○月○日


クラスのやつに告白された。

別にきらいじゃないけど、ことわった。

「他に好きな人いるから」って言うと、「だれ?」って聞かれた。

教えなかった。教えられないから。

じゃあ、「一緒に学校行こう」ってさそわれた。

「みおと行ってるから」って言っても、「お願い」って言われた。

「考えとく」って言った。

みおの反応が気になって、電話した。

どうでもいい、って感じだった。

無理やり、「おめでとう」って言わせた。

くやしくなって、「そいつと学校行く」ってメールした。

あいつにも「一緒に学校行けるよ」ってメールしたら、すぐ返事来た。

みおからは返事来なかった。



○月○日


あいつと待ち合わせして、一緒に学校行った。

何の話もしなかった。

学校につくと、そのこと聞かれた。

何かムカついたから、「お前らに関係ある?」って言った。

「調子乗ってる」とか小声で言われて、もっとムカついた。

みおは何も聞いてこなかった。

小学校のときみたいに本読んでた。

「移動だぞ」って言うと、「待って!」って言って、

わたしのこと初めて「律」って呼んだ。

自分でそう呼べって言ったのに、何か、さみしかった。



○月○日


毎朝つまんない。

ていうか、苦痛。

向こうは会話しようと必死だし、わたしはわざと「うん」とかしか言わない。

みおとなら、会話なくてもつらくないのに。



○月○日


「一緒に行くのやめよう」って言った。

「つまんなそうだもんな」って、笑いながら言われた。

「秋山もさみしそうだし…」とも言ってた。

周りにもそう見えたのかな。

そうわたしにも見えてたけど、期待しちゃいけないんだよな。


来週から、また一緒に行こうってさそってみよう。



○月○日


何てさそっていいかわかんなくて、結局1人で行くことにした。

クラスのやつらがまたざわついたけど、今度はだれにも聞かれなかった。

みおはまた本読んでた。

話しかけると、ちょー冷たかった。

「また一緒に学校行こう」って言うと、「勝手なやつ」って言われた。

そう言われても、一緒に行きたかったから謝った。

じゃあ「いいよ」って言ってくれた。

…良かった。



○月○日


進路の授業がうざい。

先生の話、ほとんど聞いてなかった。

でももうすぐ受験だし、卒業なんだなって思った。

前みおが桜高の話してたのを思い出した。

桜高なら近いし、制服かわいいしいいかなって思った。

女子校だから、誰と誰が付き合ってるとかうざい会話もなさそうだし。


やっぱりみおも私立は桜高受けるんだって。

「みおと一緒でいいや」って言ったら、「勝手にしろ」だって。

ちょっとくらいよろこんでくれたっていいじゃん。



○月○日


桜高の赤本買ってきた。

やばい、意味不明。

母さんに「桜高受ける」って言ったら笑われたし。

自分の娘に失礼だぞ!!!

「だから塾に通いたい」って言ったら、通わせてくれるって。

「みおちゃんと同じとこにすれば?」って言われたけど、それはいやだって言った。

必死なとこ見られたくないから。


でも近所に塾はそこしかないから、結局家庭教師つけてもらうことになった。

「家庭教師ならサボれないからね」ってまた笑われた。

…サボるつもりないし!

みおと同じとこ行けるかもしれないんだからさ。



○月○日


初めて家庭教師が来た。きれーなお姉さんだった。

最初だからって、志望校の話とかした。

「相当がんばらなきゃね」だってさ。

先生を最初っからなやませてしまった。


先生も桜高出身らしい。

「何で桜高行きたいの?女子校だよ?」

って言われた。

「好きな人が受けるから」

とは、言えるわけなかった。



○月○日


入試。

みおと一緒に行ったけど、むちゃくちゃキンチョーしてた。

わたしもしてたけど、その顔見たらちょっと笑えた。

試験は…出来た、と思う。

みおは大丈夫だろうけど、わたしは受かるかわかんないな。

授業もねちゃってたし。

今までがムダになりませんように…。



○月○日


結果発表の日。

なんと…なんと…!合格!!!

本当は心配だったし、むちゃくちゃうれしかったけど、

ちょっと見栄はって、「こんなもんだよ」とか言ってみおにカッコつけた。

みおも受かってたけど、あいつは入学するかわかんないし。

同じ高校行けたらうれしいけど、みおのガッカリする顔見たくない。

公立の入試も受かるといいな。がんばれー!



