『こんなところで死なないってのはわかってるけど。それでも心臓に悪いよ~』

憂(……? よくわからないけど、ごめんね)

紬「……」カチャ

憂「大丈夫です。リロードしてる間に襲おうとか考えてませんから」ザッ

紬「……」ザッ


ダダダダダダダ

キキキキキキキ

紬「……」

憂「……」ザッ

紬「……」ザッ


ダダダダダダダ

キキキキキキキキ


憂「当たりませんよ」ザッ

紬「……」ザッ

『……でも、このままじゃ、硬直状態だよ。……どうするの、憂?』

憂「……」ザッ

紬「……」ザッ

憂「そうそう、先程、リロードしてる間に襲おうと考えてない、と。私はいいましたよね」

紬「……」


ダダダダダダ

キキキキキキ


憂「あれを訂正する気はないです。……私は、そんなことしませんから」ザッ

紬「……」ザッ


ダダダダダダ

キキキキキキ

憂「私は……ですが」

紬「……」カチャ


憂「今だよ! お姉ちゃん!」

唯「……えぃ!」カチッ


シュウウウウウウオオオオオオ!


紬「……!」


憂「これが! 私とお姉ちゃんの! 絆の深さだよ!」

唯「憂が石太の射程距離内までムギちゃんをおびき寄せる。あとは私が石太を発動させれば」

『ムギちゃんを、もとに戻すことができる!』


紬「……う、うう……!」

シュウウウウウウウオオオオオオオオ……


紬「……」フラッ

憂「紬さん!」ガシッ


唯「ム、ムギちゃん。……いてて」

憂「お姉ちゃんも無理しないで。怪我してないとはいえ、それでも銃弾をまともに受けたんだから」


憂「と、とりあえず。二人とも……ここに寄りかかって」

唯「う~、いてて」

憂「ごめんね。……私が、ちゃんと動きを止めなかったから」

唯「憂のせいじゃないよ~。……私がちゃんとしっかりしていれば」

憂「そんな。お姉ちゃんは悪くないよ!」

唯「違くないもん。悪いのは私だから!」


紬「……」


唯「うわ! ムギちゃんが鼻から血を流してる!」

憂「も、もしかしてさっきの炎のせいで!? ど、どうしよう」

紬「う……う~ん」

唯「起きた!」

憂「だ、大丈夫ですか!? 紬さん」

紬「……ふ、二人とも。……わ、私! なんてことを……!」

唯「だ、大丈夫だよ! ムギちゃんのせいじゃないから!」

憂「そうです。悪いのは。……悪いのは」

唯「憂……」

紬「……私ね、途中から、憂ちゃんの声が聞こえるようになったわ」

紬「暗い中で、ずっと一人で居たときにね、憂ちゃんの声が聞こえたの」

紬「それがね、スゴク嬉しくて。……私」

憂「紬さん……」

唯「ムギちゃん……」


『鼻血吹いた方がいいと思うよ』


紬「え? ……あわ、あわわ」

唯「えっと、はい、ティッシュ」

紬「あ、ありがとう唯ちゃん」



澪「こ、このぉ!」タァンタァン

『ィィィィィィィイイイイイ』

澪「うわぁ!」


律「だ、大丈夫か澪!」

澪「なんとな。……だけど、あいつ、体がばらばらになったぞ!?」

さわ子「……そこまでできるようになったのね」

和「わが子を見つめるような目でみないで下さい。……それにしても、本当に厄介ね」

梓「空中にいるから、私の爆弾も効かないし……」

和「私も斬ろうと思ったのだけれどね……」


さわ子「蚕子はともかく、堕辰憂の方は私たちじゃ姿が見えないから攻撃しようがないわ」

和「ですね。……そうなら」

律「先に、蚕子だけを集中的に狙う。……っていう話しだろ」

和「ええ。その方が効率もいいしね」

さわ子「それじゃあ、いくわよ」

和「ええ。……今ここで変な情を出さないで下さいね」

さわ子「流石にださないわ。……それに、今はあの娘を倒すことが救うことだもの」

澪「あの娘……」

律「女なのか」

さわ子「いや、知らないけれど。女だった方がいいじゃない」


紬「それについては同感です」


ダダダダダダダ


『ィィィィィィィイイイイイイイイ!!』


澪「ム……」

律「ムギ! 正気に戻ったのか!」

紬「ええ。……お騒がせして、ごめんなさい」

和「ムギが戻ったってことは……唯達は!?」

紬「いま、憂ちゃんと対峙しているわ」

律「あ、あいつら二人だけで大丈夫かよ」

澪「それよりも、私たちの心配した方がいいかもしれない……」

和「……そうね。私たちはさっさとこいつを倒して、唯達に加勢しましょう」

さわ子「ええ。ムギちゃんがくれば百人力! 行くわよ!」

紬「どんとこいです!」


『ィィィィィィィィイイイイイイ!』


和「うるさいわ、少し黙っていなさい!」シュバッ

『ィィィィィイイイイ!』ザザザザ

和「……! この、私が斬る前にばらばらになるなるんじゃないわよ!」

『ィィィィィイイイイイ!』


紬「でも、元に戻った瞬間には隙が出る……!」

梓「そこで、私の爆弾の出番です!」

さわ子「最初から狙っていたのはこの瞬間」

澪「この瞬間が唯一無二の隙!」

律「唯?」

澪「えぇい、ここで変なこと言ってる場合じゃないだろう!」


梓「ええええい!」

ヒュウウウゥゥゥゥウ

カチッッ


梓「やった、私の爆弾がつきました!」

和「これで、きっと大ダメージを与えられるわね……」


『ィィィィィィィイイイイイイ!』


澪「へ? うわぁ!」ガンッ!

