昨日から降り続いた雪が、地面を白く飾る。

いつも通り、わたしは彼女を家まで迎えに行く。

いつもより、少し送れて彼女は顔を出した。


「ごめん!」

そう言った彼女の息は、白く濁ってすぐに消えていった。

どちらからともなく、歩き慣れた道を踏み出した。


律「はー、超寒いな」

澪「うん、雪積もるのも久しぶりだ」

律「ただ寒いよりはマシだよな、雪積もってる方が」

澪「気分的にな」

律「雪の日って傘さすのか?迷って結局置いてきた」

澪「これくらいなら平気じゃないか?一応持ってきたけど」

律「せっかく持ってるんだ、させば?」

澪「ベースも濡れるしな、律も入れよ」

律「お、ありがと」


1つの傘に2人並んで入る。

たまたま通学路で出会った唯に、その姿を冷やかされた。


唯「あ、お二人さん!」

律「唯か、おはよー」

澪「おはよう」

唯「おはよ~、相変わらず雪をも溶かすアツアツっぷりだね!」

律「う、うるせー!」


さすがに3人では役に立たない傘を閉じる。

すると唯は突然走り出し、こちらを振り向いた。


唯「2人のジャマはしないよ~、ごゆっくり~!」

澪「ああ、唯!」

律「いいよ、ほっとけ」

澪「せっかく声掛けてくれたんだぞ?」

律「唯なりに気遣ってくれたんだよ、甘えようぜ」

澪「…そうだな」


そう言って傘を開く。

彼女は少しこちらに寄って、また同じようにわたしの傘へ入った。


律「それよりさ、今日の予定は?」

澪「家族で外食するよ」

律「そうか、楽しんでな」

澪「うん、ありがと」

律「…少しだけ時間あるか?」

澪「うん、パパが仕事から戻るまでなら」

律「じゃあ少しだけ、会える?」

澪「大丈夫だよ」

律「よかった、じゃあ放課後な」

澪「うん、またな」


階段に着いたところで彼女と別れた。

教室に入ると、和がこちらに近づいてくる。


和「おはよう、寒いわね」

澪「だな、なかなか起きれなかったよ」

和「唯もこの時季はいつも寝坊よ」

澪「だから今日は一緒じゃなかったのか?さっき会ったよ」

和「いいえ、今日は生徒会の用があってね」

澪「朝から大変だな」

和「好きでやってることだもの、…それより澪」

澪「どうした?」

和「誕生日おめでとう」

澪「ああ、ありがとう!」

和「こんなものしか用意してないんだけど、良かったら」

澪「…すごいな!これ手作りか?」

和「ええ、上手く出来てるかはわからないけどね」

澪「ありがとな、喜んで頂くよ」


和がくれたものは、手作りのクッキーだった。

シンプルなバースデーカードが添えられていた。


――今日はわたしの誕生日だ。


午後の授業も終わり、放課後を知らせるチャイムが鳴った。

HRを済ませ教室を出ると、梓が壁にもたれ掛かっている。


澪「梓?」

梓「あ、澪先輩…」

澪「部室、行かないのか?」

梓「あ、いえ…澪先輩のお迎えを任命されまして」

澪「そういうことか、じゃあ行こうか?」

梓「もう少し…ちょっと遠回りしてもいいですか?」


梓は携帯を見てそう言った。

誰かに時間稼ぎを指示されているようだ。


澪「ああ、いいぞ」

梓「すみません、…本当は律先輩が迎えに行くべきだって言ったんですが」

澪「そんな、梓が来てくれては嬉しいぞ?」

梓「なら良かったです、律先輩も意外に照れ屋ですね」

澪「あいつは昔からそうなんだよ、本人は隠してるつもりだけどな」

梓「何でも知ってるんですね」

澪「伊達に幼なじみしてないよ」

梓「今はそれ以上の関係ですしね」

澪「…先輩をからかうもんじゃないぞ」


クスクスと笑う可愛い後輩。

恥ずかしさもあったが、その姿に釣られて笑ってしまった。


梓「えっと…よし、大丈夫です」

澪「開けるぞ?」

梓「どうぞ!」


机には、いつも以上にたくさん置かれたお菓子。

ホワイトボードには「ハッピーバースデー」の文字。


倉庫からぞろぞろと出てくる3人。


「みーお!」

「澪ちゃん!」

「澪ちゃ~ん!」

「澪先輩!」


「お誕生日おめでとう!!!」


澪「あ、ありがと…」

唯「いくつになったの?」

律「いや、お前と同じ17歳だ」

唯「あ、そっか~」

紬「うふふ」

梓「笑えません…」

唯「それより今日はお楽しみですね、りっさん」

律「あー…そうだな」

