電撃スクープ!!!

放課後ティータイム活動休止の真相!!

ドラマー『RITSU』の独裁!!!!



関係者は語る

?「放課後ティータイムの休止原因はメンバー間の対立です。」

?「RITSUとMIOの間に溝ができました。」

?「RITSUがギャラの分配をしていました。リーダーですから。」

?「そこでベースのMIOが不満を抱き、二人の間に亀裂」

?「そうですね。ちょうど二年前から独裁は始まりました。」


?「YUIとMUGIは不満がなかったかって?」

?「わかりません。なぜでしょうね。」

?「ただRITSUと二人の関係は良好でした。」

?「MIOだけが不満を抱きました。」


?「MIOのソロは爆発的に売れてますからね。」

?「RITSUはこの売れ行きにどう思っているんでしょうね」

?「さすがにRITSUも黙ってはいないでしょう。」

?「二人の関係が直れば活動再開でしょうね」

?「ただファンのRITSUへの不満が爆発するかもしれませんね」






唯「こ・・これ・・・」

唯「澪ちゃん起きて!!!!」

澪「ん・・・・」

唯「これ見て!!!」

澪「!!!!!!」

澪「律・・・・」


………

フ○テレビ

律「はじめてのバラエティーの収録だ」

律「緊張すんな~」


パシャパシャ!!

律「うわ!!!」

「RITSUさんこの記事ほんとですか!?」

たくさんの記者に囲まれる律

律「!!!!!!」

律「・・・・・」

「ほんとなんですか~!???」

「どうにか言ってください!!!」

「コメントください」


律「・・・・」




律帰宅


律「わたしのせいでみんなに迷惑かけてる・・・」

律「もう無理・・・」

律「死にたい・・・」

律「死のうかな・・・」


……

澪「律に電話してあげなきゃ・・」

澪「でも何から話せば・・」

澪「自然に話せばいいんだ!」

澪「何から話そうかな・・」

澪「・・・」

澪「あーもうダメだ!寝る!」




一週間後

い○とも

タモリ「MIOでーす」


澪「どうも~///」

きゃー

タモリ「はーYUIからきてますね~、あ、MUGIからもきてますよ」
澪「ほんとありがとうございます(律からは花きてない・・)」


タモリ「また新曲出すんだって?」

澪「あ、はい。明日発売になります。あ、これです」

タモリ「へー『りんご及びみかん』」

タモリ「独自のセンスだね~」

澪「よく言われます~」

澪「あ、これYUIに協力してもらったんですよ」

タモリ「へ~じゃあ放課後ティータイム彷彿させるんじゃない?」
澪「そうですね~」


タモリ「んじゃ友達を・・」


ピッ

律「澪頑張ってんだな・・わたしのことなんてもう忘れてるよな・・」

律「もういい・・死のう」


律「そうだな。さわちゃんのお見舞い行こ。最後だし」






律「こんにちはー」

さわ子「あらりっちゃん・・・」
律「さわちゃん元気?」

さわ子「うん。明日退院だって!」

律「マジ!?よかったなさわちゃん!」


さわ子「これもりっちゃんのおかげよ・・」

律「何言ってんだよ!礼なら澪に言ってくれよな・・」

さわ子「でもお金はりっちゃんが・・」

律「なーに!金くらい気にしないで!」


さわ子「もう澪ちゃんに全て打ち明けたら?わたしも隠してるの辛いわ・・?

律「あはは。もういいんだよ!さわちゃんが良くなればいいんだよ!」

さわ子「りっちゃん・・」

律「じゃあねさわちゃん!今までありがとうね!」

ガチャ

さわ子(なんか様子がおかしかったわね・・)


その夜

律「部屋の掃除終わり!」

律「・・・みんなにメールでもするかな・・」

律「唯に・・っと」


唯。唯はホントにギター上手くなったな。最初はどうなるかと思ったけど・・
高校のときお前に会えてホントによかった。楽しかった!
武道館ライブやりたかったな!
ゴメンな
今まで本当にありがとう



唯「あははは!!」

ブーブー

唯「んー?誰だよ~テレビ見てたのに~!」

唯「りっちゃんだ!」

唯「フムフム・・・」

唯「ほー!りっちゃん良いこと言う!」

唯「『今までありがとう!』返信っと!」

唯「さあテレビ見るぞ~!」



律「あ、唯から返信きた」

『今までありがとう!』

律「こいつ遠回しに死ねって言ってるのか?w」

律「まあ天然だからしょうがないか・・唯らしい」

律「ムギにもメールしよ」



ムギ。ムギはいつも優しかったな!いつも味方してくれた。
高校のときはお菓子ありがとな!大好きだぜムギ!
今までありがとう!これからも頑張って!


