39. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) 2011/09/01(木) 19:29:12.42 ID:hNaTs+3Io
―――――放課後

ダダダダッ

バンッ

唯「おぉーー!居ないっ!」

律「・・・んだよー」

唯「・・・しょうがない、待つとするかね」

律「そうですね」

唯「はやくこないかなー」

律「それを披露したい気持ちは分かるけど」

唯「違うよ。ただ、会いたいだけだよ」

律「そっか・・・」

ガチャ

唯「!」

律「お!」

梓「こんにちは」

律「・・・」

唯「あっずにゃん!」ダキッ

梓「ちょっ」

唯「待ってたよ〜」スリスリ

梓「・・・」ハァ

律「あれ、純と憂ちゃんは?」

梓「純はジャズ研へ、憂は掃除当番です」

唯「そ〜か〜」スリスリ

梓「・・・」グググ

唯「ぉ・・・」ムググ

律「文字通り無言の抵抗だな」
40. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) 2011/09/01(木) 19:30:05.55 ID:hNaTs+3Io
ガチャ

唯「!」

梓「!」

律「和か・・・」

和「ごめんね」

梓「なななんであやまるんですか!」

和「あからさまにガッカリされたから」

唯「もー、あずにゃんってば」

和「唯もね」

唯「そんなことないよー」

和「その反応もちょっと傷つくんだけどね」

律「トンちゃんでも見て和んでいようぜ」

梓「和んだことあったんですか?」

律「ないよ」

梓「・・・」

唯「和ちゃん生徒会無いんだよね?」

和「無くは無いけど」

律「いいのか?」

和「明日の私に頑張ってもらうからいいのよ」

梓「和先輩が言うとかっこいいです」

唯「昨日のわたし頑張ったんだよ、見てあずにゃん!」

梓「・・・す、すごいです」ペラペラ

唯「ふふん」

律「そしてこのしたり顔である」

ガチャ

唯「!」

梓「!」

律「・・・澪は悪くないからな」

澪「ご、ごめんな」

和「掃除当番は?」

澪「姫子が変わってくれた・・・」

唯「・・・そっか」

和「・・・」

澪「どうしてだろ?」
42. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) 2011/09/01(木) 19:30:56.47 ID:hNaTs+3Io
唯「・・・なかなか来ないね」ソワソワ

梓「・・・は、はい」ソワソワ

澪「お、落ち着け」ソワソワ

律「そうだぞ」ソワソワ

和「・・・」ソワソワ

ガチャ

憂「すいません」

梓「・・・」

澪「さすがだ」

律「なにがだ」

唯「さわちゃんと来るのかな?」

和「・・・どうかしらね、読めないわ」

澪「梓、どこで買うの?」

梓「決めてないですけど・・・」

唯「目星はつけてるの?」

梓「いえ・・・。できれば猫にしようかと」

憂「ねこ?」

梓「うん・・・」

律「理由を聞かせてもらおうか」

梓「・・・」

律「聞かせてもらおうか」

梓「・・・」

律「聞かせてくれないか」

梓「・・・」

律「聞かせて欲しいな」

梓「・・・」

律「教えてください!」

梓「・・・」

和「強固ね」

唯「それほど深い意味があるんだね」キラン

梓「ないですよ?」

律「ないのかよっ!」

澪「踊らされたな」

律「・・・」
43. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) 2011/09/01(木) 19:31:59.88 ID:hNaTs+3Io
憂「どうして、ねこなの?」

梓「きぐるみ着ていたから」

澪「なるほど」

ガチャ

純「こん・・・」

唯「・・・」

梓「・・・」

澪「・・・」

和「・・・」

律「・・・」

憂「・・・」

純「・・・っ」

ガチャ

タッタッタ

憂「まって!」

ガチャ

タッタッタ

律「なんだこれ?」

澪「すごく嫌な空気が流れたな」

和「自分を責めたのね」

唯「誰も悪くないんだよ」

梓「タイミング的なものが悪かったですね」
44. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) 2011/09/01(木) 19:32:59.80 ID:hNaTs+3Io
バタンバタン

