気付けば外は暗い。

時間も忘れ、彼女の4年間が詰まった数冊を読んでいた。

時計を確認すると、もう20時を回っている。

部屋着にコートだけ羽織って、何も持たずに家を出た。


行かなくちゃ。

…彼女が待ってる。


もう居ないかもしれない。

そう思うよりも先に、わたしは夜の街を駆けていた。


「公園」と言っても、この付近にはたくさんある。

なのに足は迷うことなく、彼女が言う「公園」へ向かっていた。

外灯も少ない公園に人影が見えた。

ブランコに腰掛けて、彼女が下を向いている。

昔のわたしもこんなだったのかな。


澪「…律っ!」

律「…何で来たの?」

澪「何でって…お前が呼んだからだろ!」

律「…そうだけどさ」

澪「待たせてごめんな」

律「いいよ、来てくれたから」

澪「…ずっと、待ってたの?」

律「ここに居たよ」

澪「5時から、ずっと?」

律「うん、ずっと」

澪「来ないと思わなかったのか?」

律「思った、だから聞いた」

澪「…連絡くらいしろよ」

律「携帯置いてきちゃってさ」

澪「こんなに寒いのに…帰れよ」

律「もし澪が来てくれたら、呼んだのに悪いじゃん」

澪「わたしが最後まで読むとは限らないだろ?」

律「うん、だから賭けた」

澪「来ないと…どうするつもりだよ」

律「ずっと待つよ」

澪「…限度ってものがあるだろ」

律「…でも待ってたら来てくれたよ?」

澪「そうだけど…」

律「じゃあ何で澪は来てくれたの?」

澪「…わかんない」

律「…本当は、顔も見たくなかっただろ」

澪「…合わせる顔、なかっただけ」

律「何で?」

澪「何でって…わたし律にひどいことしたんだよ?」

律「…ああ、訴えたら勝てるかもな」

澪「…そうしてくれていいよ」

律「冗談だって」

澪「…怒ってないの?」

律「ないよ」

澪「…怒れよ」

律「怒んない」

澪「怒ってくれよ!」

律「怒んないから」

澪「…りっちゃん」

律「…そう呼ばれても、もう怒んないよ」

澪「…バカ律」

律「バカだもん、知ってるだろ?」

澪「…とりあえずどっか入ろ、バカなのにまた風邪引くぞ」

律「やだ」

澪「何でだよ」

律「ここがいい」

澪「どうして?」

律「ここで、澪に話しかけた」

澪「ああ…あの時」

律「きっとあれが、始まりだから…でももう終わっちゃった?」


なんて答えればいいんだろう。

そう思うと、次の言葉が見つからなくて。

壊そうと、あんなことをしたけれど、やっぱり終わらせたくない。

だから、わたしはここに来たんだ。

言葉を探してる間にも、冷たい風が頬に当たる。


澪「…ちょっと待ってて、何か温かいもの買ってくる」

律「やだ!もう行っちゃやだよ…」


彼女はそう言って、やっとこちらを見た。

少ない外灯に照らされて、目がキラキラ光る。

瞬きをすると、それは頬を伝って落ちた。

落ちた滴をこの目で追う。

一瞬のことだったけど、どうしていいかわからなかった。

わたしが彼女の立場だったら、わたしはどうして欲しいだろう。

彼女は、どうしていたんだろう。

そう考えて、自然に彼女へ手を伸ばしていた。


澪「…買ってくるって言っても、財布持ってないや」


そう言って、笑って見せながら彼女の肩に腕を回した。

不意に抱きしめられた彼女の肩に力が入る。

それは一瞬で、すぐにまた力が抜けていく。

反比例して、わたしは腕をきつく結んだ。


澪「律は終わったって思ってる?」

律「もう…終わればいいって思った」

澪「そっか」

律「…でも終わらせたくないって、今思ってる」

澪「…わがままだな」

律「…わがままで、自分勝手で、情けない奴だよ」

澪「…もういいから」

律「…何でだろう、寒いのにあったかいな」

澪「うん、そうだな」

律「…ありがと」

澪「もう落ち着いた?」


そう言って離れようとすると、彼女はわたしの腰に手を回した。


律「…このままがいい」

澪「…わかった」

律「ごめん、泣いたりしたら澪が悪いみたいだよな」

澪「いいよ、気が済むんなら」

律「手伸ばせば、すぐ触れられたのに…何で早くこう出来なかったんだろ」

澪「わたしのこと、思ってくれたからなんだろ?」

律「…それもただの言い訳だよ」

澪「それでもいいよ」

律「ただ自分が怖くて、澪を理由にして逃げてたんだよ」

澪「もう、わかったから…言わなくていいよ」

律「…全部読んだ?」

澪「読んだよ」

律「字、汚かっただろ」

澪「汚いって言うより、幼い字だった」

律「最初は中学入った頃だもん」

澪「日記つけてるなんて知らなかったよ」

律「しかもほとんど澪のことばっか…ひいただろ」

澪「ううん、ただ」

律「…ただ?」

澪「知らないこと、たくさん書いてあった」

律「…人に言えないことの吐き溜めにしてたから」

澪「高校受験も、頑張ってたんだな」

律「うん、必死だった」

澪「…律も、知らないことあるよ」

律「澪のこと?」

澪「うん、負け惜しみに聞こえるかもしれないけどさ」

律「何?」

澪「公立、わざと落ちた」

律「…は!?」

澪「名前だけ書いても、受かんないものだな」

律「当たり前だろ!何でそんなこと…あんなに頑張ってたじゃん」

澪「…律を、選んだから」

律「…バカじゃねーの」

澪「バカでいいよ」

律「ほんとバカだよ」

澪「それだけ、大切なんだよ」

律「…澪はさ、綺麗で頭良くて、みんなに好かれて。

  将来いい仕事に就いて、いい奴見つけて、きっと幸せになれる。

  …何でそう出来るのに、本当にバカだよ」

澪「…そんな風に、人の幸せ勝手に決めるな!

