律「あっ……やっ……」

澪「へ、変な声出すなぁ!」

律「恥ずかしがるよぉ」

澪「うっさい! ふ、拭いてやんないからな!」

律「えぇ~……」

律「みぃ~お~……」ウルウル

澪「そ、そんな目で見るなぁ!」ドキドキ

律「ねぇ~……拭いてよ~……」

澪「(そ、そんな目で見られたら……)」


澪「しょ、しょうがないなぁ!」

律「やった! ね、早く早く~!」


ふきふきっ

律「ぃやんっ」

澪「! おい!」

律「あはは~ごめんごめんっ」

澪「もう……」フキフキ

律「あったか~い……」

律「みお~」

澪「ん? 何?」

律「ふふっ、なんでもにゃ~い」

澪「なんだよ……ほらっ、手上げて」

律「はぁい」


澪「(さっきからニヤニヤしやがって……)」フキフキ

律「ひゃぅ」

澪「今度は何だよ!」

律「わき腹はくすぐったいの~!」

澪「拭けって言ったの誰だよ……」

律「ねぇみお~」

澪「……何」

律「気持ちいい……」

澪「あっそ……」フキフキ

律「怒ったのぉ~?」

澪「別に……」


澪「……はい次、そっちの手上げて」

律「……」

澪「ねぇ、そっちの手上げてってば!」

律「……」

澪「律! 拭いてほしいん……」

律「……ぐすっ、うっ、んっ」

律「ぐすっ、えっ、ふぇ……」

澪「ど、どうした!?」

律「ふぇええええええん!!!」

澪「り、りつ!?」

律「ふぇえええええん!!」

澪「ぐ、具合悪くなったのか!?」


律「んっ、ちがっ、うっ、のっ」フルフル

澪「じゃあどうした!? 痛かったのか!?」

律「じゃっ、なくっ、って」フルフル

澪「んじゃどうしたんだ!?」

律「みおのっ、こと、おこらせっ、ちゃった」

澪「!? お、怒ってない怒ってない!」ブルブル

律「ちがうのっ、おこらせっ、ちゃったの」

澪「だから怒ってないってば!」

律「うっ、ごめんっ、なさいっ」

澪「だーかーら! と、とりあえず落ち着こうな!」スリスリ

律「うぅっ、ごめんっ、ぐすっ、なさいっ」

すりすりっ

澪「だいぶ落ち着いたようだな」

律「んっ、ありがと」

澪「で、どうしたんだ?」

律「……怒ってない?」

澪「理由を聞いたんだが」

律「ホントに怒ってない?」

澪「怒ってないってば!」

律「……やっぱり怒ってる」

澪「……本当に怒るぞ。で、なんで泣いちゃった?」

律「んっとね、私がわがままばっかり言うからさ」

澪「うん」


律「お酒飲んで絡んだしさ、体拭いてとかってわがままばっかり言ってさ……」

澪「うん」

律「しかも、またわがままばっかりでさ」

澪「(まだ酔っぱらってんな……)うん」

律「でさ、なんか澪の受け答えがさ、冷たくなってきてさ」


律「だからさ、怒っちゃったのかな、ってさ」

澪「……」

律「そう思ったらさ、なんかさ、んっ、すっごいさ、罪悪感、感じ始めてさ」

澪「……」

律「そしたらさ、ぐすっ、なんかさ、急にさ、ぐすんっ、悲しくなってきて……」

澪「……うん」


律「うっ、そしたらさっ、なみだがっ、でてきてさっ」

澪「うん」なでなで

律「みおにっ、すんっ、きらわれたくっ、ないなっ、ぐすん、ってなってさっ」

澪「うんうん」なでなで

律「うぅっ、みおっ、ごめんっ、なさいっ」

澪「はいはいっ」ぎゅー


ぅわあああああああああぁぁぁぁん……

澪「……律?」

律「……すぅすぅ」

澪「寝ちゃった、か……」なでなで


澪「もうっ、律は私の事何にも分かってないなぁ……」