律「澪!?」

澪「っ……いた……!」

律「澪、大丈夫か!?」

澪「な、何とか。……ちょっと引っかかれただけだから」

律「ぞ、ゾンビに引っかかれたって!?」

澪「あ、安心しろ。大丈夫だから」


梓「ね、ねぇ紬先輩。……爆発しないんですけど」

紬「……も、もしかしたら」

さわ子「な、何? 嫌な予感しかしないんだけど」


紬「梓ちゃんに渡した爆弾は、誰かが近づくと爆発する仕掛けに鳴っているのよ。……でも」

和「本来罠にかけるやつに爆弾を設置したから、爆弾はあいつを認識せず、爆発しない。……そういうことね」

紬「……多分、そうだと思う」

梓「そんな……! じゃ、じゃあ私がしたことって意味がないってことですか!?」

澪「せ、せっかく逆転への糸口が見えたっていうのに……」

律「くそ……どうすりゃいいんだ!」


さわ子「……」


律「そ、そうだ! 銃であの爆弾を撃てば爆発するんじゃないか!?」

澪「な、なるほど。律にしちゃまともな意見だな」

律「おい」


『ィィィッィィッィイイイイイイイイ!!』

ギュルグウルウウウウ


梓「……な、なななななな」

和「じ、自分の体を強引に捻って……」

紬「爆弾があった部分を、自分の体の中にしまっちゃった……」

澪「ありかよ……そんなの」

梓「ム、ムギ先輩。ああいう場合どういうふうにすればいいんですか!?」

紬「中がどういう状況だかわからないけど……少なくとも、今の状態だと爆発する見込みは……殆どないわ」

梓「そんな……!」


さわ子「なら、あの爆弾をまた外に出せばいいわけね」

和「……何を考えているの」

さわ子「多分、和ちゃんが考えてることと同じことよ」

和「……」


さわ子「皆、お願いがあるの」

紬「お願い、ですか?」

さわ子「ええ、私が蚕子に近づくから、皆は蚕子に向けて集中砲火して欲しいの」

律「別に構わないけど。……そうするとどうなるんだ?」

梓「今までのパターンから、集中放火すると……」

澪「自らバラバラに鳴って攻撃してきたよな。……え?」

さわ子「ええ、そう。つまり、皆にはあいつをバラバラ攻撃するようにして欲しいの」

紬「そうすると。……そうすると、確かに爆弾は外に出ることになります! で、でも」

さわ子「ええ、それだけじゃ爆発しない。……だから私が行くんじゃない」

律「どういう事だ?」

梓「……あの爆弾は、誰かを感知して爆発するタイプ。だから」

和「爆弾が外に出た瞬間にさわ子先生が近づけば。それを感知して爆弾は爆発する……」


澪「で、でも。そんなことしたらさわ子先生が!」

さわ子「いいのよ。……もともと蚕子がああなったのは私のせい。……決着は私の手でつけないと」

紬「……先生」


和「……援護するわ」

律「和! 本当にいいのかよそれで!」

和「よくないかもしれないわね」

澪「だったら!」


和「でもね、私は他人の意思という物を尊重する。それが固ければ固いほど、私は尊敬を持ってそれを手伝うわ」


律「和……」

