中3の春から、わたしは受験に向けて塾へ通い始めた。

それでもまだ、彼女とはよく遊んだ。

どこかに出掛けると、たくさんのカップルを目にする。

幸せそうな笑顔を目で追っては、自身の現状に落胆する。

こんなに近くに居て、どうして苦しいんだろうと。

そんな気持ちを払拭するように、好きでもない勉強を頑張った。


その頃から、彼女はよく音楽の話をするようになった。

たくさんのCDをわたしに持たせ、感想を聞かせろとせがむ。

目を輝かせる彼女と同じように、わたしも音楽に夢中になった。

今部屋にあるCDのほとんどは、彼女が薦めてくれたもの。

きっと彼女が居なければ、ここまで音楽も好きじゃなかっただろう。

詩を書き始めたのもその頃だった。


新しいDVDを買ったから、と呼ばれた彼女の家。

1枚のディスクが終わる頃、彼女は「これだ!」と言い出した。


「わたしはドラム、澪はベースな!」

「…勝手に決めるな」

「え?澪はベース選ぶと思った」

「いや…その通りだけど」

「だろ?わかるよ、澪のことは」


そんな言い方をされると、期待してしまう。

また…あの頃に戻れるんじゃないか。


その期待もまた、すぐに崩れてしまうんだ。

「今日クラスの奴に告白された」

急に電話を掛けてきたと思えば、この内容だった。


「…そっか」

「…そんだけ?」

「…わたしに何て言って欲しい?」

「普通、『おめでとう』とかだろ」

「…おめでとう」

「ありがと。じゃあ、そんだけだから」


会話にしてたったの1、2分だった。

相手の名前は聞いていない。

「おめでとう」なんて思えるはずがなかった。

なのに本当の気持ちは、言葉になりたがらない。

今までのすべてが消えてしまった気がした。

彼女はその人と付き合うんだろうか。

…嫌だよ。


電話を切ってすぐ、彼女からメールが入る。


From りっちゃん

「明日からそいつと学校行くことにしたから、澪は先に行って」


ディスプレイを涙が打った。

大きく息を吐いて、シャツの袖でディスプレイを拭う。

メニュー画面に戻り、電話帳の「ラ行」から彼女の名前を探した。


りっちゃん_

りっちゃ_

りっち_

りっ_

り_

_

り_

りつ_

律_



次の日、わたしは一人で登校した。

いつもより随分早く着いて、教室は鍵が掛かっていた。

職員室に鍵を取りに行って戻ると、もう数人の生徒が教室が開くのを待っていた。


「あれ?今日秋山さん一人なんだ」

「…そうだよ」


席に着いて、カバンから本を取り出す。

教室で本を開いたのはいつ振りだろうか。

段々空席が埋まっていく。

それまで止むことがなかった話し声が、急に止んで、また大きくなった。

彼女が言う「そいつ」が誰か、その時に知ってしまった。


「あいつら付き合ってんの!?」

「マジかよ、いつからだ?」

「あいつ、前々から田井中のこと好きだったもんな」


「それで秋山さん一人だったんだね」

「あの二人付き合ってるのかな?」

「秋山さんに聞いてみようよ」


こそこそと上がる声が耳に入る。

何でわたしに聞くんだよ。

…本人たちに聞けよ。


「ねえ秋山さん、あの二人付き合ってるの?」

「何でわたしに聞く?」

「だって仲良いし、友達でしょ?」

「友達だよ、ただの」

「じゃあ知ってるんじゃないの?」

「さあ。…本人たちに聞いてくれる?」


やっぱり秋山さんって難しい子だね、なんて小さな声で話しながら二人の女子が離れていった。

「りっちゃーん」と言いながら、今度は二人して彼女に近づく。

わたしには許されない、あの呼び名で。


「ねえねえ、一緒に来たの?」

「そうだよ」

照れるそぶりもなく、そう答える。


「付き合ってんの?」

「お前らに関係ある?」

不機嫌そうな顔をしたのは、彼女も女子二人も一緒だった。


調子乗っちゃってやな感じだね、今度も二人はそう呟いた。

「澪、1時間目移動だぞ?用意しろよ」

「ああ、ごめん」

「先行っちゃうぞ」

「ちょっと待って!…律」

この日初めて、わたしは彼女を律と呼んだ。


その日から1週間、一人で登校した。

毎朝わたしが教室の鍵を開けた。

この教室で読み終えた本は、1冊だけではなかった。


なのに週が明けると、彼女も一人で登校してきた。

また教室がざわつく。


「え、もう別れちゃったわけ?」

「えらく短いな」

「うわー、もうフラれちゃったか」


「今日は別々なんだね」

「終わるの早かったね」

「やっぱ付き合ってなかったのかな?」

「また聞いてみる?」

