夏「・・・」

姫子「もしかして、ケンカした事がないとか」

夏「冬がケンカ・・・、梓と・・・?」

純「いえす」

姫子「・・・」

夏「・・・」

純「ほら、教えてよ」

姫子「・・・」

夏「姫子先輩の言うとおりです。仲直りなんてした事ありません」

純(ケンカした事が無いから・・・そういう意味だったんだ・・・)

姫子「・・・」

夏「私がケンカの火種を起こしても、すぐ消してしまうんです。先に折れるから」

純「・・・冬らしい」

姫子「・・・」

夏「ケンカできるほどの?がりを持ったことがなかったから・・・しょうがないんです」

純「・・・」

姫子「そんな事だったんだ・・・」

純(姫子先輩っ!)

夏「そんな事すら経験してこなかったんですよ・・・。だから今、冬は梓の顔色をうかがっているんです」

姫子「そっか・・・。どうしてケンカになったと思う?」

夏「・・・さぁ」

純「本当に分からないの?」

夏「その場にいなかったでしょ・・・分かるわけない・・・」

姫子「ケンカをした事がないなら、どの程度で冬が怒るのか・・・とか知っていると思った」

純「・・・ほぉ」

夏「なんですか、探っているんですか?」

姫子「冬をね」

純「私は梓だけど」

夏「・・・」

姫子「仲直りさせればいいんだ・・・。ありがと夏。さ、戻ろうか」

純「そろそろ聞かないとなぁ」

姫子「なにを聞くって?」

純「火種の事です」

姫子「あぁ・・・相馬さんだっけ」

夏「・・・私はケンカした事ないのに・・・・・・梓・・・すごいな・・・」

冬「・・・」チラッ

梓「ようやくまともになってきましたね」モグモグ

紬「・・・」モグモグ

律「うめえ」モグモグ

三花「うん、うめえ」モグモグ

エリ「今度はもやしが減らなくなった・・・」

さわ子「潮ちゃん・・・無理しなくていいのよ?」

潮「・・・はい。限界でした」

純「あ、まともになってる!やった」

姫子「・・・よかった」

紬「・・・」スッ

梓「お茶碗もってどこへ行くんですか?」

紬「・・・」チラッ

梓「チゲ鍋ですか・・・」

紬「・・・」ルンルン

スタスタ

冬「・・・」

梓「よいしょ」スッ

純「どこへ行きなさる」

梓「ち、チゲ鍋が呼んでいるから・・・」

姫子「冬・・・寄ってくれるかな」

冬「は、はい」ススッ

純「向こうはもう席空いてないよ」

梓「・・・」

純「よいしょ」スッ

梓「どうしてそこへ座ったの」

純「こ、ここがいいポジションだから」

律(もうちょい上手く言えよ・・・。隣同士にさせようって魂胆みえみえだ)モグモグ

冬「・・・」モジモジ

梓「・・・」

さわ子(初々しいカップルのようね・・・)モグモグ

梓「冬・・・」

冬「は、はい!」

風子(かわいい・・・)ホンワカ

梓「食べないの?」

冬「・・・た、食べます」ヒョイヒョイ

姫子(もやしだけ・・・)モグモグ

梓「・・・」

冬「・・・」

慶子(この二人面白い・・・)モグモグ

梓「おたま貸して」

冬「ど、どうぞ」

エリ(和むな~)モグモグ

梓「・・・」ヒョイヒョイ

冬「あれ、もやししか入ってない」

律「・・・っ」プルプル

信代(ツッコミたいんだろうなぁ・・・)モグモグ

梓「貸して」

冬「えっ・・・は、はい」

夏「・・・」モグモグ

梓「適当に入れるよ?」ヒョイヒョイ

冬「は、はい・・・おーけー」

律「・・・っ!」プルプル

澪(空気壊したくないもんな・・・耐えるんだりつ・・・)モグモグ

梓「・・・どうぞ」

冬「あ、ありがとうござ・・・さんきゅー」

未知子(言い直した・・・緊張してるのかな・・・)モグモグ

梓「・・・」モグモグ

冬「・・・」シャクシャク

三花(なにこの癒し空間・・・)モグモグ

梓「おいしい?」

冬「う、うん・・・おいしい」シャクシャク

唯(いいですなぁ~)ホンワカ

憂(梓ちゃんったら・・・)ニコニコ

冬「み、味噌ともやしって・・・合うよね・・・」

梓「・・・うん」モグモグ

和(一生懸命話題探しているわね・・・)モグモグ

冬「札幌通ったんだよね・・・?」

梓「ん?・・・うん」モグモグ

多恵(それは私も聞きたい話・・・)モグモグ

冬「どう・・・だった・・・?」

梓「・・・」

澪(思い出させてしまっているな・・・。夏のむぎを・・・)

冬「・・・」

梓「むぎせんぱいと食べた味噌ラーメンがおいしかった」

律(梓・・・)