ドサドサッ

澪「!」ビクッ

唯「ん?」

律「・・・物置?」

梓「音が聞こえましたけど・・・」

和「・・・?」

唯「だ、だれかいるの!?」

ガチャ

紬「・・・」

唯「む、むぎちゃん!?」

梓「えっ!?」

紬「・・・」ニコ

律「いや、ひきつってるぞ」

和「どうしたのよ」

紬「・・・」スヤスヤ

和「ボディランゲージね」

梓「寝ていたんですか?」

紬「・・・」コクコク

律「どうしてこんなとこで?」

ギュ

和「・・・え?」

紬「・・・」スラスラ

和「み・・・ん・・・な・・・を・・・」

梓「どうぞ」スッ

ギュ

紬「・・・」スラスラ

梓「お・・・ど・・・ろ・・・か・・・」

唯「どうぞ」スッ

梓「ちょっ!」

ギュ

紬「・・・」スラスラ

唯「せ・・・よ・・・う・・・と・・・」

律「梓で把握できたんだけど」
45. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) 2011/09/01(木) 19:34:17.47 ID:hNaTs+3Io
澪「」ガクガク

紬「・・・」チョンチョン

澪「ヒッ」

紬「・・・」

律「みおー」

紬「・・・」スッ

律「わ、分かった」

澪「」ブルブル

紬「・・・」ヒョイヒョイ

和「髪の毛をいじってるわね」

唯「みつあみがお勧めだよ」

律「髪がくせになるぞ、あれは」

唯「やったことあるの!?」

律「ね、ねえよ!」

梓「・・・」

紬「・・・」キラキラ

律「できたーって顔してんな」

唯「なんだ、あずにゃんと一緒じゃないの〜」

梓「なんだとはなんですか」

澪「?」

紬「・・・」ニコニコ

澪「・・・なん・・・だ?」

紬「・・・」ガシッ

澪「・・・む、むぎっ!?」

紬「・・・」フルフル

和「髪に触るなって言っているわね」

澪「か、髪・・・?あ、またっ!」

紬「・・・」ニコニコ

澪「・・・しょうがないな、むぎは」ハァ

紬「・・・」ニコニコ

梓「・・・」
46. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) 2011/09/01(木) 19:34:54.25 ID:hNaTs+3Io
律「純と憂ちゃんはどこまで行ったんだ?」

憂「ここにいますよ」

紬「・・・!」

純「唯先輩の掌に文字を書いている時からです」

唯「そっかー、そんじゃみんな揃った事だし行こうよ!」

澪「・・・そうだな」

梓「純、ジャズ研は?」

純「今日はお休み」ブイッ

律「別名サボリ」

純「・・・今日はお休みをいただきました」

憂「そうなんだ」

梓「・・・」

和「・・・唯」

唯「ん?」

紬「・・・」スタスタ

和「ボイスコードは?」

紬「!」

唯「あ、忘れてた〜」ウッカリ

紬「・・・」ワクワク

唯「むぎちゃん!これを見てよ!」

ジャン!

紬「・・・」キラキラ

和「お気に召したようでなによりね」

憂「ふふっ」

梓「・・・」

唯「母音を設定した方法があるんだよ」

澪「『黒鍵』を『あいうえお』に変換する方法だな」

紬「・・・」コクコク
47. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) 2011/09/01(木) 19:35:50.11 ID:hNaTs+3Io
唯「『ド#をあ』『レ#をい』『ファ#をう』『ソ#をえ』『ラ#をお』だね」

梓「・・・」

純「カ行からどうするんですか?」

律「黒鍵の5つが母音なら、白鍵の7つは子音だ
    ドを『K』レを『S』ミを『T』ファを『N』ソを『H』ラを『M』シを『R』で、一つ高いドを『Y』」

紬「・・・」コクコク

和「『か』は『ドとド#』ね」

唯「『ゆい』を発声するなら、『高いド、ファ#でゆ』、『レ#でい』だよ」

紬「・・・」キラキラ

梓「『わ』、『を』、『ん』、が余りますよ?」

憂「『わ』、『を』は『Y』グループに入れることが出来るよ」

律「ここらへんがやっかいだな」

純「濁音もですね」

澪「そうだな・・・」ウーム

唯「子音を二回押すのはどうかな」

憂「そうだね、『ドドレ#』で『ぎ』です」

梓「・・・」

唯「どうかな?むぎちゃん」

紬「・・・」

テッテッテ

律「お、さっそく鍵盤を弾くのか」

紬「・・・」コクリ
48. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) 2011/09/01(木) 19:36:45.38 ID:hNaTs+3Io
ポン

