87. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/11(日) 20:50:31.04 ID:8Tvag5feo

―――――放課後・3年生のクラス


「澪さんは?」

一子「部活だよ・・・」

「ふーん・・・」

一子「・・・」コンコン

「いつ戻ってくるのかな」

一子「・・・・・・・・・分からない・・・」

「そうだよね」

一子「ちゃんと抑えて、曜子」

曜子「うん」

ガチャ

曜子「・・・!」


風子「屋台班からの差し入れもってきたよ」

潮「やったぁ!」

春子「ポーポーとお茶が合うんだよな」

未知子「ふむふむ」

潮「調理の様子はどう?」

風子「順調だよ」


曜子「・・・」ガッカリ

一子「ちゃんと手元見てて、危ないよ?」

曜子「うん」

一子「練習がそんなに早く終わらないから」

曜子「・・・そうだよね」

88. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/11(日) 20:51:10.02 ID:8Tvag5feo
風子「どうしたの?」

冬「私たちの準備は終わってしまったので・・・見学に・・・」

風子「そう・・・」

冬「・・・」ナデナデ

虎徹「・・・」ゴロゴロ

エリ「懐いてるね〜」

冬「ふ、二人で大人しくしています・・・」

風子「・・・」

三花「大人しくする必要ないんだよ〜」ホノボノ

風子「夏ちゃんたちは調理室にいるよ?」

冬「な、夏に出入り禁止にされていますので・・・」

春子「なんだそれ」

冬「あはは・・・」

虎徹「」スヤスヤ

風子「そう・・・。のんびりしててね」

スタスタ

冬「・・・」

春子「なんだありゃ・・・」

冬「・・・」

春子(まるで関心がないみたいな態度・・・)

89. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/11(日) 20:51:58.80 ID:8Tvag5feo
――・・・


姫子「梓の反応はどうだった?」

夏「目が点になってましたよ。『どうして虎徹がいるの』って」

いちご「・・・ネコ嫌いなの?」

純「好きだと思いますけど・・・、虎徹は論外みたいです」

姫子「仲がいいんだか悪いんだか」

夏「さて、セットの出来はどうですかなー・・・」

純「・・・」ワクワク

ガチャ

夏「あらら」

冬「」スヤスヤ

虎徹「」スヤスヤ

姫子「こっちも順調みたいだね」

いちご「・・・風子と作業してくる」

潮「まって、今は1人でさせといて」

いちご「・・・1人でやっても進まないよ」

慶子「というか、ピリピリしてるから・・・」

姫子「なにか言われたの?」

潮「いんや、なんにも言わないから困ってる」

慶子「さっきまで未知子さんと一緒にいたんだけど、信代が連れて行った」

姫子「その信代たちは?」

潮「遊びに行ったよ」

夏「遊びに・・・?」

潮「けいおん部へね」

純「なにか企んでいるんですか?」

慶子「・・・私は反対したんだけどね・・・綱渡りっぽくて冷や冷やする」

夏純「「  ?  」」

潮「信代も大成功させたいって」

姫子「信代も・・・」

夏「姫子先輩、エリ先輩たちと合流しましょう」

姫子「・・・うん」

スタスタ

90. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/11(日) 20:52:32.24 ID:8Tvag5feo
純「さわ子先生にだけ衣装を作らせてしまっていいのでしょうか・・・」

潮「大丈夫だよ。根拠ないけど」

慶子「二人ともこっち手伝って」

純「はいっ!」

いちご「うん」

スタスタ

冬「」スヤスヤ

虎徹「」スヤスヤ


91. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/11(日) 20:53:47.94 ID:8Tvag5feo

