澪「で、何すればいい?」

律「ああ、じゃあ生姜すって」

澪「しょうが?」

律「うん、生姜焼き作るから」

澪「生姜な、わかった」

律「生姜だけに?」

澪「しょ、しょうが、ないな~」

律「…はい、手を動かす」

澪「な…律が言わせたんだぞ!」

律「なあ、何か緊張してる?」

澪「う…まあ、少し」

律「初デート、だもんな」

澪「…そうなんだよ」

律「何かごめんな、こんなんで」

澪「ううん、律と入れるだけで…その」

律「あーもう…可愛い奴」

澪「…もうちょっとオシャレしてくればよかった」

律「澪ちゃんは十分可愛いぞ~」

澪「そうやってまた茶化す」

律「本当のことだし、それにさ」

澪「何だよ」

律「…エプロン、似合ってるぞ」

澪「…ありがと」

律「何か若奥さんって感じ」

澪「やめろよ、恥ずかしい」

律「2人で肩並べて台所立つなんて、新婚さんみたいだな」

澪「…そうだな」

律「色気ない料理だけどさ、家庭的でいいだろ?」

澪「うん、あったかい感じ」

律「生姜は体温まるからな、スープにも入れちゃいます」

澪「生姜のフルコースか」

律「今日は寒くなるらしいから、いっぱい食えよ」

澪「うん、楽しみ」


手際のいい彼女に、少し悔しくも感心しながら手伝った。

最初の緊張はどこへやら、笑い合って夕飯は出来た。

食卓にずらりと並ぶ料理。

向こう側は空いているのに、何故か肩を並べて食べた。

どこへ行きたい、何がしたい、そんな話をしながら。


律「ふー、食った食った!」

澪「お行儀が悪い!」

律「誰も見てないんだからいいだろ~?」

澪「わたしが見てるぞ」

律「もっと女の子らしい方が好き?」

澪「そんなことないけど…」

律「じゃあいいじゃん♪」

澪「…まあな、でこの後何処行くんだ?」

律「あー、まだ内緒」

澪「お店とか閉まっちゃうぞ?」

律「いいんだよ、誰も居ないところ行くから」

澪「誰も居ないとこ?」

律「そうだ、とりあえず9時頃家出るか」

澪「うん、わかった」


それから2人でテレビを観て過ごした。

CMに笑ったり、くだらないものも彼女とだといつも以上におかしかった。


律「よし、そろそろ支度するか」

澪「そうだな」

律「ちょっと待ってて」

澪「んー」


律「みーお」


そう言って、座ったわたしの腰に伸びる手。

少し甘えた声に「何だよ」なんて応えて振り返ると、

何かが腰に貼り付いて、暖かさを感じた。


律「ほら、カイロ」

澪「何だ…カイロか」

律「何だと思った?」

澪「別に?」

律「もう~澪はやらしいんだから~」

澪「そういうんじゃないから!」

律「えー、じゃあちゅーしないの?」

澪「…する」

律「あー…もう!」

澪「わっ…急に抱き付くな!」

律「何でからかうつもりなのに、こっち照れなきゃいけないんだよ」

澪「っ知らないよ…」

律「…好きだよ」

澪「バカ律」

律「…澪も好きって言ってくんなきゃやーだー」

澪「…好きだよ?」

律「…よかった」

澪「…でも何でそんなにカイロあるんだ?」

律「父さんが忘年会のビンゴで当てたんだ」

澪「へえ…」

律「もっといいもん当てろよって思ったけど、今日やっと役に立つよ」

澪「そんなに寒い場所なのか?」

律「外だからな、ほら後ろ向いて」


白い服を着てるように見えるほど、お互いにカイロをいっぱい貼った。

手袋とマフラー、耳あてまでして、暗くなった表に出た。

昼間に1人で歩いた道を2人で歩く。

数時間前と逆戻りして着いた先は、昼間1人で来た河川敷だった。


律「よし、着いた」

澪「ここ?何するの?」

律「天体観測ってやつだよ」

澪「…ふふっ」

律「何だ?」

澪「律っぽくないなって」

律「乙女が星見ちゃ悪いか!」

澪「誰に入れ知恵された?」

律「…唯」

澪「やっぱり」

律「唯がさ、『今の時季は星が綺麗だよ』って」

澪「そうか」

律「まあさ、自分でもキャラじゃないかなって思ったよ」

澪「でもさ、こういうの好きだよ」

律「ロマンチストですからね、澪さんは」

澪「ここに連れてきた律さんに言われたくありません」

律「でも、来てよかったよ」

澪「…綺麗だな」

律「…流れ星見えるかな?」

澪「難しいんじゃないか?」

律「何だよちくしょー」

澪「お願い事したいの?」

律「うん、内容は聞くな」

澪「わたしと一緒だといいなって思う」

律「多分一緒だよ、だから言う必要ないだろ?」

澪「…そうだな」


隣に座る彼女は、片手だけ手袋を外した。

何となく不器用に、その手が伸びてくる。


澪「ん?」

律「手」

澪「繋ぐの?」

律「うん」

澪「何で手袋外すんだ?」

律「直接…な」

澪「ああ、そういうことな」

律「澪は外さなくていいよ、寒いし」

澪「こっちの方が暖かい気がするから」

律「…ならいいけど」


冷たい手と手を握り合う。

もちろん手袋の方が暖かいんだけど、気持ち的に。

半分に欠けた月と満天の星。

首が疲れるのも忘れて、ずっと見上げていた。


律「澪はさ、月と太陽どっちが好き?」

澪「んー、太陽かな」

律「へえ、意外」

澪「月も好きだけどな、太陽って何か…」

律「何か?」

澪「…律みたいだから」

律「恥ずかしいこと…言うなよ」

澪「でもさ、太陽ってみんなを照らして、元気になれるだろ?

