―30分後―

律「できた!」

澪「えっ………」

唯「……んん?」

律「……なに?」

紬「……思ったよりおいしそうだから、驚いているのよ……」

律「そう……」

唯律澪紬聡「いただきます!」

パクッ

唯「まぁぁっぁずぅううう!」

律「えっ……」

澪「………」パクパク

紬「ふっ……」

聡「え?」

澪「くっ………」

律「……ごめんね」

唯「……あはっ、冗談だよ~」

律「び、びっくりしたなー……うん……」

聡「……」モグモグ

紬「……パラパラしててお店のチャーハンみたい」

聡「……あっ、レタス入ってる、大きい……」

聡「姉ちゃん…レタス……」

律「……食べなさい」

聡「はぁ……」

唯「……」モグモグ

澪「聡……レタス私の皿に入れな」ちょいちょい

聡「あっ、ありがとう」

ヒョイ

澪「くくっ、なーんてね、唯、パス!」

ヒョイ

唯「来ると思った、紬ちゃん、パス!」

ヒョイ

紬「りっちゃん、パスよ!」

ヒョイ

律「……えっと」

律「唯、パース!」ワクワク

ヒョイ

唯「ん……」パクパク

律「………」

澪「……食べ終わったら昨日の残りの花火するか」モグモグ

紬「そうね……」

律「……へへっ」

唯律澪紬聡「ごちそうさまでした!」

唯「花火、花火♪」

澪「へへっ……」

律「昨日は雨だったからなぁ……」

紬「湿けてないかしら……」


―外―

澪「……火、つけてみる」

律「うん」ドキドキ

澪「……」

プシャァアァァァ

澪「おぉ……湿けてない」

唯「夏は……やっぱ花火だね」

聡「打ち上げもやりましょうよ」ワクワク

紬「……聡君、焦らないでぇえええ!」

紬「わかった……?」

聡「は、はい」

プシャァアァァァ

律「えへへ、楽しい」

澪「……律、かわいいな」

唯「うん……」

澪「……線香花火、やろう」

唯「うん……」

シュボッ

澪「……線香花火っていいよな、素朴で」

唯「ん……」

律「それそれー」プシャァアァァァ

ドンッ

律「あっ、ごめん、唯」

唯「………落ちた」

澪「儚いな……」

唯「やってくれるねぇ……」

律「……ご、ごめん」

唯「へへっ、冗談、冗談」

律「なんだよー……」

唯「……」


紬「ねずみ花火やりましょ……」

唯「おっ、いいねぇ」

シュボッ

シュルルルルルルル

律「おーおー、回ってる」

シュルルルルルルル

澪「えいっ!」

………

律「なんで踏んだ?」

澪「怖かったから!」

律「あー、わかる……」

紬「打ち上げ花火……やりましょ」ドキドキ

唯「待ってましたー……」

澪「……」


澪「火、つけるぞ」

律「うははっ」 ドキドキ

澪「離れろー!」

ダーーーッ


紬「……」ドキドキ

唯「……」 ドキドキ

聡「……」 ドキドキ

澪「あがれ、あがれ……」

…………

律「あれ……?」

澪「湿けてたかな?」

唯「聡君、ちょっと見てきて」

聡「ええ? 怖いですよ」

紬「できるわ、がんばって!」

おそるおそる

聡「………」

ピュウウウ!

聡「うわっ!」

パーーーン!


