澪「……」

唯「澪ちゃん!」

澪「わかってるさ。ここで止まっていても意味がないって。……わかってる」

憂「澪さん」

澪「……律。全部終わったら、またここに来るから。それまで、少しだけ待っていてくれ」

紬「行きましょう!」

梓「……」

憂「そういえば梓ちゃん。怪我はないの? 高いところから落ちたみたいだけど」

梓「……」

憂「梓ちゃん?」

梓「え? あ、大丈夫です。ちょうど葉っぱがクッションになってくれたみたいで」

憂「そう、なんだ」

唯「あずにゃあん! 痛かったらちゃんと言ってね?」

梓「わ、分かりました。分かりましたから抱きつかないでください!」

和「ふぅ。どこに敵がいるかわからない状況なのにゆるゆるね」

紬「ふふ、そこが唯ちゃんのいいところでしょう?」

和「まぁね」

澪「……」ギュッ

紬「澪ちゃん、その武器は……」

澪「ああ、律の、片方の銃だな。ひとつだけ落ちてたから拾ってきた」

紬「そう……」

和「こっちの方であってるの?」

憂「は、はい」

紬「あの、なんで和ちゃんは憂ちゃんをだっこしてるの?」

唯「憂はバブルス君だから!」

紬「……?」

梓「あれ?」

澪「梓?」

梓「……なにか来る?」

憂「うん。なんだろう。何か来ます!」

『!』


紬「あれは……」

澪「四つん這い!」

和「まぁ今更という感じがするのだけれど……? 憂ちゃん?」

憂「ま、まだくるみたい、です」

紬「……!」

和「これは、ちょっと冗談にしては質が悪いわね」

澪「ぜ、全部でどれくらいいるんだ?」

唯「50以上、かな」

梓「……!」

憂「ひどい……」

『アオオオオオオオ!』

『キイイィィィイィィ!』

『シュウアアアアシャアアアシュ!』

『ゴオオアアアアオアア!』

和「……あれが一斉にこっちに来てるってわけね」


唯「どうしよう」

澪「やるしか無いだろう。律……」

和「……ここは、私が囮になるわ。その間にみんなは逃げて」

唯「和ちゃん!」


澪「そんなことできる訳ないだろう!」

和「大丈夫。私は死んでるから。……だから心配しないで」

唯「そういう問題じゃないでしょ!」

和「唯……」

唯「もう……誰かがいなくなるのは嫌だよ……」

紬「……そうね。ここはみんなで協力して突破しましょう」

梓「そうするです!」

憂「うん」

唯「よーし、そうと決まったら」


『そう、こんな時まで友情ごっこなのね……』


梓「……こ、この声は」

和「あなたなの? この騒動の原因は」

澪「そんな、まさか……」

唯「さ、さわちゃん先生……!」


さわ子「う~ん。やっぱり皆元気そうね。まぁ元気だけがとりえみたいなところがあるしね」

唯「さわちゃん先生!」

澪「これは一体どういう事なんですか!」

さわ子「単純に言ってしまえばあなた達が必死になって探してた犯人が私だったってことかしら?」

和「なるほど。単純にして明快な話ですね」

さわ子「でしょう? あまり面倒な話にすると本当に面倒だからね」

梓「リアルですね……。って、それはともかく。どうしてこんなことをしたんですか!」

紬「そうです、納得の行く説明を」

さわ子「ストップ! それ以上の質問は認めないわよ。……憂ちゃんなら今の状況がわかるでしょう?」

唯「憂? どうなってるの?」

憂「お姉ちゃぁん。……私たち、囲まれてるよ……」

和「何ですって?」

澪「お、おいおい。私たちの前に50以上の奴がいるっていうのに
  これが私たちの右にも左にも後ろにもいるっていうのか!?」

憂「……」コクリ

和「なんてこと……」

さわ子「わかった? あなた達の今おかれてる状況が」

和「最悪なことにね……」

さわ子「……そういえば、りっちゃんはどうしたの?」

澪「!」

さわ子「……ふーん。その反応だと、死んじゃったんだ、あの娘」

澪「……っ!」カチャ

梓「澪先輩、落ち着いてください!」ガシッ

澪「離せ梓! あいつは……!」

紬「気持ちはわかるけれど落ち着いて! 冷静さを失わないで」

和「……それで、私たちにどうしろというんですか」

さわ子「そうね。まぁ大体予想はつくでしょう?」

和「えぇ。そしてそれがあなたの口から出てきたら全力で抵抗することもわかってるのでしょう?」

さわ子「勿論。……まぁ何、難しいことじゃないわ。唯ちゃん人りでもできることよ」

唯「な、何々?」

さわ子「ちょっと死んでくれないかしら?」

和「!」

梓「和先輩!?」

和「その前にあんたを殺せば全部終わりになるんでしょう!?」

さわ子「そうさせないのが私の仕事なんじゃない。あ、ポチッとな」ポチ

ゴゴゴゴゴゴゴ

唯「なななななな何? 地面がすごい揺れてるよ!?」

和「くっ、照準があわない……!」

紬「何の音……亀裂?」

澪「へ、? う、うわああ!」

唯「澪ちゃん!」

梓「み、澪先輩が地面に突然開いた穴に落ちていった!」

さわ子「はい、丁寧な状況説明お疲れ様。それじゃああとは皆頑張ってね」

唯「う、うわあああ」

憂「おねえちゃああん!」

紬「きゃあああ!」

憂「お姉ちゃんまで落ちちゃった!」

梓「ムギ先輩と澪先輩もです!」

和「この……!」

憂「和さん!?」

和「唯が落ちたのはあそこら辺ね。待ってて、今私も……」

パァン!

