――・・・


紬「・・・」クイックイッ

梓「・・・大丈夫です。歩いて帰りますから」

律唯澪「「「 えっ!? 」」」

梓「なんですか?」

律澪「「 いや・・・ 」」

唯「なんでも・・・ないよ・・・」

斉藤「では、失礼します」ペコリ

紬「・・・」

梓「?」

律「どしたー?」

澪「?」

唯「むぎちゃん?忘れ物?」

紬「・・・」ニコ

梓「!」

紬「・・・」フリフリ

梓「お休みなさいです」

夏「おやすみなさーい」

冬「おやすみなさい」

澪「明日な」

律「明日なー!」

唯「むぎちゃん!また明日!」

憂「おやすみなさい」

風子「おやすみ~」

英子「おやすみ」

いちご「・・・」

紬「・・・」

ギュ

いちご「?」

紬「・・・」スラスラ

いちご「・・・うん。おやすみ。明日ね」

紬「・・・」コクリ

バタン

ブォォオオオ

いちご「・・・」

憂「・・・」

律「帰るか~!」

唯「お二人はお姉さんが送っていくからね!」ドン

冬「そ、そうですか・・・。はい」

澪「風子たちも気をつけてな」

風子「うん」

夏「明日な、梓」

梓「あ、待って!」

夏「?」

冬「どう・・・したの・・・?」

梓「そっちは西じゃない・・・ぷふっ!」

風子「梓ちゃん・・・プフッ」

律「夏・・・そっちだ」

夏「はい・・・」ジリジリ

梓「また明日ですっ!」ダッ

タッタッタ

律夏「「 逃げられたか・・・ 」」

冬「・・・」

いちご「・・・」

唯「西?」

憂「太陽が沈む方角・・・」

夏「明日どうやって仕返ししましょうか」

律「そーだな・・・。昼休み違う場所で食べるか」ウシシ

夏「梓だけ待ちぼうけですね」ウッシッシ

澪「・・・まったく」

英子「また、明日」フリフリ


――・・・


いちご「・・・」

梓「あの・・・」

いちご「・・・?」

梓「ど、どうしたんでしょうか・・・?」

いちご「・・・なんでもないよ」

梓「・・・」

風子(キミの事で悩ませているんだよ、梓ちゃん)

英子「・・・」

春子「あ・・・」

純「お・・・」

信代「ん?」

潮「ここで会ったが100分目!」

シーン

梓「・・・」

純(そんな顔すんなよ・・・。私でも傷つくっての・・・)

信代「自動修復できるから放っておいていいよ」

春子「今日はどこへ?」

英子「たい焼き食べてきたよ」

潮「ふふ、拙者の見間違いでござったでござるよ」

信代「動揺してるな・・・。傷は大きかった」

風子「ごめんね、仇討ちかと思っちゃった」テヘ

潮「間違ってないよ!」

純「どこ行ったのさ」

梓「河川敷へ」

純「ふーん・・・。夏も?」

梓「うん。どうして分かったの?」

純「夏が部室へ行きたがってたからさー。部室へ行って、その流れで行きそうだなーって」

梓「ふーん・・・」

いちご「・・・」

春子「どうした?」

いちご「・・・そんなに暗い顔してる?」

春子「?」

いちご「・・・みんな気にかけてくれる・・・。それがちょっと・・・」

春子「嫌?」

いちご「・・・ちょっと」

春子「おっけ」

風子「・・・」

梓「どうしてこんな時間に?」

信代「調理室借りて、ベッコウ飴を作ってきたよ。食べてみる?」

梓「いただきます」

潮「どうぞ、英子も食べて」

英子「あ、ありがとう」

梓「・・・」コロコロ

英子「懐かしい味・・・」コロコロ

梓「苦・・・」

純「焦がしたんだって」

信代「明日はもうちょっと上手く作ってみせる」

潮「焦がしたの私だけどね」

梓「・・・でも、おいしいですね」

英子「うん」

信代「よかった」

潮「やった!」

純「・・・嬉しいんですね」

春子「メール来た?」

いちご「・・・うん」

春子「珍しい面子でボウリングだって」

いちご「・・・うん」

春子「楽しかったみたいだよ」

いちご「・・・そう」

春子「・・・・・・珍しい」

いちご「・・・なに?」

春子「・・・別に」

いちご「・・・」

風子「いちごちゃん・・・。私が話をしなかったのは順序を変えたからだよ」

いちご「・・・」

風子「あの人には悪いけど、そうした方が―」

いちご「分かってる。あの二人を見たら・・・それが一番だって分かる」

風子「・・・うん」

春子(あの二人・・・。梓と・・・純ではないか・・・あの双子かな・・・)

