・・・

律「お腹が・・・」グーッ

澪「そろそろご飯にしないか?律と唯が限界だ」

純「私もペコペコ・・・」

さわ子「今日はこのくらいにしましょうか」

紬「はい」

紬「あずにゃん、ご飯食べたらもう少し煮詰めようね」

梓「はいです!」


バタバタ

和「終わったのかしら?」

唯「和ちゃんお待たせー!」ダキッ

和「はいはい。ちゃんと練習してきた?」

唯「もちろんだよ!」

和「ふふっ。よくできました」ナデナデ

律「・・・なんか、ユノちゃん対応が一緒だな」

梓「同じこと思いました」

紬「和ちゃんはなにしてたの?」

和「ユノに伏せを教えてたんだけどなかなかね」

純「犬は芸覚えるからいいよねぇ」

憂「ちゃんと言うこと聞いてお利口さんだよね」

律「それよりご飯を・・・」

紬「そうね。じゃあバーベキューの準備を始めましょうか!」

唯律純「おぉー!」シャキッ

梓「わぁ、急に元気になった」

純「おぉ。でっかいバーベキュー・・・コンロって言うの?これ」

さわ子「・・・これ庭まで運ぶの?」

紬「みんなで持てばそんなに重くない・・・と、思います」

律「唯、最後の力を振り絞るんだ!」

唯「ぬおお・・・」

・・・

紬「・・・ふぅ。ここで大丈夫です」

律「もう、動けない・・・」

唯「うん・・・」

憂「ありがとう。あとは私達に任せてね!」

梓「純、テーブル移動するよ」

純「はーい」

和「まるでパーティーね」

律「海が近いから外気持ちいいな・・・」

唯「・・・うん」

澪「和、私野菜切るからお肉やってもらっていいか?」

和「わかったわ」

・・・

梓「よし、準備できました!」

澪「こっちも大丈夫だ。いつでも焼けるぞ」

律「やっとか!?」ガバッ

純「おぉー。お肉や野菜串に刺して本格的!」

唯「自分で焼くのがいいんだよねー」

さわ子「ホタテやハマグリも・・・。本当にお酒飲みたいわねぇ・・・」

和「自重してくださいよ」

唯「私この串にするー」

律「なに!早い者勝ちだと!?」

紬「じゃあ私これー」

梓「私はどれでもいいです」

律「よし、全員持ったし焼き始めるか!」

唯純「おー!」

ジュウッ

唯「おいしく焼けますようにー」

紬「いいにおーい」

憂「うん。もう焼けてるから大丈夫だよ」

律「やっとか!」

梓「急いで食べて口の中火傷しないでくださいよ」

唯「じゃあ食べよう!いただきます!」

全員「いただきまーす!」パクッ

和「うん、おいしいわ」

純「これがバーベキュー!」モグモグ

律「どんどん焼くぞー!」モグモグ

紬「このホタテもう大丈夫よね?」

梓「はい。少しお醤油をかけて食べるとおいしいですよ」

さわ子「バターでもおいしいわよ」

和「ユノもお肉食べる?」

ユノ「ワンワン!」フリフリ

澪「これぞ合宿って感じだな」

唯「いっぱい練習した後だから余計おいしく感じるよー」

・・・

律「お、串はもう終わりか」

唯「いっぱい食べたねー」

憂「うん。すごくおいしかった」

紬「ふふふっ、最後は焼きそばだからね」

純「わーい」

律「ムギは焼きそば好きだなー」

澪「よし、早速作ろう」

ジュウジュウ

紬「いいにおい・・・」

律「このソースのにおいが最高だよなぁ」

唯「もう少しでできるからねー」

さわ子「あぁ、ビールぅ・・・」

憂「できましたー」

紬「わぁ!唯ちゃん憂ちゃんありがとう!」

唯「えへへー。ムギちゃんは大盛りね」

紬「こ、こんなに食べられるかな・・・」

梓「わ、私も食べますよ!」

律「はふっ、うまうま」

澪「やっぱり家でフライパンで作るのじゃ全然違うな」

和「おいしいわ、憂」

憂「えへへ、いっぱい食べてね」

紬「あーん」

梓「あーん。んー、おいしいです」

・・・

律「食べた食べたぁ・・・」ゴロン

唯「もう食べられないー・・・」ゴロン

純「満足です・・・」ゴロン

澪「庭に寝転んで。汚れるぞ」

律「下芝生だから平気だよ。澪もどうだ?」

唯「憂もおいでよー。星がきれいだよー」

憂「じゃあ、ちょっとだけ」

紬「私達も寝転ぼう」

梓「言うと思いました」ゴロン

紬「・・・わぁ。本当に綺麗」

梓「・・・はい」

純「都会じゃ絶対に見られないよねー」

和「そうね」

律「・・・よし、後片付けするか」

唯「おー!」

・・・

唯「ふはぁー」

律「後片付け終わった後のジュースは格別だな」

紬「そろそろお風呂どう?それともまだ遊ぶ?」

律「遊ぶ!・・・と言いたいが今日はお風呂にしようかな」

純「賛成でーす」

唯「なにして遊ぶのー?」

律「せっかくだし肝試しとかやりたいよなー」

唯「いいねぇ!」

憂「き、肝試し・・・」

梓「またそういう・・・」