和「な、どこから、撃たれて……!」

憂「和さん!」

和「ごめん、唯……」

梓「そんな……」

憂「大丈夫、和さんは死んでるから、撃たれたり落ちたりで死ぬことはないと思う」

梓「一体、この森の下に何が……」

憂「分からない、けど。梓ちゃんこっちに来て。固まってた方がいいから」

梓「う、うん」

さわ子「さて、そろそろ完全に崩壊するわね~」

梓「きゃああ!」

憂「梓ちゃん! て、手を伸ばして!」

梓「憂!」



憂「……手、届かな、かった」

さわ子「さて、これで残るは憂ちゃんだけね~」

憂「さわ子先生。一体どうしてこんなことを……」

さわ子「……そのセリフ。そっくりそのままお返しするわね」

憂「え?」

さわ子「いい加減何とかしなさい。……私から言えるのはそれだけよ」

憂「さわ」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……


さわ子「そして、誰もいなくなった」

さわ子「お願いよ。お願いだから」

さわ子「早く、私を自由にして……憂ちゃん……」




ピチョン

唯「う、う~ん……」

唯「憂~アイス~……」

唯「……はっ!」ガバッ

唯「あ、あれ? ここどこだろう。……たしか私、地震で開いた穴に落ちちゃって、それから……」

唯「そう、落ちちゃったんだ! あ、でも生きてる。……怪我も無いみたい」

唯「こ、これは不思議な力が働いた証拠!? あ、それともギー太が守ってくれたり?」

唯「う~ん、わからないけど。……そうだ、憂を探さなきゃ。今朝まで熱出してうなされてたから」

唯「きっと今頃私を探してくれてるんだろうなぁ。……う~い~!」

ウーイーウーイーイー……

唯「……誰も気づいてくれないみたい」

唯「一応ムギちゃんから貰ったジュー太があるし! きっとなんとかなるよね」

唯「まずは皆を探しに行こう。おー」

ズルリ

唯「あわ!」ドスン

唯「いたたた……もう、こんなところにバナナの皮をおいたのは誰~?」プンスカ

唯「ってあれ? これバナナじゃないや。……本? かな」

唯「う~ん、殆ど字が潰れててよく分からないよ~。……あ、このページなら読めそう。なになに?」

唯『……の成果が出た……っと。……女を開放して……』

唯『父……がつみと……。……れに名前……』

唯「さっぱりわからない!」

唯『そうだ……前をつけるとしたら。……の名前をつけて……ったあの……』

唯「名前? 誰だろう。……これ以上は泥まみれでとても読めない」

唯「あ、最後のページに大きく書いてある。え~と」

唯「う……い……え……ん……? ういえん?」

唯「なんの名前だろう。誰かの名前かな」ポロッ

唯「あれ、本の中から地図が出てきた。これってここの地図かな」

唯「なんか矢印が描いてある……この通りに行けばいいのかな。きっとそうだよね」

唯「ようし、頑張って皆を探して脱出するぞー、おー!」

和「……だめよ唯、そこは違う穴だよぉ」

和「……はっ!」

和「私としたことが……まさかあんな夢をみるなんて」

和「死体も夢をみるのね……、ってそんなことよりも」

和「唯は大丈夫かしら。あの娘ああ見えて、いえ見たまんまのんびりしてるから……」

和「あとは、ここがどこなのか。それと」

和「……肩に受けた傷はもう大丈夫そうね。恐るべしゾンビボディ」

和「武器もちゃんとある。残り弾数は……充分そうね」

和「さて、ここがどこなのか、という話だけれども」

和「……暗さはあのトンネルより若干明るいくらい、かしら。幅はあのトンネルと同じくらいね」

和「所々に照明がついてるところから見ると。この洞窟……炭鉱だったのかしら?」

和「まぁいいわ。今のところ道は一本道だし。さっさと唯を連れてこんなところ脱出しましょう」

和「そしたら……ちゃんとあいつを倒しておかないと」


……

澪「……」

澪「ん……。ここは」

澪「洞窟? みたいだ。暗いし狭いし……うぅ」

澪「あれ? 私は上からここに落ちてきたんだよな。……上に穴が見あたらないんだけど」

澪「そんなことより、他の皆は!?」

澪「……音がしない。ここらへんには私しかいないみたいだ」

澪「怖いよ……律……」

澪「……いや、ここで震えてるだけじゃダメなんだ。私自身が強くならないと」

澪「戦うものはちゃんとあるし。怪我も無い、みたい」

澪「よし、皆を探しにいこう。……まっててくれ律。もう少しだから。もう少ししたら、全部終わるから」


……

紬「……もーひとこえー……」

紬「もー……ひとこえっ!」

紬「あら、ここは。そういえば、私落ちたんだった。ということは」

紬「ここは森の地下に当たるわけね……。? 落ちた割にはなにか変な気がするけど」

紬「それより、早い所皆を見つけないと」

紬「……うん。行く準備はバッチリみたい。さ、頑張りましょう」


紬「……? 視線を感じる。誰かが私のことをみている?」

紬「……みんな、じゃないよね。皆だったら近づいてくるから」

紬「でもこれは近づくわけでもなく、離れるわけでもなく、じっと私を見ている」

紬「そうすると、大体誰だか予想はつきます」

紬「ね?」

『えぇ。きっとあなたならその考えに至ると思っていたわ』

紬「それは嬉しいです。……それで、私に何のようなんですか」

紬「……先生」


……

梓「……」

梓「……」

梓「……なん、で……」

梓「私……何で、何で……」

梓「……なきゃ」

梓「早く探さなきゃ。早くさがなきゃ。はやくさがさなきゃ」

梓「憂」






憂「……ここ、どこだろう」

憂「何があったか思い出せない……ううん。それ以上に……」

憂「私は……誰……?」


8
最終更新:2010年01月31日 00:08