梓「なんだか泣き出しそうな感じだったので・・・」

唯「元気だよ元気!」

唯「ほらひげ!」ミョーン

律「あ~~~人のネタパクるなよー!」

律「それじゃあ今日はもう終わりにしようぜー」

唯「そだねー」

澪「まだ始めたばかりじゃないか」

律「でもさ、今この達成感のまま終わりたくね?」

梓「確かにその気持ちは分かりますね」

澪「梓まで・・・」

澪「む、ムギは私の味方だよな?」

紬「ごめんなさい澪ちゃん」

紬「私も今日はおしまいでいいと思うわ」

澪「」


律「というわけだ澪ー」

律「練習するなら一人でやるんだぜ」

律「それとも私たちといっしょに帰るか?」

澪「うぅ・・・」

澪「私も一緒に帰るぅ~」グスン

唯&律&紬&梓(可愛い!)

律「それじゃあ皆ども!」

律「一分で支度せーい!」

唯(そうだ、今日こそは和ちゃんと)

唯(・・・また今日も和ちゃんは忙しいんだよね)シュン

律「どうした唯?」

唯「な、なんでもないよ~」


唯「支度できましたりっちゃん隊長!」

律「遅いぞ唯隊員!」

律「もしここが戦場だったら今の遅れが命取りになるんだぞ!」

唯「申し訳ありませんりっちゃん隊長!」

唯「もし私が足手まといになったら私を置いて逃げてください!」

律「馬鹿やろう!」

律「そんなことできるわけないだろ!」

唯「りっちゃん隊長・・・」

律「約束しただろ」

律「誰一人欠けずにみんなで故郷に帰るって・・・」

唯「はい・・・!」

澪「・・・」

澪「あのーそろそろいいか?」

律「ちぇー なんだよ澪」

澪「いや・・・お前ら止めないとエンドレスに続けるだろ」

梓「そうですよ」

紬「私は良いと思うわ」

唯「三対ニだね」

律「私たちの勝ちだな」

澪&梓(もう好きにして)

紬「うふふ」



~帰り道

唯「まだ空が明るいね~」

律「いつも帰りが遅いからな」

澪「その遅くなる原因に練習はほとんどないけどな」

律「ムギー澪がいじめる」ダキッ

紬「よしよしりっちゃん」ナデナデ


唯「あーずにゃん」ギュッ

梓「い、いきなりなんですか!///」

唯「だってりっちゃんがムギちゃんに抱きついてるの見てたら居ても立ってもいられなくて」

梓「居ても立ってもいてくださいよ」

唯「あぅ・・・」

澪「・・・」ポツーン

唯「みーおちゃん」ギュッ

梓「あっ・・・」

澪「ゆゆゆゆゆゆゆゆい!?///」

唯「私の名前そんなにゆが多くないよ」

澪「その・・・ごめん」

澪「ちょっとびっくりしただけだ」

唯「ぶー」

梓「そんなことより唯先輩」ズイ

唯「んー?」

梓「いつまでも澪先輩に抱きついてないでこの後アイスでも食べに行きませんか?」

唯「いいね~」

紬「ええ、実にいいわ」

唯(アイス、か)

唯(この前の夢も・・・)


~某アイス屋

唯「うーんどれにしようかな」

紬「どれも美味しそうで迷うわね」

律「こんなものどれも同じアイスなんだからとっとと決めちゃえよ」

梓「そういう律先輩もずっとショーケースの前をうろうろしてますよね」

律「う、うるさい///」

澪「そういえばみんな知ってるか?」

律「何がだ?」

澪「ここのアイス屋は毎日違う種類のアイスを楽しめるようにって名前をつけたらしいぞ」

唯「へ~ そうだったんだ」

澪「だから三十一種類なんだぞ」

梓「あれ、でも一種類多いですよ?」

澪「」

澪(な、なんだと・・・!)

