ガチャッ

店員「いらっしゃいませー、何名様ですか?」

律「えっと……4人です」

店員「こちらのお席にどうぞ」

スタスタ


店員「ごゆっくりどうぞ」

律「さて、なに食べようかな……」

パラパラ

唯澪紬「………」

律「……あれ、みんなもう決まった?」

唯「……ハンバーグセット」

澪「唯と同じやつ……」

紬「私も」

律「私は……ステーキセット」

律「ボタン押すよ」

ピンポーン

…………

律「……もう一回押すか」

ピンポーン

店員「はーい」

律「えっと、ハンバーグセット3つとステーキセット1つ」

唯「あ、あとバニラアイス……」

店員「ハンバーグセット3つ、ステーキセット1つとバニラアイスですね」

店員「少々お待ちください」


澪「………」

律「…そういえば、どっちが勝ったかな?」

唯「………ケータイで見てみるね」

唯「………中京」

律「ん、ありがと」

澪「野球好きだっけ?」

律「……気になって」


―30分後―

唯「………」

律「遅いなぁ……」

澪「………」

紬「うぉおおおおおおおおお!!」

律「!?」

紬「とか言ってみたり………」

澪「ん、いいと思う……」


店員「お待たせしました、ステーキセットです」

ゴトッ

唯澪紬「……………」

律「………待ってるよ」

唯「なんでー? 食べていいよ~」

紬「……」


澪「ステーキは……熱いうちに食べたほうがおいしいよ」

律「……じゃあ、食べようかな」

律「いただきます」モグモグ

唯澪紬「……………」 ジーーーッ

律「………」モグモグ

唯澪紬「……………」 ジーーーッ

律「あ、あのさ……あんま見られてると食べづらい……」


店員「お待たせしました、ハンバーグセットです」

ゴトッ

律(やっと来た……)

唯澪紬「……いただきます」

唯「!?」

唯「あっつい、肉汁あっつううい!」

澪「冷めるまで待つか」

紬「そうね」

唯澪紬「……………」 ジーーーッ

律「………」

律「………」 モグモグ

唯澪紬「……………」ニヤニヤ

律「……見ないで」

唯澪紬「……………」ニタニタ

律「………」モグモグ


唯「……そろそろいいかな」

唯「あっっっつううぃぃぃぃい!」

律「いや…そりゃ鉄板に触れば熱いだろう……」

唯「あっ、そっか……」

澪「……おいしい」モグモグ

紬「……………」モグモグ


店員「バニラアイスです」

律「………」モグモグ

唯「はい」

コトッ

唯「おいしそう………」

唯(早く食べないと……溶けちゃう)

