風子「痛いよ・・・、放して」

夏香「このままでは学園祭始められないでしょ!」

風子「らしくないよ夏香・・・。こんな熱くなるなんて」

英子「ううん、夏香は昔からこうだったよ」

風子「作業している人の邪魔になっているでしょ。放して」バッ

夏香「風子が1人で進んでいる『つもり』だから言ってやってんの」

風子「言ってやってる・・・?ずいぶんと上から目線だね」

夏香「子どもの目線は低いからね、そう感じ取ったんじゃないの?」

風子「子ども子どもって・・・。そう言えば私が反応すると思ってるの?」

英子「反応してるよ・・・まるで怖がっているかのように」

風子「・・・」


冬「・・・」

虎徹「・・・」ジー

夏「・・・」


ガチャ

味知子「おまたせー・・・?」

潮(味知子・・・)

いちご(一度ならず二度も・・・)

信代「丁度いいや、みんなこれみて」

バサッ

風子「なにそれ・・・」

信代「蛇の目傘に蛇を描いてもらいました」

和(あの絵は唯ね・・・)

夏香「・・・」

英子「・・・」

味知子「信代さん・・・空気が・・・」

信代「あはは・・・」

風子「どうしてそんな事するの?」

信代「普通じゃつまらないと思って・・・。面白くなかった?」

風子「蛇の目傘でもない、普通の野点傘だよそれ」

信代「知ってるよ」

風子「ふざけないでッ!」


虎徹「・・・!」ダッ

テッテッテ

エリ(虎徹・・・!)

