唯「もうすぐあずにゃんの誕生日だよね」

紬「そう言えばそうね!」

律「ここは可愛い後輩のために私たちで盛大なパーティを開いてやろうじゃないか」

唯「あずにゃんきっと喜ぶよぉ」

澪「まず梓に渡すプレゼントを決めようよ」

律「プレゼントか…」

紬「梓ちゃんってどんなもの貰うと喜ぶかなぁ」

澪「ギターの弦とかどう?」

律「とりあえず喜んではくれそうだけど…」

唯「あんまり可愛げが無いよね」

澪「うっ」

律「そもそも梓ってあんまり欲無さそうだよな」

紬「コレが欲しい!っていうのが無い反面、何をプレゼントしてもそれなりに喜んでくれそうよね」

澪「それが一番難しいんだけどな」

唯「何あげようかなぁ」

律「やっぱ本人に聞く?」

澪「それは野暮だよ」

唯「あずにゃんの気持ちが知りたいなら」

唯「あずにゃんの歌を聴いてみよう」

律「梓の歌!?」

澪「…って何?」

唯「じゃーん!コレです!」

紬「あっキャラソンだ!」

律「お前これ買ったんだ?」

唯「可愛い後輩のCDだもん!買うよぉ」

澪「でも何か小汚いぞ。ケースにヒビ入ってるし」

唯「ああ、これ私がやったんじゃないよ。最初から入ってたんだよ」

律「中古品!?」

唯「UNIONで200円で買ったんだ!」

紬「まあ200円じゃね…」

唯「もっと状態の良いのも売ってたんだけど」

唯「ま、別にガチで聴くわけじゃないし一番安いのでいいやって……」

澪「お前本当に梓のこと可愛い後輩だと思ってる?」

紬「とりあえず聴いてみよ?」

澪「そうだな。『じゃじゃ馬Way To Go』だって。はは、何か可愛いな」

律「待て澪!」

澪「えっ」

唯「シングルってのは2曲目のが良かったりするもんだよ」

澪「そうか?」

唯「ブランキーのロメオ然りミッシェルのジェニー然りゆら帝のミーのカー然り」

律「スマップのオレンジ然りビートルズのエリナーリグビー然りストーンズのビッチ然りツェッペリンのホットドッグ然りだ」

紬「スマップ浮いてない?」

澪「分かったよ。2曲目の『私は私の道を行く』を再生するぞ?」 ぽちっ


♪ふぅ~もとめられているのはー

♪そこのけのこのけ でっす!