憂「ド#」

律「分かんねえ・・・」

澪「慣れるまで、だな」

紬「・・・」

ポンポン

梓「シ、レ#」

純「くぅ・・・」

紬「・・・」

ポポンポン

憂「も、もう一度お願します」

紬「・・・」コクリ

ポポンポン

憂「!」
49. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) 2011/09/01(木) 19:37:23.77 ID:hNaTs+3Io
純「なに・・・?」

梓「・・・・・・ドド、ド#・・・」

澪「!」

和「・・・むぎ・・・・・・」

紬「・・・」

ポンポン

律「・・・」

憂「ミ、ラ#」

唯「・・・っ」

紬「・・・」

ポン

梓「・・・ファ#」

紬「・・・」

ポン  ポンポン  ポポンポン  ポンポン  ポン

紬「・・・」ニコ

律「・・・っ、さーてと、勉強はもういいだろー!」

澪「・・・い、行くか」

唯「そ、そうだねっ」

和(声が震えているわよ・・・)

純「・・・」

憂「・・・」

梓「・・・」

紬「・・・」

ポン  ポンポン  ポポンポン  ポン

律「もういいっての!行くぞー!」

グイッ

紬「・・・!」
50. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) 2011/09/01(木) 19:38:25.94 ID:hNaTs+3Io
唯「白鍵をむぎちゃんの好きなように変えてもいいし〜」

紬「・・・」コクコク

律「それじゃあさ、ミを『M』に、ラを『R』にした方が覚えやすいんじゃないか?」

唯「盲点だよっ!」パチパチ

澪「・・・さすが部長だ」パチパチ

和「賞賛するわ」パチパチ

紬「・・・」パチパチ

律「なんだろうなー、冷やかされているような気がするんだよなー」

梓「唯先輩、他にもありましたよね」

唯「まずは音を覚えてからだよー。わたしはまだ掴めないもん」

純「・・・そこまで考えているんですね」

唯「ういと和ちゃんで考えたんだ」キラン

紬「・・・」キラキラ

憂「ほとんどお姉ちゃんが進めたんだけどね」

梓「・・・そうなの?」

和「えぇ、私たちは補助役でしかなかったわ」

梓「・・・」

純「・・・生み出したのは唯先輩でも、活かすのは梓の役でしょ」ポンッ

梓「・・・うん」
51. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) 2011/09/01(木) 19:39:22.06 ID:hNaTs+3Io
紬「・・・」チョンチョン

梓「なんですか?」

紬「・・・?」

梓「・・・?」

律「首を傾げあってどうすんだよ」

澪「どこで探すのかって事じゃないの?」

紬「・・・」コクコク

梓「むぎ先輩が決めていいんですよ?」

澪「・・・」

紬「・・・」キョロキョロ

梓「・・・」

紬「!」

唯「発見したようです!」

紬「・・・」スッ

梓「はい、行きましょう」

紬「・・・」ギュ

グイグイ

梓「・・・」

タッタッタ

唯「まって〜」

和「・・・病は治ったようにみえるけどね」

律「治ったのに・・・」

澪「・・・らしさもなくなった、かな」

憂「・・・はい」

律「よろしくな鈴木さん」

純「ここは佐々木って言って欲しいですよ・・・」

律「よろしくな沢村さん」

純「誰ですかっ!」
52. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) 2011/09/01(木) 19:40:43.43 ID:hNaTs+3Io
紬「・・・」キラキラ

梓「いいですね」

唯「あずにゃん・・・」

憂(それ・・・きつねだよ・・・)

紬「・・・」キョロキョロ

梓「・・・」

律「・・・」

紬「・・・」ヒョイ

梓「それもいいですね」

唯「・・・」

純(それは・・・かば・・・)

澪「梓、ちょっと来て・・・」

梓「え、・・・はい」

紬「・・・?」

律「むぎー、あっちにもあるから見ようぜー」

和「ストラップって結構種類あるのね・・・」

紬「・・・」コクコク

純「みてください、この守り神シリーズ」

唯「おぉ、全国の守り神のみなさんが集結していますよ」

憂「神社の狛犬、朱雀、・・・これも守り神なんですか?」

和「それは、確か・・・獅子だったような」

律「見たことあるんだけどな・・・」ウーム
53. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) 2011/09/01(木) 19:42:25.67 ID:hNaTs+3Io
澪「どうした?」