車内

マネージャー「もうすぐ着くわよ」

紬「あれが今日のホテルね」

ブーブー

紬「あらりっちゃんから・・」

紬「りっちゃんまさか・・・」


プルプル

紬「もしもし・・?」

さわ子「あ、ムギちゃん?ごめんね夜遅くに」

紬「いえ、どうしたんですか?」
さわ子「今日の昼にりっちゃんが来たんだけどなんか様子がおかしかったの・・」

紬「!!!!」

さわ子「まさかとは思うんだけど・・」


さわ子「最近○ちゃんねるとかでも中傷されたりしてるみたいだし・・」

紬「心配ですね・・ちょっと連絡取ってみます・・」

さわ子「ごめんの・・すべてわたしのせ・・」

紬「さわ子先生のせいじゃありません!」

さわ子「・・・」


紬「わかりしだい連絡しますから・・」

さわ子「ごめんね・・」




紬「ちょっとりっちゃんに電話してみよ」

紬「・・・・」

紬「出ない・・・」

マネージャー「紬着いたわ、下りて」

紬「あ、うん・・・」




律「ムギから電話・・今出たら泣きそうだから出ないにしよ」

律「どうしよう・・澪にメールしよっかな・・」

律「嫌われちゃってるしな・・」




その頃

いいとも終了後出演者の男に誘われた澪

男「澪ちゃん夜景が綺麗だね」

澪「はい・・//」

男「澪ちゃんと食事出来て嬉しいよ」

澪「こんな素敵なお店に連れて来てくれてありがとうございます」




律「やっぱり勇気出さなきゃ!」

澪。澪マジごめんな。わたし金に目が眩んじゃって!ハハ!澪にいい思いさせてやれなかった。
澪がさわちゃん1番心配してたこと知ってるんだぜ!さわちゃんのために金出してたことも知ってる!ありがとな
幼なじみなのに今はこんな関係になっちゃったな!
武道館で澪とライブしたかった!ごめんな!今までありがとう。

みんなで思い出の場所に・・・


ブーブー

澪「あっ、ちょっとすいません・・」

男「いいよ!」

澪「律からだ・・・嬉しい・・」

澪「・・・え?・・・・これって・・・」

男「澪ちゃん実は大事な話が・・」

澪「・・・・」

男「よければ・・・よければ僕と付き合ってほ

澪「すいません用事が!失礼します!」

ダッダッダ

男「ちょっと待って澪ちゃん!」
男「・・・」

中居「ちぇ・・」

中居「ちょっと強引すぎたかなあ?」

中居「澪ちゃ~ん!」



澪(マズイな・・・律の家まで走って30分くらいか・・)

澪(しかもこのハイヒール・・)
澪(あ!ちょうどタクシーきた!)

バタ

澪「○○まで!凄く急いで!!!!」


その頃・・・

紬「今から戻って!」

マネージャー「え?」

紬「東京まで!」

マネージャー「ちょっと!明日の予定はどうすんの!?」

紬「全部キャンセルよ!」

マネージャー「でも!」

紬「いいから急いで車手配して!」

マネージャー(紬がこんなに熱くなって・・何かあるわね)

マネージャー「・・・わかったわ」


※勝手に東京にしたけど許して 


マネージャー(後々大変だわ・・)

マネージャー「東京までどんなに急いでも1時間はかかるわ」

紬「とりあえず急いで!」

ブーン

紬(お願い間に合って・・)



その一方で唯は!

唯「憂~アイスたべたぁ~い」

憂「おねえちゃん、ご飯の後でね」


3
最終更新:2010年03月12日 04:24