―――――校門


梓「あっ!さわ子先生ー!」

ブォォオオオオオ

梓「あー・・・」

虎徹「みゃー・・・」

タッタッタ

夏「梓ー!そのタクシーに乗って!」

梓「う、うん!」サッ

虎徹「みゃっ」ササッ

「ちょっとお客さーん、ペットの」

バタン

夏「前の車追ってください!」

「事件かい?任せな」キラン

ブォォオオ

梓「赤い車です!」

「アレだな、追跡するんなら距離を取るべきだぜ?」キラン

夏「並んでください!」

「ここ一斜線だぜ?」キラン

梓「うーん・・・」

虎徹「・・・」ファ

梓「眠たいのならどうしてきたの・・・」

夏「あの車を止めたいんです、運転手さん!」

運「まかせなっ!」

グルッ

梓「にゃっ」

虎徹「みゃっ」

夏「おっと」

運「近道だぜ」キラン

夏「運転手さんノリノリですね」

運「客が望む場所へ運ぶのが俺の仕事さぁ」キラン

夏「じゃあ、ピカリウタ展望台まで」

運「そこは北海道だねぇ」

梓「減速した・・・」

運「すまないねぇ・・・俺にも家族がいてなぁ・・・何日も娘の顔をみないと・・・」

夏「冗談ですよぉ」

運「冗談かい、人が悪いぜお嬢ちゃん」キラン

グルッ

梓「にゃっ」

虎徹「みゃみゃっ」

夏「あっはっは!」

運「ふぅ・・・どうだい?」キラン

夏「どうだいって、見失ってるじゃないですか」

運「後ろをみてみな」キラン

梓「あっ!さわ子せんせー」フリフリ

虎徹「みゃー」

夏「あ、車寄せましたね」

運「こっちも寄せるぜ」キラン

ガチャ

梓「お金どうするの?」

夏「さわ子先生に立て替えてもらおう」

運「いらねえよ」キラン

夏「そこまでかっこつけなくてもいいですよ」

運「メーター回してないんだよ・・・忘れてた・・・」

梓「お邪魔しましたー」

虎徹「みゃー」ピョン

夏「おじさん最高だったよ!」グッ

運「はは・・・」

夏「待っててくださいね」

タッタッタ

梓「・・・」

夏「どうした?」

梓「電話中・・・」

夏「車寄せて・・・取ればいいんだよね・・・」

梓「うん・・・。運転中だからといって無視する必要も無いって事ね・・・」

虎徹「みゃ・・・」

梓(私たちに気付いて寄せたんじゃないんだ・・・)

ウィーン

さわ子「どうしてここにいるのよ?」

梓「すいませんが、タクシー代を立て替えてもらえませんか?」

さわ子「タクシー?」

夏「あのタクシーで来ました」

さわ子「待っててね。ゴメン、今忙しくなったから、また後で」ガサゴソ

梓「あ、切らなくても」

さわ子「? これで払って。あと領収書もね」

夏「はい」

テッテッテ

さわ子「今日学園祭だって言ったでしょ?」

梓(学校からじゃないんだ・・・)