梓「・・・」

澪「ねこにしたいって言ってたよね?」

梓「・・・むぎ先輩に選んで欲しいから・・・です」

澪「むぎと梓が選ばないと意味無いんじゃないの?」

梓「・・・」

澪「責めたい訳じゃないんだ・・・ただ、むぎもそうしたいはずだ」

梓「・・・」

澪「らしくない・・・んじゃないかな」

梓「・・・・・・らしいってなんですか?」

澪「・・・」

梓「・・・」

澪「むぎのそばにいて、むぎからたくさんの事を教えてもらって、
    それを吸収しようと頑張っている梓・・・かな」

梓「・・・」

澪「ひょっとしたら、そうしたいのは私かも」

梓「・・・」

澪「『今』は『今』しかない事を、夏に学んだはずだよ」

梓「・・・っ」

澪「少なくとも私は、それをむぎから学んだ」

梓「・・・はい」

澪「・・・」

梓「・・・」

澪「どうした?」
    
梓「・・・なにかしたくても、なにもできなくて」

澪「・・・」

梓「御返ししたいのに、なにもできなくて。合わせる事しかできなくて」

澪「朝、和が言ってた」

梓「・・・」

澪「なにかしようなんて考えないほうがいいって」

梓「でも・・・唯先輩は・・・」

澪「むぎがいつも紅茶を淹れてくれるように、唯はそうしただけ。なんじゃないかな」

梓「・・・っ」
54. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) 2011/09/01(木) 19:43:31.31 ID:hNaTs+3Io
澪「むぎが淹れてくれた紅茶が飲みたいから頼むんだ・・・」

梓「・・・はい」

澪「それ以外に理由はないよな」

梓「はい」

澪「・・・正直、くやしいんだ」

梓「・・・?」

澪「さっき奏でた、むぎの声・・・」

梓「・・・はい」

澪「違うよ」

梓「・・・?」

澪「唯の事も凄いと思ったけど、憂ちゃんと梓が先に聴いたって事だ」

梓「え・・・?」

澪「憂ちゃんは鍵盤で演奏ができるから、だけど。
    梓は音を聴いて、むぎの声を聴いた・・・でしょ」

梓「・・・!」

澪「・・・なんてな」

梓「・・・」

澪「行こう」

梓「はいっ」
55. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) 2011/09/01(木) 19:44:48.09 ID:hNaTs+3Io
梓「こ、これがいいですっ」

紬「・・・」キラキラ

和「あっさりね」

澪「もう決まったのか」

唯「もう一つ買おうよ!」

律「そうだな。全国の神様に守ってもらおうぜ」

純「私は青龍を・・・」

憂「東の守り神だよ」

純「私にピッタリ〜」

律「本当だな。じゃあ私は〜」

純「・・・」

和「私は北を守るわ」

憂「玄武だね」

唯「ういは、白虎だよ!」

憂「わぁ・・・」キラキラ

律「・・・どうして嬉しそうなんだ?」

澪「じゃあさわ子先生は朱雀かな?」

和「どっちかって言うと黄龍ね」

唯「どして」

憂「東、西、南、北を守る四神の気持ちが一つになったときに現れるそうだよ」

律「総括すんのか」

澪「南の朱雀が余ったな・・・」

紬「・・・」

梓「私たち決めましたよ」

律「え?」

唯「お?」

純「いつの間に?」

和「さっきの獅子ね」

紬「・・・」フルフル

梓「シーサーですよ」

唯「シークワサー?」

憂「それは果実だよ、お姉ちゃん」
56. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 19:46:08.97 ID:hNaTs+3Io
純「シークワサー?」

律「帰ってから調べろ、話が進まない!」

紬「・・・」キラキラ

澪「嬉しそうなのはなぜなんだ」

梓「沖縄の家の守り神なんだそうです。屋根に置いてある画像とか見た事ありませんか?」

和「・・・あ、そうね。それだったのね」

澪「ん?口が開いているのと閉じているのがあるんだな」

紬「・・・」コクコク

梓「口の開いた方がオスで、福を呼び込むそうです。それはむぎ先輩」

紬「・・・」ニコニコ

梓「口が閉じた私のは、福を逃がさないメスとなっています」

憂「一対なんだね」

澪「じゃあ、南はそれでいいか」

唯「朱雀さん可哀相だよ」

和「じゃあ唯が引き取りなさいよ」

唯「・・・」

律「おぉい!守り神!神様だから!!」

唯「沖縄は南だもんね。よし、決めたよ!」

澪「律は?」

律「八咫烏だぜ」

唯「澪ちゃんは?」

澪「こ、狛犬」

紬「・・・」コクコク

和「なにかを悟った表情ね」
57. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 19:46:45.13 ID:hNaTs+3Io
律「よし、さわちゃんの分も買ったし、任務完了だ」