いちご「・・・結果論じゃないってのも分かってる。姫の言いたい事も分かった」

春子(梓とどっちか、か・・・)

風子「・・・うん」

いちご「・・・何に対して考えているのかも分からなくなってきた」

風子「・・・・・・うん」

いちご「もう・・・」

春子「重要なのはそこで捨てない事・・・じゃない?」

いちご「!」

春子「捨てるのはいつでもできる。それはまだ早い選択だよな~」

いちご「・・・」

風子「・・・知ってるの?」

春子「いや、全然」

風子「・・・そう」

信代(どんどん広がっていく・・・何かが・・・。だけど、嬉しいことなんだと思う)


潮「そうだ、駄菓子屋の提案なんだけどさ、千歳あめはどうよ?」

梓「どうよ、って・・・七五三じゃないんですよ?」

潮「じゃあ、ほら・・・あれ、マトシュールカ」

純英子信代「「「 ??? 」」」

梓「もしかして、マトリョーシカと言いたくて、金太郎飴と間違えたんじゃ」

潮「本気で間違えたのに・・・。なんで分かったの?」

信代「マジかよ・・・」

英子「分からなかった・・・」

純「この才能・・・なんだろう・・・」




―――――夜・澪の部屋


ジャカジャカ

澪「律はこんなのがいいのか・・・。姫子と純も気に入ったバンド・・・」

things we've gone through the years

澪「ここ何年かのうちに起こった出来事は」

took us place we can't go back

澪「僕たちから あの頃いた場所を奪い去ってしまった」

can't you see? time to say goodbye

澪「分からないかい、お別れの時間さ・・・」

every time time time・・・

澪「・・・一週間か」

pipipipipi

プツッ

澪「はい。どうした?」

『明後日休みじゃん?』

澪「あぁ、秋分の日な」

『明日お泊りしようぜ!パジャマパーティー』

澪「ははっ・・・」

『乾燥した笑い声だな・・・』

澪「律の口からそんな・・・もう一度言って?」

『パジャ・・・パジャマパ・・・』

澪「どこの古代都市だよ」

『言わせるなよ』

澪「どこで?」

『そっちで!」

澪「・・・悪い。急な話だから難しいな。期待を持たせる事はできない」

『そっかー。ま、気にすんな』

澪「・・・」

『・・・』

澪「一週間切ったな」

『あぁ・・・』

「『時間が惜しい』」

『ハモったな』

律「夏と冬に負けてないぞ」

『はいはい。律のとこは?』

律「んー・・・。弟がいるから邪魔・・・ごほん。迷惑かけそうでさぁー」

『そっか・・・』

律「ぺ、ペンションでも借りて・・・」

『そんなお金ないだろ・・・。予約も必要だぞ』

律「だよなー・・・」

『・・・』

律「梓と夏って何があったんだ?」

『さぁ・・・』

律「なにか知ってる声だぞ今の」

『全てに決着がついてからだな』

律「ふーん・・・。でも、遠い話じゃなさそうだな」

『うん』

律「明後日コンサートに行くってマジか?」

『うん。嫌なら』

律「いやいや、全ての道はローマがどうのこうの」

『ローマに通ず。目的は?』

律「学園祭の大成功だ」

『なるほど・・・』

律「いい案はないのかねぇー」

『みんなにメールうってみたら?いい案もらえるかも』

律「なるほど、そいつぁ名案でぃ」

『じゃあ、明日な。おやすみ』

プツッ

律「・・・」パタン

ピッ

ジャッ ジャッ ジャッ

律「リアクションくれてもいいだろー」ブー

things we've gone through the years

律「・・・」

took us place we can't go back

律「ふむ・・・」

can't you see? time to say goodbye

律「・・・」

every time time time time I think about you

律「僕が君の事を思い出すとき」

everything about you in my mind

律「記憶の中の君の全てが」

makes me want to forget

律「忘れてしまいたくさせる」

everything about you and everything about me ALL THOSE TIMES

律「あの時の君のこと全てを あの時の僕のこと全てを・・・」

『1人でかっこつけないでください』

律「梓のやつぅ・・・」バタバタ


79
最終更新:2011年10月05日 20:06