紬「熱っ!・・・でもおいしい!」ハフハフ

梓「おいしいです!」

唯「あちちっ!ふーふー!」

憂「そんなにふーふーしたら青海苔飛んでいっちゃうよ」

律「大阪のときは粉がメインって感じだけどこれは思いっきり麺がメインだな」

澪「あぁ。一枚でもボリュームある」

和「上手にできてるわ」

純「おいしー」

さわ子「お好み焼きでビールがうまいわ!」

紬「一緒に作った焼きそばもおいしいー」モグモグ

唯「んー。このちょっと焦げたところがまた」

律「キャベツうめー」モシャモシャ

梓「おいしいけどみんなで二枚目はいらないよね・・・」

和「えぇ。次があるし焼くとしたら一枚で十分ね」

純「次ってなんです?」

紬「じゃーん。次はもんじゃ焼きでーす」

律「おぉー!」

唯「食べたことないから楽しみー」

澪「私もないな」

和「私も」

さわ子「あら、意外といないのね」

純「さわ子先生はあるんですか?」

さわ子「何回かね」

紬「じゃあ先生に任せていいですか?知ってる人がやったほうがいいと思いますし」

さわ子「任せなさーい!」

さわ子「じゃあ始めるからみんなはゆっくり食べててね」

唯「さわちゃんかっこいー」モグモグ

紬「お家に帰ったらまた作ろうね」

梓「いいですね」

さわ子「その前にヘラはある?この小さいの」

紬「これですよね?ホットプレートと一緒にありました」

唯「わぁ、なんかかわいいー」

さわ子「なら初めても大丈夫ね」

律「もんじゃか。どんな味なんだろうな」

澪「うーむ」

さわ子「まずは具だけ先に炒めて」ジューッ

和「汁も結構落ちてるんですけど」

さわ子「細かいことは気にしないの」

紬「はぁ。お好み焼きおいしかったー」

梓「半分でも結構お腹にきますね」

さわ子「軽く炒めたら具で土手を作って」

純「ドーナツ食べたくなってきた」

さわ子「この中に残りの生地を流し込む」ジューッ

律「ダムみたいだ」

澪「早速決壊してるけどな」

唯「ほんとだ。ここも漏れてる」

さわ子「いい感じに熱が通ったら混ぜて」マゼマゼ

さわ子「これで出来上がりっと!」

純「・・・まるでゲr」

律「おっと、それ以上は言っちゃあいけねぇぜ」

和「深夜の駅でよく見るアレに似てるわね」

律「和ぁー!!」

唯「これで完成なんだぁ」

梓「生っぽいんですけどいいんですか?」

さわ子「あとはこのヘラですくって、鉄板に少し押し付けて焦げを作って食べるのよ」ジューッ

さわ子「うん。おいしい」

唯「どれどれ」

紬「材料は似てるのにお好み焼きと全然違うのね」

唯「このくらい?」

さわ子「うんうん。熱いから気をつけてね」

唯「ふーふー」

澪「・・・お、見た目はともかく結構いけるな」

梓「意外と味濃いんですね」

さわ子「だからビールが進むわよー」

唯「はふはふ、うまい!」

純「この焦げいけますね!」

さわ子「最近はスイーツ系の甘いもんじゃ焼きもあるそうよ」

唯「!?」

紬「食べてみたいね」

梓「これの甘いの?想像できないです・・・」

律「これはこれでおいしいけど喉渇くな」

純「うまうま」

憂「食べたねー」

唯「満喫したー」

紬「焼きそばもおいしかった!」

憂「またみんなでやろうね」

澪「次は大阪風のお好み焼きだな」

唯「どっちもおいしかったからどっちでもオッケーだよ!」

律「鉄板料理ならちょっと奮発してステーキとかいいなぁ」

純「いいですねぇー」

さわ子「それは自分で稼ぐようになってからね」

和「ごちそうさま。さて、片付けましょうか」

・・・

唯「ねーりっちゃーん。明日の夜はりっちゃんのハンバーグが食べたいなぁー」

律「お?どうした急に」

紬「わぁ。私も食べたーい」

和「たまには律が料理当番でもいいんじゃない?」

梓「洗物もしないでダラダラですもんね」

