律「うぅ、隙が微塵もねえ・・・」

さわ子「では、作戦を伝えるわ」

梓「作戦ですか・・・。どうするんですか?」

さわ子「キーパーが鉄壁なのよね」

梓「山の如しです」

紬「・・・」コクリ

律「正面からは無理だな」

さわ子「なら、虚を突くわよ」

澪「どうやって油断を?」

さわ子「まず、キックオフと同時に梓ちゃんが走るわね
    そこでフリーになれるように走り回りなさい」

律「徐かなること林の如くだな」

唯「ハムスターのようにね!」

梓「意味が分かりません」

さわ子「潮ちゃんも逆サイドで同じ動きしてね」

潮「ゴールは守らなくていいんですか?」

未知子「捨て身の作戦ですね」

さわ子「未知子ちゃんと交代よ」

律「ふむ・・・。私と澪は?」

さわ子「うまくボールを運んでね☆」

澪「具体的な作戦は無し・・・」

さわ子「虚を突くって言ったでしょ。まだ火が残っているわ」キラン

多恵「?」

紬「・・・」ゴクリ

エリ「未知子ちゃんがキーパーなんだ」

三花「面白い」キラン

アカネ「油断禁物だよ」

ちか「ふふふ・・・中々燃える展開だよね」

信代「うん・・・」


律「うわー・・・燃え上がってるよ」

澪「こっちだって!」メラッ

梓「です!」メラメラ

潮「がってん!」メラ

未知子「・・・」

紬「・・・」

多恵「HTTファイトー」

さわ子「成功するといいわね」

唯「行きます!ピピッー」メラメラ

澪「りつっ」ポン

律「うっし」ポス

潮梓「「 ・・・っ 」」ザッ

信代「三花!ちか!」

三花ちか「「 おっけー! 」」

潮「うっ・・・」

三花「ボールは渡さないよ!」

潮「なんのっ」スッ

三花「おっと」サッ

潮「はやっ!」

梓「・・・」サッ

ちか「・・・っ」

梓「・・・」ササッ

ちか(はやいっ・・・其の身軽さ猫の如し!)

