律「ていうかブラ邪魔、取るぞ」

澪「うん…」

律「肩少し上げて」

澪「…こう?」

律「そう、いい子いい子」


くしゃくしゃっと頭を撫でて、そのまま背中まで手をやる。

互いに引っ張り合うホックに手を掛けて、一つずつ外していく。


律「うわ、3連かよ…」

澪「ん?おかしい?」

律「…大きいと3連なんだって」

澪「…でも2連のも持ってるよ」

律「…わたしのは全部2連です」

澪「…どんまい」

律「何だと~?」

澪「いや、何て言っていいか…」

律「…こんなのさっさと取ってやる」


ホックが取られ、肩紐がひじ辺りまでずり落ちた。

それに手をかけて、彼女が剥ぎ取る。

自分の胸があらわになったと同時に、頬が紅潮していくのがわかった。


律「うわー…」

澪「…なんだよ、もう」

律「大きいなーって…」

澪「そればっかり…」

律「…やわらけー」

澪「…もう」


直に触れる手から温度が伝わってくる。

生暖かい息が一気に流れ出た。

そんなわたしを、意地の悪そうに彼女が見つめる。


澪「…見ないでよ」

律「見ててほしいって言ったくせに~」

澪「うるさい…」

律「じゃあ見ない」

澪「そう…」

律「もっと近づいたら見えないもんな」


元々近くにあった顔がより一層近づいて、唇が重なった。

どちらからともなく舌も触れ合わせてみる。

どんどん唇が濡れていくのがわかった。


今度は顔を離して少しずらし、彼女の舌は耳に触れた。

形をなぞる様に舌は這う。

喉の奥の方から濡れた声が漏れた。

自分からこんなに艶っぽい声が出るなんて、思ってもみない。

それを止められなくて、ぎゅっと目を閉じた。


彼女は気にすることなく手も止めず、どんどんと顔を下へとずらしていった。

枕にしていた彼女の腕が、するりと抜けた。

とうとう布団に潜り込んで、今度は胸にまで舌が当たる。

次は吸い付いたようで、思わず体がびくりと跳ねた。

……暑い。


澪「律、律」


呼びかけると、一旦それらをやめて彼女が顔を覗かせた。


律「…ん~?」

澪「暑い…」

律「わたしも、汗かいてる」

澪「布団…」

律「まくる?」

澪「うん…」

律「…見えちゃうぞ?」

澪「別にいい…」


「じゃあ」

そう言って、腰の辺りで布団を折り返す。

再び彼女は胸に吸い付く。

わたしは手を伸ばして、彼女の頭を撫でてみた。

その今まで見たことない光景が、少し可笑しいと頬が緩んだのは一瞬だった。

初めて味わう感覚と恥ずかしさが混ざり合って、すぐに何も考えられなくなる。


腕を顔に乗せ、口をひじで塞ぐ。

すると彼女の動きは止まって、わたしの手首を取った。

振り払おうとも、きつく握って離してはくれない。


澪「…やだ」

律「繋いでようよ」

澪「やだってば…」

律「大丈夫だから。聞かせてよ」

握りなおして、指を絡めて。

お互いの手に汗が滲んでいるのがわかった。

再び不規則に刺激が与えられる。

撫でるような舌が、冷たいのか温かいのか。それすらもわからなかった。


「そろそろ…下触ろうと思います」


かしこまる様な言い方で、彼女の声が聞こえた。

確実に耳へと届いていたが、返事はしなかった。


律「…澪?」

澪「…なに」

律「下触るぞ?」

澪「……」

律「いいの?」

澪「ん…聞かないでよ」

律「いいんだな」


腰までかけていた布団を全部まくられる。

わたしの腰元にかかる彼女の腕を握って、その動きを止めさせた。


澪「…やだ」

律「…やめとく?」

澪「…じゃなくて」

律「ん?」

澪「…律も」

律「何がだよ?」

澪「律も、脱いでよ」

律「は?何でさ」

澪「…わたしばっかり恥ずかしいもん」

律「でも意味ないし」

澪「…やだ!」


起き上がって彼女のTシャツの裾を掴む。


律「ちょまっ…ちょっとちょっと…待てって」

澪「ほら、脱いで」

律「手を離せ!」

澪「脱がす」

律「わかったわかった自分で脱ぐから!」

律「…だからその、あっち向いてて」

澪「恥ずかしいの?」

律「うるっせ」

澪「…はいはい」


少し笑って、わざとらしくそっぽを向く。

音楽は既に止まっていた。


律「はい、続き」

澪「…律」


抱きつくように、彼女の背中に腕を回した。

彼女も腕を回そうとした時、ブラのホックに手をかけた。


律「え何…やめろよ」

澪「これも取ろうね」

律「何でだよ意味わか」

澪「ほら早く」

律「わかったって、わかったからさーもう、手離せ」

澪「わたしがやる」

律「…やっぱ、だめ?」

澪「だめ」

律「…あんまり、見んなよ」

澪「見てないし」

律「それはそれで、何か」

澪「見てほしい?」

律「…何だろ、この形勢逆転された感じ」

澪「悔しい?」

律「うるせー!」

澪「…これでお揃いだな」

律「…じゃあ続き!」


肩を軽く押されて、頭が枕に沈む。

部屋着のパンツに手をかけられる。

もうその腕を止めることはしない。

ショーツに手をやり、ゆっくりと足首まで下ろした。

その二つから脚を抜いて、ベッド脇に放り投げた。


律「よし、膝曲げてみ」

澪「…こう?」

律「…股閉じてどうすんだよ」


膝と膝が離される。

彼女はその間にちょこんと座り、わたしの秘部へと手を伸ばす。


「わあ…」


粘膜に滑るように指が這う。

自分が今どうなっているかを知らされた。


「こうなっちゃうんだ…えろ」


ひと撫でした後、彼女の指が皮ふを軽く叩く。

その動きに合わせ、水音が小さく響いた。


律「…ほら、聞こえる?」

澪「…知らない」

律「知らないフリしてるだけだろー」

澪「…うるさいよ」

律「音が?」

澪「…意地悪」

律「さっき澪も意地悪した」

澪「…してないよ」

律「した。だから仕返し」


※未完結!



戻る
19  ※大学生編
最終更新:2011年10月15日 23:41