律「毎年だよ、『ここで新婚旅行したな~』って思い出しながら」

澪「新婚旅行、か…」

律「…さわちゃん、何だかんだで応援してくれてるんだな」

澪「そうみたいだな」

律「でもあらぬ誤解をされてるみたいだ、特にわたし」

澪「普段の行いが悪いからだぞ」

律「でもさ、実際いつもわたしからだよな」

澪「何が?」

律「手繋ぐのもキスすんのも~」

澪「だって恥ずかしいから…」

律「いつかの夜はベッドの上で襲ったくせに~」

澪「なっ…」

律「…怒んなよ」

律「…倍返し!」

澪「えっ?」

律「今日のお守り倍返し!」

澪「どうしろって言うんだ?」

律「今日は澪が積極的になる番ってことだ!」

澪「何言ってるんだよ…隣に2人居るんだぞ?バカ律」

律「寝てるんだから平気平気」

澪「さわ子先生にも言われただろ?ハメ外すなって!」

律「でも今がいいんだもん」

澪「わがまま言うな!」

律「ねえみーおー」

澪「…甘えてもダメっ」

律「わたしだって恥ずかしいんだぞ?こんなこと言うの…」

澪「じゃあ何で急に…」

律「女らしいかな~って…」

澪「…ははっ」

律「…澪まで笑う」

澪「他に誰が笑ったんだ?」

律「唯の奴、失礼だろ?」

澪「気にしてるのか?」

律「ちょっとはな、わたしだって女だし?」

澪「わたしはいっぱい知ってるよ、律の女の子らしくて可愛いところ」

律「…なら、ちゅーしてくんなきゃやだ」

澪「お前なあ…」

律「じゃないと叫ぶぞ!」

澪「子どもか…」

律「澪がちゅーしてくれないって叫んじゃいま~す」

澪「ああもう、わかったよ!」

律「え、マ」


言葉を遮るように、彼女の目の前に顔をやる。

そこまではいいものの、それ以上は踏み切れなかった。

確かに暗いけど、何も見えないわけではない。

合わせていた目を思わず伏せた。


律「…叫ぶ」

澪「…させない」


そう言って、唇を押し当てる。

今まで何度もしてきたことだけど、

まだ慣れてはくれないようで、鼓動は激しくなった。

すぐ側にいる友人たちのせいだけではないようだ。

体重を預ける片手。

手持ち無沙汰になったもう片方の手で、彼女の髪を撫でた。

顔を離すと、漏れた彼女の息が温かく触れた。

少し、見つめ合って。

頭に置いてた手を、彼女の頬へ持ってきて。

また静かに顔を近づけ、唇を触れ合わせた。

軽く開いた唇の隙間に、ゆっくりと舌先を入れ込む。

わたしの動きに彼女が付いてくる。

頬に触れていた腕の力が抜けて、彼女の肩から手の甲まで滑っていく。

彼女は手を返して、指を絡めてくる。

何かに応えるように、ぎゅっと手を結んだ。

頭がボーっとする。

胸も苦しい。

なのに、なかなかやめようとは思わなかった。


どのくらいこうしているんだろう。

そんなこと、もう考えられなかった。


「はあ…」


お互いの息が自然と漏れて、体勢を元に戻した。

さっきまでのことが嘘のように、まともに顔を見れそうになかった。


澪「…これで足りる?」

律「ん~…どうだろ」

澪「わかんないのかよ」

律「何かさ、今何も考えられない」

澪「わたしも…」


わたしは知っていた。

こうしなくたって、彼女は叫んだりしない。

「ごめんごめん」と、からかい過ぎたことを笑って謝るだろう。

彼女も知っているだろう。

わたしも、いつだってこうしたいと思っていることを。


律「…何か澪じゃないみたいだった」

澪「…お前がせがむからだろ」

律「そうなんだけど、な」

澪「…嫌だった、とは言わせないぞ」

律「言うかよ」

澪「そ、そうか」

律「何やってんだろうな、うちら」

澪「…ほんとに」

律「…しかもトイレの前、そしてジャージ」

澪「言うなよ…」

律「でもさ…ありがと」

澪「やめろ、思い出すと恥ずかしい」

律「…今日上手く寝れないかも」