アカネ「追いかけて」

エリ「う、うん・・・」

タッタッタ


信代「ふざけては・・・いるかな・・・」

風子「野点の雰囲気を壊すようなモノ作って・・・!」

信代「野点なんて名前だけじゃん、中身は茶店なんだから」

風子「同じでしょ!小学生の出し物じゃないんだよ!?」

信代「知ってるよ。でも、遊び心も必要でしょ」

風子「遊び心なんて調子のいい言葉使ってるだけ!」

夏香「風子!」

風子「どうしてこんな事するの・・・?」

信代「昨日今日の作業で思い知ったからね、楽しめない学園祭になるって」

風子「・・・楽しもうと努力してないだけでしょ」

信代「考えた結果がこれだって」

風子「楽しいのはそっちだけでしょ」

信代「承諾は貰っている。むぎ、純、姫子に話は通してあるよ」

風子「・・・なんだ」

英子「・・・」

風子「なんだ・・・バカをしていたのは私の方だったんだ・・・」

夏香「・・・」

風子「1人だけ知らないで・・・」

未知子「私も知らなかったよ」

風子「止めなかった・・・」

未知子「唯さんたちが楽しそうに描くから、こういうのもいいかなって思った」

風子「もういい・・・」

姫子「・・・風子?」

風子「どうでもいいよ・・・。・・・真面目に・・・約束を守ろうとして」

夏香「ッ!」

英子「・・・っ」

風子「たった1人・・・生真面目に・・・準備して・・・でもズレた所で頑張って・・・」

いちご「・・・1人?」

風子「輪から外れていたでしょ・・・。一目でわかる状況だったでしょ・・・」

信代「この部屋で一緒に作業してたじゃん」

風子「そんな輪の概念なんていらないよ・・・」スッ

姫子「どこ行くの?」

風子「やることないから帰るんだよ」

冬「ま・・・っ・・・まって・・・ください・・・」

風子「ごめんね、疲れちゃったから・・・」

冬「だっ・・・ダメです・・・」

風子「休みたいの」

冬「・・・ダメです」

風子「・・・」フゥ

冬「・・・」

風子「もう、いいの・・・」

冬「嘘です」

風子「嘘・・・?」

冬「もういいなんて思っていないですよ。
  私・・・嘘には詳しいんです。嘘は・・・良くないんですよ・・・心が壊れちゃいます」

風子「・・・」

冬「今、この場所から離れるときっと後悔します」

風子「それは私が決めるよ」

冬「私は後悔しました」

風子「・・・」

冬「夏に・・・辛い思いをさせました・・・」

風子「・・・」

冬「風子さんが居ないこの場所は・・・私が辛いです」

風子「・・・っ」

冬「置いていかないでください・・・」

『世界中で自分ひとり取り残されたような気になっちゃって』

風子「!」

冬「・・・」

風子「・・・」

冬「・・・」

紬「・・・」

和「むぎ・・・」

紬「・・・」クイックィッ

姫子「さいごの・・・」

紬「・・・」クィックィッ

いちご「・・・?」

風子「・・・」

梓「『ティータイムにご招待します』・・・です」

紬「・・・」ニコ


律「戻らないのかよ?」

虎徹「みゃ」

律「別にいいけど・・・」

澪「エリも一緒にいればいいのにな」

唯「蛇の目でお迎えうっれしいな~♪」

虎徹「みゃ~」

律「あの絵は傑作だな」ウシシ

澪「真面目にやってる人は怒るぞ絶対」

唯「ぴっちぴっちじゃぶじゃぶ」シュッシュッ

律「はいはい。左を制するものは世界を制すね。はいはい」

澪「・・・」フリフリ

虎徹「・・・みゃっ」シュッ

律「おぉ、するどいジャブですね。将来に期待が持てます」

ガチャ

梓「なにをしているんですか・・・」

澪「戻ったか」

虎徹「・・・」ピョン

スィー

梓「エリ先輩の所へ戻るんだね、偉い偉い」

唯「さぁさ、座っておくんな!」

紬「・・・」グイグイ

風子「・・・っ」

夏香「私たちもいいの・・・?」

英子「・・・」

律「ダメだっ!なんて言わね」

ゴスッ

律「いひゃぃ!」

澪「あ、ごめん」

律「言わねえよ!」

姫子「怒らないでよ」

律「姫子は呼んでねえよ!」

いちご「差し入れ」

唯「サーターアンダギーではないか!」

律「うむ。許可しようじゃないか。はやく座んな!」

澪「おまえは誰だ・・・」

春子「椅子足りないじゃん」

信代「・・・うん」

律「呼んでねえっつの」

春子「聞きたいっつの」

信代「種を撒いたから」

梓「はい、どうぞ」ガチャ

夏「どうぞ」ガチャ

姫子「ありがとう」

信代「準備してくれてるんだ・・・」

梓「最近お客さんが多いので」

夏「手伝いさせるなよ、私もお客さんだろ」

虎徹「みゃ」

梓「それはない」

夏「・・・ま、いいけど」

虎徹「みゃー!」

梓「うるさいっ、エリ先輩のとこへ帰って!」

虎徹「みゃ~」スリスリ

冬「・・・」ナデナデ

虎徹「・・・」チラッ

梓「・・・」フンッ

虎徹「・・・」イラッ

夏「この二人はなにを・・・?」

虎徹「・・・」フンッ

スタスタ

梓「・・・よしよし」

スタスタ

虎徹「・・・みゃ」

ガチャ

梓「ほら、開けてあげるから。バイバーイ」

虎徹「・・・」クルッ

スタスタ

梓「出口はこっちだって」

虎徹「みゃっ」ピョン

風子「・・・」

律(風子の膝に飛び乗った・・・空気読んでるのか・・・?)