律「聴いてみたけど…果たしてこの歌詞の中に梓が欲しいものなんて入ってるのかな」

澪「まず最初が『求められているのはどんなキャラですか』だもんな」

紬「むしろ貴女が私達に何を求めてるのかを知りたいのに…」

唯「『押して押して押すです』だって」

澪「押す…押す……うーん」

紬「ねえ、何か重いものを押すときって、足が滑っちゃわない?」

律「確かにそういうときあるな。それがどうかしたのか?」

紬「スパイクシューズがあれば足がガッチリ固定されて便利じゃないかな!?」

澪「それだ!!」

唯「さすがムギちゃん!」

律「目の付け所が違うな!」

紬「わーっそんなに褒めないで~」

唯「歩きやすそうだし、次の『猫のよにしなやかに歩いてくんです』にも通じるね」

澪「じゃあ梓はスパイクシューズが欲しいんだな?」

紬「まだ分からないけど…とりあえず候補に入れとこう?」

澪「じゃあメモしとくね」

律「『誰にも手なづけられないです』」

唯「これは何だろうね」

律「簡単じゃないか。手なづけるには首輪してやるのが一番だ」

澪「首輪…っと」 メモメモ

紬「『ハグされたら途端にちから抜けちゃうんです』」

澪「ハグか。これ唯に対して言ってるんだよね、きっと」

唯「私のハグってあずにゃんの内なる力を封印してたんだね…」

律「このまま放っておくと梓、弱って死んじゃうぞ」

唯「あ、だったら体を鍛えればいいんだよ」

澪「プロテイン…っと」 メモメモ

唯「『人体は不思議です 教科書にも辞書にも克服する方法はないです 困るんです』」

律「この一節には不審な点がある」

唯「何何!?」

律「教科書にも辞書にも…って、こういうフレーズ使っていいのは和みたいな優等生タイプに限るだろ?」

唯「確かに!あずにゃんってそこそこ勉強できるみたいだけど、そういうキャラじゃないよね」

律「何故梓がこんな言葉を使ったのか……」

紬「もしかしてそれこそが梓ちゃんの願望なんじゃない!?」

澪「願望?」

紬「きっと、梓ちゃんは和ちゃんみたいなエリートキャラになりたいのよ」

唯「そうだったのかー…」

律「どうすればいいんだ?」

紬「メガネがあればそれっぽく見えるかも!」

澪「メガネか」 メモメモ

律「ギターに合わせて赤レンズにしよう」

唯「似合うかなぁ」

澪「『生まれて約15年 先は長いです』だって」

唯「先って何?」

律「そりゃあお前…寿命だろ」

澪「梓…早く死にたがってるのか」

紬「『私生きるです』とか言ってるし それは無いと思うけど」

澪「…もしかして!」

律「何か分かったのか?」

澪「先が長いって…これ爪のことじゃないのか?」

唯「生まれて約15年…あずにゃんって15年間一度も爪を切ったことが無かったの!?」

律「かわいそうに…」

澪「爪切り…っと」 メモメモ

紬「梓ちゃんってそんなに爪長かったかしら?」

唯「あっそう言えば別に長くないや!」

律「クッ!盲点だったぜ」

澪「爪切りじゃないなら何だろう…」

律「15年……先は長い…15年前……95年」

律「あっ分かったよ!」

澪「なんだよ!」

律「これは1995年に発売されたゲームのことだ!」

紬「そうなの?」

律「…先は長い。つまり15年間遊び続けてるけど一向にクリアできる兆しが無い」

律「そういうことだ」

澪「で、そのゲームって何?」

律「95年発売で梓が遊んでそうなゲーム…それはズバリ太閤立志伝2だ」

唯「きっと本能寺の変が起こせなくて困ってるんだね」

紬「つまり、太閤立志伝2の攻略本を欲しがってるってこと?」



1時間後


澪「かなり頑張ったな私達…」

唯「ここまで詩を意識しながら曲を聴いたのって初めてだよ」

紬「でも梓ちゃんの考えてることが伝わってきて嬉しい!」

律「澪、メモ見せて」

澪「ん」


ギターの弦
スパイクシューズ
首輪
プロテイン
メガネ(赤レンズ)
太閤立志伝2の攻略本
搗栗
涙のキャンディ★ハウス
魏志倭人伝
がんこちゃんのVHS
力水


律「結構いっぱい出てきたなぁ」

紬「唯ちゃんならこの中でどれが一番欲しい?」

唯「ギターの弦かな」

澪「ま、まだ見つかるかもしれないからもうちょっと頑張ってみようか」

紬「あとは最後のところだね」

律「『ぬき足さし足しのび足……』」

唯「『先輩後輩クラスメイト…』」


――――

そして梓の誕生日



ガチャッ

梓「みなさん、おつかれs…」

パンッ! パンッ! パンッ! しけっ…

梓「!?」

唯「あずにゃん!」

紬「お誕生日」

律「おめでと」

澪「う!」

梓「みなさん……」 ジン

梓「もっもう…こんなに綺麗に装飾して…後片付けが大変じゃないですか!」

唯「えへへ。張り切っちゃった」

律「ほらほら、座れよ」

澪「出来合いの物ばっかりだけど、食事も用意したから」

紬「ケーキも食べてね」

梓「おいひいです」

律「食べながら喋るなんてお行儀悪いぞ~」

唯「今日はブレイコーだよブレイコー!」

紬「そうだ、プレゼント!」

澪「あっ今渡しちゃおうか」

梓「プレゼントまで!?」

澪「梓に喜んで貰えそうなもの…みんなで考えて選んだんだ」

梓「ほんとに…本当にありがとうございます!!」 グスン

紬「はい、どうぞ♪」

梓「あ、開けてもいいですか!?」

律「どうぞどうぞ!」


~~~

数日前


律「なるほど!そういうことだったのか!」

澪「ここリピートされてる辺り、梓の強い気持ちが込められてるのが分かるよ」

唯「ここに気づくとはやっぱりムギちゃんて凄いね」

紬「ふふ。じゃあ、プレゼントはこれで決定! でいいかな?」

唯「あ……でも」

紬「どうしたの唯ちゃん?」

唯「恥ずかしながら…私まだそのね……」

律「分かった!ミナまで言わんでいい!」

澪「は…ははは。唯はどうしよっか」

唯「あ、代わりに憂のでもいいかな?」

律「いいんじゃない?」

紬「そうね。でも唯ちゃんがまだなのに憂ちゃん……」

唯「お恥ずかしい限りです」

澪「気にするなよ」



──そして現在

梓「あ、開けてもいいですか!?」

律「どうぞどうぞ!」


するする…ぱかっ


梓「……?」

梓「何ですかこれ?」

唯「『そこの毛そこの毛』でーっす♪」


梓「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああん!!」

澪「あ、逃げちゃった」

律「気に入らなかったのかな」

紬「やっぱりね!」



「ζζ月ζζ日」

おわり



9
最終更新:2011年10月06日 23:57