  律が笑うとつられて笑っちゃう、だから似てるんだ」

律「…そんなの、澪だって」

澪「え?」

律「気付けば見守ってくれてて、暗いところでも綺麗で…月って澪みたい」

澪「…ありがと」

律「中にうさぎさん飼ってるメルヘンなところもそっくり」

澪「…はいはい」

律「…だからわたしは、月のほうが好きだな」

澪「…あのさ」

律「何だ?」

澪「月が光るのは何でか知ってるよな?」

律「いや知らん」

澪「小学校の時習っただろ…」

律「記憶にございません」

澪「…まあいいや」

律「何でなんだ?」

澪「月を照らすのは太陽なんだ」

律「よくわかんねー」

澪「…月は太陽が照らすから輝けるんだ、だから月は太陽がいなきゃダメなの」

律「ああ…そういう事ね」

澪「だから…やっぱり似てるよ、わたしたち」

律「そうだな、澪が居ないと…笑う気になんないし」


彼女が笑ってみせると、息が白く濁った。


澪「…寒いな」

律「もう帰るか?」

澪「ううん、もうちょっと」

律「…どんなに寒くても、ぼくは幸せ?」

澪「な…やめろよ!」

律「いいじゃん、あれ好きだよ」

澪「ダメだって言ったの、律だろ」

律「…本当はすげー嬉しかったよ」

澪「なら…いいけど」

律「やっぱりさ、ムギに曲付けてもらおうぜ」

澪「え?それはやだ!」

律「何でだよ!」

澪「だって…あれ律のことなんだぞ?」

律「みんな知ってるんだから気にすることないだろ」

澪「知ってるからこそ恥ずかしいんだ!」

律「でもさ、澪の気持ち、作品に残したい」

澪「恥ずかしくて歌えないよ…」

律「唯に任せよう!ならいいだろ?決まりな~」


そのまま反論も出来ずに、彼女の意見は通ったことになったようだ。

それ以上何も言えなかったのは、

彼女の『嬉しい』という言葉が聞けたからだと思う。

少し前に、ダメだと否定されていた気持ち。

今ではそれを、こんなに綺麗な空の下で喜んでくれている。

そんなに幸せなこと、探したってなかなかないよ。


律「あー、そうだ」

澪「何?」

律「…キスしても、いい?」

澪「うん…する」


結局流れ星は見ることが出来なかったけど、きっとこの日を忘れないと思う。

星に願いを唱えなくたって、わたしたちは大丈夫だ。

そう思った。

その気持ちが伝わるように、握った手を少し強くした。

暗くて見えないけど、顔を離すと、確かに彼女は笑った。


それから少しして、手を繋いだまま家へ戻った。

外は寒かったけど、平気だったのは生姜だけのおかげじゃないだろう。


月曜の放課後、いつものように部室へ向かう。

わたし以外はもう揃っていた。

唯は相変わらず梓に抱きついて、彼女はムギと何か話してる。


紬「あ、澪ちゃん!」

澪「遅れて悪い」

紬「いいの、それより歌詞見せてもらえるかな?」

澪「え?」

律「この前話したじゃん、ムギに曲つけてもらおうって」

唯「え、なになに~?新曲?」

梓「やりたいです!わたしにも見せてください!」

澪「えっと…これなんだけど…」

唯「『どんなに寒くても、ぼくは幸せ』…ふむふむ」

梓「あ…」

紬「あらあら」

澪「ど、どうかな?」

唯「のろけてるね~」

梓「のろけてます、完全に」

紬「素敵ね!」

唯「りっちゃんへのラブソングだよ~このこの」

律「へへ、よせやい」

紬「見せつけてくれるね~」

梓「ほんとですね」

澪「や、やっぱりやめよう!」

唯「だめだめ、だよね?ムギちゃん!」

紬「うん、もうメロディーライン浮かんじゃった~」

澪「わたしは歌わないからな!」

唯「わたしが歌うよ~」

梓「意味なくないですか?」

紬「ベースとドラムをガンガンに絡めましょう!」

律「あ…何か、言うんじゃなかったかも…」

唯「澪ちゃんにはコーラス入れてもらおう」

梓「…楽しみです!」


こうしてからかわれながら、新曲を作ることになった。

少し恥ずかしいけど…。


なんか、うれしいね。



13
最終更新:2011年10月15日 23:27