梓「いつもくっついてくるし色々話しかけてくるし…」

紬「きっとそうよ!」

梓「ム、ムギ先輩!いつからいたんですか?」

紬「最初からいたわよ?
それで梓ちゃんは唯ちゃんのことどう思ってるの?」

梓「わ、私は別に…何とも」

紬「そう…でも自分に正直にならないと損しちゃうわよ?」

梓「な、何言ってるんですかもう…」

梓(唯先輩を好きになるなんて…そんなのあるわけ…)

ガチャ

律「おーす!今日のお菓子はなあにかなー?」

澪「いきなりお菓子か」

唯「おいっすあずにゃ~ん♪会いたかったよ~ん♪」スリスリ

梓「き、昨日だって会ったじゃないですか…」

唯「いいじゃ~ん!あずにゃんかわいいんだからぁ」

梓「は、離してください!」

唯「やーん♪あずにゃんの照れ屋さーん!」

梓(な、なんで私こんなにドキドキしてるんだろ…?)

律「しっかしお前ら仲いいよなー」

澪「唯が一方的にくっついてるだけのような気もするけどな…」

紬「まるで恋人同士みたい♪」

唯「そうです私たちは愛し合ってるんです!ねーあずにゃん?」

梓「あ、あ、愛…?」


澪「どうした梓?」

梓「そ、そんな…
何バカなこと言ってるんですか私たち女同士じゃないですかだいたい先輩はいつもいつも」

律「何真っ赤になってんだー?」ニヤニヤ

梓「真っ赤になんてなってません!!」

唯「んー真っ赤なあずにゃんもかわいい~」

梓「も、もう練習始めますよ!」

紬(梓ちゃんたらかわいいわあ…)

―――――

梓(だいたいムギ先輩が変なこというから…私は唯先輩のことなんてなんとも…)

唯「ねえねえあずにゃんってばあ」

梓「は、はい!?」

唯「Cの押さえ方分かんなくなっちゃったから教えてー」

梓「またですか…いい加減覚えてくださいよ?人差し指がこうで、中指が…」

唯「ありがとあずにゃ~ん!あ、おててかわいい~」

梓「は、早く練習再開してください!」(唯先輩の手…あったかいなあ…)


澪「よーし、今日はここまでにするか」

律「あー腹減った!駅前でなんか食べていこうぜ?」

梓「あ、今日は親に買い物頼まれてるんで…」

律「そっかーじゃあ4人で…」

唯「ごめんりっちゃん、私も憂に牛乳頼まれてるんだあ」

律「なんだよ付き合い悪いなあ、いいよ澪に盛り上げてもらうから」

澪「何さす気だ!」

紬「唯ちゃん梓ちゃん、せっかくだし一緒に買い物行ったら?」

梓「え!?」

唯「そうだね!あずにゃんとお買いもの~!」

梓「は、はぁ…」


唯「…すっかり暗くなっちゃったねえ」

梓(はあ…なんで私こんなに先輩のこと意識してるんだろ?)

唯「あずにゃん?」

梓(そうだ、ムギ先輩が変なことばっかり言うからだ!そうに決まってる!)

唯「あーずにゃん?」

梓「に゙ゃ!?」

唯「どしたの?ボーッとしちゃって」

梓「な、なななんでもないです!急に顔近づけないでください!」

唯「えへへ、ごめーん」

梓(もう…なんでこんな気持ちになるの…?)

唯「えーと牛乳牛乳…あ、いちご牛乳買っちゃおうかなあ」

梓「余計なもの買うと憂に怒られちゃいますよ?」

唯「ちぇー…あずにゃんは何買うの?」

梓「醤油を…」

唯「醤油…なんか喉渇いちゃったあ…ジュース買わない?」

梓「私余分なお金持ってないですよ?」

唯「いいよー二人で半分こしよ!」

梓「ふ、二人で?」


唯「ゴクゴク…ぷはー!ごぞうろっぷに染み渡るう!はいあずにゃん!」

梓「わ、私はいいです!喉渇いてないです!」

唯「えー?今日あずにゃんお茶もあんまり飲んでなかったじゃん!遠慮しないでどうぞ!」

梓「そ、そんな…」

梓(か、間接キス…
いやでも女の子同士なら普通だよねむしろ自然に飲まなきゃ不自然だし
私は特に先輩のこと意識なんてまったく全然してないわけだしうんそうだそうなんだ!)

