・・・

紬「一人は暇ねぇ・・・」ゴロゴロ

紬「勉強しようにも集中できないし」

紬「んー・・・」

紬「りっちゃん達はアルバイトしてるし、唯ちゃんにメールしてみようかな」

紬「」ポチポチ

紬「えいっ」ポチッ

紬「・・・」

紬「またすることなくなっちゃった」

・・・

ピロリロリン

唯「おっ、メールだ」パカッ

唯「ムギちゃんだー」

紬『あずにゃんが夏期講習に行っちゃって暇です。唯ちゃんはどうですか?』

唯「私も暇だよー。一人って退屈しちゃうよねー」ポチポチ

唯「そーしん!」ポチッ

唯「早く憂帰ってこないかなぁー」ゴロゴロ

紬「やっぱり唯ちゃんも暇なんだぁ」

紬「唯ちゃん誘ってりっちゃん達のお店に行こうかな」

紬「・・・んー。でもりっちゃん達のお店はみんなで行きたいしなぁ」

ピロリロリン

紬「あれ、また唯ちゃん」

唯『暇だしどっかお茶行こうよー』

紬「先に誘われちゃった」

紬「もちろん。待ち合わせはいつもの場所で、っと」ピッ

紬「唯ちゃんと二人でお出掛けって久しぶりかも」

・・・

唯「ごめーん。待ったー?」

紬「ううん。私も今来たところ」

唯「はひーはひー・・・。外あつーい!」

紬「どこか行きたいお店ある?」

唯「うーん・・・。ここからだとりっちゃん達のお店遠いし、ムギちゃんに任せるよ」

紬「それじゃあ近くにケーキがおいしいお店あるからそこにしようか」

唯「おぉ!」

唯「このショートケーキおいしーい!」

紬「気に入ってくれてよかった」

唯「いやぁ、急に誘ってごめんね」

紬「ううん。私も退屈してたから」

紬「ご飯の用意するには早すぎるしね」

唯「お昼過ぎだもんねぇ」

紬「・・・今からカレーを煮込めばすごくおいしくなるんじゃ」

唯「おぉ・・・」

唯「でもこの暑さでカレーはちょっと・・・」

紬「余計熱くなっちゃうね・・・」

唯「」モグモグ

唯「ん~」パアァ

紬「唯ちゃんって本当においしそうに食べるね」

唯「だって本当においしいんだもーん」

紬「ふふっ。憂ちゃんも作り甲斐あっていいわねぇ」

唯「えへー」テレテレ

・・・

純「外暑ー!」

梓「だから教室で大人しくしようって言ったのに」

純「コンビニでアイスでも買って食べなきゃやってらんないよ」

憂「休憩時間じゃ喫茶店行けないしね」

梓「喫茶店かぁ。確かこの辺にケーキのおいしいお店があるってムギちゃんが言ってたんだよね」

純「ほう・・・」

憂「今度行きたいね」

純「今日帰りに寄ってこうよ!」

梓「私はムギちゃんがご飯作って待ってくれてるからパス」

憂「私もー・・・」

純「うぅ・・・。私の味方は一人もいないのか・・・」

梓「あった、このお店だ」

憂「へぇー。きれいなお店だね」

純「・・・あれ?そこにいるの唯先輩とムギ先輩じゃない?」

梓憂「えっ?」

純「会計終わったのかな?出てくるっぽい」

梓「ほ、本当だ」コソッ

憂「わわっ」コソッ

純「・・・なんで隠れるの?」

梓「い、いいから純も!」

梓「憂、今日唯先輩がムギちゃんと会うの聞いてた?」

憂「ぜ、全然」

純「なるほど。これは浮気だね・・・」

梓「そんなムギちゃんに限って・・・」

純「だって考えてみてよ」

純「梓達の不在、おしゃれな喫茶店で密会。ご丁寧に夏期講習初日にだよ」

梓「・・・」

純「誰がどう見ても浮気だよー」

憂「私はそうは思わないけどなぁ」

梓「だ、だよね!」

紬「あれ?今あずにゃんの声が聞こえたような」

唯「あ、憂達だー」

純「あーあ。梓が大声出すからー」

梓「だって・・・」

紬「わぁ、三人揃ってどうしたの?」

純「休憩時間にコンビニ行く途中だったんですよー」

梓「そしたらこの喫茶店の話題になって、見たら中にムギちゃん達が」

唯「あぁー。ここのケーキおいしかったよー」

