青田「ふふふ…赤木よ。俺はとうとう晴子ちゃん以上の女性を見つけたのだ。それが唯ちゃんだ!」

赤木「そうか。じゃあもう晴子には近づくなよ。俺は部活に行くからこれで」スタスタ

青田「まあ待て」ガシッ

赤木「む…」

青田「赤木よ。お前も気になるだろう?唯ちゃんがどんな子か」

赤木「いや、全く」

青田「隠すな隠すな。ほら、これを見てみろ」スッ

赤木「む…?何だこれは」

青田「この時代遅れめ。けいおん!のブルーレイディスクに決まっているだろう」

赤木「こんな浮ついたものにうつつをぬかしているとは…」

青田「唯ちゃんはけいおん!の主人公だ」

赤木「何?という事はその平沢唯とやらはアニメの登場人物なのか?」

青田「そうだ」

赤木「お前、そんなんだから足が短いんだ。だから柔道は格好悪いんだ」

青田「関係ないだろ!」

赤木「ふん」

青田「赤木よ。特別にお前にBDを貸してやる。お前もこれでむさ苦しい青春とはおさらばだ」

赤木「いらん」

青田「そう言うな。幼なじみの好意を無下に断るもんじゃない」ズイズイ

赤木「やめんか」



その夜
赤木宅

赤木「まったく、青田のやつめ…。無理矢理押し付けやがって」

赤木「…けいおん!か…」

赤木「せっかくだから見てみるか」

赤木「…」

唯『うんたん♪うんたん♪』

赤木「なんだこれは…」

紬『ここで毎日お菓子を食べましょう♪』

赤木「部室でお菓子だと?こいつら、部活をなんだと思っているんだ…」

澪『遊びに行くんじゃありません!バンドの強化合宿!朝から晩までみっちり練習するの!』

赤木「ほう…。この澪とかいう奴は、中々根性があるじゃないか」

澪『ひいっ!見えない聞こえない見えない聞こえない…』

赤木「む…。怖いものは苦手なのか」

律『もえもえーきゅん!…とか言ったりしてなー!』

澪『…!』ゴツン

赤木「ほう!やる気のない部員には鉄拳制裁か。澪は俺に通ずるものがあるな」

赤木「…よし、次の巻も見てみるか」



翌週バスケ部部室

桜木「む?ゴリの鞄から何かはみ出してるな」

ゴソゴソ

石井「さ、桜木くん!勝手に鞄を覗くのは良くないよ…!」

桜木「…」ごつん

石井「」シュウウウ…

桜木「へっへっ…ゴリのやつ、何を大事そうに…」ゴソゴソ

桜木「む?なんだこれは…。アニメのブルーレイか?ゴリの奴、顔に似合わずこんな趣味が…」


ガチャ

宮城「うーす。ん?何やってんだ花道。それダンナの鞄じゃねーか」

桜木「りょーちん、見てくれよコレ。ゴリの奴、アニメのBDなんて持ってやがるぞ!」

宮城「アニメ?ダンナに限ってそんな事は…ってこれ、けいおん!じゃねーか!?」

桜木「お?知ってるのかね?」

宮城「こないだカクに勧められたんだ。テキトーに流しといたけど、まさかダンナも見ていたとは…」


ガチャ

三井「うーす」

桜木「ミッチー!見てみろ、ゴリがアニメにハマってるみたいだぞ!」

三井「あ?…ブッ!ブハハハハハハ!なんだこりゃ!?あいつこんなの見てんのか!」

宮城「ダンナなんかあったのかな?」


ガチャ

赤木「む…。何をしているんだお前ら」

桜木「よーゴリ!ひっひっひ…これは一体何かね…?」スッ

赤木「けいおん!のBDだ。勝手に触るな」

宮城「ダンナ…もしかして、これにハマってんの?」

赤木「ああ。最初はこんな浮ついたもの…と思っていたが、中々いいものだ」

三井「は、腹いてぇ…」プクククク

桜木「うんうん…。ゴリは俺みたいな男前じゃないからな~。こういうのに逃げるのも仕方ない」

赤木「たわけ。お前のような奴こそけいおん!を見るべきだ。澪や梓の姿勢を見習え」

宮城「み、みお…?あずさ…?」

三井「ぶっ!あ、赤木が…オタク…ぶふっ…」プクククク

赤木「調度いい。今日の練習はけいおん!の鑑賞会にしよう。精神の鍛練だ」

宮城「正気かよダンナ…」

桜木「あ?見たくねーよ別に。この不屈の闘志を持つ男・桜木に今更精神修業などいらんいらん」

赤木「たわけ」


ガチャ

