

律「姫子・・・」

姫子「その後に・・・っ・・・律が・・・むぎの心を代弁した・・・ようでさっ・・・」

澪「・・・っ」

姫子「そばにい・・・たのに・・・っ・・・聞こえ・・・なか・・・った・・・」

律「・・・」

姫子「私・・・っ・・・玉恵さんから・・・貰ったもの・・・・・・二人にっ・・・渡したいのにっ」

澪「・・・」

姫子「私では・・・渡せない・・・・・・っ・・・それが・・・とても・・・悔しいな・・・っ」

律「・・・」

澪「・・・」

姫子「ご・・・っごめん・・・こんなの私じゃないよね」

澪「・・・」

姫子「い、今のっ・・・忘れて」

律「ひーめーこっ」ダキッ

姫子「り、律!?」

律「はは、唯ならこうしたかなって思ってさぁ」

ギュウ

姫子「ちょっ!」

澪「・・・きっと、したな」グスッ

姫子「澪・・・」

律「あのさ、私の旅の話したじゃん?」

姫子「・・・うん」

律「あれは、私ら5人がいたから見られた景色なんだぜ?」

姫子「?」

澪「私たちの内一人でも欠けていたらみられなかったんだ」

姫子「・・・」

律「姫子が玉恵ちゃんから貰ったものってなんだ?」

姫子「・・・それは・・・思い出とか記憶とか・・・で説明できるけど・・・そうじゃなくて」

澪「うん・・・」

姫子「私と玉恵さんが繋がった事・・・。同じ景色を見られたこと・・・。・・・大切な事を教えてもらった事の全て」

律「そうだ!」

ギュウ

澪「いい加減離れろ」グイッ

律「へへっ、すいやせん」

澪「私たちと姫子は繋がっている。そして、冬と夏は姫子と繋がっている」

律「二人がもう一度繋がる事を姫子が望んでいるんだろうけど、それは私たちの望みでもあるんだ」

姫子「!」

澪「だから、大丈夫。きっと・・・必ず・・・絶対に渡せる」

律「そうだ!」

姫子「・・・」

澪「姫子は私たちと同じ輪の中にいるんだ。欠けたら・・・景色がみられなくなるぞ」

律「そうだぜ!だから、心配すんなって」ダキッ

姫子「律!?」

律「なんでかな、二人と姫子の間にあるのが愛おしくてな」オホホ

澪「うわー・・・」

pipipipipipi

姫子「・・・?」ピッ

『勝手に帰ってすいませんでした。また姫子先輩と行きたいです』

姫子「・・・」

pipipipipipi

姫子「・・・今度は冬?」ピッ

『今日はありがとうございました。とっても楽しかったです。
 お父さんとお母さんが今度お礼を言いたいそうなので時間がある時にでもいらしてくださいね。
 またみなさんと姫子先輩と行きたいです』