澪「なんだかんだ言ってたけど、和にとっても先生なんだもんな」

和「で、どうするの。あなた達が協力しないと先生の努力が無駄になるんだけど?」


紬「……協力、します。先生」

梓「私も……!」


和「あなた達は……?」

澪「……するよ。協力する」

律「さわちゃんがやるっていうなら、それを手伝ってやるのがけいおん部としての勤めだからな!」

さわ子「みんな……ありがとう」

和「お礼を言うのはまだ早いわ。……あとは、目論見通り行くかどうか」

梓「きっと上手くいきます!」

紬「ええ、私たちも全力でサポートするもの!」


さわ子「皆、頼んだわよ!」


『おう!』


『ィィィィィイイイイイイイ!』



和「あら、向こうもこっちの変化に気がついたようよ」

澪「さっきまでとは覚悟が違うんだ。当然だろ」

律「澪、お前は怪我したんだから、あまり無茶するなよ」

『ィィィィィィイイイ!』


紬「行くわよ!」ダダダダダ

澪「ああ」タァンタァン!

律「おら!」ダァン!

梓「えい!」タンッ!


『ィィィィィィィィィイイイ!』


さわ子「待っててね、今行くから」タタタタ

紬「援護するわよ!」

澪「……っ」

律「だ、大丈夫か、澪!?」

澪「だ、大丈夫だ! それよりも、先生を……」

梓「大丈夫です。そっちは私とムギ先輩とでなんとかしますから」

律「ああ、澪。こっちで休むぞ」

紬「……」ダダダダ

梓「ムギ先輩?」タァンタァン

紬「やっぱり、複雑な心境ね……」

梓「……さわ子先生のことですか」

紬「ええ。……やっぱり、ね」

梓「ですが。……先生が決めたことです」

紬「そうね。……私たちはただ、やるべき事をやるだけね」


さわ子「待っててね、今終わらせるから」

和「先生、危ない!」


『ィィィィィィイイイイイ!』ヒュオン!


さわ子「きゃあ!」

和「私たちはただあいつがばらばらになった瞬間に突っ込む。それだけです。……それ以外の時に近づいても意味はないでしょう」

さわ子「わかってるわ。……援護ありがとう」

和「……感謝と謝罪の言葉は、全部終わってから聞きます」

さわ子「……」

和「……何を考えているの?」

さわ子「別に……ただ、ちょっと、ね」

和「……そう」


ダダダダダ


『ィィィィィィイイイイイ!』

ガバララララ


紬「! 体がばらばらになったわ!」

梓「先生、今です!」


さわ子「皆、ありがとう。皆が作ってくれたこのチャンス、無駄にはしないわ!」

和「……行ってきなさい」


さわ子「蚕子! 私と一緒に、散りなさい!」

『ィィィィィイイイイイ!』

さわ子「ちょ、ちょっと暴れないでよ!」

『ィィィィィイイイイイ!』

和「……はぁ、本当に。最初から最後まで世話が焼ける人ね」

ザシュッ

『ィィィィイイイイイ!』


紬「動きが鈍った!」

梓「……バラバラの状態から上手く戻れてないみたいです」


さわ子「……ありがとう、和ちゃん」


21
最終更新:2011年10月12日 02:28