番外編「京都」


「今年は同じクラスになれるといいな」


そんな話をしていたのは、もう2ヶ月も前のこと。

大げさにも泣いたわたしを、彼女は笑った。

唯やムギ、梓に和までがわたしに同じような言葉を掛けた。

その度わたしは、少し顔を赤くしてこう答えた。


「ほんと、良かったよ」


高校生活最後の1年間。

さわ子先生の邪な思惑もあり、軽音部は全員同じクラスになった。


冬は過ぎて、桜も散った。

彼女とわたしは相変わらず。

放課後はお茶と練習、休みの日は2人でどこかへ出掛ける、そんな日々。

ほとんど毎日顔を合わせるのに、

『おはよう』と『おやすみ』のメールを欠かさない。

どうせ朝の第一声は『おはよう』だし、

寝る前は電話で『おやすみ』だと言うのに。


毎日2回ずつの挨拶が、明日から少しは1度だけ。

今日から数日、知らない土地で彼女と過ごす。

――修学旅行、わたしたちは京都に来ている。


いつも通りマイペースな唯に、いつも以上のテンションな彼女。

好奇心旺盛なムギも加わって、わたしたち4人の班は何度も叱られた。

けれど、振り回されるのは慣れっこだ。

わたしだって、少し肩の力を抜くことが出来ればいいのに。

いつだって自分という人間に囚われて、眉を吊り上げてしまう。

半ば惰性のように、わたしは何度もため息をついた。


紬「あ、澪ちゃん席替わろうか?」

澪「何で?」

唯「りっちゃんの横が良くない?」

澪「ああ…気を遣わなくていいよ」

唯「じゃありっちゃんとわたしが替わる?」

律「唯もいいって」

唯「えー、つまんないのー」


新幹線もバスの座席も、隣には座らなかった。

みんなで仲良くしたいから、極力2人で居ることは避けている。

それでも相変わらず、みんなは面白がりながらも応援してくれているみたいだ。


金閣寺に行き、抹茶を飲み、北野天満宮にも行った。

学問の神様…だって言うのに、罰が当たるほどみんな騒ぎまくって。

全員1つの絵馬にバラバラの願いを書く。

お守りを買うさわ子先生の後ろを、走って何往復もした。


さわ子「こっち来なさい!」

律「ところでさわちゃん、何のお守り買ったの?」

さわ子「それは…その…」

唯「もしかして?」

紬「縁結びかしら!?」

律「切羽詰ってんのな…」

さわ子「いいじゃない!教師が恋したって!」

唯「わたしも買おっかな…」

澪「唯、ここは学問の神様で有名なんだぞ?」

唯「そりゃあラブラブな2人には必要ないもんね」

律「なっ…」

さわ子「あら、それは違うわよ?」

紬「確か、今ある縁をずっと結びつけるって意味もあるんですよね?」

さわ子「そうそう、お揃いで持ったりするのよね」

唯「へ~、じゃあさわちゃんは2つ買ったの?」

紬「唯ちゃんそれは…」

さわ子「うるさいわねえ…1つよ」

律「澪、聞いたか?」

澪「え?うん」

律「お揃いで買うぞ!いそげー!」

澪「わっ…引っ張るな!」

紬「あらあら」

唯「仲良しだねえ」

さわ子「子どものくせにっ…」

―――

澪「もう、急に走ってびっくりするじゃないか」

律「だって縁結びのお守り欲しいだろ?」

澪「うん…欲しい」

律「だろ?じゃあ決まりな!2つくださーい!」

澪「あっ、お金…ちょっと待って、財布出ない」

律「いいよ、わたしが買ってやる」

澪「そんな、悪いよ」

律「いいんだって、このくらい」

律「みんなの前じゃ恥ずかしくてさ、いつもふざけちゃうから…2人の時はカッコつけたい」

澪「律…」

律「その代わり倍返ししてもらうけどな~」

澪「…結局それか」

律「ほら、付き合って初めてのお揃いだぞ!大切にしろよ?」

澪「はいはい」


わざと呆れた顔をして、彼女の手からお守りを受け取った。

そうでもしないと、顔がゆるんでしまうから。

手の中のお守りを大切にカバンにしまって、唯たちのところへ戻った。


宿に戻ってもお菓子を食べ散らかす唯。

枕投げを仕掛け、人一倍の大暴れを見せたムギ。

振り回した枕をさわ子先生に当て、踏みつけられる彼女。

電気を消した後も笑う3人に疲れ、布団に入るとすぐ意識がなくなった。


次の日は何故かサルを見に行き、和の班と合流するも道に迷い…。

何かが吹っ切れるように、やっとお腹の底から笑った。

それは夕食まで続く。

隣で彼女が笑わせるから、箸を持つ手が振るえ、上手く食べられなかった。


さすがの3人も疲れたようで、その夜はすぐ電気を消した。

…はずだった。

電気を消して振り返ると、闇に浮かぶ人の顔…。


律「…みお」

澪「うおぁぁぁ!離せ!離せええ!」

さわ子「うーるーさーいー」

律「…誰?」

さわ子「先生です!」

さわ子「まったく旅行中も変わらないわねえ…あんたたち」

律「スッピンのさわちゃんが怖さ10倍増しだな…」

さわ子「ああん?」