澪「うん…じゃあ眠くなるまでここに居ようか」

律「わたし何も喋れないかもよ?」

澪「大丈夫、隣に居てくれれば」

 ・
 ・
 ・

紬「唯ちゃん唯ちゃん」

唯「ん~…もうちょっと」

紬「ほら朝よ、起きて~」

唯「ムギちゃん…眠いよ…」

紬「いいもの見れるよ?」

唯「ん…なにぃ?」

紬「見て見て、ほら2人」

紬「こんなところで寝てるよ?」

唯「わあ、ラブラブ」

紬「可愛いね」

唯「可愛いね」

紬「やっぱり帰りは」

唯「隣同士にしてあげようね」

紬「それがいいね」

唯「えへへ」

紬「うふふ」

唯「…もうちょっと寝ても大丈夫?」

紬「2人が起きるまで寝たフリしててあげようか」

唯「そうだね、ちょっとだけおやすみ」

紬「ちょっとだけおやすみなさい」

 ・
 ・ 
 ・

目覚ましがわりに掛けていた携帯のアラームが響く。

そう言えば、この携帯だってお揃いだな。

京都に来て、もう1つお揃いが増えた。

秘密と呼べるような、夜も出来た。

…眠い。首痛い。背中痛い。

硬い壁にもたれ、朝を迎えたようだ。

隣には口の端によだれを垂らす彼女。


―――ここで寝てしまったようだ。


澪「律、起きろ」

律「ゲル状…?」

澪「何言ってんだ」

律「いてっ…殴ったな」

澪「起きろ、朝だ」

律「何か体だる…」

澪「…ここで寝てたからな」

律「うっそ…」

澪「2人にバレないうちに起こすぞ」

律「わかった!」

律「おい唯!ムギ!」

澪「起きろ!朝だ!」

唯「あ、おはよ…」

紬「朝ね~」

律「いつまで寝てるんだよ~」

唯「えへへ」

澪「えへへじゃない、起きろ」

唯「だって~、ムギちゃん」

紬「仕方ないね~」

唯「ね~」

律「何だ?」

澪「…変な2人」


数時間後には、京都駅のホームに生徒が並ばされる。

つい数日前の覇気は何処へやら、みんな疲れた顔をしている。

唯とムギはそれに反して、ニコニコ楽しそうだった。

時々耳打ちをして、頷き合って。

その姿を不思議そうに、残されたわたしたちは眺めている。


唯「あ、新幹線来た!」

紬「唯ちゃん!」

唯「あれだからね、あれ!」

紬「あれね、あれ!」

唯「よし、急げ~!」

紬「わ~!」

澪「こら!危ないから走るな!」

律「ほっとけよ、元気な奴ら…」

澪「…あれ?」

唯「何~?」

律「仲良いな、隣同士座って」

紬「この方がいいもんね~?」

律「…ま、どこでもいいけど」

澪「そうだけど、な…」

唯「ほら、2人も早く座って」

紬「ほらほら~」


ほとんどが眠る車内で、ひとしきり彼女と唯は騒ぐ。

それにも疲れたようで、唯はムギにもたれ。

彼女はわたしにもたれ、寝息を立てていた。


紬「寝ちゃったね~」

澪「そうだな、幼稚園児みたい」

紬「澪ちゃんは眠くないの?」

澪「ん~少しだけ」

紬「だと思った~」

澪「ん?どうして?」

紬「ううん、何でもないよ?」

澪「そう?」

紬「そうよ~」

澪「ならいいけど…」

紬「うふふ」

澪「…変なムギ」

紬「澪ちゃん、わたしもそうするし、寝ていいよ?」

澪「そうか、ありがと」

紬「…そうだ、ブランケット貸してあげる」

澪「いや、特に寒くないから大丈夫だぞ」

紬「りっちゃんと使って、ほら」

澪「うん…でも何で?」

紬「そっちの方がいいと思うからかな~?」

澪「…ありがとう」


ムギからブランケットを受け取る。

意味ありげに、ムギは「ふふ」と笑った。

彼女の膝に掛けて、わたしの膝にも掛けて。


あ、見えなくなる。

そういうことか。

ムギが笑みをこぼしながら目を閉じた。

それを見届けて、ブランケットの下で彼女の手を握った。



番外編「京都」終わり!



15 ※ケンカ編
最終更新:2011年10月15日 23:31