純「私も食べてみたいです!」

律「そ、そこまで言われちゃしょうがないなぁ・・・」テレテレ

さわ子「ハンバーグ?ロコモコ丼とか食べてみたいわねぇ」

唯「モコモコ丼?」ジーッ

純「なんでこっち見るんですか?」

梓「ご飯にハンバーグと目玉焼き、野菜とか乗せたやつですよね?」

憂「ソースがおいしいんだよね」

さわ子「そうそう。海も見えるしハワイアンでステキじゃない」

律「ほほう。ちょっと挑戦してみようかな」

紬「楽しみー」

・・・

唯「すっかり日も落ちちゃったねー」

律「絶好の肝試し日和だな!」

憂「うぅ・・・」

律「じゃあもう一回ルールの説明」

律「行くときはペア。ここから例の神社まで行って隠してあるメモに二人の名前を書いてくる」

律「肝試し中以外の人はしたい人だけ適当におどかし役をするっと」

律「じゃあ行く順番決めるかー!」

律「さっき割り箸に数字書いたんだ。代表が引いて数字の順番で行くぞ」

梓「ま、任せます・・・」

唯「憂引いてよー」

憂「うぅ・・・。早めに終わらせたいから一番がいいなぁ」

純「私も最初がいいなぁー」

澪「これにしよう」

律「みんな選んだな?じゃあオープン!」

バッ

憂「二番です」

紬「四番!」

純「一番!」

澪「三番だ」

梓「最後・・・」

律「進行具合によっては梓達は丑三つ時かもなー」ニヤニヤ

梓「そ、そんなに遅くまでなるわけないです!」

紬「ご、ごめんね・・・」

唯「そういえばさわちゃん先生は?」

律「いい感じに酔ってる先生はお化け役です」

さわ子「ふっふっふ・・・。今夜は眠れなくなるくらいおどかすわよぉ・・・」

澪「ノリノリだ・・・」

さわ子「メイクセット持ってこーい!」

純「・・・」

梓「近所迷惑になりそうですからここに縛っておきませんか?」

和「霊よりさわ子先生のほうが怖そうね・・・」

律「じゃあ一番の純ちゃん達はスタートまで別室で待機な」

律「私達はおどかす準備をしよう!」

和「そんなに張り切らなくていいからね」

純「ほどほどでいいですよー」

パタン

さわ子「よし。まずは澪ちゃんを口裂け女風にメイクして」

澪「しなくていいです!」

紬「どうやっておどかそうかー」

律「へへー。こんにゃくー」ペトッ

唯「ひゃあ!もうりっちゃーん!」

紬「シンプルに草陰からわぁー!っと。ううん、もうちょっとアクセントを・・・」

梓「ムギちゃんが真剣に悩んでる・・・」

憂「私はおどかさないで普通に見てるよ・・・」

唯「えぇー。せっかくだしおどかそうよー」

さわ子「梓ちゃんは座敷童子風にしたいけど夜道に座敷童子は変よねぇ」

梓「絶対やらないです!」

純「・・・なんかもめてますね」コソコソ

和「スムーズに進んでた方が怖いわ」

純「確かに・・・」

和「・・・合宿はどう?純ちゃんも初参加よね」

純「楽しいです!梓が言ってたより練習してる気がしますけど」

和「そうなんだ。きっと部長として張り切ってるのね」

純「和先輩はどうですか?」

和「もちろん楽しいわよ。誘ってくれたみんなに感謝しなきゃ」

律『準備できたから先に行くぞー』

唯『十分したらスタートね!』

ドタドタバタン

和「・・・楽しそうねぇ」

純「十分後っと」

・・・

和「さて、行きましょうか」

純「はい!」

テクテク

和「・・・さすがに神社外では仕掛けてこないみたいね」

純「みたいですね。本番は神社から・・・」

和「着いた。じゃあ入るわよ」

純「はい!」

・・・

純「懐中電灯だけだと真っ暗ですねー」

和「街灯ないしね。あと虫除けスプレーしてくればよかった」

律「きたなー。まずは手始めにこんにゃく攻撃!」スーッ

ピトッ

純「わっ!」ビクッ

和「!」ビクッ

純「今なにか冷たいものがピトッっと!」

和「律の仕業ね・・・」