夏香「一緒にやろ」

英子「・・・」

風子「いいけど・・・。今の私は腫れ物だよ?」チクチク

夏香「・・・」

英子「・・・」

風子「この座布団の布お願い」

夏香「・・・うん」

英子「任せて」

風子「・・・」ヌイヌイ

夏香「・・・」チクチク

英子「・・・」スィスィ

風子「上手だね、裁縫」

夏香「英子は中学のときから・・・上手だった」

英子「・・・そんな事ないよ」

風子「・・・」チクチク

夏香「あの・・・さ、風子」

風子「・・・?」

英子「約束忘れて・・・ごめん・・・ね」

夏香「ごめん」

風子「いいよ。時間とともに風化していくものだから・・・。改まって言われる事でもない」

夏香「・・・」

英子「・・・」

風子「手を動かして」ヌィヌィ

夏香「・・・」チクチク

英子「・・・」

風子「謝るのが目的なら、席はずしていいよ。私1人で出来る範囲だから」チクチク

夏香「・・・あのねぇ」

英子「・・・」

風子「もう完成度は目標を達成している。美冬さんと和さんが公表した数値は嘘だよ」

夏香「・・・」

英子「・・・」

風子「打ち合わせも終わっているから、・・・帰ってもいいんだよ」

夏香「・・・」

英子「・・・」

風子「後は、明日の本番を待つだけ・・・」ヌィヌィ

夏香「・・・」

英子「前夜祭するって・・・言ってるよ」

風子「・・・そう」チクチク

92. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/11(日) 20:55:01.30 ID:8Tvag5feo
夏香「参加しないの?」

風子「いい。・・・今の私は空気を悪くするだけだから」ヌィヌィ

英子「・・・」

風子「今も悪くしているから・・・。早く仕上げて帰るよ」チクチク

夏香「・・・っ」

英子「子どもだよ・・・。風子は・・・」

風子「・・・そう見えるならそれでいい。泣きじゃくるだけならもう終わったから」ヌィヌィ

英子「・・・」

風子「もう、あの頃の私はいないから。それでいい」プチッ

英子「今度は目を塞いでいるんだよ」

風子「聞かないの次は、見ないって・・・?次は・・・言わない、かな?」

夏香「風子・・・笑えないって・・・」

風子「笑わそうとも思ってないよ。・・・帰るね」スッ

英子「まって・・・」

風子「・・・」

スタスタ

夏香「まて!風子!」

純「ッ!?」ビクッ

エリ「どう・・・したの・・・?」

風子「・・・なんでもない。私、先に帰るから・・・」

夏香「待てって!」ガシッ

風子「・・・」

姫子(・・・夏香?)


冬「ぅ・・・ん・・・?」

虎徹「・・・」ピクピク


93. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/11(日) 20:56:28.31 ID:8Tvag5feo
風子「痛いよ・・・、放して」

夏香「このままでは学園祭始められないでしょ!」

風子「らしくないよ夏香・・・。こんな熱くなるなんて」

英子「ううん、夏香は昔からこうだったよ」

風子「作業している人の邪魔になっているでしょ。放して」バッ

夏香「風子が1人で進んでいる『つもり』だから言ってやってんの」

風子「言ってやってる・・・?ずいぶんと上から目線だね」

夏香「子どもの目線は低いからね、そう感じ取ったんじゃないの?」

風子「子ども子どもって・・・。そう言えば私が反応すると思ってるの?」

英子「反応してるよ・・・まるで怖がっているかのように」

風子「・・・」


冬「・・・」

虎徹「・・・」ジー

夏「・・・」

94. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/11(日) 20:57:23.17 ID:8Tvag5feo
ガチャ

味知子「おまたせー・・・?」

潮(味知子・・・)

いちご(一度ならず二度も・・・)

信代「丁度いいや、みんなこれみて」

バサッ

風子「なにそれ・・・」

信代「蛇の目傘に蛇を描いてもらいました」

和(あの絵は唯ね・・・)

夏香「・・・」

英子「・・・」

味知子「信代さん・・・空気が・・・」

信代「あはは・・・」

風子「どうしてそんな事するの?」

信代「普通じゃつまらないと思って・・・。面白くなかった?」

風子「蛇の目傘でもない、普通の野点傘だよそれ」

信代「知ってるよ」

風子「ふざけないでッ!」


虎徹「・・・!」ダッ

テッテッテ

エリ(虎徹・・・!)

アカネ「追いかけて」

エリ「う、うん・・・」

タッタッタ

95. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/11(日) 20:58:41.36 ID:8Tvag5feo
信代「ふざけては・・・いるかな・・・」