  そこまで思ってくれるなら…一緒に居てくれよ」


自然と腕に力がこもる。

そうすると、彼女の涙がコートに滲みて、肌まで伝わってきた。

冷たいはずなのに、やっぱり何だか温かい。


澪「それがわたしの幸せだよ」

澪「律が一緒に居てくれて、2人で笑って、それが幸せ」

律「…わたしの幸せも、多分澪と一緒」

澪「じゃあわたし、律を幸せに出来るね」

律「うん、して欲しい」

澪「だから、終わったでいいよ」

律「…え?」

澪「もう終わらせよう?…またここから始めるんだ」

律「…また、ここになるんだな」

澪「うん、ここで」

律「…わかった」

澪「ほら、だから笑って?どうやれば律みたいに人を笑わせられる?」

律「わたしは…自分が笑うために、澪を笑わせてただけだよ」

澪「じゃあ、笑わせて?」

律「…澪、大好きだよ」

澪「ありがとう、わたしも大好きだ」

律「…好き同士はどうするか知ってる?」

澪「うん、昔律から教えてもらった」


ブランコに腰掛ける彼女に合わせ、その場にしゃがみ込む。

涙で少し濡れた頬に、軽く唇を当てた。

今よりずっと幼い頃、彼女がわたしにしてくれたように。


律「ははっ…ほんとに幸せだ」

澪「…じゃあ今度は、口にしてもいい?」

律「…いいよ」


それから何度もキスをした。

さっきまで鎖を握っていた、彼女の冷たい手を取る。

昨日のように、無理やり口を開けさせるようなことはしない。

お互い、自然と舌を絡ませていた。

また頭が真っ白になって、胸がぎゅっとなる。

それに合わせて、彼女の冷えた手が温まるよう、ぎゅっと握った。


澪「…ほら、明日は学校行かなきゃ。帰ろっか」

律「そうだな、行こう」


手を握ったまま立ち上がって、公園を後にした。

いつもより、だいぶゆっくり2人で歩く。

これからの話になって、

あれがしたい、これがしたい、と2人で言い合った。

白い息がたちまち消える中、彼女が真剣な顔で切り出した。


律「…うちらのこと、軽音部のみんなには話そう」

澪「いいの?」

律「うん、大事なことだから」

澪「…みんななんて言うかな」

律「大丈夫だよ、あいつらは」

澪「反対されたり、変な目で見られるかもしれないぞ?」

律「もしそうなったら、逃げよう」

澪「…辞めるのか?」

律「それくらいの覚悟でな。でも大丈夫、わかってくれるよ」


そう言って彼女は、握った手を強くした。


律「あのさ、結構恥ずかしいんだけど」

澪「ん?」

律「きっと今じゃなきゃ言えないから、ちゃんと聞いて」

澪「何だよ?」

律「わたしが忘れろって言ったことも、澪を傷つけてきたことも、変わらない事実だけどさ」

澪「だけど?」

律「変わらない過去も、いいものに思えるように、歩いていけるといいな」

澪「…ほんと、恥ずかしいこと言ったな」