「どうでもいいよ、もう」


ざわつく周囲を気にすることもなく、彼女が近づいて来る。

「みーお!」

「なに?」

「わー、冷たい反応」

「…何だよ?」

「何読んでんの?」

「本、小説だよ」

「よく読めるよなーそんなの」

「…律にはちょっと難しいかもな」

「うるせー!…で、さ」

「ん?」

「…また明日から一緒に学校行こ」

「…あいつはいいのかよ」

「一緒に行くのやめたから」

「…勝手な奴」

「ごめん、でも澪と一緒に行きたい」

「…わかった」

わたしたちはまた、二人で登校するようになる。

本当は突き放してやりたかった。

これ以上わたしの気持ちをかき乱さないで、と。

それでもわたしは弱いから、結局は受け入れてしまう。

…彼女を好きで仕方ないから。

気持ちを消さなきゃ、といくら思っても、

彼女を拒絶するのが、とても怖かったんだ。


寒くなるのに比例して、受験勉強が忙しくなる。

相変わらず塾に通って、夕飯はそこで食べる毎日。

彼女と遊ぶ機会も減った。

公立も私立の桜高も、A判定が出るまでに勉強した。

何かを目指すというより、

余計なことを考えないために、ひたすらホワイトボードの字を追った。

学校では、受験へ向けての授業も多くなってきた。

教師の話を受け、彼女が話しかけてきた。

「澪って桜高受けんだよな?」

「うん、公立と併願だけどな」

「じゃあわたしも桜高受けよっと」

「…律、ちゃんと考えたほうがいいぞ」

「何せ近いし?」

「そんな理由で決めることじゃないんだ」

「だって正直どこでもいいし、澪と一緒でいいや」

「…簡単に言うけど、桜高も結構頑張んなきゃ厳しいぞ」

「専願なら何とかなるって」

「…勝手にしろよ」


必死になっている素振りはなかった。

いつも通り、授業中は寝て過ごしている。

わたしの心配をよそに、テストの点は急に上がっていた。

今まで恒例だった、わたしに泣き付いてくることもない。


「わたしが本気になればこんなもんだよ」

得意げに言った彼女は、合格通知を手にしていた。

わたしも見事、合格。


公立の試験に落ちてしまえば、このまま彼女と一緒に居れるかもしれない。

試験会場に向かう道のりでは、そんなことが頭に浮かぶ。

それは試験が開始しても、頭について離れなかった。


合格発表の日、わたしの番号はそこにない。

ただ呆然と、掲示板の前に立っていた。

悲しいとか、そんな気持ちはなかった。


「どうだった?」

「…落ちた」

「そうか…」

「うん」

「…残念だったな」

「落ちたものは仕方ないよ」

「まあさ、同じ高校行けるんだし…わたしは嬉しいよ」

「…そうだな」


励まそうとする彼女をよそに、わたしは妙に落ち着いていた。

…受かるわけがないよ。

名前だけ書いた解答用紙で。


「落ちたよ」

その報告に、ママは少し悲しそうな顔をした。

パパは笑って、頭を撫でてくれた。


わたしはこれからを、彼女と一緒に過ごすことを選んだ。


入学式。

新しい制服に袖を通す。

大きく息を吐いて、姿を映した鏡から離れた。

履きなれない革靴を履いて、彼女の家へと向かう。

ちょうど3年前を思い出しながら。


あの時と同じように玄関先に立っていた彼女は、わたしに気付くなり大きく手を振る。

紺色のブレザー、青いタイ。

今まで見てきた彼女とは少し違って見える。

思わず目を反らしてしまった。


「おっはよー!似合ってんじゃん」

「…律はシャツ入れる、でボタン閉める」

「へいへい、相変わらずお堅い娘さんだこと」

「最初くらいちゃんとしろよ」

「…そうだな、これから高校生編始まるわけだし!」


そう意気込んで、少し前を歩いていた彼女は振り返った。

こちらを見る彼女は希望に満ちた笑顔だった。


「そう言えばさ、中学の入学式もこうだったよな」

「ああ…律のスカート姿が新鮮で」

「あの時の澪ひどかったよな、人のこと見るなり笑うんだもん」

「ちゃんとその後褒めたぞ?…可愛いって」

「…そうだったっけ?覚えてねーや」

「…ほら、急がなきゃ遅れるぞ」


覚えてない、か。

もしかすると、幻だったのだろうか。

あの幸せな時間たち。

もう、それでいいのかもしれない。

そろそろ見切りをつけなくちゃいけないんだ。

早く「友達」という居場所に落ち着かなくちゃ。

友達でいいから、せめて「特別」で居たい。

そう思った。


春なのにまだ肌寒くて、澄んだ空気。

これから始まる3年間。

その3年の間に、ちゃんと「友達」になれるのかな。


3
最終更新:2011年10月15日 01:33