―――――茶店


純「お釣です。ありがとうございましたー」

「おいしかったよ。ごちそうさま」

スタスタ

純「なんだろ、嬉しい・・・」ジーン

澪「じゅ、純は手馴れてるな」

純「これくらい、どうってことないですよ」ドン

澪「頼りになる」

純「えへへー、あ、そこのお嬢さんお茶でも・・・梓かよ」

梓「・・・」

澪「虎徹も一緒なのか」

虎徹「・・・」

純「まだ梓の時間じゃないっしょ?冷やかしならけえんなー、なんちゃって」

梓「エリ先輩はいないんですね」キョロキョロ

純「・・・」

虎徹「みゃー」

純「梓と違っていい子だね、キミは」ナデナデ

虎徹「みゃ~」ゴロゴロ

澪「裏方にまわったんじゃないの?」

梓「いえ、調理室にはいませんでした。・・・むぎせんぱいもいないんですね」

澪「むぎは今、自由時間だからな」

「こんにちは~」

純「いらっしゃいませー」

「駄菓子も一緒に販売してるんだ?」

純「はい、お茶と一緒に味わってのんびりしていってください」

「おぉ、中々いいセットだな」

「ほんとだー」

純「多恵先輩、二名様入りまーす」

多恵「は、はーい!」

梓「どこへ行ったんですか?」

澪「エリは確か・・・」

梓「むぎせんぱいです」

澪「・・・夏と冬のところへ行ったな」

梓「そうですか。・・・行くよ」

虎徹「みゃっ」

スタスタ

純「あの子たちは、なにしに来たんだろう?」



―――――お化け屋敷


梓「夏は中に入ったの?」

「うん。ついさっきね」

梓「むぎせんぱいも?」

「琴吹先輩?うん、一緒だよ」

梓「夏・・・」ワナワナ

虎徹「・・・」フッ

梓「私も入る」

「ペットとのご同伴はお断りしております」

梓「じゃ、そこで待っててね」

虎徹「・・・」ピョン

梓「ちょっ、危ない」

「置いてかれても困るし、抱きかかえるならオッケーだよ。中で放置しないでね」

虎徹「みゃー」

梓「止むを得まい・・・。夏め・・・」

「一名・・・二名様入りまーす」

梓「すごい・・・雰囲気が出てる・・・」

虎徹「みゃ~」

「二名様だよね、1人しか確認できないけど」ヒソヒソ

「マジだ・・・受付は誰を確認したんだよぉ・・・」

ガサガサッ

梓「っ!」ビクッ

虎徹「みゃー?」

梓「怖くないよ、別に」

虎徹「みゃーみゃー」

梓「怖くないって」

スタスタ

ガサッ

冬「お憑かれさまですご主人様ぁー」ヌッ

梓「なんだ、冬か」ホッ

冬「あれ、梓・・・?」

虎徹「みゃー」

冬「虎徹ちゃんも・・・どうして・・・?」

梓「話してる場合じゃないの、後でね」

冬「待って」

クィッ

梓「ふぎゅ」

冬「さっき紬先輩と夏も通ったんだけど、夏ってば梓と同じリアクションしたんだよ」

虎徹「・・・!」

梓「まぁ・・・そのメイドさんの格好されてもね・・・」

冬「怖がらせるにはどうすればいいかな?」

梓「クラスメイトに聞いてよ・・・じゃ」

クィッ

梓「ほふっ」

冬「もうそろそろ姫子先輩と風子先輩が来るから驚かせたいの!」

梓「・・・」

虎徹「・・・!」ピョン

梓「あ、こら」

虎徹「フカーッ!!」

冬梓「「 え・・・ 」」

虎徹「フーッ!!」

梓「虎徹!」

「ちょっとぉ・・・やだぁ、ネコの威嚇の声が聞こえるぅ」ブルブル

「怖がりだなぁ弘子は」

弘子「ほんとに聞こえたんだよ、ゆう君には聞こえなかったの?」

ゆう「いや・・・全然」ハハッ

「ちょっとちょっとっ!立ち話しないでよ」ヒソヒソ

冬「あ、ごめんね」

「冬ちゃんは隠れてっ、お客さんは進んでっ」ヒソヒソ

梓「う、うんっ」ダキッ

虎徹「フーッ!」

スタスタ

梓(毛が逆立ってて痛いっ)

