唯「あずにゃんの挨拶が木霊する・・・」

風子「こんな風に帰るの多くなったよね」

純「そうですね。なんか、日課みたいな感じです」

英子「そうだね。・・・面白いね」

夏香「面白い?」

梓「きっと、何事もなかったら今は違う場所にいたんですよ」

純「なかったら・・・か・・・」

風子「じゃあさ、この『今』がある事はいい事なのかな」

梓「・・・」

夏香「・・・ちょっと、ふぅ」

英子「・・・」

純「どうなのさ?」

梓「いい事だとはハッキリ言えない・・・
  むぎせんぱいの事があるから・・・言いたくは・・・ない・・・です・・・」

風子「そっか・・・」

夏香「・・・うん」

英子「・・・」

梓「でも、『今』を後悔したくないです。
  大切な時間だったと後から言えるように・・・。だから、一緒にいてください」

風子「まぁ」ポッ

夏香「まぁ・・・」

英子(そう言ってくれるんだね・・・嬉しいのと恥ずかしいのと)

純「・・・」

梓「・・・今のは無しで」

風子「遅いよね~」

夏香「今の唯に聞かせたいからワンスアゲイン」ピッ

梓「っ!」バッ

夏香「あっ!」

ピッ

梓「録音しようとしないでくださいよっ!」

英子「疾かったけど、その動きはどうしたの?」

梓「言葉おかしいですよ英子先輩・・・。前にもむぎせんぱいに・・・あ」

風子「同じようなこと言っちゃったんだ~」

梓「ち、ちがっ!」

夏香「明日聞いてみようか」

風子「そうだね~」

梓「そ、そんな恥ずかしい台詞を言った訳じゃ」アセアセ

風子「今の台詞恥ずかしかったんだ」

梓「違いますと言ってます!」アセアセ

夏香「言葉おかしいよ」ニヤリ

英子「ふふっ」

純(いじられキャラが定着したか・・・。でも、さっきのは・・・雰囲気を変えたくて言った台詞だ
  『今』を良い方向に持っていくように。・・・・・・空気を読んだ)

梓「助けてよっ」

純(いや、本音も混じっていたのかも・・・
  あの人と会ってから梓は不安定ながら、よろめきながら、まっすぐ歩いている)

梓「純・・・?」

純(それなのに嫌っている。波長が合わない理由を探っていたけど、答えに辿り着けない
  それは梓にとっていい事なのか・・・。『嫌いだから』と、ただの感情で片付けていいのか・・・)

風子「純ちゃん?」

純(二人っきりの時に聞きたかったけど・・・しょうがない・・・)

英子「どうしたの?」

純「梓さぁ・・・」

梓「?」

純「どうして相馬轍を・・・そんなに否定すんの?」

梓「!」

夏香「・・・誰?」

英子「その名前・・・」

風子「キャンプで出会った人。・・・それ以前に梓ちゃんたちとは出会っていたみたいだけど」

梓「今・・・聞く事なの?」

純「今日、冬と二回も衝突したでしょ。原因は分かってるよね」

夏香(ケンカの理由・・・)

梓「なにそれ、楽しかった思い出で終わる一日をそんな事で濁らせるの?」

純「濁らせてるのは誰だよ」

英子「二人とも・・・」

梓「私だって言うの?」

純「冗談でしょ?気付いてなかったとか言わないよね?」

梓「なっ!」

純「なに?」

風子「待って、・・・純ちゃん、目的がズレてるよ」

純「!」

風子「梓ちゃんも、どうして冬ちゃんとケンカになったか・・・教えて欲しいな」

梓「そ、それは・・・」

風子「キャンプの時もあの人がいる時、様子変だったよ?」

梓「・・・」

純「これだけは言わせてください」

風子「?」

純「冬が相手だったから、同じ目線で話せたから得るものがあったけど
  相手が先輩たちだったらどうするの?」

梓「!」

純「澪先輩にも突っかかるの?律先輩に同じ目線になれって?唯先輩とケンカするの?」

梓「ッ!」

純「紬先輩と衝突できるの・・・?」

梓「・・・ッ」

純「いい加減にしなよ・・・」

梓「・・・・・・あの人に出会ってから・・・全てがおかしくなった・・・」

風子「災いって・・・」

梓「そうです・・・。私の・・・全てをおかしくさせるんです」

純「・・・」

英子「・・・」

夏香「・・・それは、確実にその人のせいだと言える・・・の?」

梓「言えません・・・。簡単に言えば―」

純「波長が合わないって?・・・それは適当に言葉を見つけただけ」

梓「!」

風子「純ちゃんも・・・少し変だよ?」

純「・・・分からないんですよ。相馬轍の名が出てくるたびに周りに当たって
  冬にまで当たって・・・。冬が相馬轍のファンで、言い返してくれたから梓は救われてるようなもので」