風子「野点の雰囲気を壊すようなモノ作って・・・!」

信代「野点なんて名前だけじゃん、中身は茶店なんだから」

風子「同じでしょ!小学生の出し物じゃないんだよ!?」

信代「知ってるよ。でも、遊び心も必要でしょ」

風子「遊び心なんて調子のいい言葉使ってるだけ!」

夏香「風子!」

風子「どうしてこんな事するの・・・?」

信代「昨日今日の作業で思い知ったからね、楽しめない学園祭になるって」

風子「・・・楽しもうと努力してないだけでしょ」

信代「考えた結果がこれだって」

風子「楽しいのはそっちだけでしょ」

信代「承諾は貰っている。むぎ、純、姫子に話は通してあるよ」

風子「・・・なんだ」

英子「・・・」

風子「なんだ・・・バカをしていたのは私の方だったんだ・・・」

夏香「・・・」

風子「1人だけ知らないで・・・」

未知子「私も知らなかったよ」

風子「止めなかった・・・」

未知子「唯さんたちが楽しそうに描くから、こういうのもいいかなって思った」

風子「もういい・・・」

姫子「・・・風子?」

風子「どうでもいいよ・・・。・・・真面目に・・・約束を守ろうとして」

夏香「ッ!」

英子「・・・っ」

風子「たった1人・・・生真面目に・・・準備して・・・でもズレた所で頑張って・・・」

いちご「・・・1人?」

風子「輪から外れていたでしょ・・・。一目でわかる状況だったでしょ・・・」

信代「この部屋で一緒に作業してたじゃん」

風子「そんな輪の概念なんていらないよ・・・」スッ

姫子「どこ行くの?」

風子「やることないから帰るんだよ」

96. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/11(日) 21:01:18.64 ID:8Tvag5feo
冬「ま・・・っ・・・まって・・・ください・・・」

風子「ごめんね、疲れちゃったから・・・」

冬「だっ・・・ダメです・・・」

風子「休みたいの」

冬「・・・ダメです」

風子「・・・」フゥ

冬「・・・」

風子「もう、いいの・・・」

冬「嘘です」

風子「嘘・・・?」

冬「もういいなんて思っていないですよ。
    私・・・嘘には詳しいんです。嘘は・・・良くないんですよ・・・心が壊れちゃいます」

風子「・・・」

冬「今、この場所から離れるときっと後悔します」

風子「それは私が決めるよ」

冬「私は後悔しました」

風子「・・・」

冬「夏に・・・辛い思いをさせました・・・」

風子「・・・」

冬「風子さんが居ないこの場所は・・・私が辛いです」

風子「・・・っ」

冬「置いていかないでください・・・」

『世界中で自分ひとり取り残されたような気になっちゃって』

風子「!」

冬「・・・」

風子「・・・」

冬「・・・」

紬「・・・」

和「むぎ・・・」

紬「・・・」クイックィッ

姫子「さいごの・・・」

紬「・・・」クィックィッ

いちご「・・・?」

風子「・・・」

梓「『ティータイムにご招待します』・・・です」

紬「・・・」ニコ

98. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/13(火) 17:59:01.75 ID:b7GssNeko
律「戻らないのかよ?」

虎徹「みゃ」

律「別にいいけど・・・」

澪「エリも一緒にいればいいのにな」

唯「蛇の目でお迎えうっれしいな〜♪」

虎徹「みゃ〜」

律「あの絵は傑作だな」ウシシ

澪「真面目にやってる人は怒るぞ絶対」

唯「ぴっちぴっちじゃぶじゃぶ」シュッシュッ

律「はいはい。左を制するものは世界を制すね。はいはい」

澪「・・・」フリフリ

虎徹「・・・みゃっ」シュッ

律「おぉ、するどいジャブですね。将来に期待が持てます」

ガチャ

梓「なにをしているんですか・・・」

澪「戻ったか」

虎徹「・・・」ピョン

スィー

梓「エリ先輩の所へ戻るんだね、偉い偉い」

99. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/13(火) 17:59:39.02 ID:b7GssNeko
唯「さぁさ、座っておくんな!」

紬「・・・」グイグイ

風子「・・・っ」

夏香「私たちもいいの・・・?」

英子「・・・」

律「ダメだっ!なんて言わね」

ゴスッ

律「いひゃぃ!」

澪「あ、ごめん」

律「言わねえよ!」

姫子「怒らないでよ」

律「姫子は呼んでねえよ!」

いちご「差し入れ」

唯「サーターアンダギーではないか!」

律「うむ。許可しようじゃないか。はやく座んな!」

澪「おまえは誰だ・・・」

春子「椅子足りないじゃん」

信代「・・・うん」

律「呼んでねえっつの」

春子「聞きたいっつの」

信代「種を撒いたから」

梓「はい、どうぞ」ガチャ

夏「どうぞ」ガチャ

姫子「ありがとう」

信代「準備してくれてるんだ・・・」

梓「最近お客さんが多いので」

夏「手伝いさせるなよ、私もお客さんだろ」

虎徹「みゃ」

梓「それはない」

夏「・・・ま、いいけど」

虎徹「みゃー!」

梓「うるさいっ、エリ先輩のとこへ帰って!」

100. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/13(火) 18:00:21.40 ID:b7GssNeko
虎徹「みゃ〜」スリスリ