冬「そうなんだぁ」パァァ

姫子「どうして嬉しそうなの」ヒソヒソ

夏「一応憧れているんで・・・。北海道でラーメン食べることを」ヒソヒソ

冬「他にはどこへ!?」

梓「やけに北海道に食いつくね・・・」

冬「あ・・・」チラッ

夏「もぐもぐ・・・。ちか先輩、もやしがぐれてますよ」

ちか「ふふっ、『あーあっついなぁー』って?」

夏「ちか先輩ノリがいいですね!大好きです!」

ちか「あははっありがとっ」

潮「・・・」

純「・・・」

さわ子「はやく食べてあげなさいよ」

冬「憧れている場所だから・・・」

梓「そうなんだ・・・」



紬「・・・」ニコニコ

風子「仲直りできたね」

紬「・・・」コクリ

春子「仲直り?ケンカしてたのあの二人?」

風子「そうだよ」

慶子「春子気付いてなかったの?」

春子「あー・・・うん」

美冬「二人見ていたら分かるでしょ」

アカネ「うん。二人の雰囲気が少し違ってたね」

夏香「ケンカするほど仲が良いって本当だよね」

澪「そうだな。ケンカができないのは時として寂しい事なんだ」

いちご「・・・」

紬「・・・」スッ

澪「よそいでくれるのか、ありがとう」

風子「それって・・・。そうだよね」

慶子「・・・ふむ」

夏香「・・・なんだかんだで、夏は同じ鍋を囲んでいるわけで」

美冬「それを知ってか知らずか冬も過ごしているわけで」

アカネ「・・・うん」

春子「おかしな二人だな・・・」

紬「・・・」ニコニコ

澪「そうだな。ありがと、むぎ」

憂「食材足りてますか?」

いちご「・・・うん。大丈夫」


――・・・


和「そろそろお開きね」

紬「・・・」コクリ

唯「ふぃ~、お腹いっぱいだよ」ゲフ

英子「そっちのお鍋も綺麗に食べたね」

夏香「三つの鍋完食だね」

いちご「片付けるね」

憂「置いてていいですよ」アセアセ

律「いやいや、場所を提供してくれたんだから食器を片付けるのは義務だよ憂ちゃん」

澪「信じられない・・・」

律「そう、私が常識を言うと澪は驚愕するんだぜー?」フフン

信代「それって信頼じゃないよな・・・」ウーム

エリ「深く考えちゃダメだよ」

さわ子「と、言っても台所の人数は決まってるから無理は出来ないわね~」

多恵「いいのかな・・・」

律「いいって、いいってー。休んでおこうぜー」

澪「うんうん。それでこそ律だ」

純「・・・」

未知子「それじゃお掃除しよっか」

三花「賛成~」

さわ子「えぇ~」

夏香「先生がそんな嫌な顔しないでくださいよ」

美冬「さ、さわ子先生!?」

唯「これが本性だよ!」ビシッ

さわ子「ほら、飯田さん近田さん窓を開けてまずは換気よ」キリ

春子「はいよっ」

慶子「よいしょっと」

ガラガラッ



梓「え・・・?」

冬「?」

姫子「梓・・・?」

夏「???」

梓「冬・・・もう一度聞くけど・・・。相馬さんは・・・『最高の場所』を見つけてないの・・・?」

冬「う、うん・・・。沖縄の記事ではそう書いていたよ・・・」オロオロ

純「!」

律「なにっ!?」

澪「え・・・?・・・え?」

和「そうなの?」

唯「そういえば・・・そうだね。見つけたなんて一言も言ってなかったよ」

夏「どこかで・・・?」

憂「夏ちゃんはその話知らないの?」

夏「・・・うん」

憂「・・・・・・そうなんだ」

梓「・・・見つけていないのに」イライラ

純「いや、『最高の一枚』は撮れたって言ってたじゃん」

梓「そこが『最高の場所』とは限らないでしょ」ムカムカ

純「落ち着けって。お父さんの話を聞いてた?」

梓「・・・」

純「ほら、忘れてる。少なくとも一度は見つけているって事だよ」

冬「なんですかっ!?その話詳しく聞かせて!」

純「お、落ち着け・・・」

梓「『最高の場所』って二つ以上見つけられるの?」

純「そ、それは」

冬「失った、離れていった・・・」

梓「失くしたって・・・。失くす程度の場所なんだ」

純「始まった・・・」

澪「重要な話だから聞いていようか」

姫子「うん」

夏「・・・」

さわ子「よいしょ」



冬「小さい頃の宝物って今でも持ってるの梓」

梓「失くしたよ。それとこれとは違うでしょ」

冬「・・・。大人になったらガラクタだって言うんだ?小さい頃どんなに大切にしていたモノでも
  そう言ってしまえるんだ」

梓「そうだよ。あの時の気持ちが偽物だとは思わない。けど、成長したらそれはガラクタだよ
