・・・

律「よっ、ほっ」コネコネ

紬「本当に私達は手伝わなくていいの?」

澪「いいっていいって。休んでてくれ」

律「ソースの時だけ憂ちゃん借りるけどなー」

唯「そうすると暇になっちゃうねー」

梓「すぐ練習できるように準備でもしてますか」

純「お腹空いたー・・・」ゴロゴロ

律「さすがにこの量は堪えるなぁ・・・」コキコキ

澪「ハンバーグは律に一任してるし。他は任せろ!」

律「他って目玉焼き焼いてレタスちぎるくらいしかないじゃん」

澪「・・・じゃあ味噌汁でも」

澪「・・・」

澪「ロコモコって洋食だよな?それに合わせるのが味噌汁ってどうなんだ?」

律「・・・どうなんだろ?」

律澪「・・・」

・・・

律「そろそろ焼き始めるか」

律「澪、憂ちゃん呼んできてくれ」

澪「わかった」

律「では、いざ!」ジューッ

・・・

憂「ソースはこれで大丈夫です。一応味見お願いします」

律「ではでは。・・・うまい!」

律「ではこの憂ちゃん特製ソースをたっぷりかけて」

律「完成!」

憂「わぁ」

澪「うむ。早速向こうへ運ぶか」

律「よーし、できたぞー」

唯「待ってましたー!」

純「さっきからいいにおいして我慢するの大変でしたよー」

紬「すごくおいしそう!」

和「彩りもいいわね」

紬「一つのお皿に色がいっぱいね」

さわ子「波の音と潮の香り。まさに南国・・・」

澪「あとスープも作ったんだ。簡単なのだけどな」

律「全員届いたな?冷める前に食べちゃうぞ」

唯「いつでもいいよー!」

律「じゃあいただきまーす!」

全員「いただきます!」

唯「・・・おいしい!!」

律「ほ、ほんとか!?」

紬「うん!とってもおいしい!」

梓「ハンバーグもこのソースもすごくおいしいです!」

憂「本当?よかったぁ」

純「ハンバーグとソースと半熟の卵の黄身がからまって」モグモグ

澪「こんなに目玉焼きを焼いたのは初めてだ」

律「だな」

和「憂、このソースの作り方今度教えてね」

憂「もちろん!」

梓「もう、口にご飯付いてますよ」ヒョイ

紬「ふふっ。ありがとう」

律「・・・うーむ。やはり喜んでくれるとうれしいな」

唯「でしょー。料理はいいよー」

さわ子「おかわり!」

純「私も!」

・・・

唯「食べたー」

律「余分にハンバーグ作っておいてよかったな」

澪「いらないと思ったんだかみんな食欲すごいな」

純「海で散々運動しましたからねー」

紬「お腹いっぱい・・・」

梓「ロコモコプレートか。今度挑戦しよう」

和「おまたせ。ユノもご飯にしようね」

ユノ「ワン!」フリフリ

唯「ではでは食後のデザートにアイスを」

律「私チョコー」

澪「イチゴがいいな」

純「すっかり定番になっちゃったね」

憂「だね。でも夏休みだし」

梓「憂も丸くなったねー」

純「梓も相当だと思うよ」

梓「そ、そうかな?」

純「だって今までだったら」

梓『ご飯食べたらすぐ練習始めますよ!』

純「って言うじゃーん」

梓「うっ・・・」

梓「・・・まぁ、夏休みだし」

純「うんうん。バッチリ丸くなってる」

憂「ふふっ」

紬「あずにゃん。バニラと抹茶どっちにする?」

梓「・・・じゃあ抹茶で」

・・・

律「アイスも食べたところで」

唯「お昼寝だね!」

梓「練習です!」

唯律純「えぇー!」

梓「ここで寝ちゃったら昨日の二の舞ですよ!」

紬「今日は我慢してがんばろう!演奏は明日だもん!」

澪「そうだぞ」

律「うぅー・・・」

憂「一緒にがんばろっ!」

唯「うー。がんばるー・・・」

和「おやつ作って持って行ってあげるからがんばりなさい」

唯「早く行こうか。りっちゃん!」シャキッ

律「おう!」キリッ

紬「さすが和ちゃん」

梓「扱い方の年季が違いますね」

和「なにかリクエストはある?難しいのはできないけど」

唯「アイスはさっき食べたし・・・。じゃあクッキーがいい!」

和「わかったわ」

律「よし。んじゃあいっちょがんばってきますか」

憂「いつでも遊びにきてね」

梓「おやつ休憩したあとも練習ですからね」

純「梓スパルター」