冬「・・・」ナデナデ

虎徹「・・・」チラッ

梓「・・・」フンッ

虎徹「・・・」イラッ

夏「この二人はなにを・・・?」

虎徹「・・・」フンッ

スタスタ

梓「・・・よしよし」

スタスタ

虎徹「・・・みゃ」

ガチャ

梓「ほら、開けてあげるから。バイバーイ」

虎徹「・・・」クルッ

スタスタ

梓「出口はこっちだって」

虎徹「みゃっ」ピョン

風子「・・・」

律(風子の膝に飛び乗った・・・空気読んでるのか・・・?)

虎徹「・・・」ゴロゴロ

夏「梓、早く座って」

梓「・・・」イライラ

スタスタ

梓「・・・」スト

紬「・・・」スッ

コト

梓「ありがとうございます」

101. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/13(火) 18:01:45.94 ID:b7GssNeko
冬「・・・」

風子「・・・」

夏香「・・・」

英子「・・・」

澪「風子、この写真見て」ペラ

風子「?」

梓「稚内の空です」

澪「日本縦断の列車。始発駅の空だ」

紬「・・・」

テッテッテ

ポロロロン

夏香「?」

英子「なんて言ったの?」

唯「今のは慣らしだよ〜」モグモグ

紬「・・・」ポンポンポロロン

梓「『出発前に撮った一枚』だそうです」

風子「・・・」

紬「・・・」ポンポロポン

律「で、これが仙台の空だな」ペラッ

唯「もぐもぐ」コクリ

澪「北から撮っていったんだ、むぎは」

紬「・・・」ポンポンポロロン

姫子「『きれいでしょ』って」

夏「・・・」

冬「・・・」

律「反応薄いぞむぎ!」

紬「・・・」ガーン

102. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/13(火) 18:02:47.47 ID:b7GssNeko
風子「特別な写真だとは思えない・・・」

梓「そうですね。それで、これが厳島神社での空の写真です」ペラッ

風子「・・・」

冬「・・・」

梓「どうですか?」

風子「・・・」

冬「もう少し、夕陽が写って・・・いたら・・・」

夏「うん。もっと綺麗になったかもしれない・・・」

澪「・・・そうだな」

紬「・・・」ニコニコ

梓「・・・」

紬「・・・」ポンポロロポンポン

梓「でも、『私たちはそこに居た』んです」

紬「・・・」ポンポロポポンポロロン

澪「『空の下にいた』」

紬「・・・」ポンポロロポポンポン

律「『特別な空の下じゃないけど』」

紬「・・・」ポンポロロポポンポロロ

唯「『特別な時間の中にいた』」

紬「・・・」

梓「『この空に想いを残せたら素敵ね』・・・むぎせんぱいはこの場所で、そう言ったんです」

風子「っ!」

103. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/13(火) 18:03:51.78 ID:b7GssNeko
スタスタ

紬「・・・」スト

梓「だから、私たちは遠い場所にいても、一つの空の下で繋がっているんです」

紬「・・・」トントトントン

梓「ッ!」

澪「そこが、私の『最高の場所』・・・」

紬「・・・」ニコ

104. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/13(火) 18:04:18.65 ID:b7GssNeko
律「風子はさ・・・。壁を作っているだけなんだよ」

風子「・・・」

夏香「・・・」

英子「・・・」

律「一度傷ついたらその怖さを知ることになるよな」

冬「・・・」

澪「その怖さは、できれば二度と味わいたくない」

夏「・・・」コクリ

澪「でも、壁のせいで周りの優しさも触れられなくなるんだ」

風子「っ!」

唯「それは寂しい事だよ」

姫子「・・・」

いちご「・・・」

唯「でもでも、ふぅちゃんが嫌だってことじゃないんだよ」

105. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/13(火) 18:04:56.31 ID:b7GssNeko
風子「・・・私は、昼にみんなの声を聞かないように耳を塞いだ
      今の自分を見ないように目を塞いでいたんだよ」

