--ガタガタ

和「澪?一緒に食べましょ。」

澪「うん。いただきます。」

和「いただきましゅっ」

澪「・・・。」

和「・・・。」

和(かんじゃったよ・・・恥ずかしい・・・///)

澪(今かんだよな?・・・あ、赤くなってる・・・可愛い・・・///)


--ガヤガヤ

律(はぁ・・・こんなにうるさいのに・・・。)

律(・・・こんなに騒がしいのに・・・この寂しい気持ちはなんだろう・・・。)

律(・・・やっぱり私はいらない子なんだなぁ・・・こんなに沢山人がいるのに・・・。)

律(私は・・・一人だけだもんな・・・。)

律「ぐすっ・・・。」

--ガラガラ

律「失礼します・・・。」

さわ子「あらりっちゃん。どうしたの?暗い顔して。」

律「実は・・・その・・・。」

さわ子「あ、もしかしてあの日?具合悪いの?薬飲む?」

律「い、いや!違います!・・・その・・・これを・・・。」

さわ子「あ、違うのねwははwwこれは・・・?退部届け?」

律「はい。じゃあそういうことで。失礼しました。」

さわ子「ちょ、ちょっと!待ちなさい!ちょっと!」

--ガラガラ

さわ子(・・・何かあったのね。)


――――

さわ子「唯ちゃん!ちょっといいかしら?」

唯「さわちゃん先生。なあに?」

さわ子「最近軽音部の活動はどう?」

唯「あのね、この間私曲作ったの!で、それを皆であわせて・・・楽しいです!」

さわ子「あらそう。分かったわ。頑張ってね♪」

唯「はーい!」


--パタパタッ

さわ子(ふむ・・・。)


――――

さわ子「澪ちゃん!ちょっといいかしら?・・・あのね、ちょっと聞きたいことがあるんだけど?」

澪「な、なんですか?」

さわ子「最近軽音部の活動はどう?」

澪「活動・・・ですか?えーっと・・・最近は唯が作ってきた曲をアレンジしたりして、とっても充実してます。」

さわ子「へぇ・・・唯ちゃんがねぇ。」

澪「えぇ。珍しく真面目なんです。軽音部らしくやってますよ。」

さわ子「そう・・・。特に変わったことはない?」

澪「・・・えぇ。なんかありました?」

さわ子「いえ、ほらたまには顧問らしくあなたたちの状況を知っとかないとね?w」

さわ子「じゃあ時間とってごめんなさいね。」

澪「はい。それじゃ。」

--パタパタ

さわ子(・・・もしかして。)


――――

さわ子「ムギちゃん。」

紬「あ、先生。なんでしょう?」

さわ子「最近軽音部の活動はどう?新曲作ったらしいじゃない。」

紬「そうなんですよ。唯ちゃんが作ってきたんです。」

さわ子「唯ちゃんの曲はどう?」

紬「とっても素敵な曲ですよ。あっ!もちろん澪ちゃんの歌詞も素敵ですよ♪」

さわ子「あ、澪ちゃんの詞もね・・・、、、」

紬「えぇ♪梓ちゃんもアレンジ考えてくれてとっても楽しいです。」

さわ子「それはいいわね。りっちゃんはどう?」

紬「え?ん~そういえばりっちゃんは・・・ドラムを叩いてくれてます。」

さわ子「りっちゃん真面目に練習してる?そう。ふんふん。」

紬「・・・どうかしたんですか?」

さわ子「いえ。ほら、顧問らしく部の内情くらい把握しとかないとね♪」

紬「先生も大変なんですね。ご苦労さまです。」

さわ子「あなたたちも活動頑張ってね。じゃあ。」

紬「失礼します。」

--パタパタッ

さわ子(なるほどねぇ・・・。)


--キーンコーンカーンコーン♪

律(授業も終わったし帰るか・・・。)


--ガヤガヤ

女A「山中先生さようならー」

女B「あ、先生ばいばーい」

さわ子「はいさようなら。気をつけて帰るのよ。寄り道しちゃダメよ?w」

さわ子(・・・ん?あの門のところにいるのは・・・りっちゃん!?)