姫子「・・・」

律「へへっ、同時に送信するなんて・・・やっぱ双子なんだな」

澪「勝手に覗くなっ!」グイッ

律「げほっ」

姫子「ふふっ・・・あははっ・・・ははははっ」

澪「ひ、姫子・・・?」

律「ど、どうした・・・?」

姫子「誰かに渡そうなんて・・・いつから偉くなったんだろうね・・・私っ・・・二人からもたくさん貰ってるのに」

律「・・・!」

姫子「それに気付けた・・・それがとても嬉しい・・・」

澪「!」

姫子「あのさ、みんなが旅をして出会った人たちを紡いだのってむぎなんでしょ?」

澪「・・・そうだよ。むぎが紡いでくれたんだ」

律「・・・なんで知ってんだ?」

姫子「憂から聞いた・・・。・・・・・・・・・やっぱり敵わないな」

律「・・・」

澪「・・・」

姫子「むぎを中心として・・・引き寄せてられていく私たちの引力・・・か・・・」




9月20日


―――――駄菓子屋

エリ「こ、こんにちは・・・」

「あら、いらっしゃい。エリちゃんだったかねぇ」

エリ「な、名前覚えていてくれたんですか・・・?」

「こんな可愛い子の名前忘れるわけないさね、ねぇ虎徹?」

虎徹「・・・」

エリ「い、いやぁ・・・」テレテレ

アカネ「一昨日に来たんですけど・・・閉まってて・・・どうしたんですか?」

「あぁ、ちょいと病院へ行っててね・・・」

アカネ「元気そうにみえますけど・・・」

「腰を痛めちゃってねぇ・・・」トントン

エリ「・・・」

アカネ「・・・」

虎轍「・・・」ピョン

スタスタスタ

「これ、どこへ行くんだね虎徹」

虎徹「みゃっ」

ピョン

虎徹「・・・」ゴロゴロ

エリ「日向ぼっこ・・・気持ち良さそう」

「あのベンチは風も当たるし、いい場所なんだねぇ」

アカネ「・・・」


梓「なんですかね、このネコ」

虎徹「・・・」ムッ

梓「・・・?」

紬「・・・」

虎徹「・・・」フンッ

梓「生意気そうなネコですね・・・」

エリ「梓ちゃんと紬さん・・・?」

「おやおや、あの二人面白いね、しばらくみていようか」

アカネ「二人って・・・虎徹と梓ちゃん?」

「梓ちゃんっていうのかい・・・。そうだよ」ヒッヒッヒ

虎徹「・・・」ジー

梓「・・・」

虎徹「・・・」フンッ

梓「バカにされているような気がするんですけど、気のせいでしょうか」

紬「・・・」ナデナデ

虎徹「・・・」ゴロゴロ

唯「おはよ~、どうしたの?」

梓「ネコと戯れていたんです」

虎徹「・・・」フンッ

梓「ん・・・?」

唯「おぉ~よしよし」ナデナデナデナデ

虎徹「みゃ~」

紬「・・・」ナデナデナデナデ

虎徹「みゃみゃ~」ゴロゴロゴロゴロ

梓「・・・」スッ

虎徹「・・・」サッ

梓「避けましたよ!どうして私だけ!?」

虎徹「・・・」フンッ

唯「動物は本能で敵と味方を見極めるっていうから・・・」

虎徹「みゃっ」

梓「・・・私は敵だという事ですか」

虎徹「みゃみゃっ」

梓「ぐっ・・・」

紬「・・・」

梓「見てろです」

タッタッタ

唯「どこへ行くんだい!」

梓「すぐ戻ります!」


「人と人でも波長が合わない人がいるさね・・・。人と動物でもそうなのかもしれないねぇ」

エリ「・・・虎徹が遊んでいるようにもみえましたよ」

「そうかもしれないねぇ・・・」

アカネ「面白い二人ですね」

「そうだねぇ」

唯「お、エリちゃんとアカネちゃんいたんだね」

紬「・・・?」

アカネ「駄菓子を買いに来たの」

エリ「財布にも優しいし~」

唯「うんうん、そうだよね。私たちの救世主だよ」

「ここで立ち話もなんだから上がって行くかい?お茶くらい出さなきゃねぇ」

紬「・・・」

唯「ごめんねおばぁちゃん、私たちこれから海に行くんだ」

「そうかい、それは残念だねぇ」

エリ「海?ずいぶんと遠出するんだね」

唯「むぎちゃんともう一度見ておきたいんだ」

紬「・・・」ニコニコ

アカネ「・・・」

「気をつけるんだよ」

唯「はーい。と、その前に・・・電車の中で食べるおやつを準備します」

紬「・・・」コクリ

エリ「・・・私たちもついて行っていいかな?」