信代「・・・」

春子「・・・」

風子「そうしないと・・・自分を失いそうで・・・
      なっちゃんとひでこちゃんと別れた時の自分がでてきそうで・・・」

夏香「ふぅちゃん・・・」

英子「・・・っ」

風子「むぎ・・・さんと・・・別れるの・・・っ」

紬「・・・」トントトントン

風子「っ・・・」グスッ

梓「『私も寂しい』・・・です・・・」

虎徹「みゃ・・・」スリスリ

梓「私が言ったんじゃないよ・・・」ナデナデ

虎徹「・・・」バッ

テッテッテ

風子「子どものままじゃいられない・・・っ・・・」

夏香「・・・」

風子「私は一度『別れ』を経験したんだから・・・乗り越えてなきゃダメなの・・・」

英子「・・・」

風子「このままだと私っ」

紬「・・・」

澪「『別れ』を寂しいと感じるのは素敵なことなんだと思う」

唯「一緒に居たいと想える人に出会えるってそうそう無いことだよ」

律「あぁ、そんな『出会い』があった事の証明になっているんだからな」

梓「・・・」

106. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/13(火) 18:06:03.07 ID:b7GssNeko
英子「子どもとか大人とか、そんな括りより・・・。風子がどうありたいのか、じゃないかな」

夏香「うん・・・。『ふぅちゃん』、『風子』、『ふぅ』のそれぞれは『高橋風子』なんだから」

風子「っ!」

梓「私の質問に二人とも『どの風子でもいい』と言っていました」

律「質問って?」

紬「・・・」

梓「ふぅ先輩と風子先輩のどっちと一緒に居たいですか・・・です」

澪「そっか・・・」

紬「・・・」コクリ

107. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/13(火) 18:06:40.62 ID:b7GssNeko
風子「私・・・怖い・・・『別れ』も、『慣れ』も・・・『忘れてしまうこと』も・・・」

夏香「・・・っ」

英子「・・・」

風子「悲しい思い出を作る事が・・・いやだ・・・っ・・・」グスッ

紬「・・・」

風子「たのしくてっ・・・たいせつなおもいでをくれた・・・ひとだからっ・・・」

紬「・・・」

風子「むぎさんとわかれるの・・・いやだっ」ボロボロ

紬「!」

風子「やだ・・・っ・・・」ボロボロ

梓「ッ!」

夏香「それを言ったらむぎさんが困るでしょ・・・意地悪だよ」

風子「意地悪でいいっ・・・覚えてくれるならそれでっ」ボロボロ

英子「子どもだね、ふぅは」

風子「子どもでいいっ・・・気持ちを出せるのなら・・・っ」ボロボロ

信代「1人で乗り越えようなんて思わないでよ。寂しいのは風子だけじゃないんだから」

風子「っ!」

姫子「うん」

いちご「・・・」コクリ

春子「・・・」

信代「友達でしょ・・・」

風子「・・・うんっ・・・ごめん・・・」グスッ

紬「・・・」

ギュ

風子「・・・?」グスッ

紬「・・・」スラスラ

風子「つ・・・な・・・が・・・って・・・る・・・?」

紬「・・・」コクリ

風子「・・・っ」グスッ

紬「・・・」スッ

108. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/13(火) 18:07:44.60 ID:b7GssNeko

そして、むぎせんぱいは一枚の写真を指す

それは、私たち全員が列車の横で旅を終えたむぎせんぱいを囲む一枚

旅で出会った人、唯先輩、律先輩、澪先輩、私

蒼い夏の空の下、みんなで映った写真

中心にいるむぎせんぱいを、みんなが見ている構図

私とむぎせんぱいだけが

まっすぐカメラをみている構図

『最高の一枚』


109. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/13(火) 18:12:08.49 ID:b7GssNeko