律「・・・っ!」

エリ「・・・」ジリジリ

律「あっぶねえ」

澪「りつっAだ!」

律「っ!」ポン

三花「エー・・・?」

信代「梓ちゃんだから!」

ちか「・・・!」

梓「よいしょー!」ポス

ちか「ふふ・・・素早いね」

梓「潮先輩っ!」ポン

ちか「なっ!?」

信代「エリ!三花とプレスかけて!」

潮「狙い通りっ!律!」ポンッ

エリ「ワンタッチ!?」

三花「潮ちゃんすごいー!」

律「おりゃあああ」ボンッ

信代「っ!」バシッ

澪「上に弾いた!」

シュー

梓「ヘディング勝負です!」ピョンピョン

ザッザッザ

さわ子「行くのよ!」

紬「・・・!」

多恵「未知子ちゃん!」

エリ「え!?」

信代「っ!?」

唯「アカネちゃんと同時だよっ!」

アカネ「・・・っ!」

未知子「・・・っ!」ボンッ

信代「っ!」

シュッ

唯「ピッピー!ゴーーール!!!そして試合終了~!」

澪「やった・・・!」

律「うっしゃー!」

梓「やったです!」

未知子「や・・・たぁ・・・!」ヘナヘナ

多恵「未知子ちゃん!」

さわ子「侵掠すること火の如く・・・ね」フフフ

紬「・・・」

澪「やったな未知子!」ダキッ

未知子「っ!」

律「ナイスだー!」ダキッ

潮「素晴らしいー!」ダキッ

未知子「ちょっと!」

唯「わーい!」ダキッ

梓「ただ騒ぎたいだけじゃないですか・・・」

エリ「試合に勝って勝負に負けた感じがする」

アカネ「実際そうだよ・・・ふぅ」

三花「いいチームワークでしたなぁ」

ちか「あはは、そうですなぁ」

信代「未知子が走ってくるとは予想だにしてなかったぁ・・・」

エリ「あの風景みたらどっちが負けたのか分かんないよねぇ」

アカネ「まったくですねぇ・・・」

ちか「ふふっ・・・あははっ」

三花「・・・やられたぁっ!」

さわ子「武将と呼んでもいいのよ?」

澪「ボスッ!」

さわ子「違うわよ!」

律「変わんねえよ」

唯「未知子ちゃ~ん」スリスリ

未知子「唯ちゃん・・・?」

多恵「凄かった・・・。うん、凄かった・・・」

潮「信代に勝ったー!」

信代「ぐっ・・・」

エリ「あの作戦ってさわ子先生が?」

さわ子「そうよ」キラン

律「風林火山だよな!」

アカネ「・・・山はこっちだったけど」

澪「風林火だな!」

三花「なにそれ~」

潮「チリンチリン」

ちか「あはは、風鈴か!」

潮「ありがとう、ちか」ウルウル

信代「どうして涙ぐむ」

唯「あははっ」

梓「―――ッ!」


どうして向こうにいるんですか

どうしてそんな顔してるんですか

どうして輪の外にいるんですか

どうして寂しそうな表情なんですか


胸が締め付けられる

苦しい

駆けつけて手を引けばいい

こっちに連れてきて


ドウスルノ?


一緒に居るだけでいい!


ワラッテイレバイイ?


違う、そうじゃない!


ヨロコビヲコエデアラワセラレナインダヨ?


知ってる!それを確認する必要はない!


ココニイルノトムコウニイルノトドウチガウノ?


全然違う!ここに居れば!輪の中に居ればそれだけで


ソウイッタノ?


分かる!楽しそうだから、表情で表現してくれるから!


ダカラ、タノシイトソウイッタノ?


う、うるさい・・・


メヲソラシテルノハワタシジシンダヨ


うるさいっ!!!!!


ツンツン

梓「ッ!」ビクッ

唯「あずにゃん?」

律「どした?」

澪「気分悪くなった?」

梓「ちが・・・むぎせんぱいが・・・」

紬「?」

梓「あ・・・」

唯「むぎちゃんがどうしたの?」

紬「???」

梓「いえ・・・なんでも・・・」



私は

むぎせんぱい自身がドイツへ行くことをどう思っているのか聞いていない

『今』が楽しければ楽しいほどそれは鎖にならないのか

そんな事考えていなかった

私は見送る側だから

ここには先輩たちが居てくれるから

だけど、ドイツには先輩たちがいない


考えてすらいなかった

想い出を増やして安心したいのは私の方だったんだ

1人でその想い出を抱えて旅立つむぎせんぱいは

どう思うんだろう

さっきの表情はそれを表していたのではないか

私は自分の事しか考えていなかったんだ

私がむぎせんぱいの立場なら―――


梓「―――悲しい」

紬「?」

唯「りっちゃん、辛子取って~」

律「七味辛子?はいよ」

唯「セーンキュー!はい、むぎちゃん、あずにゃんへ」

紬「・・・」スッ

梓「?」

唯「辛子だよ?」

梓「???」

唯「辛子が欲しいんでしょ?」

梓「かな・・・そうです。ラーメンには辛子です」

サッサッ

梓「う・・・」

唯「入れすぎだよ~」

梓「こ、これぐらいがいいんです」ズルズル

律「ずるずるっ」

澪「海でラーメンもオツなものだな」

さわ子「カレーもいいわよ」



キケバイイ


寂しいですか?って?それは無神経だ


ミナカッタコトニスレバイイ


あんな表情のむぎせんぱいを放っておけない


キノセイダッタンダヨ


そうかもしれない。けど、そうだったら


マタヒトリデサマヨウノ?


同じ轍は踏まない


ワタシガムギセンパイノココロヲスクイアゲル?


うん


ソレハムリダ


そんなこと


ワタシハムギセンパイデハナイカラ


―――ッ


ちか「今年の夏は海に来ていなかったから、来れてよかったね」

エリ「うんうん、人もいないし貸切気分だよね」

アカネ「料理もおいしい」

三花「海といったらカレーだよね」

唯「カレーといったらキャンプだよ~」

澪「そうだな」

アカネ「っ!」グサッ

エリ「トラウマが」グサッ

律「私悪くないもーん」

多恵「トラウマ?」

三花「置いていかれたって話だよね」

ちか「りっちゃん達がキャンプから帰ってきた時に、エリちゃんとアカネちゃんが日にち間違えて
   集合場所で待機していたんだって」

多恵「・・・」

さわ子「そのリアクションは間違ってないわ」

エリアカネ「「 うわーん! 」」

潮「また泣き出した」

信代「これはしょうがないよ」

紬「・・・」ニコニコ

梓(いつも受け取る側になってしまうんだ・・・)ズルズル

未知子「・・・」モグモグ

梓「・・・ふぅ、ごちそうさまです・・・・・・辛かった」

未知子「私もごちそうさま。お腹いっぱい」

紬「・・・」ズルズル

梓(会話に参加したいんだと思う・・・。自分の気持ちを言葉に乗せて伝えたい事があると思う)

