○月○日


昼休み、1組の教室行ったらみおが和と笑ってた。

何か、わたしの知らない人に見えて、あせった。

みおが遠くに行っちゃうような…そんな気がした。

昨日のこと謝って、練習しようってさそいたかっただけなのに、

無理やり和から引きはなして、引っぱって部室に連れて行った。

弁当もまだなのに。

部室にはわたしたち以外も先に来てた。

みんな楽器の調整してるのに、みおにちょっかいかけて、わざとおこらせた。

みおが「帰る」って言うと、「帰れば?」って言ってしまった。

いやみな言い方で、

「和との楽しいランチタイムをジャマして悪かったな」

とも言った。

みおがむちゃくちゃおこった。

みんな困った顔して、結局練習始めても、わたしは途中で教室戻った。

だれに何も言わないで、部活も休んだ。

家帰って、和にみお取られちゃうって思って、泣いた。

みおはわたしの物じゃないのにな。


かぜ引いたっぽい。



○月○日


こんな時期なのに、もう何日も練習してない。

みんなに迷わくかけてるな。

…わたしのヤキモチで。

ほんと最低だよ、わたし。



○月○日


とうとう熱出た。

学校休んで、病院行った。

もう寝る。



…続き。

あれから寝てたら、みおが来た。


足音でみおってわかったら、みおが「超能力者か?」って言った。

みおはおこってない、って言ってくれた。

他のみんなも、おこってないらしい。

…良かった。

帰ろうとするみおを引き止めて、寝るまでそばにいてもらった。

久しぶりに、手をつないだ。

みおの手は冷たかったけど、あったかい気がした。


それから色んな話をした。

みおが和に取られる、って思ったことも、

みおが特別だってことも。

それからみおは何も言わなくて、だんだん眠くなってきた。

ぼーっとなってきた時に、やっとみおが何か言おうとした。

何言おうとしたか何となくわかったけど、寝たフリした。

ちょっと期待したけど、続きは言ってくれなかった。

聞いちゃダメだよな。

突き放したのはわたしなんだから。


起きたら1人だった。

軽音のみんながおみまい来てくれてたみたい。

みんなありがとう。



○月○日


結局講堂なんとかかんとかを提出しなかった。

また和が部室来て、一緒に生徒会長に頭下げてくれた。

みおだけじゃない、和にだってひどいことしたのに。

「ええ人や!」とか言ってごまかしたけど、

本当は謝んなきゃいけない。

唯の幼なじみだし、みおが友だちになる奴だ。

悪い奴なわけないし。

うちのみおをよろしく。


…唯がかぜを引いた。すみません。



○月○日


ライブ、無事?成功!!!

一時はどうなるかと思ったよ…。

まあこれも原因はわたしなんだけどな。

代打・さわちゃんのギターはバッチリだったけど、

やっぱりうちらは5人で1つなんだ、そう思った。

誰か1人欠けてもダメ。


りつ・みお・ゆい・つむぎ・あずさ +さわこ

けいおん 大好きー!

(唯の言葉パクった☆)



○月○日


クラスのギャル軍団が集まって、彼氏の話をしてた。

その輪に入って、唯とムギはキャッキャしてた。

2人のテンションが下がらず、昼休み突入。

昼休みごはん食べてたら恋の話になった。

2人は初恋すらまだらしい。おこちゃま~。


そこからは質問ぜめ。

「初恋はいつ?」

「付き合ったことある?」

「キスは?キスは??」って…テンション上がりすぎだろ。


全部ちゃんと答えた。

初恋は小学生だったし、付き合って…はないけど、

その子とキスしたって。


きゃー!どんな人?

きゃー!りっちゃんおとなー!

きゃー!顔あかーい!