虎徹「フカーッ!」

梓「どうしたの一体・・・?」

ガタッ

「右足の骨を・・・ちょうだい・・・」

虎徹「みゃっ!?」

梓「あ、治まった・・・」

「それで歩けるの・・・」

虎徹「みゃみゃ」ブルブル

梓「・・・」

スィー

「ネコの声がしたような・・・まぁいいや」スッ

梓「・・・ふぅ」

ピョン

虎徹「・・・」フゥ

梓「何もなかったような顔して・・・」

虎徹「みゃー!」

テッテッテ

風子「あれ、虎徹ちゃん・・・どうして?」ナデナデ

虎徹「みゃ~」ゴロゴロ

姫子「梓と一緒にいたんだ・・・」

梓「付いてくるんですよ」

風子「仲がいい事は悪いことじゃないんだよ?」

梓「むぎせんぱいがいない」キョロキョロ

風子「無視しないでっ」

虎徹「みゃー!」

姫子「中に入ったの?」

梓「はい。あ、冬って、遊園地の案を取り入れたんですね。あれは良かったですよ」

風子「ネタバレ禁止っ」ギュッ

姫子「・・・」

梓「虎徹、もう一回入ったらいいよ」

虎徹「みゃー?」

梓「癪に障る反応だなぁ・・・」

風子「さぁ、入ろうよ姫ちゃん」

姫子「うん。それじゃね」フリフリ

梓「はい、それでは後ほど」

虎徹「みゃ~」

梓「あ、調理室に行かなきゃ」



―――――調理室


ちか「梓ちゃんどうしたのー?」

いちご「どうしたの?」

梓「出店の状況を伝えに来たんですが・・・。唯先輩は・・・?」

ちか「行き違いになったんだね、出店の方へ行ったよ」

梓「そうですか。報告遅れましたが、少しずつ入ってますよ」

虎徹「みゃー」

いちご「少し多めに見繕ったけど、甘かったかな」

美冬「うん。唯さんの報告待ちだったけど、ペース上げておこうか」

いちご「うん」

ちか「よぉーし!」

潮「あちょー!」

ちか「私たち、2週間の歴史をみせてヤルネ!」

潮「・・・は?」

ちか「・・・ひどいよそれ」

梓「叩き落としましたね・・・」

ちか「ほんとだよ、あちょーとか言うから中国のノリだと思ったのにぃ」

ガラガラガラッ

三花「お湯をくださーい!」

潮「まかせるよろし!」

シュボッ

ちか「今沸騰させてるアルネ!」

三花「・・・は?」

潮「さっきから、ちかが変なんだよね・・・」

ちか「・・・」

さわ子「チャイナ服あるわよ?」キラリ

ちか「着るアルヨー!」

美冬「自棄になった・・・」

梓「行こうか・・・」

虎徹「・・・・・・みゃ」

スタスタ

梓「むぎせんぱいはどこへ・・・」キョロキョロ

虎徹「・・・」

スタスタ

唯「あずにゃーん!」

信代「おーい」

梓「あ・・・」

虎徹「・・・」

唯「座んなお嬢さん」ポンポン

梓「はい、お邪魔します」

信代「虎徹はこっちね」

虎徹「・・・」スト

唯「あずにゃんたち少し話題になってるよ」

梓「え・・・?」

唯「ネコと歩いている和服の子って」

梓「・・・」

虎徹「」ウトウト

信代「野点班の報告だから間違いないよ」

唯「宣伝してくれてるんだね!」

梓「無駄に歩いてるからですね・・・」ハァ

虎徹「」スヤスヤ

梓「唯先輩の報告待ちでしたけど、ペース上げるそうです」

唯「あ・・・」

信代「順番が変わっただけだから、結果良し」

梓「・・・ここでなにをしているんですか?」

唯「ういが焼きそばを―」

梓「焼きそばといえば・・・むぎせんぱいはどこですかね?」

信代(話を遮ってまで・・・)