梓「・・・どういう事?」

純「勝っちゃいけないケンカっていうのかな・・・」

英子「・・・・・・言い換えれば天狗、うぬぼれる、慢心する、思いあがる」

梓「ッ!」

純「そう、それです・・・。冬にケンカ勝ちしていたら、それでいい、これでいいで終わっていたんです」

夏香「・・・」

梓「・・・」

純「そろそろ、決着つけなよ。もう会わない人なんだしさ・・・」

梓「それ・・・」

風子「それ?」

梓「波長が合わないで・・・合ってるんだよ・・・」

純「?」

梓「あの人は・・・『別れ』の雰囲気が纏わりついてる・・・」

風子「!」

純「『別れ』・・・?」

梓「キャンプの朝・・・あの人は玉恵さんに挨拶も無しに去って行った」

夏香「・・・だ、誰?」

風子「相馬轍さんの旅仲間」

英子「・・・出会いと別れは必須じゃないの?」

梓「そうです。でも別れは新しい出会いの為でもあるんです・・・。あの人にはそれを感じられなかった」

風子「!」

純「どういう事?」

梓「それは・・・分からない・・・。けど、その正反対の人と私は・・・いつも一緒に居るから」

純「・・・」

梓「あの人が『別れ』ならむぎせんぱいは『出会い』・・・波長が合ってない」

純「・・・そっか・・・、なんか納得しちゃった」

梓「むぎせんぱいとの『別れ』を・・・意識せざるを得ないから・・・。
  だから私はあの人が苦手なんだ・・・」

純(今気付いたのか・・・。梓自身が知らないことを私は問い詰めて)

梓「ありがと純・・・。なんだか、楽になった」

純「あ、そう・・・」

風子「で、でもさ・・・。『別れ』だけじゃないと思うよ?」

英子「ふぅ・・・?」

梓「どういう・・・?」

『轍さんのご両親は亡くなっているの・・・』

風子「そ、それは・・・その・・・。だって旅をしてたくさんの人と出会えているじゃない」

梓「そうですけど・・・。『出会い』を目的とした旅じゃないような雰囲気だったと言っているんです・・・けど」

風子「う、うん・・・そうなんだけどね」

英子「時間切れだね。私たちこっちだから、続きは明日話そうか」

梓「は、はい」

夏香「楽しかったよ。ありがとね」

純「なんか、変な終わり方ですいませんでした」

英子「いいよ。為になる話だったから・・・なんてね」

夏香(・・・英子の様子も変)