純「うー。わかっても驚いちゃうなぁー」

和「先に進みましょう」

律「びびってるびびってる!」ククク

紬「次行きまーす!」

和「演奏の練習は捗ってる?」

純「今までの倍くらい練習してる気がします・・・」

和「それはなにより」

ガサガサッ

和純「!」

紬「わぁー!」バッ

純「おぉう!」ビクッ

和「う、後ろからとは・・・。驚いたわ・・・」ドキドキ

紬「ふふー。唯ちゃん、成功よー」

唯「いえーい」ハイターッチ

和「まず唯が茂みを揺らして視線誘導、そのあと後ろから本命のムギとは・・・」

純「凝りすぎです!あー、びっくりした・・・」

唯「ふっふー。これでびっくりしてるようじゃ神社にはたどり着けないよー!」

紬「本命はまだ先にいるんだから!」

唯「それじゃあ私達は別荘に戻るねー」

紬「がんばってねー」

和「・・・」

純「い、行きましょうか・・・」

テクテク

和「あとは澪と憂と梓ちゃんね」

純「さわ子先生も来ますかね?」

和「どうかしら・・・」

和「とにかく茂みに注意ね」

純「憂と梓で同時攻撃翌来るかも」

和「・・・あら、こんなところに井戸なんてあったかしら?」

純「来るときは気付きませんでしたねぇ」

和「・・・見に行く?」

純「絶対誰かいそうなのでスルーしましょう・・・」

和「それが賢明ね」スタスタ

澪「(和達遅いなぁ・・・)」

和「あとは真っ直ぐよね」

純「結局誰も出ませんでしたね」

憂「来たよ、梓ちゃん」

梓「ほ、本当に行くの・・・?恥ずかしいんだけど・・・」

憂「大丈夫。かわい・・・きっと怖がってくれるよ」

憂「いっせーのーで、でね」

梓「うぅ・・・」

純「あ、神社が見えた」

和「なにもなさそうね」

憂「せーの!」

梓憂「にゃー!!!」

和純「!?」

純「・・・」

和「・・・」

梓「あ、あれ・・・」

純「・・・プッ」

和「・・・化け猫?かわいいわよ」

憂「えへへ。そ、そうかな・・・?」テレテレ

梓「照れてないの!」

和「その白い服どうしたの?」

憂「さわ子先生がカーテンを少しいじって作ってくれたんだぁ」

梓「・・・」

純「あー、かわいいかわいい」

梓「そんな目で見ないで・・・」シクシク

純「なんでネコミミ付けてるのよ?自前?」

梓「なわけないでしょ!」

憂「なぜかさわ子先生が持ってたんだよねー」

純「・・・」

憂「じゃあ私達は帰ろうか」

梓「うん。・・・がんばってね」

和「?」

純「ムギ先輩が言ってた本命も出たし。あとは名前書くだけだもんねー」

純「ていうかすぐ終わるから待っててよー」

憂「おうちに帰るまでが肝試しだよっ」

梓「そういうこと。じゃあね」テクテク

純「薄情なやつめ」

和「行きましょう」

純「ですね」

・・・

純「メモ帳は確かこの裏に・・・」ゴソゴソ

純「あった」

ガシッ

さわ子「お前らが来るのを待っていたぁ・・・」ヌッ

純「ぎゃあああああああああ!!!」

和「」

純「腕!腕つかまれた!!!」

和「」

さわ子「・・・って、びびりすぎよ」

純『ぎゃあああああああああ!!!』

憂「わっ」

梓「南無阿弥陀仏」

憂「さわ子先生どんなおどかしかたしたんだろう」

梓「さぁ・・・。教えてくれなかったもんね」

憂「私達のときもやられるのかな・・・」

梓「そのつもりだから教えないんだろうねぇ・・・」

梓憂「・・・」テクテク

純「はぁ、心臓止まった・・・」

さわ子「ふふん。最後まで油断は禁物よ」

和「」

さわ子「和ちゃん。和ちゃーん」ユサユサ

和「・・・はっ」

純「メガネずれてる和先輩始めてみました・・・」

和「・・・えーっと、お参りしてから帰ればいいのよね?」

さわ子「落ち着きなさい」


12
最終更新:2013年04月19日 19:50