さわ子先生を怒らせ、しっかりお仕置きをされる彼女。

頬を赤くして布団に突っ伏していた。

帰ろうとした先生を唯とムギが引き止める。

結局お菓子をやけ食いしながら愚痴る先生。


さわ子「まあいいわ、でもねあんたたち」

澪「ん?わたしですか?」

さわ子「そうよ、さっき抱き締め合ってた2人!」

澪「そ、それは…!」

律「あれはさわちゃんが脅かすから澪がビックリして…」

紬「でもりっちゃんも、しっかり抱きかかえてたよね~」

唯「わたしも見たよ~」

律「うるさいっ」

さわ子「…ねえ、本当に付き合ってるのよね?」

唯「さわちゃん、野暮なこと聞くね~」

律「なに、ダメって言うのか?」

さわ子「そうじゃないわよ、確認よ確認」

律「…付き合ってるよ、縁結びのお守りも買ったしな」

さわ子「そう、なら一応忠告しておくけど」

律「何だよ」

さわ子「旅行とは言え学校行事よ、ハメ外し過ぎないようにね」

唯「わあ…」

紬「それって…」

澪「ちょっと先生、何言ってるんですか!」

律「わたしたちはまだ清いぞ!」

紬「あらあら」

唯「…まだってことは、ねえ?」

律「…おっと」

澪「おっとじゃないだろ…」

さわ子「2人のことを否定はしないわよ、でも一応ね」

唯「大丈夫!りっちゃんが夜這い出来ないように離れて寝かせるから!」

律「お前はわたしを何だと思ってるんだ!」

唯「いざとなったら、ムギちゃんが投げ飛ばしてくれます!」

紬「どんとこいです~」

さわ子「よろしくね、ムギちゃん」

律「何だよお前ら…」

さわ子「…澪ちゃんもよ?」

澪「わたしですか!?」

さわ子「そういうことはおうちでして下さい」

律「わかってるよ!」

唯「て言うことはあれだね」

紬「おうちではするんだって」

唯「やらしいね~」

紬「そうね~」

律「澪、耳ふさげ!毒されるぞ!」

澪「わかりました」

さわ子「まあ…仲が良いのはいいことよ」

さわ子「でも浮かれ気分で悪乗りしちゃダメよ!」

律「…はいはい」

さわ子「はいは1回!」

律「はーい」

さわ子「…まったく、わかってるんだかいないんだか」

律「わかってるよ、なー澪」

澪「う、うん…」

さわ子「じゃあ残り少ない修学旅行、…新婚旅行にもなるのかしら。

    とにかく節度を持って、楽しんでね」

唯「さわちゃん…」

紬「先生…!」


そう言って、先生はその場で寝た。

その時はまったく疑問を持たなかったが、今思えばおかしな話だ。

案の定、さわ子先生は他の引率の先生に連れて行かれた。


暗くなった部屋で、色んなことを考えた。

彼女たちと過ごす高校生活もあと数ヶ月で終わる。

みんなきっと別々の道に進んで、部活のことも修学旅行も、思い出話になる。

その時、彼女は隣に居てくれるかな。

…縁結びのお守りもらったし、大丈夫だよな。

それにしても、新婚旅行、か…。

恥ずかしいな。


…うーん、何か寝れない。トイレでも行こう。

電気をつけるわけにもいかず、枕元にあった携帯を手にする。

これくらいの灯りなら誰も起きないだろう。


「…澪か?」


澪「律?」

律「声大きい、みんな起きるぞ」

澪「ああ、ごめん」

律「寝れないのか?」

澪「うん、何かな」

律「はは、わたしも。少し話そうぜ」


唯とムギを踏みつけないよう気をつけて、2人でふすまの向こうの廊下へ出た。

廊下へ一歩踏み出すと、木で出来た床が軋んで音を立てる。

声こそ出さなかったけど、何故か顔を見合わせて笑った。

壁にもたれ、並んでその場に座り込んだ。


律「どうだった?京都は」

澪「んー、もっと名所巡りしたかったけど、楽しかったかな」

律「よかった、怖い顔してたから心配だったんだ」

澪「わたし?」

律「うん、ずっと」

澪「それは律たちが騒ぐからだろ?」

律「でもさ、こんな時くらい肩の力抜けばいいのに」

澪「…本当はわたしも思ってたんだ、そう出来ればいいのにって」

律「簡単だよ、りこぴーん!」

澪「くっ…」

律「ほら、笑うとこんなに可愛い」

澪「…もう」

律「本当に思ってんだからな?」

澪「はいはい、ありがと」

律「…また来ような」

澪「うん、一緒に来よう」

律「次は2人で、ちゃんと澪が行きたいとこ付き合うよ」

澪「楽しみにしてるよ」

律「その時は、北野天満宮にも『仲良くやってるぞ』って報告しなきゃ」

澪「じゃあ次はわたしがお守り買ったげるから」

律「2つもいらないだろ?」

澪「お守りは1年経ったらお焚き上げしなきゃならないんだよ」

律「何で?」

澪「今までありがとうって、感謝を込めて」

律「じゃあ1年に1回は京都来きゃいけないな」

澪「お焚き上げは何処の神社でもいいんだけどな」

律「やだ!京都旅行するんだ!」

澪「毎年?」


14
最終更新:2011年10月15日 23:29