憂「山中先生の分も買ったんですか?」

律「うん、ついでに私のもって、お金渡された」ウシシ

澪「ついで・・・な」

純「おー・・・」

唯「かわいいよあずにゃん!」

紬「・・・」コクコク

梓「そうですね、可愛いです」

和「それぞれの守り神と、同一のねこ・・・ね」
58. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 19:47:45.86 ID:hNaTs+3Io
斉藤「それでは、これで失礼します」ペコリ

紬「・・・」フリフリ

唯「じゃあね〜」フリフリ

梓「また、明日です」

紬「・・・!」

斉藤「・・・」

律「どうしたんだ?」

澪「?」

斉藤「明日は一日中検査となりますので・・・」

唯「えぇーッ!!」

梓「・・・」

憂「・・・」

和「・・・」

純「・・・」

紬「・・・」

律「じゃあ、明日も授業受けられないのか・・・」

紬「・・・」ションボリ

澪「・・・」

唯「じゃ、明後日だね!」

紬「・・・」コクリ

梓「それじゃ、明後日です。むぎ先輩」

和「学校で会いましょう」

紬「・・・」フリフリ

純「それでは!」

憂「明後日、学校で」

律「じゃーな」

澪「じゃあね」

唯「バイバイ〜」フリフリ
59. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 19:48:23.25 ID:hNaTs+3Io
紬「・・・」

ギュ

唯「・・・ん?」

紬「・・・」スラスラ

唯「・・・いえいえ、どういたしまして〜」

紬「・・・」ニコニコ

唯「・・・」

斉藤「どうぞ」

ガチャ

紬「・・・」

バタン

斉藤「それでは、失礼します」

梓「はい・・・」

バタン

ブオオオオオ
60. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 19:49:04.81 ID:hNaTs+3Io

―――――夜


帰り道

誰も喋らなかったなぁ・・・

口を開く元気がなくなったのかな

言葉を出すことがまるで悪いことのような

そんな

気がした


『完全におかしくなりました』

そんなことはないよ

だって、わたしたち一緒にいるもん

むぎちゃんも、澪ちゃんも、りっちゃんも、あずにゃんも

ういも和ちゃんも純ちゃんもさわちゃんも

一緒にいるもん

だいじょうぶだよ・・・

だいじょうぶ




自分の言葉を信じられる勇気が



―――欲しい
68. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 20:50:55.39 ID:hNaTs+3Io
9月3日


澪「・・・」

ジリリリリリリリ

カチッ

澪「・・・」

ガバッ

澪「・・・」

スタスタ

シャーッ

澪「・・・」

チュンチュン

澪(・・・一日をリセットしてくれる朝陽が・・・)

チュンチュンチュン

澪「・・・朝陽が・・・少し重たい気がするな・・・」
69. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 20:51:46.19 ID:hNaTs+3Io
律「おまたせ」

澪「うん」

律「登校します」

澪「誰に言ってるんだ?」

律「いや・・・」

澪「行くぞ」

律「・・・」

澪「・・・」

70. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 20:52:12.93 ID:hNaTs+3Io
律「さっきのさ、みおに言ったんだけど」

澪「なにが?」

律「いや・・・気づかないのか?」

澪「?」

律「自分の格好」

澪「え・・・」

律「・・・」

澪「えっ!?」

律「早く着替えて来い」

澪「う、うん」

タッタッタ

律「ジャージで登校って・・・。ボケじゃないんだろうなぁ・・・」
71. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 20:53:31.58 ID:hNaTs+3Io
澪「おはよう」

唯「おはよー」

和「おはよう二人とも」

律「おはー」

唯「いつもより少し遅かったね」

澪「う、うん・・・ちょっとな」

和「律が歩きながら何かに気をとられた、とか?」

澪「うん」

律「・・・へー」

澪「わ、私が寝坊したんだ」

唯「そっか、一緒だ」

律「寝坊したのか?」

唯「うん・・・」

和「唯、席に着くわよ」

唯「はいよー」

テッテッテ

澪「・・・」

律「・・・」
72. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 20:54:39.65 ID:hNaTs+3Io
さわ子「今日も休むと連絡が入りました」