律「うん、顔赤いと思うから見んなよ」

澪「どれどれ?」

律「みーるーな!」

澪「…でもさ」

律「ん?」

澪「わたしもそうして、律と歩いていきたい」

律「…よかった、ただ恥かいただけじゃなかった」

澪「律って、本当は恥ずかしがり屋だもんな」

律「うるせー!…恥ずかしいついでにさ」

澪「何?」

律「月が綺麗ですね」

澪「え?うん…そうだな?」

律「…やっぱりこんなんじゃ伝わんないじゃねーか」

澪「ん?あー…わかった」

律「いや、今のは忘れて」

澪「わたしも、月が綺麗ですね」


――――

いつもより早く家を出る。

いつもより早いはずなのに、何より大切な笑顔がそこにあった。


律「早くない?」

澪「そっちこそ」

律「だって澪に早く会いたかったから!」

澪「…こっちこそ!」

律「あらやだ、バカップルですわねー」

澪「…はいはい、ほら行くぞ」

律「今日早いから寄り道していこーぜ」

澪「こんな朝から?」

律「うん、ちょっと散歩だ」


いつもなら通らない道を行く。

昨日の公園の前も通りかかるが、お互い照れてか見ないフリをした。

中学生の時、手を繋いでるところを見られた場所にも行った。

そこで、彼女はわたしの手を取る。


律「…逃げる練習でもするか」

澪「…逃げることになるのかな」

律「わかんないけどさ、絶対手離すなよ!」

澪「…わかった」

律「ほら、走れー!」

澪「ちょっと律!早いって!」


彼女は無駄に、力いっぱいわたしの手を引いて走った。

少し前のめりに、転びそうにもなったけど、

何があっても離すものかと、しっかり彼女の手を握った。

遠回りをしたけど、走ったせいかだいぶ早めに学校に着いた。

教室はまだ開いていなくて、職員室に寄って鍵をもらった。

1人で教室に居ると、中学のあの時を思い出した。

彼女との登校をやめた1週間。

…大丈夫。

あの頃とは違う、わたしは1人じゃない。

何があっても、わたしには彼女が居るから。


ちらほらと人が集まりだした。

しばらくすると和も来て、わたしを見るなり声を掛けてくれた。


和「おはよう、もう体調はいいの?」

澪「おはよう、良くなったよ」

和「昨日は律も休みだったから、軽音部の練習もなしで唯と帰ったのよ」

澪「…悪いことしたな」

和「心配してたわよ、あんたたちのこと」

澪「そっか、謝っておくよ」

和「唯はね、2人がケンカしてるんじゃないかって言ってたのよ」

澪「…そんなところだな」

和「あら、いつから?」

澪「いつだろ…ずっと前から、になるかな」

和「そう…気付かなかったわ」

澪「でも…もう大丈夫だよ、わたしたちは」


自分に言い聞かせるように、笑って見せた。

やがて担任がやってきて、いつもとなんら変わりない1日が始まった。


9
最終更新:2011年10月15日 01:45