・・・

梓「ふぅ。サッパリ」

紬「目覚めたねー」

梓「ですね」

紬「みんな起きないし、二人で朝ご飯作ろうか」

梓「はい。でもその前に・・・」

純「すかー」

梓「純のよだれ垂らした寝顔撮ってやる」カシャッ

梓「そして純の携帯に送信っと」ピッ

紬「あずにゃんったら」

梓「昨日の仕返しです」

梓「さて。朝ご飯は何にしますか?」

・・・}

唯「ふわあぁぁぁぁ・・・」ムクッ

唯「・・・」クンクン

唯「いいにおいがする・・・」フラフラ

紬「あ、唯ちゃんおはよう」

唯「おはよー・・・」

梓「おはようございます。顔洗ってきたほうがいいですよ」

唯「うんー・・・」フラフラ

唯「憂ー。顔洗いにいこー」

憂「・・・ん。・・・んんー」ノビーッ

憂「おはよう。お姉ちゃん」

唯「えへー。おはよー」ギューッ

・・・

律「朝ご飯はやっぱりお米だな」モグモグ

澪「私はパンでもいいな」

和「甘い卵焼きって久しぶりに食べた」

唯「私は甘いの好きだよー」

純「・・・ん?メールきてる」パカッ

和「お行儀悪いわよ」

純「梓?・・・ブフゥ!」

律「うお!?」

憂「じゅ、純ちゃん・・・」フキフキ

純「あずさー!」

梓「」ツーン

唯「なになにー?」

純「な、なんでもないです!」

唯「えー?」

和「なんでもないならちゃんと朝ご飯食べなさい」

純「うぅ・・・」モグモグ

紬「やっぱりやりすぎよ。あとでちゃんと謝りなさい」

梓「・・・はい」

唯「そういえば昨日の夜に誰かトイレに行った?」

律澪「」ピクッ

和「私は行ってないけど。どうしたの?」

唯「私起きてトイレ行ったんだけどなんか話し声が聞こえた気がするんだよねぇ」

憂「お、お姉ちゃん・・・」ブルブル

純「おぉ。リアル怪談話・・・?」

紬「い、一体どんな・・・」ゴクリ

唯「話し声というか、なんか苦しそうな感じだったのかなぁ」

律「(あれ唯だったのかよ!)」

澪「(こ、これはまずい・・・)」

梓「き、きっと誰かですよね!」ブルブル

澪「わ、私は行ってないぞ」

律「お、おう!」

唯「誰も行ってないの?」

澪「ね、寝ぼけてたんじゃないか?」

唯「うーん。よく覚えてないからそうかも」

律「そ、それにご飯中にする話じゃないぞ」

唯「おぉ。そうだったね」

律澪「・・・はぁ」

梓「まさか神社の幽霊が憑いてきたんじゃ・・・」ブルブル

憂「や、やめてよ梓ちゃーん・・・」

紬「きっと気のせいだから大丈夫よ」

・・・

全員「ごちそうさまー」

純「さて、ご飯も食べたところで・・・」

梓「・・・ごめん。昨日の仕返ししたかったの」ペコリ

純「うっ・・・。まさか先に謝られるとは・・・」

純「・・・まったく。もうしないでよ」

梓「はいはい」

純「はいは一回!」

・・・

紬「今日は遊び行く前にお買物ね」

唯「お昼はりっちゃんハンバーグだもんね!」

律「おう、任せろ!」

純「あと明日の帰りの電車で食べるお菓子も!」

唯「賛成!」

憂「そっか。明日で最後なんだね」

和「長いようであっという間ね」

梓「明日は何時にここ出るんです?」

紬「和ちゃんへ演奏したあとだからお昼前くらいかなぁ」

律「えー?最後までめいっぱい遊ぼうぜー」

唯「私も遊びたいー!」

純「私も右に同じです!」

和「なにか用事がないなら夕方に出発してもいいんじゃない?」

紬「みんながそういうなら、そうしようか!」

唯律純「やったー!」

律「じゃあ予定通り明日は朝一に演奏してあとはずっと遊びだな!」

唯「ラストスパートだね!」

純「悔いの残らないように遊ばないとですね!」

梓「その分今日はみっちり練習しますからね」

澪「まだ和に聞かせられるレベルじゃないからな」

さわ子「そうねぇ。今日できっちり合わせられるといいんだけど」

和「がんばってるのね」

唯「約束したもん!明日楽しみにしててね!」

・・・

紬「いってきます」ガチャ

