和「……」

さわ子「さよなら……皆」



『ィィィィィイイイイイイイイイ!』

さわ子「さよなら!」

カチッ
ドオオオオオオオオォォォォォォォォォォォン!



和「……」


律「……澪、見えるか? ……さわちゃんがやったみたいだ」

澪「見てるよ。……そうか。やったんだな」

紬「二人とも、大丈夫?」

律「ああ、澪を容態が安定したし、もう平気そうだな」

梓「……先生」

紬「梓ちゃん。……」

澪「先生。……良い人だったな」

律「そうだな。ちょっと変わってたところがあったけどな」

紬「私は、結構意見があったけどね」

梓「私は。……色々なことされましたけど」

澪「……って、こんなこと言ってる場合じゃないんだよな。まだ終わっていないから」

律「そうだな。堕辰憂に憂ちゃん。……まだ残ってる」

梓「ええ。早く唯先輩たちに加勢しに行きましょう」


和「……はぁ」

和「……感謝と謝罪の言葉は最後にまとめて聞く、っていったじゃない」

和「でも、私まだ聞いてないのよね。……どうしてくれようかしら?」

和「ねぇ? ……今回のMVPに対して何か言ってくれてもいいと思うのだけど?」


さわ子「わ、わかったわよ。……ありがとう」


和「ございます」

さわ子「ありがとうございます!」

和「謝罪は?」

さわ子「ああもう。わたくし山中さわ子は皆さんを地下に落としたりとひどいことを致しました!」

さわ子「よってここに謝罪いたします! 申し訳ありませんでした!」

和「うん。さ、唯達の加勢に行きましょう」

さわ子「な、何か納得行かないわ。……まぁでも、助けてくれたことには感謝しなくちゃね」

さわ子「まさか、あの爆発する瞬間に私を思いっきり地面に叩きつけるなんて……おかげで大きなタンコブが出来ちゃったわよ」

和「早く行くわよ」   さわ子「はいはい、わかりましたよ!」


……

憂『……』

唯「……」

憂「……」

憂『……流石に、ここまで手こずるだなんて思ってもみませんでした』

唯「えっへん」フンス

憂「……でも、あなたは一度私と同じことを体験しているのでしょう? だったら」

憂『私ね、長いこと何もしていなかったから、記憶が混濁しているの』

唯「そうなんだ……」

憂『だからね。……私も。そろそろ本気で、お姉ちゃん達を殺すことにしたから』


憂『堕辰子憂!』

『ゥゥゥゥゥゥウウウウウウウ!』


唯「う、うわあ」

憂「お、大きい……!」

憂『……ふふふ』


憂『堕辰憂!』


『ゥゥゥゥゥゥ            』


唯「き、消えた!?」

憂「ち、違う。私たちには見えなくなっただけだよ!」

憂『そのとおり。……さ、あなた達には見えない堕辰憂。……果たして倒せるかな?』

唯「……がんばる。負けないよ! 憂!」

憂「うん。私のアンムギと」

唯「私の石太で倒して見せる!」

憂『……そう。じゃあ、がんばってね? お姉ちゃん』


『            !』


梓「唯先輩!」

澪「さっきちらっと見えたのは……」

律「堕辰憂だな。……今はもう見えなくなったが」

紬「ということは、結局私たちが戦っていたのは蚕子だけだったのね」

澪「憂ちゃんが二人相手に。っていうから、すっかりそうだと思ってた」

律「というか、途中まではそうだったんだろうな。ムギが来たから、多分一体だけにしたんだろう」

梓「ということは、ムギ先輩のおかげですね」

紬「でも、私のせいで唯ちゃん達に迷惑かけちゃったから」

澪「気にするな。……第一、迷惑という点では律なんかいっつもだろ」

律「ちょ、ちょっと待て! どういう意味だそれは!」

澪「言ったとおりの意味だ!」

梓「ふ、二人とも、今は喧嘩してる場合じゃないです!」

紬「そうよ。早く唯ちゃん達に加勢に行かないと」

律「そうだな。……待ってろ! 唯」


憂『あ、それはダメです。私はお姉ちゃんと憂ちゃんだけをここに居させたいんですから』

澪「憂ちゃん!」

憂『蚕子を倒したのには驚きましたけど。……でも、あなた達の出番はここで終わりなんです』

律「なにぃ!」

憂『というわけで。あなた達は元の世界に戻って下さい。……後は、お姉ちゃん達の期間を祈ってればいいんじゃないですか』

澪「どうい……」


梓「せ、先輩! 体が消えていってますよ!?」

律「そ、そういう梓こそ!」

澪「わ、私たちの体が消えていく……!?」

紬「こ、これは……!?」


唯「み、皆!」

憂「え、な、何が起こってるんですか!?」


憂『残念だけど、お姉ちゃん達以外の人には退場して貰ってるんだ。……この舞台は私たちだけの物だから』


梓「そ、それならせめて……!」

和「な、……これは」

さわ子「和ちゃん! あなた消えてるわよ!」