流川「うす」シャカシャカ


赤木「流川、今日の練習はけいおん!の鑑賞だ。着替えなくていいぞ」

流川「わかったっす」シャカシャカ

桜木「おいキツネ。テメーのイヤホン、シャカシャカうるせーぞ」

流川「む」シャカシャカ

赤木「ん?もしやその音楽…」

流川「放課後ティータイムっす」

赤木「ほう!CDまで買っているとはさすがだな」

桜木「あ?なんだティータイムって?タイムアウトか?」

流川「どあほう」

赤木「流川、お前は誰が一番好きなんだ?」

流川「ムギちゃんっす」

赤木「渋いな」

宮城「流川…まさかお前もけいおん!見てるのか…?」

流川「うす」

桜木「ぷっ!ムギちゃん?アニメのキャラにちゃんづけか!三年寝太郎のお前に趣味ができたかと思えば…はっはっは!」

赤木「たわけ!」ゴッ

桜木「ぐおっ!?」

赤木「俺は澪が一番好きだが、ちゃんづけはしていなかった。まだまだ甘かったな。これからは澪ちゃんと呼ぼう」

宮城「んなっ…」

三井「ぶふっ!も、もうやめてくれ…は、腹がよじれる…」プクククク



視聴覚室

赤木「ではこれからけいおん!の鑑賞を始める。澪や梓を見習い、精神を鍛えてインターハイに臨むぞ」

彩子「先輩、どうしちゃったの?」ヒソヒソ

宮城「わ、わかんない…」

木暮「あ、赤木…」

角田「赤木さん、けいおん!ファンだったんですか!さすがです。誰が一番好きなんですか?」

赤木「澪ちゃんだ」

角田(みwwwwおwwwwwwにわかwwwwwwあずにゃん一択に決まってんだろwwwww)

桜木「ちっ…この天才には精神鍛練なんて必要ないっての」

三井「ぶふっ…だ、ダメだ…笑い過ぎてもう体力が…」ゼエハアゼエハア

赤木「それでは、まず一話からだ」

ポチ


憂『お姉ちゃーん。そろそろ起きないと…』

桜木「む…」ピク

唯『いっふぇきまーす!』

赤木「むっ!」ポチ

安田「えっ…?なんで一時停止を…」

赤木「後ろに黒髪の女の子がいるだろ?これが澪ちゃんだ。みんな覚えておけ」

角田「さすが赤木さん。よく気が付きましたね」

宮城「…」

三井「ぶふっぶふふっ!め…目がチカチカする…」ゼエハアゼエハア

律『みーおー!クラブ見学にいこーぜー!』

宮城「この律って子…ちょっとタイプかも」

三井「俺も好みだ」ゼエハアゼエハア

彩子「…」バシーン←ハリセン

宮城「いてっ!何すんだよアヤちゃん…」

彩子「あんたまで毒されてどーすんのよ」

紬『あっ…』ふぁさ

唯『高原のお嬢様…!?』

桑田「この紬って子、かわいいな…」

流川「俺の嫁に手を出す者は何人たりとも許さん」

桑田「ひっ…!」

憂『妹の憂です!姉がお世話になってまーす』

桜木(…モロ好みだ…)

律『イエーイ♪私だよん!』

宮城(か…可愛いな…)

三井(…悪くねえ)

赤木「よし。今日は6話までだ。一応13話までDVDに焼いてあるから、明日は最後まで見るぞ」

桜木「おいゴリ!俺は今すぐ続きを見るぞ!」

赤木「む?桜木、どうやらハマったようだな」

桜木「おうよ。(憂さん…ドキドキ)」

赤木「7話は憂回だ。楽しみは明日にとっておけ」

桜木「む…。わ、わかった…」

三井「赤木…」スッ

赤木「む」

三井「笑ってすまなかった」

赤木「…!…フン」ゴツン

小暮「2年間も…待たせやがって…」



練習中

安田「オーーーーーエイ!!」ダムダム

潮崎「ソーーーーーエイ!!」キュッキュッ

赤木「む」

赤木「集合!!」

桜木「む?なんだよゴリ」

赤木「これからは掛け声を変えるぞ」

小暮「…え?」

山王戦前 ウォーミングアップ中

宮城「うん!!」ダムダム

三井「たん!!」キュッキュッ

桜木「ふわふわタ~イム!!」ダムダム

赤木「ふわふわタ~イム!!」ダムダム


沢北「河田さん…な…なんすかねアレ…」

河田「わかんね…。挑発か…?」

深津「あれはけいおん!だにゃん。湘北は侮れないにゃん」


~湘北編~ 完



最終更新:2010年03月11日 00:17