紬「・・・」モグモグ

梓(それができなくて寂しくないわけが無い・・・)

紬「・・・?」モグモグ

梓「っ!」サッ

紬「・・・」ジー

梓(露骨に目を逸らしてしまった・・・。聞かれたら聞いてしまいそう・・・)

紬「・・・」ツンツン

梓「みっ、未知子先輩っ!」

未知子「ど、どうしたの?」

梓「おかわりいかがですか!?」

未知子「さっきお腹いっぱいって言ったよ・・・?」

梓「ですよね・・・」アハハ

紬「・・・」ツンツン

梓「かっ、カキ氷とかどうですか!?」

未知子「まだやってるのかな?」

律「さっきから梓はなにをやっているんだ?」

澪「さぁ・・・?」

紬「・・・」ツンツン

唯「ん?どうしたのむぎちゃん」

紬「・・・」トントントトトントン

唯「なんとまぁ・・・」

紬「・・・」ションボリ

梓「すいませーん、店員さーん」

唯「ちょいとあずにゃんやい」

梓「なんですか?」

唯「むぎちゃんを無視するなんてどうしたんだい?」

店員「はーい」

梓「し、してませんよ。・・・カキ氷ってまだやってますか?」

店員「やってますよ」

梓「だそうです」

未知子「うーん・・・今年最後のカキ氷なんだよね」

唯「いちごで一つ!・・・むぎちゃんが悲しんでいるよ」

店員「この店も今日で閉店ですから、最後のお客さんですので半額にしますよ~」

さわ子「商売上手ね。食べたい人頼んでいいわよ。私の奢りにしとくわ」

律「さすがさわちゃん!私コーラで!」

梓「オレンジで一つ。・・・無視なんてしてませんよむぎせんぱい」

紬「・・・」ジー

梓「う・・・」

澪「一つは多いな・・・。誰か半分ずつ食べない?」

多恵「私と・・・」

澪「うん、味はどうする?」

多恵「澪さんにお任せする」

澪「分かった。レモン一つ」

店員「はい、かしこまりました」

エリちか「「 ~っ! 」」キーン

律「このこめかみを刺激する冷たさがたまんねぇ~!」

紬「・・・!」キーン

多恵「アイスクリーム頭痛ですよね」パクッ

澪「多恵は平気なんだ?」

多恵「うん。どうぞ」

潮「・・・」

律「なんで宇治金時頼んでんだよ!」

潮「食べたかったから・・・」

さわ子「そういう割には進んでないわね」

潮「・・・」

信代「一番高いから頼んだでしょ?」

潮「大好物だって」パクッ

さわ子「それはよかったわね」

潮「おいしい~。・・・」フゥ

律「なんでため息が出るんだよっ!」

信代「量的に失敗したんだよ」

潮「・・・」モグモグ

ちか「私が手伝ってあげるよ」パクッ

アカネ「私も」パクッ

潮「どうぞどうぞ」

ちか「・・・ごちそうさま」

アカネ「あま・・・い・・・」

律「当たり前だろ」

三花「どれどれ」パクッ

潮「梓ちゃんも食べてみて」

梓「それでは・・・」パクッ

信代「減らそうと必死だな」

三花「予想以上に甘いね・・・。ごちそうさま」

梓「オレンジが一番です」

潮「ほら澪も唯も食べて」

さわ子「もしかして、罰ゲーム気分なの?」ジロ

潮「ちゃんと自分で消化します」

さわ子「消化・・・?」

潮「おいしくいただきます」パクッ

律「アホだな」

潮「おいしぃ~・・・」

唯「おいしぃ~」

未知子「・・・」


69
最終更新:2011年10月04日 23:28