純「外暑ー・・・」

律「逆に考えろ・・・。この暑さのあとの海は格別だと・・・」

唯「アイス食べたい・・・」

梓「全員で行く必要あったんですかね?」

憂「みんなで行ったほうが楽しいよ」

和「唯達だけで行かせたらお菓子だらけになっちゃうでしょ」

・・・

律「重・・・」ズシッ

澪「全員分だもんなぁ・・・」

唯「挽肉だけで何キロあるんだろ」

梓「もっと少なくていいって言ったのに・・・」

律「だってハンバーグは大きいほうがいいじゃーん」

純「同意でーす」

さわ子「ジュース・・・。誰か交代・・・」プルプル

和「さわ子先生のお酒なんて持ちません」

さわ子「赤ワインは料理に使うって憂ちゃんが言ったじゃなーい」

憂「ソースに使いますけど、そんなにいっぱいは使わないです・・・」

さわ子「それで余ってもったいないから私がいただくと」

梓「つまり先生のじゃないですか」

さわ子「みんなのジュースの方がいっぱい入ってるわよ!」

紬「じゃあ私のアイスと交換しましょう」

さわ子「さすがムギちゃん!」

紬「で、一人じゃ持てないからあずにゃんと半分ね」

梓「そういうことですか」

さわ子「助かったわぁ」

律「こういうときやっぱ車欲しいよなぁ」

澪「だなぁ」

和「来年あたりに免許取ろうかしら。夏休み使って」

律「学生のうちに取っておきたいよなぁ」

さわ子「あると便利よー」

・・・

唯「ただいまぁー・・・」

律「うおー!扇風機ON!!!」

唯律「あ゙あ゙あ゙~・・・」

梓「涼む前に冷蔵庫にしまってください!」

澪「まったく。アイス溶けたら泣くのは唯だぞ」

紬「早く片付けて早く海に行こう!」

唯律「おぉー・・・」

澪「冷蔵庫にまだ少し入ってるけど帰る前に全部食べないとな」

紬「そうね。また献立考えないと」

唯「このアイスも帰る前に全部食べないとね!」

和「言わなくても全部食べそうだけどね」

梓「むしろ足りるか心配です」

律「氷もセットしたし。よし!海に行くぞ!」

純「待ってました!」

紬「おぉー!」

・・・

紬「あずにゃんパース」ポーン

梓「はーい」ポーン

律「シャチ号行くぞー!」バシャバシャ

澪「次私だからなー!」

唯「こうやって水面に浮かんでるのも気持ちいいねー」プカプカ

憂「ぽかぽかだねー」

さわ子「ビーチでワイン飲むなんてセレブっぽいわね」ウットリ

和「昼間から飲んで。ダメな大人になりますよ」

さわ子「夏休みくらい大目に見なさいよー」

純「お酒飲んだなら海に入らないでくださいよ。溺れてもしらないですよ」

さわ子「今日は日陰でおとなしくしてるから安心しなさい」

和「純ちゃん。あんな大人になっちゃダメよ」

純「気をつけます・・・」

さわ子「聞こえてるわよー」

唯「和ちゃん達もこっちでぷかぷかしよー」

紬「唯ちゃーん」

唯「?」

ボン

唯「わぷっ!」

紬「ふふっ。命中!」

唯「やったなー!」

紬「ふふっ。唯ちゃん達もボールで遊ぼう!」

唯「負けないよ!」

紬「あははー」

唯「うふふー」

澪「もう交代しろよー」

さわ子「・・・ふむ。やはり気のせいではない・・・」

さわ子「これはお風呂で最終確認を・・・」

和「この合宿が終わればしばらく海とおさらばなんて寂しいわね」

唯「だねー」

憂「海辺に住んでる人に憧れるね」

律「んー」

律「・・・はっ!」

澪「どうした?」

律「花火買うの忘れた!」

唯紬「!?」

憂「あ、そういえば」

純「それは一大事です!」

律「花火は絶対にやらなきゃいけないイベント。ご飯食べたらでも買いに行かないと」

梓「今すぐ行くとは言わないんですね」

律「だって海気持ちいいしー」

唯「前は手持ちの小さいのばっかだったから今度は大きいのもやりたいね!」

律「お、いいなぁ」

紬「線香花火は絶対ね!ねっ!」

憂「花火って夏らしくていいねぇ」

梓「浴衣だったらもっと雰囲気出るね」