紬「それじゃあまたあとでね」フリフリ

・・・

梓「それじゃあ練習を始めます!」

紬「これが前にあずにゃんと一緒に考えたところで・・・」

唯「ふむふむ・・・」

・・・

和「さて。ではご希望のクッキー作りを始めますか」

ユノ「」フリフリ

和「あなたはこっちでお留守番。キッチンに入っちゃダメよ」

・・・

梓「そしてここで唯先輩と憂で・・・」

さわ子「(きちんと考えてあるのね)」

さわ子「(それなら私があれこれ言うのは野暮ね)」

さわ子「(梓ちゃんも最初は部長で戸惑ってたけど今はすっかりリーダー)」

さわ子「(和ちゃんと同じく極力観客に徹しましょう)」

梓「じゃあこの点を踏まえて一回合わせましょう!」

全員「おぉー!」

・・・

和「うん。できた」

和「あとはアイスを添えて出来上がりね」

和「・・・三時まで待とうかしら」

カチャ

和「ただいま。少し遊ぼうか」

ユノ「ワンワン!」ペロペロ

和「ふふっ。こら、そんなに舐めないの」

・・・

ジャーン・・・

律「・・・ふむ。かなりよくなったんじゃないか?」

梓「全然です!律先輩走りすぎです!」

律「えぇー!」

さわ子「(心配してた澪ちゃんと純ちゃんも合ってきたし)」

さわ子「(この調子ならなんとか間に合いそうね)」

梓「もう一回最初からいきますよ!」


和「さて、そろそろ呼んでこようかしら」

和「確かスタジオは・・・」コンコン

さわ子「ん?和ちゃんかしら」カチャ

和「そろそろ休憩どうですか?」

さわ子「あら、もうそんな時間?」

律「よく来た和ー!」ダッ

梓「あ、話はまだ終わってないです!」

紬「和ちゃん来たし休憩にしよう。ねっ」

唯「おぉ。クッキーのいいにおいー」

律「だなー」

和「席についてて。アイスとお茶淹れてくるから」

憂「なら私も手伝うよー」

純「梓最初から飛ばしすぎー」

梓「そんなことないよ。これくらい本気でいかないと」

律「まったく。真面目なんだからー」

澪「今日くらいいいじゃないか」

紬「でもがんばりすぎて喉痛めちゃだめよ」

純「そうそう。ボーカルがいなかったら意味ないんだからねー」

梓「・・・わかったよ」

和「おまたせ。アイスティーとアイスよ」コトッ

さわ子「待ってました!」

唯「アイスも付くなんて和ちゃん大好きー!」

律「和やるぅー!」

和「はいはい。溶けちゃうから早く食べるわよ」

唯「ではではクッキーにアイス乗せてー・・・。うまい!」

律「んんー!練習のあとのアイスが染みるぜー!」

澪「ここ最近麦茶とジュースばかりだったから紅茶はなんか新鮮だな」

純「アイスティーもいいですねぇ」

和「どう?練習捗ってる?」

紬「ふふっ。あずにゃんが張り切っちゃって順調よ」

さわ子「そうね。不安要素は消えたしあとは無理に練習して怪我の方が心配ね」

律「聞いたかー?無理はいけないんだぞー」

梓「もう。わかりましたよ」

律「そういえば唯の指も切れなくなったな」

唯「そう言われてみれば」

憂「ぷにぷになのにね」プニプニ

さわ子「じゃあまだ練習不足かしら?」ニヤッ

唯「そんなぁー」

澪「クッキーおいしいよ」

和「ありがと」

梓「ごちそうさまでした」

和「お粗末さまでした」

紬「食べ終わったけど、もう少しゆっくりしようか」

梓「・・・そうですね」

律「どれ。たまにはユノちゃんと遊ぶかー」

澪「いいなぁ・・・」

和「なんで懐かないのかしらね?」

律「お手。おーよしよし」ナデナデ

憂「そういえば待てはできたの?」

和「まだねぇ。他はちゃんと覚えるのに」

律「食欲には勝てぬか」ナデナデ

唯「待ては覚えさせなくていいよ!ご飯を前に我慢なんてかわいそうだよ!」

梓「唯先輩も一緒に覚えたらいいんじゃないですか?」

唯「私は我慢できるよー」

純「伏せ!」

紬「犬もかわいいねぇ」ナデナデ

澪「うぅ・・・」

澪「・・・はっ。十分休んだろ、練習再開するぞ!」

唯「もうちょっとー」ナデナデ

律「今いいところー」サスサス

澪「あ、梓。そろそろだよな!」

梓「えっとー・・・」

澪「梓まで!」

さわ子「まぁそんな日もあるわよ」