  いつまでも持っていていいモノではないんだから」

冬「その宝物と一緒に、大切にしていた気持ちも持っていてはいけないの?」

梓「・・・そうなんじゃないかな」

冬「それは『最高の場所』も廃れると言っているようなもんだよ」

梓「それはやっぱりその程度の場所だったと認めるって訳?」

冬「認めない。そんなに簡単に見つけた場所だとは思えないから」

梓「冬は持ってるの?宝物」

冬「持ってない。捨てたりあげたりして手放したから」

梓「よく分からないよ。何が言いたいの?」

冬「『あの時の気持ち』て言ったけど、その気持ちはハッキリ持ってるの?」

梓「持ってるって、なに?」

冬「覚えているのかって事」

梓「!」

冬「忘れているのなら、それは相馬さんが失くした事の意味を理解できないと思う
  でも、小さい頃の宝物を大事にしていた気持ちが覚えているならそれは、その程度の気持ちではないよ」

梓「それは冬が相馬さんから直接受け取った言葉なの?」

冬「うん。4年前の北海道の旅で得た経験と失った経験が成長した証として沖縄の旅で記されていたから」

梓「!」

純(梓は相馬さんの事全然知らないから・・・冬の主張には正当性があるように聞こえる)

冬「『最高の場所』を失くしても、忘れない限りその場所は存在し続ける
  糧となってその人を強くしてくれる。そう教えてくれたんだから」

梓「――ッ!」

冬「どうして梓は相馬さんを―」

純「冬、それは今聞かないで」

冬「?・・・と、とにかく。人の表面だけをみてそれだけで評価するのはよくないよ」

梓「っ・・・」

夏(冬が説教するなんて・・・)

梓「見つけていないのにその場所が存在すると言われて、平然としていられない」

冬「・・・どうして?」

梓「その場所を・・・私も探しているから・・・」

冬「相馬さんはそんな無責任なことはしない。会ったことないけど、数回メールでやりとりしただけだけど
  それだけはハッキリと言えるよ」

梓「・・・どうして?」

冬「さっき言ったパートナーの海琴さんと『ニライカナイ』を見つけたから
  信頼している人との旅だから見つけることができたんだと信じられるから」

梓「・・・うん」

冬「あ、あれ・・・?」オロオロ

姫子(話は終わったかな・・・)

律(むぎと旅をしていたから、それは素直に理解できるか・・・)

澪(そっか、一度見つけていたのなら・・・・・)

さわ子「なるほどねぇ・・・」

夏「・・・」

憂「純ちゃん・・・どうして止めたの」ヒソヒソ

純「今聞いても感情だけで答えるでしょ、私がちゃんと聞くから」ヒソヒソ

律「なんて聞くんだよ」ヒソヒソ

純「どうしてそんなに波長が合わないのかって」

唯「あーっずにゃん!」ダキッ

梓「・・・なんですか」

唯「えへへ、なんでもないよ~」スリスリ

梓「・・・」グググ

唯「ぉ・・・」ムググ

紬「?」

英子「後片付け終わったよ」

風子「帰ろう帰ろう」

唯「帰っちゃうの・・・?」

春子「明日学校・・・だぁ・・・」

さわ子「帰りましょうか」


――・・・


夏「おやすみなさーい」

姫子「じゃ、明日・・・。って毎日この台詞だね」

唯「そうだね~」

冬「お、おやすみ・・・」

梓「おやすみ。明日ね」

冬「う、うん・・・」

スタスタ

紬「・・・」フリフリ

唯「ばいば~い」

律「じゃ、帰るかぁー」ノビノビ

澪「そうだな。ごちそうさま憂ちゃん」

憂「いえ、みなさんが最後まで手伝ってくれたので」

澪「私たちなにもしてなかったけどな」

和「いいのよ。大事な話だったんでしょ?」

澪「・・・うん」

純「いえす」

風子「ばいばい」

英子「おやすみ」

夏香「・・・ふぁ、ばいばい」

純「ではでは」

梓「あれ、むぎせんぱい・・・。斉藤さんは・・・」

唯「今日はむぎちゃんお泊りだよ!」

紬「・・・」ニコニコ

梓「聞いてませんよっ!?」

律「じゃあな」

澪「おやすみ」

スタスタ

純「何事も無かったかのように・・・」

梓「ばいばい、純」

風子「残る気だね」

唯「ウェルカムだよ!」

純「まぁまぁ」ガシッ

梓「帰らないっ!」ジタバタ

純「子供かっ!?」

英子「帰ろうね」ガシッ

夏香「いい時間だからね」ガシッ

梓「ちょっ!」

紬「・・・」フリフリ

憂「おやすみ梓ちゃん」

和「引きずられていくわね」

ズルズル

梓「おやすみなさー・・・ぃ・・・」


73
最終更新:2011年10月04日 23:37