さわ子「じゃあね」

プツッ

さわ子「それで、どうしたのよ?」

梓「えぇと・・・材料の書き忘れがあったので。追いかけてきました」

さわ子「分かったわ。何を書き忘れたの?」

梓「・・・」

虎徹「みゃ?」

夏「・・・?」

梓「なにを買えばいいの?」

夏「知らない・・・」

さわ子「・・・」

pipipipipipi

プツッ

さわ子「・・・はい」

『やっと繋がった・・・。さわちゃん、材料追加だ』

さわ子「助かるわ」

『ん?』

さわ子「目の前に二人、いえ三人が棒立ちしてるのよ」

『なんだそれ』

さわ子「さぁ、何しにきたのかしらね・・・」

夏「・・・」

梓「・・・」

虎徹「・・・」

さわ子「乗りなさい、行くわよ」

ブォォオオオオ

さわ子「さっきの電話クリスティーナだったのよ」

夏「インターナショナルなんですね」

梓「キャサリンは元気ですか?」

さわ子「えぇ、元気でやってるわ」

虎徹「」スヤスヤ

夏「梓も知り合いなんだ・・・。バンドつながりですか?」

さわ子「えぇ、けいおん部は知ってるわね」

梓「クリスティーナさんはいい人だった」

さわ子「『は』って、どういう事かしら?」

夏「?」

梓「到着しましたね」

さわ子「・・・」

虎徹「みゃ?」

梓「そのまま寝ててよ」ハァ

虎徹「・・・~!」ノビノビ

キキッ

ガチャ

さわ子「車で待ってる?」

夏「降ります!」

ガチャ

さわ子「その格好で恥ずかしくないの?」

夏「私は平気~」

梓「夏が平気なら私も平気です」

さわ子「格好はいいとしても、猫はダメよねぇ」

虎徹「・・・」

夏「さっさと買って帰りましょう」

さわ子「そうね、梓ちゃん少しだけ待っててね」

梓「・・・・・・はい」

虎徹「みゃー」

梓「・・・」

虎徹「・・・」

梓「・・・」

アノフタリカワイイー

「なにかのイベントかな?」

「桜が丘高校で学園祭があるんだよ」

「あぁ・・・」

梓「1人は恥ずかしい」

虎徹「・・・」フッ

梓「なんで付いて来たの、虎徹がいるから入れないんだけど」

虎徹「・・・」クァ

梓「こういう話は聞かないんだよね・・・」

虎徹「・・・」

梓「今日話してないなぁ・・・」

虎徹「・・・みゃ?」

梓「朝は準備でバタバタしていて、今は誰かさんの子守しなきゃいけなくて」

虎徹「みゃー?」

梓「こっちの台詞でいいんだよ・・・」

虎徹「・・・」フンッ

梓「はぁ・・・」

虎徹「・・・」

梓(みんな・・・楽しめているのかな・・・)

虎徹「みゃー」

梓「同じ空の下で・・・むぎせんぱいは、楽しんでいるのかな・・・」

虎徹「みゃー!」

梓「うるさいなぁ」

「・・・」ジー

梓「あ、あれ?」

虎徹「みゃ~」スリスリ

「や・・・」ビクッ

虎徹「」ピシッ

梓(初めて味わったリアクションなんだろうか・・・)プクク

「ねこ・・・こわい・・・」ギュ

梓「え、と・・・だいじょうぶだよ、人畜無害だから」

「・・・?」

梓(分かるわけないか・・・何言ってんだろ・・・私)

虎徹「」ピキーン

「・・・」ギュウ

梓「えと・・・。お母さんは?」

「・・・」

梓(反応が無いからどう接したらいいのか・・・分からない・・・)

「・・・」

梓(唯先輩なら・・・)ガサゴソ

「・・・」

梓「ドーナツ食べる・・・?」

「どーなつ?」

梓「おいしいよ」

「しらないひとからもらったらめっ・・・」

梓(・・・どうしよう)

虎徹「」ピキーン

梓「役に立たない愛玩動物・・・」

虎徹「・・・」ムカッ

「・・・」

梓(困ったなぁ・・・)

虎徹「みゃっ」ダッ

テッテッテ

梓「あっ、虎徹!」

「・・・」ギュウ

梓(この子放って置けないし・・・どうしよう・・・)

テッテッテ

虎徹「みゃ」ポロッ

梓「・・・」ホッ

「・・・?」

梓「ネコじゃらしと言ってね。こうやってフリフリすると」フリフリ

虎徹「・・・」シュッ

「・・・」

梓「遊んで欲しいって。やってみて」

「・・・うん」フリフリ

虎徹「・・・」

梓「えぇー、なにそれー・・・」

「・・・ふふ」フリフリ

梓「?」

「これおもしろーい」フリフリ

梓「あ、うん・・・」

虎徹「・・・」ウズウズ

梓(難しい・・・。何歳なんだろう・・・)