紬「うん。今度一緒に行こうねっ」

憂「でもどうしてムギ先輩と?」

唯「いやぁ。二人がいないと暇だねーって話になってね」

紬「お茶でも飲みながらおしゃべりしてたの」

梓「そ、それだけですか・・・?」

紬「えっ?・・・あ」

梓「!」

紬「この後お買い物して帰るかな」

梓「・・・そ、そうですか」ホッ

純「」コソコソ

梓「待ちなさいっ」ガシッ

唯「どうかしたの?」

憂「ふふっ。お姉ちゃん達が二人で会ってたから浮気してたんじゃないかって純ちゃんが」

紬「まぁ」

純「冗談で言っただけじゃーん!」

梓「言っていい冗談と悪い冗談が」ゴゴゴ

純「そ、そろそろ休憩時間終わりだって!戻ろう!」ダダッ

梓「こらー!逃げるなー!」

憂「そ、それじゃあ行ってくるね!」

憂「二人とも待ってよー」タッタッタッ

唯「暑いのに元気だねぇ」

紬「ねぇー」

唯「まったくもう。憂がいるのに浮気なんてしないよー」

紬「ねー」

唯「それじゃあお買い物行こうか」

紬「うん!」

・・・

純「やっと・・・、終わった・・・」フラフラ

憂「さすがに疲れたねぇ」

梓「初日からこんなんで、先が不安になるよ」

純「だって休憩時間にアイス食べられないし!無駄に走ったし!」

梓「全部自分のせいでしょ!」

純「そうだ。明日は帰りにあのお店行こう!」

憂「んー。明日ならお姉ちゃんに一言言っておけばいいかな」

梓「私も行ってみたいし、わかった」

純「やったっ!約束だからねっ!」

梓「はいはい。じゃあまた明日ね」

憂「またねー」フリフリ

純「ばいばーい」

・・・

梓「・・・まったく、純ったら」

梓「ムギちゃんに限って浮気なんて・・・」

梓「・・・」

梓「・・・でもちょっと純の言葉信じたってことはムギちゃんを疑ったってことに」

梓「・・・うぅ」

梓「謝ろう。浮気を疑うなんて恋人失格だよ・・・」

梓「全部純のせいだ・・・」

・・・

梓「・・・ただいま」ガチャ

紬「おかえりなさーい」

紬「元気ないけど、疲れた?」

梓「そうじゃないですけど・・・」

梓「その・・・」

紬「?」

梓「ご、ごめんなさい!」ペコッ

紬「え、えっ?」

梓「今日唯先輩といて、浮気かもってちょっと疑っちゃって・・・」

紬「・・・あぁ」

紬「ふふっ。ずっとそれを気にしてたの」

梓「はい・・・」

ダキッ

紬「私はあずにゃん一筋よ」

梓「・・・」

紬「唯ちゃんも憂ちゃん一筋だし、浮気なんて絶対にないから」

紬「安心してね」ギュッ

梓「・・・はい」

紬「あずにゃんに謝られちゃったことだし、私も謝っておくね」

梓「なにをです?」

紬「一緒にあの喫茶店に行くって言ったのに、内緒で唯ちゃんと行っちゃったから」

梓「そ、そんなの別に・・・」

紬「ごめんなさい」ペコッ

梓「・・・ふふっ」

紬「許してくれる?」

梓「当然ですよ。・・・ふぅ、安心したらお腹空いちゃいました」

紬「それじゃあご飯にしよう!」

・・・

紬「あずにゃんが浮気を疑ったかぁー」ゴロゴロ

梓「も、もうその話はいいじゃないですか・・・」

紬「それってあずにゃんがやきもちを焼いたってことなのかな?」

梓「どう、なんでしょう・・・?」

紬「私と行く約束してたのに唯先輩と、って!」

梓「・・・かもしれないです」ゴニョゴニョ

紬「ふふっ。あずにゃんかわいいー」ナデナデ

梓「な、撫でないでくださいっ!」///

紬「えー?」

梓「それよりムギちゃん達はなんのケーキ食べたんですか?」

紬「私がレアチーズケーキで唯ちゃんがショートケーキよ」

梓「わぁ、いいなぁ」

紬「どっちもおいしかったわよー」

梓「・・・どっちも?」

紬「(・・・ふふっ)」

紬「うん。唯ちゃんとあーんしてね」

梓「・・・」