○月○日


みおが公立落ちた。

何て声かけていいかわからなかった。

「同じ高校行ける!」ってよろこんでも、きっときず付けるし。

でも、思ったよりショックではなかったみたい。

「わたしはうれしいよ」って言ったら、「そうだな」って言ってた。

でもうれしそうじゃなかった。

そりゃそうか。

でも…これからもみおと一緒にいれる!

みおにはわたしがついてなきゃ心配だからな!



○月○日


みおと一緒に入学式に行った。

中学の時みたいに、むかえに来てくれた。

遠くからでも制服が似合ってた。

「似合ってんじゃん」って言っても、「シャツ入れろ」とか言っておこられた。

笑ってほしかったな。

「中学のときもこうだったな」って言うと、

スカートがどうのってあの時みたいにちょっと笑われた。

やっと笑ってくれた。

「その後ほめたよ」って言われて、急に照れて覚えてないってウソついた。


またみおと同じクラスになった。

わたしはうれしかったけど、みおはあんまよろこんでくれなかった。



○月○日


クラブ見学にみおをさそった。

もちろん…軽音部!

でもみおは何とかって部に入る、って入部希望用紙持ってた。

だいたい何する部活かよくわからん。

だから破いてやった!

でも軽音部はもうなくなりかけ…らしい。

じゃあこのまま行けば部長じゃん!!

にげようとするみおを音楽室まで引っ張った。

待ってたら、ムギが来た!!

ムギは合唱部に入りたかったみたいだけど、うちらのコンビ見て入ってくれるって!

みおのおかげだな、ありがと。



○月○日


部員来ない。

なぜ!?



○月○日


入部希望者あらわる!名前は唯!

と思ったら入部やめたいって言われるって…。

みおもムギも、必死で引き止めてくれた。

ムギは合唱部に入るつもりで、みおも他の部に入りたがってたのに…。

本当に、2人をさそってよかった。

そして唯も入部するって!

4人集まった!よかったーーー。


わたし(部長):ドラム
秋山 みお :ベース
琴吹 つむぎ:キーボード
平沢 唯  :ギター

がんばるぞー!



○月○日


今年を振り返ってみる。

1年ってちょー短いな。

みおと桜高入って、同じクラスになって、

唯とムギに会って、4人でバンド組んで。

さわちゃんが部活受け持ってくれて、わたしが部長。


合宿もほとんど遊んじゃったけど、行けてよかった。

初めてのライブはキンチョーした!

でも、本当に楽しかった。

みおはスゲー気にしてるみたいだけど。

やっぱみおのボーカルは好評だった!わたしの目に狂いはない!

次は唯も歌えるといいな。


思い出ってほとんど部活。

その部活も遊んでばっかり。

でもそんな時間も必要だって思う。

みおはおこるけど、ちゃっかり楽しんでくれてる。

引っぱり込んだこと、感謝してもらおう!


このメンバー本当に最高!

みんなが軽音部入ってよかったって、思ってくれてますように。



○月○日


新入部員あらわる!

ちっちゃくてかわいい1年、梓!(多分こんな字)

梓はギターうまくて、まじめな感じ。

唯はあせってた。

お茶飲んでると、ギターさわってた梓にさわちゃんがキレた。

すると梓も急にキレた。

ちょっとみおっぽい。

顔もちょい似てる。


とりあえず5人になりましたー!

部長がんばります!



○月○日


もうすぐ学祭!

なのにいつものようにお茶しちゃううちら。

梓は初めてのライブが楽しみらしく、鼻歌とか歌ってる。

かわいー奴。

それなのに…またやってしまった。

和が急に部室に入ってきて、なんとかかんとかって言って、

みおになぐられた…。


部活終わって楽器屋行こうって話になった。

つくと、みおが入りたがらない。

でも「レフティフェアやってる」って言ったら走っていった。


唯のギターの不調も直り(しかも何故かタダ)

楽器の前から動かないみお引っ張ったら、みおがこけた。

謝らなきゃいけないのに、謝れなかった。

「バカ律」って言われて、ショック。

唯が和とお茶するって言うのに、みおもついて行っちゃった。

何かそわそわして、ムギと梓連れて追いかけた。


みおは笑ってた。

さっきまでおこってたのに、くやしい。

だからジャマしにいった。

わたし最低だな、って思ったけど、やめられなかった。

自分にムカついて、家帰って冷たいシャワー浴びた。

ちょー寒い。


7
最終更新:2011年10月15日 01:41