律(はぁ・・・こんなに早く帰るのはいつぶりだろう。・・・もう軽音部は私には関係ない・・・。)

さわ子「ちょっと!りっちゃん!待ちなさい!!!」

律「え?」

さわ子「あなたどこ行くの?・・・音楽室はあっちよ?」

律「・・・さっき退部届け渡したじゃん。ほっといてよ。」

さわ子「あのねぇ・・・私は顧問なの。「辞めます。」「はいそうですか。」ってわけにはいかないのよ。」

律「うるさいな!さわちゃんには関係ないだろ!」

さわ子「あんたこの私を怒らせたいの?・・・ちょっとこっち来なさい!」

律「ちょ!放してっ!痛い!」

律(さわちゃん・・・力強すぎ・・・なんでこんなに怒ってるの?もう私のことはほっといてよ・・・。)

律「ちょっと!どこに連れて行く気だよ!?」

さわ子「行くとこなんか一箇所しかないでしょ!!!!」


--ジャガジャーン♪

唯「うほほー!いいね!いいね!」

澪「いまのとこいい感じだな♪」

紬「素敵よ唯ちゃん♪」

梓「ところで、律さん遅くないですか?なんかあったんですか?」

唯「そういえば遅いね。なんかあったのかな・・・?」


--ガラガラ

さわ子「お邪魔するわよ!」

律「ちょっと!放してよっ・・・。」

唯「あ、りっちゃ・・・ん?」

澪「律?どうしたんだ?」

唯「先生?なんかあったの?」

さわ子「あのね、今日りっちゃんから退部届け渡されたのよ。」

唯澪紬梓「えぇ!?退部届け!?」

さわ子「そ。なにがあったか知らないけど辞めたいらしいのよ。」

紬「それで・・・さっき?」

さわ子「あんたたちに話聞いて回ってたのはそれをあんたたちが知ってるのか確かめたかったの。」

さわ子「あんたたちは知らなかったでしょ?」

律「ちっ・・・もういいだろ!」

さわ子「よくないわ。今まで一緒にやってきた仲間でしょ?第三者の私に退部届けだしてそれで終りなんてずるいわ。」

さわ子「辞めるならちゃんと皆に辞める理由言って辞めなさい!」

澪「律・・・お前・・・。」

梓「律先輩・・・。」

唯「りっちゃん・・・?」

律「うるさい!!お前ら好き勝手に活動しやがって!そりゃあたしは下手糞だけどそれでも精一杯皆に追いつこうと頑張ったよ!」

律「だけど、お前らはどんどんどんどん前のほうに走っていって、私だけ置いてけぼり!!!」

紬「りっちゃん・・・。」

律「この間の休みだって、私抜きで皆で唯ん家に集まって曲のこととか会議してたんだろ!」

律「私が下手だから・・・ウザイから・・・だから誘わなかったんだろ!」

澪「ち、違う!あれはっ!」

律「うるさい!あとになってお情けの誘いなんかしてくれたって、嬉しくなんてない!だからもう私やめるから!」

律「どうせ私は下手糞だから代わりなんてすぐみつかるでしょ!!!」

律「いままで世話になったよ!じゃあね!!!!」

--ガラガラバタンッ

唯「りっちゃん・・・」

澪「律・・・。」

さわ子「ふぅ・・・。さて、ムギちゃん。ロイヤルミルクティーお願いね。」

澪「ちょっ!こんなときにお茶なんて!」

さわ子「あら?だってあたしは第三者だもん。放課後ティータイムはあんたたちのバンドでしょ?」

さわ子「りっちゃんを呼び止めるのも、勝手にさせるのもあんたたちの問題よ。あたしには関係ないわ。」

唯「あたし行ってくる!皆はここに居て!」

--ガラガラ バタンッ

澪「あ!?唯!!」

梓「唯先輩!!!」


--ダッ

律(なんだよ・・・どいつもこいつも・・・人の気もしらないで・・・)

--ドタドタッ ドスンッ

律「うわっ!」

?「きゃあっ!!」

律「痛ぁ・・・っ」

?「ちょっとぉ・・・廊下走っちゃ危ないでしょ!」

律「悪い・・・ちょっと急いでて・・・って!」

律「和!?ごめん!急いでたから・・・怪我ないか?」

和「怪我はないわよ。あんたこそ大丈夫?っていうかなんで急いでたのよ?」

--パタパタ

唯「りっちゃーん!!!」

和「あ、唯・・・。」

律「ちっ!」

--ダッ

和「あ、待ちなさい!」

律「うるさい!放せ!」

和「・・・いいからっ!こっちに来なさい!」

律「うぇ?ちょっ・・・」

--ガラガラ バタン

--パタパタパタッ

唯「りっちゃーん!」

--トタトタトタ・・・

和「ふぅ・・・。唯は行ったわよ。」

律「・・・ありがとう。」

和「で、なにがあったの?」

律「・・・何も無い。」

和「何も無いわけないでしょ!いいから話してみてよ。」

律「和には関係ないよ!もう行くからな!」

和「・・・いたた あれ?」

--ドサッ

律「!?ちょっと!和!!」


3
最終更新:2011年10月12日 04:45