紬「りっちゃん照れてる!」

梓「照れてますね、かなり」


みんなにまた冷やかされ、赤くなる彼女。

わたしもみんなにちやほやされ、誕生日を大いに楽しんだ。

4人で選んだというプレゼントは、前から気になっていた古いジャズのCDだった。

お茶を飲んで、お菓子を食べ、みんなで笑って。

今日もまた、練習はほとんどしていない。


雪は止んでいた。

朝さしてた傘を地面につき、2人きりで歩く。

彼女の家に近づくと、彼女はこちらも見ず話し始めた。


律「…あのさ」

澪「どうした?」

律「家ついたらメールして、着替えて迎えに行く」

澪「うん、わかった」


どこに行くとか、何をするとか、あえて聞かずに返事をした。

彼女と別れると、そこから走って家に向かった。

「ついたよ」

そうメールして、わたしも急いで着替えた。


数分後、彼女が迎えにきてくれた。

着替える、と言っていたのに、コートを羽織っただけに見える。


澪「着替えは?」

律「いや、これでいいんだ」

澪「そうか」

律「それより行くぞ、時間ないし」

澪「わかった」


自然に手を引かれ、またあの公園に向かった。

あの時彼女が座っていたブランコの方まで歩いて、並んでブランコに腰掛けた。


律「寒いな…」

澪「うん…」

律「澪、やっぱ立って?」


そう言われ、その場に立った。

彼女はこちらに近づいてきて、また自然にわたしの手を取る。

「キスされる」

そう思ったけど、彼女はわたしの正面に立っただけだった。

律「手冷てーな」

澪「さっきまで鎖握ってたからな」

律「ここに入れたら温かいぞ?」


そう言って、握ったわたしの手ごとポケットに突っ込んだ。

深いポケットの奥で、何か角張ったものが手に当たった。


律「何かあるだろ?」

澪「うん、何だろ?」

律「見てみれば?」

澪「そうする」


取り出してみると、小さくて可愛い箱。

開けると、シンプルで可愛いペンダントが入っていた。

この前、金欠って言ってたのはこのせいか。


律「誕生日おめでとう!」

澪「わっ…」

律「澪に似合うと思って目付けてたんだ、どう?」

澪「…なあ律」


「ありがとう」

そう言おうとしたのもつかの間、間髪入れずに彼女がまた言葉を発す。


律「生まれてきてくれて、ありがと」

澪「ちょっと…わたしが言おうと思ったのに」

律「わたしが言いたいんだ!」

澪「だってこれ、プレゼントだろ?わたしがもらったのに…」

律「いいの!」

澪「お礼言うのはわたしだろ?」

律「澪に出会えて、好きになって、色々あったけど…こうして付き合えてさ、

  たくさん幸せもらってるから、その感謝とお返しだから」

澪「…もう、なんだよ」

律「お前こそ、何で泣くんだよ?」

澪「泣いてないよ」

律「泣きながら笑って、変な顔」

澪「うるさい!」


わたしがそう言うと、彼女は一歩わたしに近づいた。

涙が伝った頬に唇を当てる。


律「涙なんか、これからわたしが食べてやる!」

律「…澪、大好きだ!」

澪「わたしだって…負けてないからな!」


思わず抱き寄せた。

目の前にいる彼女が、ただ愛しくて仕方なかった。


律「ちょ、澪…ほら、付けて見せて?」

澪「じゃあ律が付けてくれる?」

律「了解、ちょっと屈んで」


彼女に背中を向けて、少し膝を折る。

首筋に冷たいチェーンが当たって、少し驚く。

そんなわたしを、彼女が笑った。


律「いいぞ、こっち向いて」

澪「どう?」

律「似合ってる、可愛いよ」

澪「ありがと、大事にする」

律「ほら、もう帰んなきゃ」

澪「本当はさ、付き合いだして初めてだし、律と過ごしたいんだけど…」

律「気にすんな、これからずっと誕生日祝えるだろ?」

澪「…うん、じゃあ帰ろっか」

律「はい、手貸して」


手を繋いで公園を出た。

ちょうど朝と同じように、また雪が降り始めた。


澪「あ、雪」

律「ほんとだ、明日も降るのかな」

澪「…もし降っても、また傘置いてこいな」

律「入れてくれるのか?」

澪「うん、ダメ?」

律「いやいや、お願いします」

澪「また誰かに冷やかされるな」

律「見せ付けてやろーぜ!」

澪「まあ、そうだな」

律「…雪溶かすくらいに、アツアツな姿をな!」




11  
最終更新:2011年10月15日 23:20