風子「どうしてみんなむぎさんを見てるの?」

律「シャッター押す寸前に変なこと言ったんだよ、むぎが」

紬「・・・」エヘヘ

風子「梓ちゃん・・・しっかりむぎさんの腕にしがみついてるね」

梓「そうですけど、問題があるんですか?」

風子「ないよ・・・」

梓「じゃあいいじゃないですか」

風子「私たちにはないよ。2年生たちに見せたらどうなるのかなぁ」

梓「問題ありますよ!ダメですっ!」

風子「分かった。・・・みてみて、冬ちゃん」

梓「やめてくださいっ!」

冬「わぁ〜・・・立派な列車ですね」

風子「そこじゃないよ、中心の二人を見て」

梓「だから、強調しないでくださいよっ!」

冬「綺麗な人ですね・・・」

風子「むぎさんと梓ちゃんを見て欲しいな」

冬「あ・・・あずさ・・・ったら・・・」

梓「・・・」

澪「ほら、仙台の七夕祭りの写真」ペラッ

梓「澪先輩!?」

風子「むぎさんの両腕に花だね」

冬「・・・」

律「中学生に対抗して梓がしがみついてんのな」

紬「・・・」ポッ

唯「きゅるるるりん!」

梓「・・・くっ」

夏「あっはっは!」

110. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/13(火) 18:13:13.15 ID:b7GssNeko
姫子「雨降って地固まる・・・かな」

いちご「・・・うん。よかった」

信代「・・・ふぅ」

春子「結構、荒治療だったな信代」

信代「・・・うん」

夏香「ありがとう」

英子「本当に、ありがとう」

信代「時には急ぎ過ぎて失うこともあるよ・・・仕方ない・・・」

律「・・・」

信代「風子の笑顔に助けられていたから・・・なんて・・・ね」

姫子「・・・へぇ」

信代「今の無しで」

唯「聞いちゃったよ・・・」ジーン

111. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/13(火) 18:13:39.74 ID:b7GssNeko
梓「あれ・・・虎徹は・・・?」

澪「さっき出て行ったけど?」

梓「・・・そうですか」

夏「どうして虎徹がここにいたんですか?」

澪「エリが連れてきたようだったな・・・」

梓「よく分からないヤツですね」フッ

虎徹「・・・」ジー

梓「なんでいるの・・・」

虎徹「・・・」フンッ

梓「その反応はなに!?」

エリ「あはは、仲いいよねやっぱり」

アカネ「うん」

唯「あれ、みんなどうしたの?」

三花「コテッチャンに連れて来られたの」

澪「・・・?」

エリ「さっきもね、まっすぐここに走ってきたんだよ・・・虎徹は」

澪「・・・どうして・・・?」

姫子「むぎを呼びに来た・・・?」

律「すげえ!」

純「いや・・・梓を呼びにきのでは・・・?」

虎徹「にゃ〜」スリスリ

紬「・・・」ナデナデナデナデ

虎徹「・・・」ゴロゴロゴロゴロ

梓「・・・」

虎徹「・・・」ピョン

梓「・・・」

虎徹「・・・」モゾモゾ

梓「・・・」

虎徹「」ウトウト

梓「なにしにきたの・・・」

虎徹「」スヤスヤ

梓「意味が分からない・・・」

112. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/13(火) 18:15:29.64 ID:b7GssNeko
いちご「もう準備は終わったの?」

ますみ「うん・・・大丈夫・・・」

律「あ、私らなんにもしてないなー・・・」

愛「いいですよ。出来ることをしただけですから」

和「えぇ、完成度125%よ」

「「「  そんなにっ!?  」」」

美冬「和さんが、『現在の20%引いておいたらいいのよ』って」

ちか「なるほど、それは名案だね」

憂「おかげで余裕をもって明日を迎えられますね」

曜子「ここがけいおん部・・・」キョロキョロ

「私も初めて入った・・・」

「・・・うん」キョロキョロ

澪「なんだか・・・自分の部屋に友達を招いたかのような気分だな・・・」ソワソワ

律「掃除しておいてよかったぜー」

澪「律はしてないだろっ!」

唯「おぉ、響子ちゃんにキミ子ちゃんウェルカムだよ!」

響子「・・・歓迎してくれるの・・・?」

キミ子「・・・」

律「なんだ・・・ゾロゾロと・・・」

潮「前夜祭しよーぞ!」

律「いーいぞ!」

冬「やったぞ!」

純「・・・え」

夏「頑張ったんだから引かないであげて純!」

姫子「みんなテンション上がってきたね・・・」

春菜「楽しいねー。春子さんのところでやった鍋の時も楽しかったよね」

圭子「うん」

いちご「・・・なにをするの?」

唯「なにしよっか!」

未知子「・・・鍋」ボソッ

律「誰だ鍋って言ったのぉー!」

多恵「・・・」

律「名案だー!!」

さわ子「1時間後に施錠よ」

唯「みんな急いで!」

澪「いや、無理だから」

紬「・・・」ニコニコ

113. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/13(火) 18:16:32.43 ID:b7GssNeko
風子「むぎさん」

