―――――調理室


未知子「虎徹ちゃんと走り出す準備できてたよね、どうして?」

梓「あっちの負けるオーラが見えましたから」

春子「あははっ」

いつき「・・・」

ギュウ

虎徹「・・・」

つかさ「おつかれー」

まき「おつかれさまー!」

春子「テンション高いな・・・」

未知子梓「「 うわっ! 」」

ちか「どうしたアルか?」

梓「本当に着てる!!」

未知子「どうしたのよー・・・」

ちか「勢いって怖いアルネ!」

梓「ちか先輩、一緒に校内見て歩きませんか?」

ちか「断るネ!」

唯「私と行くヨロシ!」

いつき「・・・よろし・・・?」

唯「誰アルか!」

梓「友達です・・・。その口調やめてください、メイド服じゃないですか」

唯「えへへ」

いつき「・・・」ジー

唯「どしたの~?」

いつき「おかし・・・ついてる・・・」

唯「おっと、いけねえ」ゴシゴシ

和「またつまみ食いしたのね」

唯「おいしいものがあったら、手を伸ばさずにはいられないのです!」

虎徹「・・・」

エリ「和さんも疲れたんじゃない?」

和「そうね・・・。少し歩きすぎたわ」

エリ「お店で休んでくるといいよ」

和「そうさせてもらうわね」

千雨「おまたせ、梓・・・お願いね」

梓「うん。ありがとう」

唯「そんじゃ行こうよ!」

梓「あ、むぎせんぱいは・・・?」

ちか「さっきまで美冬さんといたんだけど・・・」キョロキョロ

梓「そうですか・・・」

未知子「はい、いつきちゃん。できたてカステラだよ」

いつき「ありがとー」

虎徹「みゃっ」ピョン

いつき「あ、ねこちゃん!」

シュタッ

虎徹「みゃー」

梓(会えない・・・どうして・・・)ハァ



―――――茶店


梓「陽が傾いてきましたね・・・」

和「えぇ・・・。あと、1時間で今日は終わりね」

梓「・・・はい。・・・どうぞ」

コト

和「・・・ありがと」

梓「ゆっくりしていってください・・・」

和「悪いわね、あまり手伝えなかったわ」

梓「・・・」

和「・・・どうしたの?」

梓「いえ・・・なんでもないです・・・」

和「・・・」

いつき「おねえちゃん」

梓「あ・・・」

いつき「わたしかえるからね・・・」

梓「う、うん・・・」

いつき「・・・」

「この子に付き合ってくれて、ありがとうございました」

梓「いえ、楽しかったです」

いつき「たのしかった」

「ほら、あいさつなさい」

いつき「うん・・・。おねえちゃん」

梓「・・・」

いつき「さようなら」

梓「・・・!」

いつき「・・・?」

和「・・・梓」

梓「あ、うん。・・・さようなら、いつきちゃん」

いつき「こてつちゃんもばいばい!」フリフリ

虎徹「みゃー」

「それでは」ペコリ

いつき「さようならー」フリフリ

梓「・・・」フリフリ

和「・・・」

虎徹「みゃー」

梓「?」

虎徹「みゃーみゃー」

梓「どうしたの・・・?」

小田ばぁ「今日一日虎徹のめんどうみてくれてありがとうねぇ」

梓「あ・・・おばあちゃん・・・」

小田ばぁ「駄菓子おいしかったよ」イッヒッヒ

和「色々とご教授いただきまして、ありがとうございました」

小田ばぁ「私が教えたことなんて、些細なことさね」

和「いえ、それなりの評判となりましたので・・・とても助かりました」

小田ばぁ「頑張ったのはあなたたちさね」

梓「・・・」