唯「うん、いいよ~」

アカネ「・・・」

「おや、戻ってきたようだよ」

唯「あずにゃん?」


虎徹「」スヤスヤ

梓「ほら、起きて」ユサユサ

虎徹「・・・」イラッ

梓「ほらほら、ネコじゃらし」フリフリ

虎徹「・・・」フンッ

梓「・・・」フリフリ

虎徹「・・・」

梓「・・・」フリフリフリフリ

虎徹「・・・」ウズウズ

梓「本能に従えっ」フリフリ

虎徹「・・・!」シュッ

梓「おっと」サッ

虎徹「・・・」シュッシュッ

梓「甘い甘い」

虎徹「・・・」シュシュッ

梓「ふふ・・・勝った・・・」

律「猫に勝ってどうすんだよ」

澪「梓・・・」

唯「あずにゃん・・・」

紬「・・・」

梓「あ・・・」



―――――電車内


ガタンゴトン

梓「・・・」グルグル

紬「・・・」グルグル

律「固くなったら食べるんだ」

唯「・・・」パクッ

澪「おいしい?」

唯「早かったみたいだよ・・・」

エリ「・・・」グルグル

三花「・・・」グルグル

アカネ「水あめを必死にまわしているなんて・・・おかしな光景・・・」

さわ子「どうして3人がいるのよ」

律「こっちの台詞だ。どうしてさわちゃんがいるんだよ」

さわ子「ヒマだからよ」

唯「りっちゃん」

律「・・・あ、ごめん」

さわ子「謝ることじゃないわよ。・・・謝られると傷つく事ってあるのよ!」ガシッ

律「うぐっ」

さわ子「・・・」グリグリ

律「ごめんなひゃいごめんなひゃい」

紬「・・・」スッ

未知子「・・・?」

澪「あげるって言ってるんじゃないかな」

紬「・・・」ニコニコ

未知子「あ、ありがとう・・・」

梓「それじゃ私のをどうぞ」スッ

紬「・・・」コクリ

唯「あずにゃんどうぞ」

梓「それ・・・一度口に入れましたよね」

唯「幸せの連鎖だよ」

梓「論点がズレていますよ。気持ちだけいただきます」

唯「分かったよ」パクッ

エリ「幸せの連鎖・・・。はい三花」スッ

三花「・・・それ受け取ったら二つ所持する事になるんだよ」

エリ「それじゃ・・・どうぞ、さわ子先生」

さわ子「それは幸せの押し売りというのよ」

エリ「・・・」グサッ

律「ひでえ・・・」

アカネ「ちょうだい」

エリ「どうぞ」

アカネ「・・・はむっ」

澪「おいしい?」

アカネ「・・・それほどでもないよね」

エリ「そっか・・・」ニコニコ

さわ子「どうして嬉しそうなのよ」

三花「アカネは甘ったるいもの苦手だからですよ」ハムッ

未知子「確かに甘いね・・・」

唯「そこがいいんだよ。喉渇いちゃうちゃうけど」

紬「・・・」スッ

唯「お茶だね、ありがと~」

律「アカネが好きなものってなんだ?」

エリ「辛めのお菓子を好んでるよ」

梓「あれ・・・?コーラ買っていませんでした?」

紬「・・・」コクリ

アカネ「喉にくるシュワシュワが好き。温くなると酸が抜けて飲めないよ」

律「温いジュースなんて誰も好んで飲まねえよ」

澪「・・・そうだな」

未知子「・・・」ハムハム

さわ子「一生懸命食べるわね」

未知子「・・・?」ハムハム

さわ子「昨日はどうだったの?あの二人は」

律「あー、それがトラブっちゃってな・・・。だけど心配はいらないと思う」

さわ子「・・・そう」

澪「姫子がいるから」

紬「・・・」コクコク

エリ「今日は姫子さん来ないの?」

唯「バイトで忙しいんだって」モグモグ

梓「こぼしてますよ唯先輩」

唯「おっと・・・えへへ」

紬「・・・」

梓「そろそろ着きますね」

エリ「乗り換え乗り換え~」

三花「それで、どこへ行くの?私だけ知らされていないんだけど・・・」

律「海だ、うみ~!」

ガタンゴトン ガタン

紬「・・・」

梓「むぎせんぱい、どうしたんですか?」

紬「・・・」トントントトン

澪「車窓か・・・。駅に入る瞬間ってなんだかワクワクするよな」

唯「そうだよね、なにがあるんだろ~って」

紬「・・・」コクリ

アカネ「・・・そんなに心が弾む事?」

律「列車の旅だったからな・・・」

さわ子「ほら、降りるわよ」

未知子「・・・」ハムハム


66
最終更新:2011年10月04日 23:24