ってさわいで、本当に2人ともうるっせ。


「みおには言うなよ」って言うと、

「みおちゃんも知らないことなの!?」って。


…みおは知りすぎてるくらいだよ。

初恋の相手がどんな人かも、2人ともよく知ってるよ。



○月○日


郵便受けに変な手紙が入ってた。

これ…ラブレターなのかな。



○月○日


あのラブレターもどき、みおが書いた歌詞だった…。

びっくりしたのと、がっかりしたのと…うれしかった。


でも…ダメなんだってば…。



○月○日


生理来た。

別に男に生まれたかったわけじゃないけど、

何で女なんだろうって、来るたび思う。

男に生まれてたらなんか違ったかな。


ちょーはらいてー。



○月○日


「何であの歌詞ダメなの?」

ってみおが聞いてきた。

「何でも」って言うと、「わたしの気持ちだから?」って…。

うれしいよ、すっごく。

うれしいけど…。

「昔のことは忘れろよ」って言った。

みおだけじゃない。

わたしにも、そう言い聞かせなきゃ。


別れるとき、こっち向いてくれなかった。

だんだん小さくなっていくみおを、家にも入らず見てた。


忘れなきゃいけない。

一緒にいるには、友だちじゃなきゃダメなんだ。


日付はどんどん新しくなって、残すは昨日のページになった。

絵だったり、彼女の好きな曲の歌詞だったり、

他のことも確かに書いてあるけど、自分の名前の多さにびっくりした。

わたしの知ってることも、知らないことも、

たくさん、この中に詰まってた。


彼女はただ、わたしを突き放していたわけじゃないんだ。

彼女なりの考えで、それを選んだ。

彼女なりに、わたしと同じように、きっと悩んでた。

苦しんでいるのは、わたしだけじゃなかった。

それなのにわたしは、ただの被害者みたいな顔をして。

解ろうともせず、彼女にあんなことをしてしまった。


休むことも忘れて、ただ字を追った。

足りないものを、1つ1つ埋めていくように。


彼女は昨日のことも書いてるんだろうか。

書いてるとしたら、何を、どんな風に?

不意にページをめくる手が止まる。

ため息をついて、またページを進めた。

…何が書いてあっても、自分の目で確かめよう。

どんな風に責められても、受け止めよう。



○月○日


今日、みおの背中をたくさん見た。

背中って正直だよな。

高校入って、バンド組んで、ずっとみおの背中見てきた。

こんなにかなしそうな背中、初めて見たよ。


「病気なら治るかもしれない」なんて言わせた。

見てられなくて、わたしからはなれていく気がして、

後ろから抱きついた。

もうそんな背中を見なくて済むように。


はなれないで、って思った。

はなれるなら今にして、とも思った。

だから「キライ」って言わせようとした。

わたしは勝手だ。


みおにキスされた。

胸がぎゅーってなった。

キスってこんなかなしいものだったっけ。

昔すぎて忘れちゃった。


向き合っても、やっぱりかなしい顔してた。


みおが出て行った。

本当に、はなれてった。

もう苦しいのも終わるかな。

最後も、背中しか見せてくれなかった。




日記はそこで終わっていた。

ところどころ文字が滲んで、その部分は濡れたように紙質が変わってる。

涙の跡だ。

そのまま閉じたのか、隣のページには何も書いてないのにインクで汚れていた。

そのページを何となく撫でてみた。

すると、少し指に引っかかる。

1ページ開けて、裏に何か書いてあるようだ。

そのページを開いてみる。




澪へ


ここまで読んでくれてありがとう。

一緒に居てくれてありがとう。

今までありがとう。

それから…ごめんなさい。

何回お礼言って、何回謝っても足りないくらい、ずっと澪は一緒に居てくれた。


澪が言おうとした言葉は、きっと一番聞きたい言葉だった。

なのに、聞けば終わるって思ってた。

だから「キライ」って言わせようとした。

結局あんな形だったけど、聞いた瞬間、少しホッとしたんだ。

もう、苦しいのも終わるんだって。


なのに呼び止めてた。

それが何になるかなんて、聞かれてもわかんなかったよ。


澪が離れて行って、追いかけてもこっち見てくれなくて、

楽になるどころか、からっぽになった。

もっと苦しくて、悲しくて、心のどっかを失くしたみたいだった。

おもちゃ取り上げられた子どもみたいに泣いた。


情けないって思っても、止まらなかった。

澪を守らなきゃって思ってやってたことが、

結局は自分しか守れてなかった。

澪を理由にして、それが正しいって思い込んでた。

結局、自分が逃げるのに必死だった。


自分勝手に振り回して、たくさん傷つけて、本当にごめん。

澪のことになると、わたしはいつも自分勝手になる。

忘れろって澪に言って、自分に言い聞かせてたんだ。

思い出を捨てられなかったのは、わたしだった。


澪にはわたしが居ないと心配、とか思ってたけど、

こんなわたしにこそ、澪が必要だったんだ。

終わる、って思った。

終わった、って思った。

なのに、終わらせたくないって思ってる自分がいる。

自分で手放して、また求めて、本当に勝手だよな。


顔も見たくないってわかってる。

それでも、わたしはやっぱり自分勝手だから、

澪に会いたい。

今日17時、公園で待ってる。




8
最終更新:2011年10月15日 01:43