澪「こんな口開けちゃって……」

澪「もう……律はかわいいなぁ」ぎゅー

澪「律と出会ってもう何年になるか分かんないけどさ」

澪「今までずーっとあんたと一緒にいたんだよ?」

澪「あんたに嫌なこと、どれほどされてきたと思ってんの?」

澪「それでも今、あんたと一緒にいる」

澪「……その意味分かる?」


澪「私はね、律のこと大好きなんだよ?」


澪「あんたのわがままなんか昔っから腐るほど聞いてるわ」

澪「ベースを始めさせたのも、軽音部に入部させたのも」

澪「全部あんたのわがままじゃない」


澪「でもね、大好きな律の言うことだもん」

澪「聞かないわけないじゃない」

澪「……あんた、唯に『体拭いてー』なんて頼める?」

澪「ムギの前で真っ裸になれる?」

澪「律はいっつもわがままばっかり言う子だけどもさ、ちゃんとわきまえてもいるじゃん」

澪「でも私の前ではこうして酔っぱらって真っ裸でいる」

澪「そんなわがまま、私にしか言えないでしょ?」


澪「それね、私にとってすっごい嬉しいことなの」

澪「私にしか見せないあんたがいるってこと、すっごい嬉しいんだ」

澪「それってやっぱり私が一番、ってことじゃない?」


澪「……友達に順位付けるのは良くないな。でもさ」

澪「私は一番律が好き、今までもこれからも」

澪「それね、私にとってすっごい嬉しいことなの」

澪「私にしか見せないあんたがいるってこと、すっごい嬉しいんだ」

澪「それってやっぱり私が一番、ってことじゃない?」


澪「……友達に順位付けるのは良くないな。でもさ」

澪「私は一番律が好き、今までもこれからも」

澪「……今日はさ、酔っぱらった律を見れて良かったよ」

澪「こんな一面もあるんだな、って勉強になったよ」

澪「こんなに顔も目も真っ赤にしてさ」

澪「ふふっ、やっぱりかわいいなぁ律は」なでなで


澪「……大好きっ!」ぎゅー



………

澪「ふわあぁ……ってもう1時か……」

澪「律、ほら律っ、起きなっ」

律「……いやぁ……」ガクガク

澪「ほらっ、服着なさいっ」

律「いやぁ……ねるのぉ……」


澪「ふっ、まぁいっか」

律「うにゃうにゃ……」

澪「律っ、ほら横になんなさい……」

律「いやぁ……みおといっしょがいいのぉ……」

澪「はいはい、んじゃ一緒に寝ましょうねー」

律「やったぁ……!」

律「ねぇ、みお~」

澪「なあに?」

律「だいすきぃ」

澪「ありがとっ」

律「いやぁそれほどでもないっすよぉ」


律「ねぇ、みお~」

澪「なあに?」

律「ぎゅーってしていい?」

澪「いいわよ」

律「ほんとにぃ?」

律「んじゃぁ、えんりょなくいくよぉ」ぎゅぅ


澪「律の力はこんなもんかぁ?」

律「なにぃ? りっちゃんをなめるなぁ!」ぎゅうぅ

澪「ふふっ、んじゃ私も反撃っ!」ぎゅうぅぅ

律「やあぁぁ……おれるぅぅ……」

澪「ふふっ、かわいいこと」

律「ねぇ、みお~」

澪「今度はなあに?」

律「わたしのことすきぃ?」

澪「好きよ」

律「ほんとにぃ?」

澪「ホントよ」

律「すきだけじゃたりないよぉ」

澪「あら、欲張りね」

律「ほんとにぃ?」

澪「じゃあ足りるにはどうすればいいの?」

律「うぅん……すきだけじゃたりないからぁ」

律「だいすきがいいのぉ」


澪「大好きがいいの?」

律「うん、だいすきがいい」

澪「そっかぁ、じゃあ……」


澪「だいすきだよ」

律「ひゃあぁ、みみもとでいわないでぇ……」


4
最終更新:2010年03月12日 02:05