・・・

澪「結局一時間近くも・・・」

唯「癒されたねぇー」ホクホク

律「束の間の休息だったなー」

梓「私としたことが・・・」

紬「さぁ、気持ちを切り替えて練習がんばろうね!」

唯「おぉー!残りの時間で完璧にするよ!」

律「早く花火買いに行きたいしな!」

・・・

ジャーン・・・

唯「・・・」

律「・・・おぉ」

紬「すごい!」

純「これは完璧だったんじゃない?梓監督」

梓「・・・うん。よかった!」

憂「やったぁ!」

さわ子「(急ごしらえにしては上出来じゃない)」

梓「先生、どうでしたか!?」

さわ子「よかったわよ」パチパチ

さわ子「最初は全員で演奏は無理だと思ってたんだけどなんとかなるものね」

律「さわちゃんぶっちゃけすぎー」

唯「では完璧になったところでそろそろ・・・」

梓「まだ一回うまくできただけです。せめてもう一回合わせますよ」

純「やっと終わったと思ったのにー!」

・・・

和「あら、おかえり」

唯「ただいまー・・・」

律「さすがに疲れた・・・」

和「でもうれしそうな顔ね」

紬「やっと満足できる曲になったもの」

唯「えへへ、がんばったよー。褒めてー」ゴロゴロ

和「ふふっ。えらいえらい」ナデナデ

憂「わ、私にも!」

純「」ゴクゴク

純「ぷはー!夏はやっぱり麦茶だねー!」

梓「私にもちょうだい。喉カラカラー」

律「ちょっと休んだらまた買い物行くぞー!」

唯「花火ー!」

紬「線香花火ー!」

梓「晩ご飯の心配もしてくださいよ」

純「最後の夜だしまたバーベキューがいい!」

律「バーベキュー賛成!」

紬「私も賛成!焼きそばまた食べたいー!」

さわ子「速攻決まってよかったじゃない」

梓「みんな好きですねぇ・・・」

唯「なら食べながら花火できるね!」

憂「火を使ってるから危ないよ。ダメだからね」

律「んじゃあ決まったし行くかー!」

唯紬「おぉー!」

・・・

唯「花火コーナー花火コーナー・・・」キョロキョロ

律「あった!あっちだ!」タタタッ

梓「小学生じゃないんですから走らないでくださいよ・・・」

純「さすがにいっぱいあるねー」

さわ子「あ、ヘビ花火。なつかしいわねー」

紬「なんですか?」

さわ子「ふふっ。あとのお楽しみよー」

さわ子「あとねずみ花火と煙幕とー」ヒョイヒョイ

紬「わあぁ・・・。知らないのいっぱい・・・」パアァ

唯「手持ちのいっぱい入ってるしこれ買おうよー」

澪「それ二つくらい欲しいな」

律「打ち上げ花火もないと」

純「このセットどうですか!?いっぱい入ってお得です!」

梓「そんなにいらないって!」

律「それにしよう!」

・・・

梓「こんなに買ってー・・・」テクテク

純「花火楽しみー!」

紬「うん!」

唯「さわちゃんスイカありがとー」

さわ子「いいのいいの。よく冷やしておいてね」

律「さわちゃんのビールもなー」

さわ子「ふふっ。もちろんよ」

唯「さわちゃん。ビールっておいしい?」

さわ子「んー?最高よー」

唯「うーん・・・。私はあまり・・・」

律「ば、バカ!」

さわ子「・・・ははーん。まぁ興味深々なお年頃よねぇー」

澪「あちゃー・・・」

さわ子「まぁ私も未青年のとき飲んだことあるし、とやかく言わないわよ」

梓「教師としてそれでいいんですか・・・」

さわ子「今は教師や顧問以前に一個人として保護者として云々」

和「ダメでしょう」

さわ子「で、みんなはいつ飲んだの?」

律「んー。あれっていつだっけ?」

憂「大学受験終わった次の日です」

梓「そうだった。まだ結果出たわけじゃないのに騒いだんだよね」

さわ子「唯ちゃん達らしいわねぇー」

和「やめて・・・アレを思い出させないで・・・」

さわ子「なに?酔ってなにかしたの?」

さわ子「そんなの若気の至りじゃない。いい思い出よー」

憂「和ちゃんは・・・」

梓「・・・」

さわ子「・・・え?本当になにか・・・」

和「は、早く帰りますよ!」テクテク

唯「待ってよー」

さわ子「(飲ませてみたい・・・)」ゴゴゴ


5
最終更新:2013年08月27日 23:42