虎徹「・・・」ゴロゴロ

夏「梓、早く座って」

梓「・・・」イライラ

スタスタ

梓「・・・」スト

紬「・・・」スッ

コト

梓「ありがとうございます」

冬「・・・」

風子「・・・」

夏香「・・・」

英子「・・・」

澪「風子、この写真見て」ペラ

風子「?」

梓「稚内の空です」

澪「日本縦断の列車。始発駅の空だ」

紬「・・・」

テッテッテ

ポロロロン

夏香「?」

英子「なんて言ったの?」

唯「今のは慣らしだよ~」モグモグ

紬「・・・」ポンポンポロロン

梓「『出発前に撮った一枚』だそうです」

風子「・・・」

紬「・・・」ポンポロポン

律「で、これが仙台の空だな」ペラッ

唯「もぐもぐ」コクリ

澪「北から撮っていったんだ、むぎは」

紬「・・・」ポンポンポロロン

姫子「『きれいでしょ』って」

夏「・・・」

冬「・・・」

律「反応薄いぞむぎ!」

紬「・・・」ガーン

風子「特別な写真だとは思えない・・・」

梓「そうですね。それで、これが厳島神社での空の写真です」ペラッ

風子「・・・」

冬「・・・」

梓「どうですか?」

風子「・・・」

冬「もう少し、夕陽が写って・・・いたら・・・」

夏「うん。もっと綺麗になったかもしれない・・・」

澪「・・・そうだな」

紬「・・・」ニコニコ

梓「・・・」

紬「・・・」ポンポロロポンポン

梓「でも、『私たちはそこに居た』んです」

紬「・・・」ポンポロポポンポロロン

澪「『空の下にいた』」

紬「・・・」ポンポロロポポンポン

律「『特別な空の下じゃないけど』」

紬「・・・」ポンポロロポポンポロロ

唯「『特別な時間の中にいた』」

紬「・・・」

梓「『この空に想いを残せたら素敵ね』・・・むぎせんぱいはこの場所で、そう言ったんです」

風子「っ!」

スタスタ

紬「・・・」スト

梓「だから、私たちは遠い場所にいても、一つの空の下で繋がっているんです」

紬「・・・」トントトントン

梓「ッ!」

澪「そこが、私の『最高の場所』・・・」

紬「・・・」ニコ

律「風子はさ・・・。壁を作っているだけなんだよ」

風子「・・・」

夏香「・・・」

英子「・・・」

律「一度傷ついたらその怖さを知ることになるよな」

冬「・・・」

澪「その怖さは、できれば二度と味わいたくない」

夏「・・・」コクリ

澪「でも、壁のせいで周りの優しさも触れられなくなるんだ」

風子「っ!」

唯「それは寂しい事だよ」

姫子「・・・」

いちご「・・・」

唯「でもでも、ふぅちゃんが嫌だってことじゃないんだよ」

風子「・・・私は、昼にみんなの声を聞かないように耳を塞いだ
   今の自分を見ないように目を塞いでいたんだよ」

信代「・・・」

春子「・・・」

風子「そうしないと・・・自分を失いそうで・・・
   なっちゃんとひでこちゃんと別れた時の自分がでてきそうで・・・」

夏香「ふぅちゃん・・・」

英子「・・・っ」

風子「むぎ・・・さんと・・・別れるの・・・っ」

紬「・・・」トントトントン

風子「っ・・・」グスッ

梓「『私も寂しい』・・・です・・・」

虎徹「みゃ・・・」スリスリ

梓「私が言ったんじゃないよ・・・」ナデナデ

虎徹「・・・」バッ

テッテッテ

風子「子どものままじゃいられない・・・っ・・・」

夏香「・・・」

風子「私は一度『別れ』を経験したんだから・・・乗り越えてなきゃダメなの・・・」

英子「・・・」

風子「このままだと私っ」

紬「・・・」

澪「『別れ』を寂しいと感じるのは素敵なことなんだと思う」

唯「一緒に居たいと想える人に出会えるってそうそう無いことだよ」

律「あぁ、そんな『出会い』があった事の証明になっているんだからな」

梓「・・・」

英子「子どもとか大人とか、そんな括りより・・・。風子がどうありたいのか、じゃないかな」

夏香「うん・・・。『ふぅちゃん』、『風子』、『ふぅ』のそれぞれは『高橋風子』なんだから」

風子「っ!」

梓「私の質問に二人とも『どの風子でもいい』と言っていました」

律「質問って?」

紬「・・・」

梓「ふぅ先輩と風子先輩のどっちと一緒に居たいですか・・・です」

澪「そっか・・・」

紬「・・・」コクリ

風子「私・・・怖い・・・『別れ』も、『慣れ』も・・・『忘れてしまうこと』も・・・」

夏香「・・・っ」

英子「・・・」

風子「悲しい思い出を作る事が・・・いやだ・・・っ・・・」グスッ

紬「・・・」

風子「たのしくてっ・・・たいせつなおもいでをくれた・・・ひとだからっ・・・」

紬「・・・」

風子「むぎさんとわかれるの・・・いやだっ」ボロボロ

紬「!」

風子「やだ・・・っ・・・」ボロボロ

梓「ッ!」

夏香「それを言ったらむぎさんが困るでしょ・・・意地悪だよ」

風子「意地悪でいいっ・・・覚えてくれるならそれでっ」ボロボロ

英子「子どもだね、ふぅは」

風子「子どもでいいっ・・・気持ちを出せるのなら・・・っ」ボロボロ

信代「1人で乗り越えようなんて思わないでよ。寂しいのは風子だけじゃないんだから」

風子「っ!」

姫子「うん」

いちご「・・・」コクリ

春子「・・・」

信代「友達でしょ・・・」

風子「・・・うんっ・・・ごめん・・・」グスッ

紬「・・・」

ギュ

風子「・・・?」グスッ

紬「・・・」スラスラ

風子「つ・・・な・・・が・・・って・・・る・・・?」

紬「・・・」コクリ

風子「・・・っ」グスッ

紬「・・・」スッ


10
最終更新:2011年10月06日 18:08