紬「?」

風子「ありがとう」

紬「・・・」ニコ

梓「・・・」


114. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/13(火) 18:25:09.30 ID:b7GssNeko
―――――夜・梓の部屋


結局、前夜祭という事で騒いだ

あの人数で

あの部屋を埋め尽くして


冬とふぅ先輩がはしゃいでいるのを

夏と姫子先輩が見守っていた

その光景をとっても嬉しそうに

むぎせんぱいが眺めていた


胸が苦しかった

この部屋を埋め尽くすほどの人を繋いだのはむぎせんぱいだから

その人が

この場所から居なくなるという事実が

胸を締め付けた


時間が過ぎても

さわ子先生はなにも言わなかった

唯先輩が無茶を言っても

和先輩は止めなかった

憂がそれに加わって

純も調子に乗って

律先輩の勢いが増してしまった

澪先輩がそれを困った風にしながら笑っていた



いよいよ明日

学園祭が始まる


116. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/15(木) 18:32:37.48 ID:IXB7RD5ro
9月26日


今日の担当表を見る限りむぎせんぱいとの店番は無し

ことごとく期待が外れる  望むと裏切られる  そんなジレンマ

くじだから文句も言えず  純が悪いわけではないんだけど  誰かに文句を言いたくなる

律先輩と一緒なのが救いかな

憂はいちご先輩と中心になって調理をする事になっている

和先輩は前回の学園祭同様  案内兼見回り

クラスメイトも唯先輩を通して楽しんでくれた

進んで動いてくれた人たちもいたから作業が思いのほか楽だった  困っていた澪先輩には悪いけど

今日もいい陽射しでよかった  絶好の学園祭日和だ


117. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/15(木) 18:33:10.89 ID:IXB7RD5ro


一生の思い出を作ろうなんて、大げさかもしれないけど



梓「頑張ろうっ」グッ

虎徹「みゃーー!!!」

ダダダダッ

梓「はぁ・・・なんで今日もいるの・・・」

虎徹「みゃみゃっ」ササッ

梓「どうしたの?」

虎徹「・・・」ブルブル

「バウバウッ!」

梓「っ!」ビクッ

虎徹「・・・」ガクガク

「バウバウバウッ」

梓「な、なにこの犬・・・」ビクビク

犬「バウバウ!」

虎徹「みゃ・・・」ブルブル

梓(なんで学園祭開始早々こんな目に・・・)ブルブル

犬「バウッ!」

梓(なんでこんな目に合わなきゃいけないんだろ・・・)

虎徹「・・・」ガクガク

梓(こんなに怯えさせて・・・。なんか腹が立ってきた・・・)イライラ

犬「バウバウッ!」

118. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/15(木) 18:34:06.87 ID:IXB7RD5ro
梓「・・・」ジー

犬「バウッ!?」

梓「・・・」ガサゴソ

犬「バ、バウバウ」

虎徹「・・・みゃ?」

梓「ほら、ドーナツ食べる?」

犬「・・・」スッ

梓「威勢はどうしたの・・・。ほら」

犬「・・・」クンクン

虎徹「・・・」

梓「・・・チョコレートとか入ってないから平気だよね?」

犬「・・・」パクッ

梓「あ・・・しまった・・・全部食べちゃった・・・」

虎徹「みゃ」

梓「甘いもの食べちゃダメでしょ、虎徹の分はないよ」

虎徹「みゃー!」

梓「うるさい」

犬「くぅ〜ん」スリスリ

梓「馴れ合わないから、あっちいって・・・しっしっ」

律エリ「「  ブフッ  」」

梓「あ・・・」

虎徹「みゃ〜」

テッテッテ

エリ「助けてもらってよかったね〜」ナデナデ

律「あははっ、きび団子あげた桃太郎のようだったぞ、梓」

犬「わんっ」

梓「なんですかそれは。この犬はなんですか?」

律「あぁ、飼い主と散歩してたんだよ」

「はぁはぁ、やっと追いついた・・・。もぅ、バニーちゃんったら」

梓「犬ですよ!?」

「よく言われます」ニコニコ

119. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/15(木) 18:35:13.27 ID:IXB7RD5ro
バニー「くぅ〜ん」スリスリ