梓「い、いただきます!グビッ」


梓「ぷはぁ…全部飲んじゃった…」

唯「ええー!よっぽど喉渇いてたんだねえ?顔真っ赤になるほど飲むなんて」

梓「そ、そうです喉渇いてたんだです…」(間接キス…間接キス…キス…キス…)

唯「あれあずにゃん、口の周りにジュースついてるよ?ぺろ」

梓「え?」

唯「あまーい♪」

梓「ふにゅ…」ドサ

唯「あ、あずにゃん?どしたの?あずにゃーん!」

律「で、それからどうしたんだよ?」

唯「あれからお家の人が迎えにくるまでずっと目を覚まさなくって…大丈夫だったかなあ」

澪「しかしなんで梓は倒れたんだ?」

律「ジュース飲みすぎたからじゃないか?まったく面白いヤツだな梓は」

紬「唯ちゃんたら大胆ねえ♪」

唯「ほえ?なにが?」

梓「昨日は散々だったなあ…私ったらどうしちゃったんだろ」

憂「梓ちゃーん」

梓「憂?な、なに?」

憂「昨日お姉ちゃんから聞いたんだけど、倒れちゃったんだって?大丈夫?」

梓「う、うん!ちょっと風邪気味だったから」

憂「そっか!じゃあお姉ちゃんとなにかあったわけじゃないんだよね?」

梓「え?あ、うんまあ…」

憂「ならいいんだ、それじゃまたね」

梓(憂には昨日のこと絶対言えないな…)



放課後
梓「こんにちわ…」

唯「あずにゃん!昨日大丈夫だった?」

梓「…は、はい、大丈夫、でした」

律「顔真っ赤だぞ?ホントに大丈夫か?」

澪「具合悪いなら無理するなよ?」

梓「ほ、ホントに、大丈夫です」

紬「ほら唯ちゃん、さっきの」

唯「ああそうだ、あずにゃん、昨日のおわびがしたいんだけど…」

梓「は、はい?」

唯「私と付き合ってくれないかな?」

梓「!!」

梓「な、な…なにいって…私たち女同士だし、それに付き合うってことはその」

唯「…映画見に!」

梓「え…映画?」

唯「ムギちゃんがね?ペアの映画券くれたんだー二人で見に行こう?」

梓「あ、なんだ…映画か…」

紬「何を勘違いしたのかしら?」ニヤニヤ

梓「な、なんでもないです!」

唯「じゃあ今度の日曜日ね?ホントは皆で行きたかったけど…」

律「あたしは用事あるから行けないし、澪もまた変なとこで歌詞書きたいんだってさ」

澪「変なとこって言うな!」

紬「私もその日は都合悪くて…ごめんなさいね?」

梓「そのわりに残念そうに見えませんが…」

唯「楽しみだねーあずにゃん?」

梓「は、はい…」



日曜日
梓「はぁ…待ち合わせ時間まで30分もあるや…なんでこんな緊張してるんだろ…
朝着てくる服も1時間悩んじゃったし…」

―――――――
40分後
梓「遅い…」
―――――――
50分後
プルルルル
唯『もしもしあずにゃん?ごめーん寝坊しちゃったー急いで行くね!プツン』

梓「あの人は…来たら文句言ってやらなきゃ!」



唯「おーいあずにゃーん!」

梓「先輩?今何時だと思って…っ!」

唯「いやあ…昨日ギー太いじってたらつい夜更かししちゃってえ…あずにゃん?」

梓(か、かわいい…唯先輩って、こんなにかわいかったっけ?)

唯「あずにゃーん、怒ってるの?」

梓「ま、まあ今回は特別に許してあげます!早くしないと映画始まっちゃいます!」

唯「うん!」

梓(唯先輩…卑怯です…)

唯「あーおもしろかった!」

梓「私ドラマ版見たことなくてよく分かりませんでした…先輩見てたんですか?」

唯「見てないけどなんかおもしろかった!ぶい!」

梓「幸せな性格ですね…」

唯「さあなんか食べようか!ハンバーガーハンバーガー!」

梓「分かりましたよ!…でもこれって完璧に…」


梓(デート…だよね)


――――――

唯「ふ~今日は楽しかったねえ!」

梓「予想外の出費でした…クレープ食べたり服買ったりたこ焼き食べたり」

唯「まあまあまあまあまあまあ、楽しかったんだからいいじゃん!はいこれ」

梓「…ストラップ?」

唯「こないだのおわびに!おそろいだよ!」

梓「あ、ありがとうございます…」

梓(…私…やっぱり唯先輩のこと…)


梓(やっぱり聞いてみよう…唯先輩は私のことどう思ってるか…)

梓「あ、あの唯先輩!」


2
最終更新:2010年03月13日 03:47