ザワザワ

チョンチョン

澪「ん?」

「何か聞いてる?」

澪「・・・え、と」

「風邪にしてはしつこくないかなってさ」

澪「そうだね・・・」

「・・・」

澪「・・・」

「ごめん、鎌をかけた」

澪「え?」

「昨日さ、駅前であんたらを見たんだわ」

澪「!」

「一緒に歩いていたから、治ったと思ってた」

澪「・・・」

「で、今日も休む」

澪「・・・うん」

「だから、おかしいなってさ」

澪「・・・」

「・・・」

澪「・・・今は」

さわ子「秋山さん、中島さん、HR中ですよ」

澪「・・・はい」

信代「すいません」

澪「・・・」

信代「ごめんねー」ヒソヒソ

澪「いや・・・」

信代「・・・今は?」ヒソヒソ

澪「・・・時間をちょうだい」

信代「・・・分かった」

「・・・」
73. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 20:56:06.67 ID:hNaTs+3Io
―――――昼

『むぎが勧めてくれたCD聴いたよ
  いい旋律だった。もっとゆっくりした時間にじっくりと聞いてみるよ
  やっぱりクラシックはいいな
  コンサートで聴いてみたい。今度時間が出来たら行かないか?
  律と唯は寝そうだけどな
  
  今日もしずかで、ちょっと違う一日だ』

  ピッ

澪「・・・」

律「・・・」モグモグ

唯「・・・」モグモグ

和「・・・」モグモグ

澪「・・・こら」

律「なんですか?」

唯「・・・」モグモグ

和「・・・」モグモグ

澪「りんごウサギがいなくなっているんだけど?」

律「弁当箱の中が窮屈だから逃げ出したのさ」キラン

唯「おぉ、メルヘンチック」

和「おいしかったわ」

澪「和が食べたのか!?」

和「ごめんね。私の弁当箱の中に迷い込んでいたの」

唯「おぉ」

澪「くぅ・・・」

律「おびき出したの私だけどなっ!」

唯(わたしも言ってみたい!)フンス!

澪「本望だったのかもしれないから・・・いいよ」ウルウル

和「・・・。代わりと言っちゃなんだけど、いちごをどうぞ」

唯「苺だね・・・。ストロベリー・・・いちご・・・エーアトベーレ・・・」ブツブツ

澪「しょうがないな」キラキラ

律「・・・それ奪い取ったらどうなるんだろ」

澪「天と地をひっくりかえす」

律「やめとく」

唯「うーん」
74. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 20:56:40.70 ID:hNaTs+3Io
和「・・・今日も違う一日ね」

澪「読んだのか!?」

和「?」

澪「?」

律「どうした?」

唯「・・・うーん」

澪「・・・むぎに送ったメールと同じ事言ったから」

和「読んでいないわよ」

澪「だよな。ビックリした・・・」

唯「いちご・・・」

いちご「・・・なに?」

唯「おぉ」

和「果物よ、あなたじゃないわ」

いちご「・・・そう。一つ聞いていい?」

律「?」

唯「澪ちゃんに用事?」

いちご「うん。・・・朝話していた事」

澪「!」

唯「?」

いちご「・・・どうして、あんな言い方したの?」

澪「・・・」

和「?」

いちご「・・・普通じゃないって言ってるようなもんだよ」

澪「うん・・・」

律「・・・」

いちご「・・・」

澪「嘘を言って誤魔化したり、はぐらかしたりしてはいけない事。だから」

いちご「・・・それも、普通じゃないけどね」

澪「・・・」

いちご「・・・じゃ」

スタスタ

律「・・・そろそろ、さわちゃんと話した方がいいかもな」

和「そうね。食べ終わったら行きましょうか」

澪「・・・うん」

唯「・・・」
75. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 20:58:21.49 ID:hNaTs+3Io
コンコン

ガチャ

澪「失礼します」

律「さわちゃ」

さわ子「・・・」ギロッ

律「やまなかせんせーにようがあってきましたー」

さわ子「ここじゃなんですから、廊下にでましょうか」

澪「は、はい」

ガチャ

さわ子「どうしたのよ?」

律「むぎの事なんだけどさー」

さわ子「むぎちゃん?」

和「・・・」

唯「・・・」

澪「なにか、聞いていますか?」

ザワザワ  ワイワイ

さわ子「・・・中庭に移動しましょ」

スタスタ

梓「・・・あ」
76. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 21:00:11.61 ID:hNaTs+3Io
さわ子「・・・明日も休むって、斉藤さんから連絡があったわ」