和「そういう先生こそ……。あいつの仕業なのね」

さわ子「今何が起きてるかわかrないけれど……これは由々しき事態ね」

和「なら、完全に消えてしまうその前に!」


和「唯! これを受け取って!」

梓「憂! これを受け取って!」



唯「う、うわわわ! 何処かからか刀が落ちてきたよ!」

憂「あ、梓ちゃん! 危ないから爆弾を投げないで!」



和「……あれは私のために作られた刀だけど。……きっと唯にも使えるはず」

梓「ご、ごめん! でも、……最後の一つだから。有効に使ってね、憂」


『二人とも、がんばって!』
シュウウウウウゥゥゥゥゥゥ

唯「み、皆消えちゃった」

憂「でも、残してくれたものもあるよ」

憂『無駄なあがきだと思うけどね』


唯「そんなことないよ! これは、多分和ちゃんが残してくれた刀だから」

憂「これは、梓ちゃんが残してくれた爆弾」

唯「その人の思いが詰まった、大切なものだから」

憂「無駄なあがきなんかにはさせない!」


憂『本当に、仲がいい姉妹。……イライラする』

憂『堕辰憂! もう容赦なんかしなくていい! こいつら殺しちゃって!』


唯「行くよ、和ちゃん、澪ちゃん、りっちゃん、ムギちゃん」

憂「行こう、梓ちゃん、さわ子先生、純ちゃん」

唯「行くよ! 憂!」

憂「うん! お姉ちゃん!」

澪「……こ、ここはどこ……」

律「って、ここ洞窟じゃないか!」

梓「どうやら、結局戻ってきちゃったみたいですね」

澪「ゾンビたちは!?」

律「いない、みたいだな。おかしいな、私たちがいた時は確か……」

紬「私が見た限りだと、倒れてはいたけど存在していたはず……」


和「あら、そっちの方が後に来たのね」


澪「和! 無事だったか」

和「まぁ、怪我もしてないし息災ね。……死んでるけど」

律「うん。もうあんまりそれに対してはどうでもよくなってきた」

紬「でも、和ちゃんはあの爆発に巻き込まれてなかったのね。……よかった」

梓「意外と大きな爆発でしたからね、和さんは先生の補佐役というポジションでしたから、巻き込まれたのかと心配してました」

和「で、生死を確かめる前に唯達のところにいった、と」

律「い、いや。あの場所に和がいたら、私を探すよりも唯達の加勢に行きなさい! とか言いそうだったからな」

和「まぁそのとおりだけど。少し釈然としないわね」

律「な、なんだよ! 何か文句あんのか!」

澪「逆ギレすんな」ペシ

律「いたっ。後ろから叩くなよ」

澪「悪かったな」


梓「……何か、いつもの雰囲気になりましたね」

紬「そうね。……辛気臭いよりもそっちの方がいいと思うわ、私も」

梓「ですね。……その方が、きっと先生も喜ぶと思います」

紬「先生、私たちは立派に成長しました。……見ていますか?」


さわ子「見てるけど……」


律「うおおおお!? ぼ、亡霊か幽霊か!?」

澪「ひいいいぃぃぃぃい、おばけええ!」

さわ子「失礼なこと言わないでよ! ちゃんと足あるでしょうが!」

梓「ほ、本当だ。ちゃんと足がある……」

澪「お、お化けじゃないんだな?」

さわ子「正真正銘本物の人間で華麗で美しい山中さわ子先生よ!」

和「正真正銘本物の人間で加齢で美しい山中さわ子先生であってるわ」

さわ子「和ちゃん。ちょっと後で職員室に来なさい」


紬「で、でもあの時の爆発で……!」

律「そうだ。その証拠に頭に大きなタンコブができてるじゃないか!」

さわ子「いや、タンコブは別なのが原因なんだけど……」


和「あの時、爆発する瞬間に私が先生を思いっきり地面に殴りつけたのよ」

梓「そうすると……どうなるんですか?」

和「地面に思いっきり叩きつけられた先生は、そのまま地面に埋まる感じになったわけ」

律「なるほど、それで爆発を上手く……防げるのか?」

澪「私に聞くな。……ただ、先生が今ここにいるってことは、そういうことなんだろう」

紬「そういえば、和ちゃんも若干火傷の跡みたいなのがあるわね」

和「わざわざそんなことをしたから、私まで爆発に巻き込まれたのよ。……まったく」

律「とかいって、実はさわちゃんを助けるくらいなんだから……」

紬「えぇ!? もしかしてそういう関係なの!?」

和「どういう関係よ……」

さわ子「ひどい! あの夜の日の約束は嘘だったのね!?」

和「捏造しないで」ガンッ

さわ子「い、いたい……」


梓「で、でも。皆が無事でよかったです! 私、先生が死んじゃうの、いやですから」

律「まーな。先生に限らず、唯や憂ちゃんだっていなくなってほしい、なんて思ってないし」

和「当たり前よ! ……それで、先生。何か方法はないんですか?」

さわ子「え、何の?」

和「今唯達は私たちの手の届かないところで戦っている。……私たちは、それを指を加えて待つことしかできない」