紬「ふふふっ」ダキッ

梓「!?」

紬「すぐやきもち焼いちゃうあずにゃんかわいいー」スリスリ

梓「えっ?・・・じゃあ?」

紬「唯ちゃんとあーんしてないよ」ギュッ

梓「・・・ムギちゃんのうそつき」///

紬「怒った?」

梓「・・・怒ってないですよ」

紬「じゃあどうしてこっち向いてくれないの?」

梓「・・・は、恥ずかしいからです」カアァ

紬「(本当は鏡であずにゃんの顔バッチリなんだけどね)」

紬「(ふふふっ。顔真っ赤ー)」ギューッ

梓「もう、そろそろ暑いですよ」

紬「も、もうちょっとだけ!」

・・・

梓「では明日は寄り道するので遅くなります」

紬「うん。楽しんできてね」

梓「それと、家事ほとんど任せてすみません」

紬「そんなの気にしないの。あずにゃんが勉強に専念できるようにするのが私の使命だもの」

梓「じゃあ抱きつかれたら勉強に専念できません」

紬「え・・・」ガーン

梓「・・・ふふっ、冗談ですよ。今までからかわれたお返しです」

紬「あずにゃんのいじわる・・・」ギュッ

梓「ムギちゃんに言われたくありません」

紬「ふーんだ」プイッ

梓「はいはい。じゃあ寝ますよ」

紬「うん。明日もがんばってね」

梓「はいです。ではおやすみなさい」

紬「おやすみなさい」チュッ

紬梓「」スゥスゥ


少し前!

律「ふいー。ただいまー」ガチャ

澪「久しぶりだから疲れたな」

律「だなー。レジの打ち方忘れちゃったぜ」

澪「んっ」ゴクゴク

澪「・・・ふぅ。律も飲むか?」

律「おう。サンキュー」

澪「さすがにレジの打ち方は覚えてたな」

澪「まぁレジでもなんでも毎日やらないと忘れちゃうってことだな」

律「ドラムもそうだな」

澪「Hもだな。昨日やってないし、するか!」

律「そう繋げてきたか・・・」

律「明日は早番だろ?だからさっさと風呂入って寝る」

澪「それはないだろー。忘れちゃうぞー」

律「むしろ忘れろ!」

律「今日は久しぶりのバイトで疲れたの!」

律「ほら、風呂行くぞ」

澪「ぶーぶー」

澪「じゃあ明日は絶対するからな。夕方前にバイト終わるから」

律「・・・わかったよ」

澪「よし。なら今日は我慢するか」

律「はぁ・・・」

・・・

律「お風呂アイスは最高だなぁー」

澪「アイスはもっと買い置きしたいけどこの備え付けの小さい冷蔵庫じゃな」

律「やっぱり大きいの欲しいよなー」

澪「でもそうすると部屋が狭くなるし」

律「うーむ・・・」

澪「やっぱりムギみたいに部屋借りたほうがよかったかもな」

律「今更言っても遅い!」

律「食堂でご飯出てくるのは魅力的だぞ。お風呂も大きいし」

澪「それもそうだな」

・・・

律「ん、んんー」ノビー

律「そろそろ寝るか」

澪「やっぱりしようよー」

律「明日って約束したろ」

澪「明日もするし」

律「おやすみー」

澪「・・・」

澪「今ここで襲ってしまおうか」

律「そしたらしばらくムギ達の部屋に家出する」

澪「・・・」

律「澪だって疲れてるんだろ。しっかり寝とけ」

澪「・・・まったく。律は頑固なんだから」

律「お前に言われたくないわ」

澪「よいしょ」モゾモゾ

律「澪はベッド上だろー」

澪「一緒に寝るくらいいいじゃないか」

律「どうせそのまま襲うとか考えてるんだろ。その手には乗らん」

澪「心外だなぁ。本当に寝るだけだ」

律「・・・襲ったら家出だからな」

澪「はいはい。じゃあおやすみ」

律「・・・おう」

澪「おやすみのチューは?」

律「しない」

澪「それくらいいいじゃんかー」

律「だーめ。明日にとっておけ」

澪「ぶーぶー」

律「(ちょっとでも油断するとどうなることか)」

律「おやすみー」

澪「あぁ、おやすみ」

律澪「」スゥスゥ


11
最終更新:2013年08月27日 23:51