澪「え・・・」

律「マジか・・・」

和「明日も・・・」

唯「明日金曜日だよ」

澪「土日はさんで会うのは月曜日・・・か」

さわ子「・・・えぇ、そうなるわね」

律「・・・」

和「・・・検査の結果とか、聞いていますか?」

さわ子「・・・具体的な内容は聞いていないわ」

和「そうですよね・・・」

さわ子「・・・ごめんね」

和「え・・・?」

律「どうしてさわちゃんが謝るんだよ?」

さわ子「・・・」

唯「・・・」

澪「・・・月曜の朝まで」

和「そうね・・・」

さわ子「なにかあったの?」

律「クラスの何人かがむぎの事で不安になってるんだよ」

さわ子「そう・・・」

唯「わたしたちの口からは言えないから・・・」

さわ子「そうよねぇ」

澪「一緒に歩いている所みられていて・・・」

和「校舎を歩いている所もね」

さわ子「こればっかりはしょうがないんだけどねぇ」
77. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 21:01:04.74 ID:hNaTs+3Io
唯「わたしたちが不安な顔していたら、むぎちゃんが帰ってきたとき寂しい顔するよ」

澪「・・・そうだな。私たちはいつもの場所でいつものように待っていなきゃ」

律「・・・」

梓「はい」

和「いたのね」

律「うぉっ!」

澪「ビックリした・・・」

唯「あっずにゃん!」ダキッ

ササッ

さわ子「あのねぇ・・・」

唯「おぉ、さわちゃんあったかいよ!」

さわ子「残暑きびしいのよ!離れなさいよ!」グググ

唯「よい・・・ではなのぁ・・・いくぁ・・・」ムググ

梓「・・・」

キーンコーンカーンコーン

澪「戻るか」

和「梓はどうしてここに?」

梓「さわ子先生にむぎ先輩の事を聞こうと思いまして・・・」

律「・・・」
78. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 21:02:50.76 ID:hNaTs+3Io
―――――放課後

澪「どうかな」

律「紙に書いた鍵盤か・・・」

唯「わたしも描いたんだよ!」

梓「どっちで練習しましょうか」

律「じゃあ多数決だな」

梓「澪先輩の鍵盤がいいと思う人」

唯「はいっ」ズバッ

梓「決定ですね」

律「愛着心くらいもってやれよ」

澪「コピーしてくる?」

唯「そうだね」

澪「待ってて」

タッタッタ

ガチャ

律「・・・」

梓「むぎ先輩と打ち合わせしましたから、改訂版でいきましょう」

唯「そうだね」

律「よっしゃ。紅茶淹れてきてやるぜー」

梓「・・・」

唯「・・・」

律「・・・」

梓唯「「  え?  」」
79. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 21:04:17.85 ID:hNaTs+3Io
律「なんだよ今の間は!」

梓唯「「  いや・・・  」」

律「狐につままれた顔しやがって」

梓唯「「  紅茶・・・?  」」

律「なんだよその同調は・・・」

梓唯「「  まさか、そんな・・・  」」

律「見てろよ!」

タッタッタ

梓「これは夢ですか?」

唯「そっか・・・ビックリするはずだよ」

梓「あの味を出せるわけが無いじゃないですか」

唯「そうだよね〜」アハハ

律「聞こえてるぞー」

梓「黒鍵は変更なしですから」

唯「ドを『T』レを『K』ミを『M』ファを『H』ソを『N』ラを『R』シを『S』で、一つ高いドを『Y』」

梓「ですね」

唯「そんで、名前を呼ぶときはコードを使用します」

梓「はい」

唯「私『ゆい』は『メジャーのC#』!」

梓「どうしてですか?」

唯「早い者勝ちだよ」フフン
80. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 21:06:03.26 ID:hNaTs+3Io
梓「それじゃ私の名は『メジャーのA』ですね」