梓「そうですか。それでは明日です」ペコリ

純「おやすみなさい」ペコリ

風子「あした・・・ね」フリフリ

スタスタ

夏香「二人とも何があったの?」

英子「風子の様子が変だから」

風子「・・・うん」

夏香「話の途中で・・・何か気付いたとか?」

風子「あの人・・・相馬轍さんなんだけどね・・・」

夏香「人気者だねぇ」

英子「その人が?」

風子「・・・ご両親亡くされてて・・・。親友さんも亡くしてるの・・・」

夏香英子「「 ! 」」

風子「梓ちゃんが・・・『別れ』の雰囲気を纏っているって言い切って・・・少し悲しくなった」

夏香「・・・的を射てる分・・・真実は伏せるべきなのかな・・・」

英子「そういう事だったんだね」

風子「それが理由で嫌われるのって・・・寂しい・・・」

夏香「ふぅは変わんないねー」ガシッ

風子「ッ・・・なっちゃん!?」

英子「そうだね。でも・・・これ以上触れないほうがいいかもしれないよ」

風子「・・・うん。・・・別れても・・・その人は梓ちゃんに色々なことを教えているような気がする」



―――――平沢邸


唯「むぎちゃん寝ちゃった」ヒソヒソ

紬「」スヤスヤ

唯「本当は起きているんでしょ?」

和「静かにして唯」

唯「寝るなんてもったいないよ」ギンギラ

憂「紬さん起きちゃうよ」ヒソヒソ

紬「」スヤスヤ

唯「うーん」

和「どうして私まで・・・」

憂「たまにはいいんじゃないかな?」

和「たまには・・・ね」

唯「花火やろうよ、言っただけだよ」

紬「」モゾモゾ

和「ゆいっ」ヒソッ

唯「・・・」シーン

紬「」スヤスヤ

憂「・・・ふぅ」

唯「はい、寝ます」

和「・・・」

憂「」ウトウト

唯「オヤスミ・・・」

紬「」スヤスヤ




9月21日

チュンチュン

紬「・・・?」

唯「」スヤスヤ

和「」スヤスヤ

憂「」スヤスヤ

紬「・・・」ボケー

カチッ

紬「・・・」ボケー

コト

紬「・・・」モゾモゾ

紬「」ウトウト

紬「」スヤスヤ


――・・・

ピンポーン

憂「!」ガバッ

紬「」スヤスヤ

唯「」スヤスヤ

和「」スヤスヤ

憂「え・・・?今・・・何時・・・・・・寝過ごしちゃったぁ・・・」

ピンポーン

憂「和ちゃん」ユッサユッサ

和「・・・ん?」

憂「お姉ちゃんたち起こしてください・・・。あと時間が」

和「時間・・・目覚まし鳴った・・・?」

憂「鳴ってないよ。お姉ちゃんが止めちゃったのかも」

ピンポーン

憂「あっ!」ガタッ

和「待ってうい・・・。髪が・・・」ヒョイヒョイ

憂「ぁ・・・」

和「大丈夫よ」

憂「えへへ、ありがと」

テッテッテ

和「さて・・・二人を・・・」

紬「・・・」ジー

唯「」スヤスヤ

和「・・・」

紬「・・・」ポッ

和「その反応はなによ・・・」

紬「・・・」ユッサユッサ

唯「ぅん・・・んー?」ボケー

和「・・・」

紬「・・・」ヒョイヒョイ

唯「ありがとー」ボケー

紬「・・・」ポッ

和「それは私に対する当てつけなのね?」

紬「・・・」コクリ

和「頷いたわね・・・」

唯「何の話ー?おはよー」

和「・・・いいわ。一度うちに帰って着替えてくるわね」

唯「ごはんはー?」

和「時計見て、食べてる時間なんてないわ」

紬「・・・!」

唯「どうしてこんな時間なの!?」

憂「紬さん、斉藤さんが制服届けてくれました」

紬「・・・」コクリ


――・・・


紬「・・・」スッ

和「そうね、そのベンチに座って食べましょ」

唯「おにぎり一つくらい食べる時間はあるよね」

紬「・・・」コクリ

憂「・・・教室では食べられませんよね」

和「私たちは食べられるけど、憂は1人で食べられないでしょ?」

憂「・・・うん」

紬「・・・」モグモグ

唯「ここでなら見られても平気だもんね」モグモグ

和「・・・」モグモグ

憂「・・・」モグモグ

「あれ、平沢さん?」

憂「あ・・・」

「こんなとこで何してんのー?」

憂「朝ごはんを食べてるの」

「おはようございます」

唯「おはよ~」モグモグ

和「確か、同じクラスの」

「はい、憂ちゃんと同じクラスの者です」

紬「・・・」モグモグ

「いいなー、外で朝ごはんなんて・・・」

「ほら、邪魔してるから。先に行ってるね平沢さん」

憂「後でね」

「ごゆっくり~」

「ゆっくりしたら遅刻しちゃうでしょ」

憂「クスクス」

紬「・・・」

和「確かに・・・外で食べる朝ごはんも、偶にはいいわね」

唯「うんうん、のんびりしてられないけど。いいよね」

憂「でも、どうして目覚まし鳴らなかったんだろう」

和「・・・唯でしょ?」

唯「ん?なに?」モグモグ

憂「鳴った途端に止めちゃった?」

唯「そうなのかな・・・?覚えてないや」エヘヘ

紬「・・・」

夏「あれ?」

紬「・・・」ニコ

夏「おは・・・ようございます?」

紬「・・・」ペコリ

夏「何を見ていたんですか?」

紬「・・・」ニコ

夏「飛行機か鳥でも飛んでいたとか・・・」

紬「・・・」

夏「・・・」

唯「夏ちゃ・・・ん・・・?」

和「二人とも・・・なに・・・を・・・?」

憂「・・・?」



律「どうする・・・?」

澪「どうするって・・・。周りの注目を集めてるから・・・」

律「5人とも空みてんのな・・・。まずいなあれは」

澪「・・・」

パァン!

紬夏唯和憂「「「「「 ! 」」」」」

澪「ほら、学校に行くぞ」

律「打ち上げに成功したロケット開発技術者か?」

紬「・・・」テレテレ

夏「違います・・・」

唯「みてよ、うろこ雲・・・。今日の晩御飯は秋刀魚だよ」ジュル

和「太陽の光が強すぎて見えないけど、今も星は輝いているのよね」

憂「空気が綺麗だなぁ・・・」

律「そうか・・・。どうコメントすればいいのかな?」

澪「さぁ・・・とりあず向かおうか」

唯「はいよー!」

和「目が乾いたわね」

憂「私も・・・」

スタスタ

夏「・・・ふぅ」

紬「・・・?」


74
最終更新:2011年10月04日 23:40