純「そういえば水着で花火って聞かないなぁ」

和「単純に露出が多くて危ないからじゃないかしら」

唯「浴衣着たいねー」

紬「今度の夏祭りはみんな浴衣で決まりねっ!」

澪「(浴衣は下着着ないっていうな。律だけ下着付けさせないで・・・)」

梓「そういえば律先輩の誕生日も今月ですよね?」

律「ん?あぁ。二十一日だな」

和「ムギの時みたいに盛大にお祝いしないとね」

律「えー?恥ずかしいからいいよー」

唯「ふっふっふ。それは許されないよー」

紬「そう!いっぱいお祝いしなきゃ!」

梓「ウェディングドレス姿の律先輩・・・」

梓「プッ」

律「着ないから安心しろ」

唯紬澪「えぇー!」

律「それより花火の方が大事だろ」

純「夕方の涼しくなってからでいいんじゃないですか?」

唯「お昼過ぎだと暑いもんねー。そうしよっか」

・・・

全員「じゃーんけーん、ぽん!」

梓「うっ・・・」

純「ふっふっふ。梓が負けか・・・」ニヤニヤ

律「さっき笑った仕返しができるな・・・」ニヤニヤ

梓「うぅ・・・。やるなら早くしてください!」

唯「では負けたあずにゃんは身体を砂で埋められる刑で」

紬「ちょっと羨ましいかも・・・」

ザッザッ

梓「うぅ・・・」

純「動いちゃダメだよー」

澪「海にきたら一度はやらないとな」

憂「なんか面白くなってきた」

梓「憂までー・・・」

律「よし。だいぶ埋まったな」

梓「動けない・・・」

純「さて、どんな面白い絵を・・・」ニヤニヤ

梓「覚えときなさいよー・・・」

律「ここはまずアレっきゃないだろー」ザッ

純「」ピーン

純「さすが律先輩!手伝います!」

唯「おぉ・・・。あずにゃんの胸がみるみる大きく・・・」

梓「絶対やると思ってましたよ!」

和「完全にオヤジね・・・」

梓「ムギちゃん助けてください・・・」

紬「う、うん!胸の大きいあずにゃんはあずにゃんじゃないものね!」

梓「」グサッ

紬「ふ、二人ともそれくらいで・・・」

律「えー?せっかく盛り上がってきたのにー」

純「そうですよー」

唯「でもそろそろお昼の準備する時間になっちゃうよ」

律「うぅー。名残惜しいがしょうがない・・・」

律「では最後に記念撮影を・・・」

梓「それだけはやめてくださいー!」

純「ふはは。抵抗できまい!」

律「ふはははは!」

憂「律先輩と純ちゃんが完全に悪役に・・・」

唯「お主も悪よのぅ・・・。だね!」

梓「ムギちゃん止めてくださいー!」シクシク

紬「そ、そう。あずにゃんもいやがってるし!」

律「よく考えろムギ。こんな梓、もう一生見られないかもしれないぞー」

純「そうです。ひと夏の思い出ですよー」

紬「ひと夏の思い出・・・」

律「それになんだかんだかわいいじゃんか。撮らないなんてもったいないぞー」

純「そうですよー」

紬「そう・・・かも・・・」

澪「ムギ陥落だな」

梓「ムギちゃん・・・」

パシャッ

律「よし!」

純「完璧ですね!」

梓「うぅ・・・」

唯「お待たせ。今助けてあげるからねー」

紬「う、うん!」ザッザッ

・・・

梓「やっと開放された・・・」

律純「!」ササッ

紬「?」

唯「りっちゃん達がムギちゃんの影に隠れた!」

律「こ、これはムギも公認だからな!」

純「そう!それを否定するならムギ先輩を否定するも同じ!」

和「よく頭が回るわね・・・」

梓「疲れた・・・。怒る元気もない・・・」クタッ

紬「あぁ、あずにゃん・・・」

唯「りっちゃん達息ぴったりだねー」

澪「波長が合うんだろうなぁ」

紬「ほ、ほら。あずにゃんかわいかったしいい思い出になったし!」

梓「・・・思い出になるなら律先輩や同じことしてもいいわけですよね?」ギラッ

律純「」ゾクッ

律「よ、よーし。お昼の準備するかー(棒)」

純「で、ですねー(棒)」

梓「午後は律先輩達の番ですからね!」

澪「ぜひ手伝わせてくれ!」


4
最終更新:2013年08月27日 23:41