梓「懐かないで・・・」

エリ「私に抱えられていた虎徹が飛び降りた先がバニーちゃんの背中だったの」

虎徹「みゃっ」

律「ビックリして、追い掛け回したってわけだ」

梓「・・・」ジー

虎徹「みゃ〜」

「ごめんなさいね、校庭走り回っちゃって〜」

梓「いえ、こいつ。じゃない、虎徹が悪いんですから」

虎徹「・・・」

「ほら、行くわよバニーちゃん。それでは頑張ってくださいね」

律「ありがと」

エリ「ばいばーい」

バニー「わんっ」

虎徹「・・・」ファー

梓「呑気にあくびなんかして・・・」イライラ

律「昨日に続いて預かってきたのかよ?」

エリ「うん。千客万来招き猫ですから」

虎徹「みゃっ!」

梓「フッ・・・」

虎徹「・・・」イラッ

エリ「さってと、現場へ戻ろうよりっちゃん」

律「そーだな。虎徹の面倒よろしくな梓」

梓「・・・あ、耳鳴りがして聞こえなかったです。私一度教室へ戻りますから」クルッ

エリ「ちゃんと梓ちゃんに付いていくんだよ、虎徹」

虎鉄「みゃー、みゃー」フルフル

梓「こっちだって嫌だよ!」

虎鉄「みゃー!」

120. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/15(木) 18:36:21.62 ID:IXB7RD5ro
梓「ちゃんとエリ先輩に付いて行ってね」

虎鉄「みゃっ」フンッ

梓「腹立つな・・・」

虎鉄「みゃ・・・」

梓「置いていかれてる」プフッ

虎鉄「・・・」ガーン

梓「律せんぱ・・・」

虎鉄「・・・」フッ

梓「・・・」シーン

クスクス

「あの子・・・ネコと会話してる・・・?」

「そんなまさかぁ」

ヤダーカワイイー

梓「・・・っ」ダキッ

虎鉄「みゃっ!?」

ダダダダッ

121. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/15(木) 18:37:07.67 ID:IXB7RD5ro

―――――調理室


唯「どうしたのあずにゃん?」

梓「エリ先輩いますか?」

唯「いないよ〜」

憂「梓ちゃん、虎徹ちゃんと入ったらダメだよ。衛生上の問題だからね」

梓「う、うん」

虎徹「・・・」

唯「どうして一緒なの?」

梓「勝手に付いてくるんですよ」

虎徹「・・・」ファー

唯「そっかぁ・・・」

憂「出店場所には行ってみたの?」

梓「まだ。・・・エリ先輩が現場だと言っていたからこっちだと、てっきり」

唯「それじゃ、お店の状況見てきてくれるかな?」

梓「はい、分かりました」

憂「よろしくね」

潮「憂ちゃーん!」

憂「はーい」

タッタッタ

梓「・・・行こうか」

虎徹「みゃ」

122. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/15(木) 18:38:06.74 ID:IXB7RD5ro

―――――茶店


純「お釣です。ありがとうございましたー」

「おいしかったよ。ごちそうさま」

スタスタ

純「なんだろ、嬉しい・・・」ジーン

澪「じゅ、純は手馴れてるな」

純「これくらい、どうってことないですよ」ドン

澪「頼りになる」

純「えへへー、あ、そこのお嬢さんお茶でも・・・梓かよ」

梓「・・・」

澪「虎徹も一緒なのか」

虎徹「・・・」

純「まだ梓の時間じゃないっしょ?冷やかしならけえんなー、なんちゃって」

梓「エリ先輩はいないんですね」キョロキョロ

純「・・・」

虎徹「みゃー」

純「梓と違っていい子だね、キミは」ナデナデ

虎徹「みゃ〜」ゴロゴロ

澪「裏方にまわったんじゃないの?」

梓「いえ、調理室にはいませんでした。・・・むぎせんぱいもいないんですね」

澪「むぎは今、自由時間だからな」

「こんにちは〜」

純「いらっしゃいませー」

「駄菓子も一緒に販売してるんだ?」

純「はい、お茶と一緒に味わってのんびりしていってください」

「おぉ、中々いいセットだな」

「ほんとだー」

純「多恵先輩、二名様入りまーす」

多恵「は、はーい!」

123. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/09/15(木) 18:39:09.75 ID:IXB7RD5ro
梓「どこへ行ったんですか?」

澪「エリは確か・・・」

梓「むぎせんぱいです」

澪「・・・夏と冬のところへ行ったな」

梓「そうですか。・・・行くよ」

虎徹「みゃっ」

スタスタ

純「あの子たちは、なにしに来たんだろう?」




最終更新:2011年10月06日 03:06