澪「そ、それはだな」

紬「なんでもショーケースの都合上偶数の方が経済的という理由で一種類増やしたそうよ」

澪「そういうことさ」

律「へ~」

唯「ムギちゃん物知り」

梓「ムギ先輩さすがです!」

澪「・・・アイスおいしい」


梓「そういえば唯先輩」

唯「なに?」

梓「唯先輩が今まで食べてきたアイスのなかで一番美味しかったのってなんですか?」

律「唯のことだからアイスなんてどれもおなじなんじゃないの?」

唯「違うよりっちゃん」

唯「私にだって順位はあるんだよ!」

紬「私も気になるわ」

紬「唯ちゃんの一押しのアイス教えて」

唯「えっとねー」

唯「・・・」

唯(私の一番のアイス)

唯(やっぱりそれはあの時のアイスだよね)

唯(でもそれを語るには和ちゃんのことも・・・)ズキッ


唯「わ、私が一番だと思うアイスはね・・・」

唯(和ちゃん・・・)

憂「お姉ちゃーん!」

唯「!」

唯「あっ、ういー」

憂「それとみなさんこんばんは」

澪&律&紬&梓「こんばんはー」

憂「そうだお姉ちゃん、このあと予定ある?」

唯「特にないよー これから帰ろうと思っていたところ」

憂「それならいっしょに買い物に付き合ってくれない?」

憂「今日はお父さんとお母さんが帰ってくるから少し豪華なもの作ってあげたいし」

唯「いいよー」

唯「豪華な夕飯♪ 豪華な夕飯♪」

唯「というわけでみんなまた明日ね~」

憂「みなさんさようなら」

唯(言わなくて済んで良かったかな)


律「それじゃあ私たちも帰るとするか」

紬「そうね」

梓「はいです」

澪「そういや唯の一番のアイス聞けなかったな」

律「なんだ澪も興味持ってたのか」

澪「だってあの唯が一番と感じたアイスだぞ」

澪「さぞかし美味しいに違いないじゃないか」

律「太るぞー」ニヤニヤ

澪「うるさい!」ゴン


……

憂「お姉ちゃん今夜何食べたい?」

唯「んーハンバーグ!」

憂「了解」

唯「ハンバーグ♪ ハンバーグ♪」

唯(夕飯楽しみだなぁ♪)



~スーパー

憂「ひき肉に玉ねぎに・・・」

憂「そういえばケチャップも切れてたっけ」

憂「それならソースを自作しようかな」

憂「そうそうサラダも付けなきゃね」

憂「スープもつけようかな」

憂「ビシソワーズに挑戦しようっと」

唯「憂が日本語以外をしゃべってる・・・」

憂「うん」

憂「材料は全部揃った」

唯「う~い~」

憂「あっ、ごめんねお姉ちゃん」

憂「せっかく付き合ってもらってたのに私ったら自分の世界に入り込んじゃって・・・」シュン

唯「そんなことないよ憂」

唯「それよりもなんだか格好良かったよ!」

憂「格好良かった?」

唯「うん!」

唯「これぞ主婦の鏡って感じだったよ!」

憂「ありがとうお姉ちゃん」パァッ


憂(それよりも私が主婦ってことは)

憂(その・・・お相手はやっぱりお姉ちゃんだよね///)

憂(いいなぁ)

唯「うーいー」

憂「何お姉ちゃん?」

唯「アイス買ってもいい?」

憂「さっき食べてたでしょ?」

唯「寝る前のアイスは必須なんだよ!」

憂「うーん ひとつだけだよ?」

唯「わーい」

唯「ありがとう憂」タッタッタ


唯「これにしました!」

憂「それじゃあカゴにいれて」

唯「これね二つに割れるんだー」

唯「それでひとつは憂のだよ」

憂「私の?」

唯「うん!」

憂「ありがとうお姉ちゃん」

憂(私がひとつだけって言ったから二人で食べられるアイス選んできたお姉ちゃん優しい!)

唯「あとでいっしょにちゅーちゅーしようね~」

憂「!!!///」バタン!

唯「う、ういー!?」



~帰り道

唯「うーい、本当に大丈夫?」

憂「ごめんね心配かけちゃって」

憂「でももうだいじょうぶだよ!」

唯「なら良いんだけど・・・辛かったら言ってね?」

憂「それにしてもお姉ちゃんが来てくれて助かったよ」

唯「えへへ~」

憂「ねえお姉ちゃん」

唯「何ー?」

憂「たまにはお買い物に付き合ってもらってもいい?」

唯「どんとこいです!」ドン

憂「そういえば街並みもこの一年で結構変わったよね」

唯「そお?」

憂「そうだよ」

憂「ほら、あそこの喫茶店だってこの前オープンしたばかりだよ」

唯「へー」チラッ

唯「!」

憂「どうしたのお姉ちゃん?」

唯「な、なんでもないよ~」

憂「あれは・・・和さん?」

唯「う、うん」

唯「偶然見た先に和ちゃんがいたからびっくりしただけだよ~」

憂(お姉ちゃん・・・?)


3
最終更新:2010年03月14日 01:43