和「私はそんなの嫌です。……ですから、何かしら向こうの世界に行くための方法。それを知りたい」

澪「そ、そうだな。……何か、方法はないんですか?」


さわ子「ないわよ?」

和「辞世の句は何がいいかしら」

さわ子「ちょっとちょっとちょっと~! 銃を構えるのやめて! っていうか和ちゃん銃も持ってたのね!」

和「焔真鍋を持ってからは使うことはありませんでしたが、ずっと懐に閉まってました」

さわ子「サイボーグか何かなのあなたは……」

澪「それよりも、ないって……」

さわ子「そもそもね、私や憂ちゃんが何で消えたり消したりできると思うの?」

律「それは……、実は超能力者だった、とか?」

さわ子「……まぁ間違いではないけど」

梓「本当に超能力者なんですか!?」

さわ子「い、いや。そうじゃなくてね。……これを見て」

キラン

律「これは……バッヂ?」

さわ子「ええ。これが、タイムマシンよ」


澪「こ、これがタイムマシン!? 想像してたのとぜんぜん違う……」

梓「私、タイムマシンって絨毯だったり変な機械だったり洗濯機だったりするのかと思いました」

さわ子「まぁ、これを胸にはめて、適当な年代をやれば時間を飛び越えるのよ」

澪「こ、こんな小さいバッヂ一つでそんなことができるなんて……」

さわ子「まぁ、嘘なんだけどね」


パァン


さわ子「ほ、ホッペタから血が!?」

和「次変なこといったら関節に一発ずつ順々に撃ってきますよ」

さわ子「鬼か悪魔なの!?」

梓「いや、今のは嘘をいった先生が悪いかと……」

澪「確かに。……信じちゃったじゃないですか」

さわ子「い、いや! ちゃんと聞いてよ。嘘だけど嘘じゃないのよ!」

和「最初は。……右の肘」

さわ子「待って! 最初から説明するから!」

さわ子「梓ちゃんがいった通り、私が作ったタイムマシンは大型の機械よ」

梓「や、やっぱりそうなんですか」

さわ子「ええ。このバッヂは、その機械でなくても時空移動の力を使えるようにするためのものよ」

律「じゃあ結局。このバッヂがタイムマシンであってるじゃんか」

さわ子「それが、そうもいかないのよ。……このバッヂを使えるのは、今のところ、私と憂ちゃん達だけなのよね~」

澪「ってことは、私がそれを使おうとしても」

さわ子「ええ、使えないわ。……わかった、和ちゃん?」

和「ええ、なんとなくは。それで、先生たちが消えたり消したりするのとどう関係が?」

さわ子「消えたり、っていうのはわかるでしょう? 目の前で時空移動すれば消えるわけだから。……消したり、というのはね」

さわ子「っと、そうだ。ひとつ前持っていっておくけど、私は消えることができても消すことはできないわよ」

梓「そうなんですか?」

さわ子「ええ。だから、和ちゃんが考えてるようなことはできないわ」

和「……そうですか。なんとなくわかっていましたけど」

律「和が考えてたことって?」

澪「多分、先生に唯達のところまで飛ばしてもらうことだと思う」

さわ子「ウイルスを作る過程で憂ちゃんの血液を入れたのは話したわよね?」

紬「えぇ、その話は以前に……」

さわ子「実はね、私の中にも憂ちゃんの血が流れているのよ」

和「……え?」

澪「ま、まさか先生は……」

律「憂ちゃんの、……隠し子」

さわ子「そんなわけないでしょう! もっと普通に考えなさい!」

和「……まぁ、憂ちゃんの血を自らの体内に注入したんでしょうけど」

澪「でも、どうしてそんなことを……?」

さわ子「そうしないと、このバッヂを扱えないのよ」

和「ということは」

さわ子「ええ、このバッヂはね、憂ちゃんの血に反応して発動するのよ」

紬「そ、そのメカニズムはどうなってるんですか?」

さわ子「知らない」

紬「……」ポカーン

さわ子「それも結局、結果あればよし、って感じだったから」

紬「な、なんだか納得がいかない……」

和「まぁ、それがわかったところでどうするの、って話だけれど。……それで、何で憂ちゃんは人を消すことができるの?」

さわ子「単純に言ってしまえば、憂ちゃんが母体だからね」

澪「母体?」

さわ子「ええ。皆もみてきたでしょう? 人型ではないゾンビたちを。あれは、ウイルスの副作用のせいなんだけど」

梓「副作用でああなるんですか……」

さわ子「まぁ、憂ちゃんの力を表すとするならば、一番いい例が、私と和ちゃんで倒したあのゾンビね」

和「ああ、さわ子先生に見向きもしなかった」

さわ子「う、うるさいわね! ……オホン。そのゾンビって近づくと辺りが暗くなったでしょう?」

和「ええ、そのせいで接近戦が大変でした」

律「近づくと暗くなる。……むむむ、なぞなぞか?」

和「いえ、そのままの意味よ」


22
最終更新:2010年01月31日 01:49