和「百物語とか面白いかも」

澪「百個も怖い話ないだろ・・・」

紬「花火もやろうね!」

梓「それなら賛成です!」

さわ子「花火はまた明日の買い物ね」

紬「少し歩いたところに別のスーパーがあるから行ってみよう」

律「じゃあ話もまとまったしお風呂に行くかー」

唯「おー!」

・・・

純「・・・脱衣所でっか」

憂「銭湯並みだね・・・」

唯「憂、早く脱いで入ろう!」

憂「ま、待って」ヌギヌギ

ガラッ

唯「お、おぉー!」

憂「うわぁ。すごーい」

純「これまた立派な・・・」

律「お風呂も前の合宿よりすごい・・・」

さわ子「私ここに住みたい・・・」

紬「身体流して入ろう」

梓「は、はい!」

純「なんかこう見るとシャワーヘッドや椅子も高級な気が・・・」

律「あー。わかるわかる」

澪「気にしてもしょうがない・・・」キュッキュッ

唯「ユノちゃんも一緒に入ればいいのにー」

和「だめよ。感染症だってないなんて断言できないし」

和「みんながあがったらちゃんと洗ってあげるから」

律「よし、一番風呂ー!」ザブーン

澪「こら律!お行儀悪いぞ!」

唯「なにー!私もー!」

憂「お姉ちゃん、めっ」

唯「・・・ごめんなさい」

梓「本当に大学生ですか・・・?」

純「でも飛び込みたい気持ちはわかる・・・」ウズウズ

和「あれは見習っちゃだめよ」

さわ子「高校のときから成長してないわね」

律「ひどい言われよう・・・」

唯「ふいぃ・・・」チャプン

憂「気持ちいい」

梓「やっぱりお風呂って最高ですね」

紬「うん」

純「ん、あっちの扉ってなんです?」

紬「あっちは露天風呂。あとでみんなで行こうね」

律純「おぉー!」

和「露天風呂まであるなんて・・・」

律「早速露天風呂に行こうぜ!」

紬「じゃあ身体洗ってからにしない?」

澪「そうだな。先に身体洗うか」

唯「ねぇねぇ、身体洗うとき提案があるんだけどー」

梓「なんです?」

唯「洗うところ広いし、みんなで背中洗いっこしようよ!」

紬「ふふっ、面白そう」

さわ子「唯ちゃんも大学生になっても変わらないわねぇ」

律「じゃあさわちゃんは一人で洗うと」

さわ子「そ、そうは言ってないわよ!」

和「でもみんなでって、一番後ろの人は洗ってもらえないじゃない」

唯「だから輪になるんだよ!ここ広いし大丈夫だよ!」

梓「輪に・・・」

紬「わぁ・・・」キラキラ

澪「相変わらずすごいこと考える・・・」

純「でもなんか合宿っぽくていいかもです!」

憂「順番は?」

唯「適当でいいよ。憂は私の前ねー」

・・・

ゴシゴシ

紬「楽しいねぇ」

唯「でしょー」

憂「痒いところある?」

梓「大丈夫だよ。憂背中流すの上手だね」

律「結局さわちゃん入ってるし」

さわ子「いいじゃない。あともっと力入れて」

律「はいはい」ゴシゴシ

・・・

唯「あー、さっぱりー」

純「人の背中流すって面白いですね」

紬「それじゃあ露天風呂行こうか」

律「待ってました!」

ガララッ

唯「おぉー!」

律「すげぇ!」

澪「和風なんだな」

和「岩の露天風呂って、本格的ねぇ」

純「こういうのを期待してたんですよー!」

梓「波の音も聞こえてきてなんか素敵・・・」

紬「喜んでくれてよかったぁ」

チャプン

律「おぉ・・・。いい湯加減・・・」

唯「こっちも気持ちいいねぇ・・・」

さわ子「あー。極楽極楽・・・」

憂「夜空も綺麗だねぇ」

純「雲一つないもんね。満月がよく見えるよ」

和「本当に気持ちいい・・・」

紬「長湯してのぼせないようにしないとね」

純「露天風呂といえばよく桶とかにお酒入れて飲んでますよね」

澪「あぁ、テレビとかでよく見るな」

純「あれ一度やってみたいんですよねー」

さわ子「やるわよ!」

和「ですから・・・」

さわ子「一回くらいいいじゃなーい。せっかくの素敵な露天風呂なんだしー」

梓「私達は飲みませんからね。一人でやってください。ね、ムギちゃん」

紬「え、あ・・・うん・・・」

律「(やってみたいんだな)」

憂「お酒じゃなくてジュースとかならやってみたいかも」

唯「いいね!」

律「桶をひっくり返して大惨事の未来が見えるぞ」

和「ありそうねぇ」

澪「やりそうだな」

唯「うぅ・・・」

さわ子「露天風呂で月見酒・・・」

梓「諦めてください」

紬「」ショボ

・・・

唯「お風呂気持ちよかったぁ」ポカポカ

律「でもさすがに暑いな」パタパタ

紬「麦茶が冷えてるからみんな飲む?」

澪「欲しいな。喉カラカラだ」

和「私も」

唯「アイスも食べたーい」

純「今日買いましたからね」

紬「じゃあ持っていくの手伝ってくれる?」

梓「はいです」


3
最終更新:2013年04月19日 19:29