唯「んー・・・。今は着替えてるのかな?」

梓「あ、そうか・・・。出店に立つ時間ですね」

憂「お待たせ~」

律「たこ焼きも買ってきたぜー。少し早いけど昼飯だな」

梓「虎徹のご飯がありませんよ?」

律「エリから預かってるぞ」

虎徹「」スヤスヤ

梓「寝てるから後でいいですね・・・」

憂「・・・」ニコニコ

唯「ん!うまい!」テレッテレー

律「うめえ!」

信代「もぐもぐ」

「私もお邪魔していいかな?」

唯「おぉ、よしみちゃん、ウェルカム!」

姫子「私も」

信代「お化け屋敷どうだった?」

よしみ「2年生の?」

姫子「うん。面白かったよ」

梓「感想間違えてますよ」

虎徹「みゃ・・・?」

律「はい、梓」スッ

梓「どうもです・・・」カチッ

カパッ

虎徹「みゃ~♪」ムシャムシャ

憂「・・・」ニコニコ

よしみ「感想間違えたの?」

姫子「風子と一緒だったからかな・・・怖いなんて感想持てないよ」

唯信代梓憂「「「「 あぁー 」」」」

よしみ「風子さんと一緒なら楽しいんだね・・・。頼んでみよう」

憂「あ、私も行きたいです」

唯「わたしも~」モグモグ

姫子「お化け役の人かわいそう・・・」

信代「興味を引き立てられるね・・・」

夏「楽しそうですね、みなさん」

梓「むぎせんぱいは?」

夏「着替えに行ったよ」

唯「さっき、そう言ったよ~」

梓「そうでした・・・」

律「・・・」モグモグ

憂「夏ちゃんも座って」

夏「お邪魔~」

梓「お化け屋敷どうだった?」

夏「へ!?」ビクッ

姫子「怖いみたいよ、よしみ」

よしみ「期待しちゃう・・・」

梓「遊園地と一緒で付いてくる影あったよね」

夏「・・・?」

律「私と勘違いしたっていうアレかぁ」モグモグ

梓「・・・姫子先輩?」

姫子「いや・・・無かったよ。梓が言うから注意してみてたけど」

梓「虎徹が威嚇していたんですけど・・・」

よしみ「絶対に行こう!」キラン

信代「あ、潮も誘ってあげて。シブったら今の話を聞かせてね」

よしみ「うん」ワクワク

夏「・・・」ブルブル

虎徹「・・・みゃ」

梓「食べ終わった?もうないよ」

虎徹「・・・」ゴロゴロ

「唯さん、さわ子先生の番号知ってるよね?」

唯「うん」

「ケータイ貸してくれるかな」

唯「ごめんね、今持ってないんだよ~。りっちゃん持ってる?」

律「いや・・・。置いてきたな」

姫子「携帯しないの?」

律「店番するからさ、一応礼儀かと思って」

信代「見直した!」

律「見直された!」

憂「どうしたんですか?」

「買出し頼んだんだけど、一つ書き忘れたメモを渡しちゃった」オロオロ

律「落ち着けよ、ちづる」

ちづる「その材料扱っている店が近くにひとつしかなくて・・・
    いつも利用している店とは逆方向になるの」オロオロ

憂「あ・・・。時間のロスになりますね」

姫子「出店に影響出るかも・・・」

律「いつ渡したんだ?」

ちづる「ほんのさっき・・・」

信代「もう出たのかな?だとしたら運転中になるから・・・」

夏「よし、行ってきます!」ガタッ

律「どこへ?」

夏「車が出る場所は一つですよ!」ダッ

タッタッタ

律「梓はあっちだ、さわちゃん車が通る場所」スッ

梓「なんで私なんですかっ!」ダッ

タッタッタ

虎徹「みゃっ!」

テッテッテ

律「ケータイ取ってくる」ガタッ

タッタッタ

唯「事件だね!」ワクワク

憂「沖縄の料理は材料の代理が難しいから・・・」


12
最終更新:2011年10月06日 18:10