唯「りっちゃん、ハンバーグ食べる……?」

律「いや、いらないかな……」

唯「うーん……」

唯「澪ちゃん、パス!」

ボトッ

澪「私もお腹いっぱいだ、紬、パス!」

ボトッ

紬「無理、りっちゃん、パス!」

ボトッ

唯澪紬「きっぃぃぃぇぇぇぇええええ!!」

律「うっぷ……しょうがないな……」


律「うっぷ…………」モグモグ

唯「……アイスおいしい」モグモグ

澪「あっ、一口ちょうだい……」

唯「……いいよ」

澪「うん、おいしい」モグモグ

律「………」

唯「……」モグモグ

唯「りっちゃんにもアイスあげる」

律「え……いいよ」

唯「遠慮しないで……」

ボトッ

ジュウウウウウ

唯「あっ……」

律「………」


律「へへ………」

唯「ごめん……」

澪「………ステーキアイス」

紬「……ふふふ」

律「………」

唯「ステーキアイス……」

澪「………ステーキアイス」

紬「ふふ……」

律「……」 モグモグ

唯「泣いてるの……?」

律「いや、汗だよ、汗………」

律「………よし、食べ終わった……」

唯「でる?」

律「ちょっと休憩してもいい?」

紬「ええ……」

澪「いっぱい食べたもんな」

唯「……」

律「はぁ………満腹」

澪「今思えば……」

律「ん?」

澪「やっぱりあれは、ソースだったな……」

律「ん……そうか……」

唯「……」

紬「……」

律「あの……醤油が赤い蓋でソースが青い蓋なんだけど、見てなかったの?」

澪「見てなかった……」

澪「やばいな……忘れようとしてるのに……」

律「ソースだって、確信したんだろ」

澪「でも………」

律「……そんなの気にしてもなぁ」

唯「えっ………」

紬「そろそろ行きましょうか……」


―レンタルビデオ屋―

唯「何借りる?」

澪「あ……あれ、なんだっけ……」

律「誰が出てる?」

澪「……いいや」

律「……」

唯「これ見たい」

律「お、いいね、あともう1本くらい借りるか」

澪「あぃゃああああああああああ!」

律「ど、どうした!?」

澪「い、今そこに変な虫が……」

律「この店、古いからな……」

唯「ふーん……」

紬「……」



―田井中家―

聡「…………」カキカキ

聡「楽しすぎるだろ、クロスワードパズル…………」

聡「…………うん」

ピンポーン


聡「はーい」

憂「あっ、こんにちは」

聡「えっと、どちら様ですか?」

憂「平沢唯の妹です、着替えとかいろいろ持ってきたので、姉に渡してあげてください」

聡「あ、どうも」

憂「失礼します」

ガチャッ

バタンッ

聡「………」

ガチャッ

聡「!?」


律「ただいま」

律「?」

律「なにそれ?」

聡「……唯さんの着替えとか諸々」

唯澪紬「ふうううううううううう!!」

聡「いや、誤解です………」


聡「妹さんが持ってきてくれたんですよ」

唯「…………」

澪「……いい子だな」

紬「……」

唯「………いい子」

律「?」

律「なぁ、借りてきた映画見ようよ」



―リビング―

律「聡も見るか?」

聡「え、いいの?」ドキドキ

澪「………」

唯「…………なんでドキドキしてるの?」

聡「いやっ、してませんよ」

―30分後―

テレビ「きゃぁぁぁああああああ!」

グシャ、グシャ

律「うっわー…………」

澪「ははっ………」

律「澪………平気なの?」

澪「……ん」

聡「ひゃっ、エグい、エグいよぉお」

唯「今気づいたけどこれ………見るの2回目だ」

紬「……」

唯「くっやしゃあああああああああ!!」

律聡「!?」ビクビク

澪「……唯、静かに」

唯「ごめん……悔しくて……」

紬「……元気出して」

律「…………いたっ」

澪「どうした?」

律「耳鳴りが……」

唯「大丈夫?」

唯「耳鳴りがするときって、近くに幽霊がいるってことなんだって」

紬「………違うわ唯ちゃん、幽霊と目が合ってるときよ」

律「………やめて」

唯澪紬「きぇぇぇぇえええええええ!!」

律「うわぁぁあああああ!!」



―2時間後―

律「………」

唯澪紬「………」

律「………」

唯澪紬「ふうううううううううう!!」

唯「……気絶したまま起きないね」

澪「……足を持て」

唯「……こう?」ギュッ

澪「その足を地震だー!って言いながら左右に振ってみて」

唯「じ、地震だぁあああああ!」

ユサユサユサユサユサ

律「……あがぁあああああ」 バッ

律「じ、地震か!?」

唯澪紬「………」ニヤニヤ

律「………」

澪「……おはよう」

唯「ごめんね、悪ふざけが過ぎたよ」

紬「……ごめんなさい」

律「えへへ……いいよもう」

唯「夕飯の時間だよ………」

律「もうそんな時間か……何食べる?」

唯「うーん、なんでもいいかな」

澪「いいよ、なんでも」

紬「なんでもいいわ、りっちゃんが作るなら♪」

律「じゃあ……チャーハン」

唯澪紬「うん……好き」


唯澪紬「……チャーハン好きだよ」

律「えへへ……」

聡「姉ちゃんの作るチャーハンはうまいですよ」

律「おいおい、あんまハードル上げるなよ……」

唯「楽しみだな~♪」


6
最終更新:2010年01月27日 03:38