虎徹「・・・」ジー

梓「・・・なに?」

虎徹「みゃ・・・」

梓「・・・」

小田ばぁ「ただの挨拶さね」

梓「あ、うん・・・。またね」ナデナデ

虎徹「・・・」

梓「?」

虎徹「みゃー」

テッテッテ

虎徹「みゃ~」スリスリ

小田ばぁ「それじゃ、帰ろうかね・・・」

虎徹「みゃっ」

スタスタ

梓「・・・」

和「寂しい?」

梓「よく分かりません。今日一日一緒にいましたけど・・・」

和「・・・そう」

律「分からないのはもったいねぇぞ」

梓「どうしてですか?」

律「さっき、エリとおばあさんが話してたの聞いたんだけどな」

・・・・・・

・・・

エリ「おばぁちゃん・・・元気でね・・・!」

小田ばぁ「かわいい子だねぇ」ナデナデ

エリ「た、たくさん教えてくれたこと忘れないから・・・ね・・・っ」

小田ばぁ「そうかいそうかい」イッヒッヒ

律「・・・」

エリ「・・・」

小田ばぁ「顔を上げておくれ、小さな別れなんだから」

エリ「・・・っ」

小田ばぁ「これからもたくさんの別れがあるんだから」

エリ「っ!」

小田ばぁ「ちゃんと前を向いて、顔をみせなきゃダメさね」

エリ「う、うん!」

小田ばぁ「それじゃ、元気でねぇ」

エリ「あ、ありがとぉ!」

小田ばぁ「こちらこそ、楽しい思い出をありがとねぇ」

・・・

・・・・・・

律「今日でお店閉めたんだってさ」

梓「・・・」

律「明日から別の街で暮らすんだって、息子さんと一緒に」

和「・・・お店開いてたの?」

律「らしいぜ、梓」

梓「っ!」

タッタッタ

梓「虎徹ッ!」

虎徹「みゃ?」

小田ばぁ「・・・」

梓「この街で過ごす最後の日に・・・来てくれてありがとっ」

虎徹「・・・」

梓「楽しかったよ」

虎徹「みゃっ」

梓「さようなら、おばぁちゃん」

小田ばぁ「はい、さようなら」

梓「さようなら、虎徹」

虎徹「みゃー」

梓「・・・」

虎徹「みゃー」

小田ばぁ「そうかいそうかい」イッヒッヒ

スタスタ

梓「・・・むぎせんぱい」

紬「・・・」

梓「どこへ行ってたんですか・・・」

紬「・・・」

梓「ずっと探していたんですよ?」

紬「・・・」スッ

梓「え・・・?」

紬「・・・」

梓「最初に会った時と同じ顔してますね・・・」

紬「・・・」ニコ

梓「生意気なネコ・・・でした・・・」

紬「・・・」ニコニコ

梓「波長が合わなくて・・・ケンカって言えるんですかね、ずっといがみ合ってて」

紬「・・・」

梓「それなのに・・・っ・・・」

紬「・・・」ナデナデ

梓「さびしい・・・です・・・ねっ」

紬「・・・」コクリ

梓「・・・」

紬「・・・」

梓「さぁ、残りの一時間頑張りましょう!」

紬「・・・」ニコニコ

梓(残された僅かな時間・・・)

梓「カステラセット二人前お願いします!」

紬「・・・」コクリ

梓(やっと一緒に活動できる!)ウキウキ

「ごちそうさまー」

姫子「ありがとうございました」

律「お、バイトで培った礼儀だな」

姫子「そうみえる?」

律「うん。頼れるぜ」

姫子「役に立ったんなら嬉しいかな」

紬「・・・」スッ

梓「ありがとうございます。行ってきます!」

澪「梓、張り切ってるな・・・。むぎ、せんべいセット3人前お願い」

紬「・・・」キリ

多恵「これ、6番へお願い律さん」

律「おっけー」

紬「・・・」トントン!