唯「あずにゃんのAだね」

梓「そうです」

澪「そうか・・・それなら私は」

律「みおは『ミ』と『ラ#のお』でいいじゃん」

澪「そうだな・・・特別コードだ」

律「私はむぎに決めてもらうとして、だ」

唯「本当に淹れたんだね」

梓「はやいですね・・・」

律「実を言うと準備してあったんだよ」

梓「・・・」

律「よし、みお、飲んでみてくれないか」

澪「練しゅ」フガッ

律「黙って飲め!」

澪「・・・内緒なのか」

唯「?」

澪「・・・」ズズー

律「どうだ」

澪「うん、おいしい」

梓「・・・」

律「なんだよ梓っ感情を表せよ!」

唯「むぎちゃんが隠れて淹れたんだね!見つけてくるよ」

タッタッタ

律「・・・そこまでか」

澪「飲んでみて」

梓「・・・はい」ズズー

律「どうだ!?」

梓「・・・どうしたんですか」

律「感想を言え!」

澪「驚いている事が感想だろ」

律「・・・まぁ、あの味は出せないけどな」

梓「・・・でも、おいしいですよ」

律「そっか」

唯「むぎちゃんいなかったよ・・・」ションボリ
81. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 21:07:44.74 ID:hNaTs+3Io
唯「澪ちゃん、その描いた鍵盤のコピーまだある?」

澪「4枚しかないな」

唯「そっか、それならもう少しコピーしてくるよ」

タッタッタ

澪「あ、カードが必要なの知っているのかな」

律「多分知らないな」

澪「だよな」

タッタッタ

梓「・・・」

律「・・・」ズズー

梓「・・・」

律「・・・やっぱ味気ないな」

梓「おいしいですよ」

律「さんきゅ」

梓「練習・・・していたんですか・・・?」

律「練習というか、夏に入る前にむぎに教えてもらってな」

梓「・・・」

律「家で淹れてみたらまっずくて、意固地になったわけだ!」

梓「それなのに、これくらいの味を・・・?」

律「むぎの事があって真剣になってみた」

梓「・・・」

律「すげえよ、こんなに細かくて難しいなんて思ってもいなかった」

梓「それなのに・・・すごいです・・・」

律「むぎが戻ってきたら私はもう二度と淹れないだろうなぁ」ズズー

梓「どうして・・・」

律「むぎの味と比べるから」

梓「・・・」

律「比べて惨めになるのが嫌って訳じゃなくて、むぎとの時間を思い出すから」

梓「え・・・」

律「あ、ごめん。こんな話しなくていいな」

梓「・・・」

律「唯のコードボイスには驚かされたけど、澪にも驚いているんだよなー」

梓「そうですね、お二人の行動は想いがあります」

律「そうなんだよ。・・・私は」

梓「・・・」
82. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 21:08:58.77 ID:hNaTs+3Io
律「・・・」

梓「どうしたんですか?」

律「ん?」

梓「・・・律先輩じゃないみたいです」

律「あぁ・・・、確かに」

梓「・・・」

律「多分・・・この状況を傍観しているだけなのかなってさ」

梓「傍観・・・」

律「ん〜・・・、みんなから一歩退いて眺めているだけのような気がしてさ」

梓「・・・」

律「むぎを中心に動いているのに、変化しているのに、な」

梓「・・・さっきの、むぎ先輩といる時間を思い出すってどういう意味ですか?」

律「・・・」

梓「嫌って事ですか?」

律「うん、嫌だな」

梓「そん・・・な・・・!」

律「私1人――」

梓「撤回してくださいッ!」

律「え・・・?」
83. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/01(木) 21:10:37.42 ID:hNaTs+3Io
梓「どうしてそんな事が言えるんですかッ!」

律「・・・」

梓「こんな味が出せるまで頑張ったんじゃないんですかッ!?」

律「でも、この紅茶には想いが込められてない」

梓「ッ!」

律「私は、私の紅茶をむぎの紅茶と比べて、思い出すのが嫌なんだよ」

梓「もういいですッ!!」

ダダダダッ

ガチャ  バタンッ

律「・・・はぁ」

ガチャ

唯「りっちゃん!」

澪「まって、唯」

唯「でもっ」

澪「はやく追いかけろよ」

律「・・・変わらないだろ」

澪「変えようとしなければ当然だろ」

律「・・・ちぇー」

タッタッタ

澪「おまえも不器用だな」

律「うるさいよ」

ガチャ

唯「もぅ!」

澪「まったく・・・、言葉足りずだ・・・」


最終更新:2011年10月05日 23:06