律「聡、大丈夫かー?」

澪「……音デカイなぁ」

唯「うん、びっくりした……」


律「きれいだなぁ………」

律「私も火つけたい!」

ドンッ!バシャ

唯「バケツの水が……」

澪「これは……湿けたな」

律「ご、ごめん……」

紬聡「………」

澪「……もう花火はやめだ、中入るぞ」

律「…………」

唯「……お風呂入ろう」

澪「……うん」

聡「……」ドキドキ


―お風呂―

澪「花火、楽しかったな」

律「………」

唯「………」

紬「ええ……」

律「……あのさ、こんな狭い湯船に4人一斉に入るっておかしいよね?」

澪「……え?」

紬「……よく分かんないこと言わないで」

律「……誰かが湯船から出て体洗ったりすればいいんじゃないの?」

紬「あぁ、確かに……」

唯「じゃ、私から……」ザバッ


唯「………」ワシャワシャ

律「昨日はさ、体洗う時も一斉に洗ったからな……」

澪「ん……」


唯「………」ワシャワシャ

唯「あっ……ボディソープで頭洗っちゃった……」

澪「ふっ……」

律「……ボトルに書いてあるだろ、普通間違えないよ……」

唯「……シャンプーで体洗おう」ワシャワシャ

律「………」

―リビング―

唯「気持ちよかったー」

律「……今日はアイス4つ買っといたよ」

澪「おお……」


唯「……」ペロペロ

律「……」ペロペロ

澪「……」カリカリ

紬「……」シャリシャリ

唯「うっ……頭が痛い」

唯「……いったぁあああ……」

唯「はぁ………」

律「ゆっくり食べな」

澪「……なぁ、律」

律「なに?」

澪「私も頭痛い……」

律「……」

澪「聡って……」

律「……聡がどうかした?」

澪「……クロスワードパズル好きだよな」

律「……あぁ、ずっとやってるよ」

紬「ふふ……」

律「?」

律「……もう2階行こうか」


―律の部屋―

律(………なんかすごい疲れた)

澪「明日も泊まっていい?」

律「えぇっ………」

唯「わーい♪」

紬「タノシイワー」ワクワク

律「ん……いいよー」


紬「ヤッタワー」ワクワク

唯「ねぇ、あれしよう」

澪「………枕投げだな!」

律「おっ、いいね……」

唯「いっくよー!」

ポンポンポン

澪「うわっ、いい枕投げるな」

律「へへっ、私のも食らえ、みおー!」

ヒュン ボスッ!

澪「ふぎゃっ…………」

唯「あっ……」

紬「……ちょっと」




澪「うわっ……いったぁ……」

律「ご、ごめんね」アセアセ

澪「……いや、いいよ」

律「……そ、そう?」

澪「隙ありぃぃぃいいいっ!!」

バスッ!

律「くぅぅううう………今のは効いたぜ……」

紬「タノシイワー」

唯「………」

紬「ソイヤ、ソイヤ」

ポンポンポン

唯「紬ちゃんすごーい!」

澪「それそれーーー」

ポンポンポン

律「あっはっはぁあああ!」


ガチャ

聡「……ちょっと、うるさいです」

律「ん……」

バタンッ

唯澪紬「ふううううううう!」

ポンポンポンポン

唯「枕投げ、最高ぉおお!」



―聡の部屋―

聡「うるさい……クロスワードパズルに集中できない……」

聡「ええっと……横が……」

あぁああん

聡「え!? なに?」

シーーーーン………

聡「………」ドキドキ



―律の部屋―

律「………変な声出すなよ」

澪「ごめん………」

ガチャッ

聡「……あの、大丈夫ですか?」

律「?」

律「………大丈夫だけど」

聡「そう……」

バタンッ


唯「なんか飽きてきたー」

紬「そうね、腕も痛いし……」

律「疲れたし、もう寝るか」

澪「賛成………」

唯「おやすみー………」

律「……電気消すよ」

カチッ


律「zzz……」

唯「zzz……」

紬「zzz……」

澪「………」ムクッ


スタスタ

ガチャッ

バタンッ


澪「喉乾いたなぁ…………」

ジャーーーーッ

澪「……」ゴクゴク

澪「………うまい」

澪「………うわっ!聡いたのか……」

聡「………」

澪「……どうしたんだよ」

ジャーーーーッ

聡「なんか……耳が痛くて……寝れないんだ」

澪「………耳が?」

聡「耳鳴りっていうのかな……なんかキーンとして……」

聡「うん………」

聡「はぁ………」

澪「……幽霊と目が合ってるときに、耳鳴りがするらしいな」

聡「怖いこと言わないでよ……」

澪「きぃぇぇええええ!」

聡「うわーーっ!!」


7
最終更新:2010年01月27日 03:39