律「ん?」

多恵「あ、ごめんなさい!ジャスミン茶じゃなくて紅茶を淹れてしまって!」

律「オッケ。少しくらい待てるぜ」

多恵「すぐ用意するね!」

律「慌てなくていいからなー」

紬「・・・」スッ

澪「ありがと、早いな」

姫子「澪、戻ってくるときに1番椅子の片付けお願い」

澪「うん」

梓「3番空いたよ純」

純「オッケー。こちらへどうぞー」

「おぉ、いい雰囲気だね」

「衣装が二種類あって可愛いよね」

紬「・・・」テレテレ

梓「えへへ」

律「えへへ」

多恵「お待たせ!」

律「さーんきゅっ」

紬「・・・」クイックイッ

梓「4番・・・注文ですね、行ってきます!」

澪「姫子」

姫子「うん。お待たせしました、一番席へどうぞ」

「いちばんってどこー?」

「あっちだよ」

姫子「案内するね」

紬「・・・」ニコニコ

夏「紬先輩、これで調理班最後ですっ」ドサッ

紬「・・・」コクリ

澪「あ20分くらいで終わりのアナウンスが流れるな」

唯「冬ちゃんいらっしゃーい」

冬「おつかれさまでーす」

紬「・・・」コクコク

夏「冬ねぇ、そっちは終ったの?」

冬「うん。校内のお客さんはまばらになってきたから」

梓「むぎ先輩!アンダギーセットを二人前です!」

紬「・・・」キリ

夏「手伝います!」

梓「唯先輩・・・1人だけメイド服で浮いてますよ」

唯「そうかな・・・」

多恵「唯さん、これを4番へお願いします」

唯「あいよっ」

律「冬も店番と勘違いされそうだな・・・。休憩所で待っててくれ」

冬「はい」

姉「冬ちゃん!」

冬「あ、お姉ちゃん」

姉「くぅ・・・」ジーン

梓「今来たんですか」

姉「看板がないから見つけられなくって」

梓「あるじゃないですか、ほら」

姉「目が悪くて読めない・・・」ゴシゴシ

梓(言わせようとしてるなぁ・・・)

紬「・・・」スッ

梓「ありがとうございます。行ってきます!」

姉「逃げられたか・・・」

夏香「姉さん、邪魔だから冬ちゃんと休憩所行ってきて」

姉「はいはい、なつは冷たいですね」

冬「そ、そんなことないですよ。暖かいですよ」

夏香「い、いいから」

紬「・・・」

姫子「むぎ、ポーポーセット3人前よろしく」

紬「・・・」コクリ

澪「私もそっちにまわるよ」

紬「・・・」コクコク

夏「ジャスミンはこれですよね?」

紬「・・・」スッ

夏「おっと、間違えるところだった」

澪「最初は戸惑うよな。ジャスミン、お茶、紅茶。むぎ茶」

紬「・・・」キリ

多恵「むぎさーん、カステラ切って欲しいー」

紬「・・・」コクリ

澪「ポーポーをお皿に載せて」

夏「ジャスミン茶3人分を用意すれば」

律「おっしゃ、持ってくぜー。一番だな」

姫子「よろしく」

梓「今のうちに洗い物片付けます!」

純「うん・・・」

紬「・・・」スィー

梓「等間隔に切るの手馴れてますよね」ジャブジャブ

紬「・・・」ニコ

梓「いつも私たちの分をカットしていましたよね」ジャブジャブ

紬「・・・」コクリ

純(洗い物を片しながらお喋りすればいいのか・・・考えたな、梓)

多恵「ありがとむぎさん」

紬「・・・」ニコニコ

唯「・・・」ヒョイ

澪「あ、こら」

唯「もぐもぐ・・・うまい!」

梓「つまみ食いばっかりじゃないですか」ジャブジャブ

唯「えへへ」

律「唯も作ったのか?」

唯「うん。頑張ったよ~」

澪「しょうがないな・・・」

紬「~♪」

梓「唯先輩、このコップを拭いてくれませんか?」

唯「おまかせ!」

律「流れが止んだか・・・」

澪「束の間の休息だな」

紬「・・・」フキフキ

梓「便利な場所を確保できましたよね」ジャブジャブ

唯「そだね~。お店の隣に水道設備あってラッキーだよ」キュッキュ

律「場所確保したの誰なんだっけ?」フキフキ

澪「さわ子先生・・・?」フキフキ

紬「・・・」

梓「むぎせんぱいですよ。くじで引いて確保できたんです」ジャブジャブ

紬「・・・」キリ

唯律澪「「「 さすがだ(よ) 」」」フキフキ

梓「これで終わりですね。片付くの早いです」

紬「~♪」フキフキ

律「おしゃべりして仕事してたら怒られるな。バイトだと」ウシシ

唯「仲良く作業したら捗るんだよ」フキフキ

澪「そうだな・・・。よし、こんなもんかな」フキフキ

紬「・・・?」

梓「どうしたんですか?」

紬「・・・」スッ

唯「あ、カステラ余っちゃったね」

律「・・・」

澪「・・・」

梓「・・・」

紬「・・・」スッ

梓「あ・・・」

澪「誰が取るかと思ったら」

律「むぎが取ったか」

唯「食べ過ぎちゃったよ」ゲフ

梓「どれだけつまみぐいしたんですか」

紬「・・・」スッ

梓「え・・・?」


17
最終更新:2011年10月06日 18:16