「・・・あはは、だめー」フリフリ

虎徹「・・・」シュッシュッ

梓「おなまえなんていうの?」

「いつきよ・・・あっ」

虎徹「・・・」カミカミ

梓「つかまらないように、フリフリしてみて」

いつき「うん。えいっ」フリフリ

虎徹「・・・」シュッシュ

梓「いつきちゃんはいくつなのかな?」

いつき「みっつ」フリフリ

梓(数えで4歳かな・・・)

虎徹「・・・!」バシッ

いつき「ねこちゃんこわくない」

梓「うん。わるいねこじゃないよ」

いつき「わるいねこ・・・?」

梓「あ、えっと・・・。いいねこってことだよ」

いつき「?」

梓(難しいな・・・)

虎徹「みゃー」

梓「あ・・・、おかあさんは?」

いつき「・・・」

梓「ふぅ・・・。迷子センターに連れて行ったほうがいいのかな・・・」

虎徹「みゃー!」

梓「・・・いっしょにおかあさんをさがそうか」

いつき「・・・うん」

梓「これ、たべる?」

いつき「うん・・・」

梓「どうぞ」

いつき「・・・ありがとぅ」パクッ

梓「さて、どうしたものか」

虎徹「・・・」

いつき「もぐもぐ」

さわ子「はぁ・・・しょうがないわねぇ・・・」

梓「いつの間に・・・」

夏「先に荷物載せちゃいますね」

さわ子「よろしく」

いつき「っ!」ビクッ

梓「こわくないよ」

いつき「・・・ほんと?」

梓「・・・・・・うん」

いつき「や・・・」ギュウ

さわ子「梓ちゃん、1人でなんとかできるのね?時間無いけどできるのよね?」

梓「こわくないよー。ほら、虎徹もなついているひとだから」

虎徹「みゃ、みゃ~・・・」スリスリ

さわ子「嫌々やってるじゃないの・・・」

いつき「・・・」ササッ

梓「虎徹!ちゃんとやってよ!」

虎徹「みゃー!」

梓「はやく学校に戻りたいのに!」

虎徹「みゃみゃー!」

ザワザワ

さわ子「人が集まってきたわよ」

梓「・・・」

虎徹「・・・」

いつき「・・・」ジー

梓「じんちくむがいのひとなんだよー」

夏「なんかもう、テンパって思考回路ショートしてますよ」

さわ子「お店の人連れてくるわ」

虎徹「みゃっ」

いつき「うん・・・」

さわ子「あら?」

夏「分かったんだ・・・」

梓「どうしましょう」

いつき「・・・」

ギュウ

さわ子「梓ちゃん、肩車しなさい」

梓「・・・」

さわ子「高いところから探せば親を見つけられるわ」

夏「なるほどー。親も見つけてくれるかもしれませんね」

虎徹「・・・」

梓「さわ子先生の方が高いじゃないですか」

さわ子「梓ちゃんに懐いているんだから・・・」

梓「は、はい。分かりました」スッ

いつき「・・・?」

さわ子「よいしょ」クイッ

いつき「わわ・・・」

梓「よーいしょっと」

夏「どう?」

いつき「・・・あ」

「いつきっ!」

夏「はやっ」


ブォォオオオ


夏「裏門で待ってるそうです」

さわ子「どうして裏門なのよ?」

虎徹「」スヤスヤ

夏「調理室と近いからじゃないですか?」

梓「忙しいのかな・・・」

さわ子「夕方までは車出せないから、次の買出しは荒井先生に頼んでね」

夏「はい」

梓「あ、ふぅ先輩です」

さわ子「・・・」

キキッ

ガチャ

風子「おつかれさま」

梓「忙しいんですか?」

千雨「とってもね!夏走って!」

夏「う、うん!」

タッタッタ

梓「私もっ!」

風子「あ、待って!」

梓「は、はい?」

風子「虎徹ちゃんと一緒だから調理室はNG」

梓「・・・」

虎徹「・・・」クシクシ

梓「出店の方へ行ってきます」

風子「うん、お願いね~」

テッテッテ

梓「・・・行くよ」

虎徹「みゃっ」


13
最終更新:2011年10月06日 18:11